ステイ ゴールド。 ステイゴールド (Stay Gold)

ステイ・ゴールド

ステイ ゴールド

2月5日、大動脈破裂で21歳の生涯を終えたステイゴールド。 その馬名の由来の一つはスティーヴィー・ワンダーが作詞と歌を担当した『Stay Gold』である。 メロディアスで、どこか寂しげにも聞こえる『Stay Gold』は、京都競馬場で行なわれたステイゴールドの引退式でも流れ、関係者や詰めかけたファンを感傷的な気持ちへと誘った。 しかし、現役時のステイゴールドはその曲のイメージとはかけ離れており、むしろ同名異曲である、日本を代表するメロコア(メロディック・ハードコア)バンドHi-STANDARDの代表曲、『Stay Gold』のように激しく、そして疾走感と爆発力に溢れた馬だった。 小柄な馬体と、気性の激しさでアウトロー街道を進む。 ステイゴールドの特徴といえば、430kg台で競馬をしていた小柄な馬体と、気性の激しさ。 デビュー3戦目ではコーナーを曲がらずに競走中止。 7歳時の京都大賞典では斜行して、その煽りをうけたナリタトップロード騎乗の渡辺薫彦が落馬。 1着に入線しながら失格となったこともある。 ただ、競馬界に久しぶりに現れた個性派をファンは支持する。 アウトローな雰囲気こそ漂わせていたステイゴールドだが、生まれは旧社台ファーム(現在の社台グループ)の創業地である白老ファーム。 しかも牝系にはノーザンテースト、ディクタスと、社台スタリオンステーションで繋養されてきた種牡馬の名前が並び、しかも父はトップサイアーのサンデーサイレンス。 アウトローどころか、血統背景はまさに名家のお坊ちゃまだった。 そんな自分の家柄に嫌気が差したわけでは無いのだろうが、良血馬としての期待を裏切るように、ステイゴールドは日の当たる舞台での活躍を嫌っていく。 4歳時にはGI天皇賞・春、GI宝塚記念、GI天皇賞・秋といずれも2着。 次の年の天皇賞・秋でも2着となり、いつしかファンはステイゴールドを「シルバーコレクター」と呼び、そして愛着を持つようになっていく。

次の

ウイニングポスト9攻略 史実馬能力 ステイゴールド

ステイ ゴールド

363 1. 84 2,907,514. 4 1,939. 7 1,722. 0 2020 8 75 18. 240 2. 44 77,608. 5 2,066. 7 1,760. 0 2019 4 144 52. 361 3. 04 269,394. 9 1,997. 9 1,815. 4 2018 4 231 76. 329 2. 21 318,492. 5 2,022. 4 1,793. 3 2017 3 298 107. 359 1. 79 333,030. 7 1,932. 5 1,752. 2 2016 5 326 86. 264 1. 25 254,108. 2 1,912. 2 1,825. 0 2015 5 313 83. 265 1. 16 223,513. 6 1,881. 4 1,781. 8 2014 8 300 58. 193 0. 99 181,049. 8 1,958. 3 1,777. 8 2013 6 227 58. 256 1. 56 211,234. 5 1,980. 7 1,620. 8 2012 3 183 45. 246 2. 25 244,320. 0 2,016. 7 1,733. 3 2011 4 168 52. 310 2. 27 234,185. 7 1,988. 9 1,533. 3 2010 13 157 43. 274 1. 36 132,790. 4 1,839. 1 1,683. 3 2009 11 144 36. 250 1. 72 155,852. 3 1,989. 7 1,575. 0 2008 17 141 36. 255 1. 24 109,676. 6 1,931. 1 1,666. 7 2007 19 112 27. 241 1. 22 89,196. 2 1,908. 3 1,616. 7 2006 26 114 32. 281 0. 85 63,225. 5 1,810. 0 1,825. 0 2005 121 61 7. 115 0. 24 9,835. 0 1,457. 1 1,400. 187 0. 45 124,293. 3 1,732. 0 1,535. 3 2020 47 54 9. 167 0. 67 15,444. 9 1,766. 7 1,700. 0 2019 64 84 5. 060 0. 48 25,034. 9 1,466. 7 1,700. 0 2018 81 62 10. 161 0. 51 19,612. 1 1,880. 0 1,466. 7 2017 68 47 9. 191 0. 75 22,118. 8 2,066. 7 1,425. 0 2016 97 53 9. 170 0. 51 16,677. 0 1,666. 7 1,550. 0 2015 123 33 7. 212 0. 59 12,012. 3 1,675. 0 0. 0 2014 209 22 2. 091 0. 41 5,431. 4 2,000. 0 0. 0 2013 168 13 3. 231 0. 85 6,636. 9 1,400. 0 0. 0 2012 413 8 1. 125 0. 28 1,325. 0 1,200. 0 0. 0 2010 752 1 0. 000 0. 00 0. 0 0. 0 0.

次の

JRA「26戦全敗」社台RHの悲願達成へ! 宝塚記念(G1)と好相性のステイゴールド産駒がまたしても大暴れか!?

ステイ ゴールド

ステイゴールドとは 競走馬名: デビューから実に48戦とタフに走り堅実な走りを見せ無事是名馬を地でいく馬だった。 自己条件レースを勝ち切れないのに、重賞レースでも相手なりに走ってしまう一面がサンデーのエリートっぽさとかけ離れていたせいか、多くの競馬ファンを虜にした。 レース中、他馬に噛みつくような勝気な気性の持ち主であったが、なぜか勝ち切れないことが多かった。 体が小さいことでパワー不足だったという説があるも真相は定かではない。 素質を見せながらも初重賞制覇を果たしたのは、実にデビューから4年後の目黒記念であり、厩舎関係者ならびにファンの悲願を達成した。 日本のG1レースでは勝てなかったものの、なぜか海外遠征は2戦2勝と相性が良かった。 初の遠征となったドバイシーマではジャパンカップで先着を許したファンタスティックライトを鮮やかな末脚でハナ差で差し切る素晴らしいレースぶりを見せる。 引退レースとなった香港ヴァーズ G1 で、みごと1着となる快走を見せ有終の美を飾ったのだった。 ステイゴールドの血統 血統:父 サンデーサイレンス 母 ゴールデンサッシュ(ディクタス) 父のサンデーサイレンスは、日本で活躍し数々のG1馬を産み出した大種牡馬。 3冠馬ディープインパクトを送り出し名声を不動のものとした。 母はディクタス産駒のゴールデンサッシュ。 ステイゴールド代表産駒 ステイゴールド産駒は、 体が小さいが回転の速いフットワークを生かすキレを武器にした馬が多い。 気性が激しい面も持ち合わせているが、早くから活躍し古馬になっても活躍する三冠馬オルフェーヴルを輩出しサンデーサイレンス系の有力後継種牡馬の一端を担っている。 割とタフで使い続けて味が出てくる味な種牡馬だ。 あまりに高い確率で活躍することから、黄金ニックス配合ではないかと言われている。 他にノーザンダンサーのインブリードがあることをも指摘されており活躍の真相は定かではない。 ただ、競馬を知る人間ほど偶然で片付けるには出来過ぎていると感じるのは確かだろう。 【クラシック三冠、有馬記念 G1 、宝塚記念 G1 】• 【皐月賞 G1 、菊花賞 G1 、有馬記念 G1 】• 【宝塚記念 G1 】• 【朝日杯FS G1 、有馬記念 G1 】• 【宝塚記念 G1 、東京スポーツ杯2歳S G3)】• 【フィリーズレビュー G2 、関西TVローズS G2 】• 【福島記念 G3 、新潟記念 G3 】• 【中日新聞杯 G3 、エプソムC G3 】• 【中山記念 G2 】 種牡馬リンク 便利な情報サイト 使える情報がズラリ:| 一度は見たい映像集:|.

次の