花子 くん お 代 は 体 で。 #1 なりすましの放課後

花子くんの緒方・楽しみ・アニメが話題

花子 くん お 代 は 体 で

今回は『』に連載されている 『』 23話【3人の時計守1 】について書きます! (ネタバレ注意です!) 前回、此岸(ひがん)でも彼岸(しがん)でも境界でもない厄介なところに迷い込んだ八尋。 そこでなんと人間の頃の花子に出会いました! そして無事に元の世界に戻った八尋は、自分も花子のことを守れるようになりたいと思うのでした。 学校のどこかにある大時計で、針を動かすと過去や未来に行けるらしい。 しかし過去、現在、未来の守人の許可なしに動かすと、生きる時間を奪われてしまうと。 すると教室から悲鳴が!? 八尋たちが駆けつけると、中がグチャグチャに荒らされていました。 葵の持ち物は無事でしたが、机や椅子などはなぜか古くなっていました!? そして今朝は小さかった観葉植物が強大化しているのに気がついた八尋。 これってまさか・・・。 花子に事情を説明した八尋。 すると光がやってきて、クラスメイト2人が爺さんになってしまったとw 怪異の仕業だと花子。 現在を司どる二人目はこの学校の生徒として紛れ込んでいるらしいと告げました。 そいつを見つけ出し、二人をおびき寄せてボコボコにすると花子。 生徒の数が多すぎると苦言を呈した光。 花子は目星がついていると告げました。 教室の中で被害がなかった葵・・・。 すると葵が現れました!? どーしたの寧々ちゃんと葵。 花子はちょっと体借りるねと、八尋に憑依しました!! つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)が貰えますので、 600 円以内の書籍なら実質無料で購入できちゃいます! つまり お得に普と出会う八尋 が拝めるのでぇす!!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

#地縛少年花子くん #恋愛 特別な日のイタズラ

花子 くん お 代 は 体 で

今回は『』に連載されている 『』 23話【3人の時計守1 】について書きます! (ネタバレ注意です!) 前回、此岸(ひがん)でも彼岸(しがん)でも境界でもない厄介なところに迷い込んだ八尋。 そこでなんと人間の頃の花子に出会いました! そして無事に元の世界に戻った八尋は、自分も花子のことを守れるようになりたいと思うのでした。 学校のどこかにある大時計で、針を動かすと過去や未来に行けるらしい。 しかし過去、現在、未来の守人の許可なしに動かすと、生きる時間を奪われてしまうと。 すると教室から悲鳴が!? 八尋たちが駆けつけると、中がグチャグチャに荒らされていました。 葵の持ち物は無事でしたが、机や椅子などはなぜか古くなっていました!? そして今朝は小さかった観葉植物が強大化しているのに気がついた八尋。 これってまさか・・・。 花子に事情を説明した八尋。 すると光がやってきて、クラスメイト2人が爺さんになってしまったとw 怪異の仕業だと花子。 現在を司どる二人目はこの学校の生徒として紛れ込んでいるらしいと告げました。 そいつを見つけ出し、二人をおびき寄せてボコボコにすると花子。 生徒の数が多すぎると苦言を呈した光。 花子は目星がついていると告げました。 教室の中で被害がなかった葵・・・。 すると葵が現れました!? どーしたの寧々ちゃんと葵。 花子はちょっと体借りるねと、八尋に憑依しました!! つづく スポンサーリンク !! 管理人おすすめの U-NEXT ! 「マンガ」や「アニメ」「映画」「ドラマ」「雑誌」を楽しむ事ができるサイトです。 で使える 600 ポイント( 600 円分)が貰えますので、 600 円以内の書籍なら実質無料で購入できちゃいます! つまり お得に普と出会う八尋 が拝めるのでぇす!!• U-NEXTに新規登録する• U-NEXT600ポイントを利用してお得に購入• 読む!• 無料期間内に解約をする 解約すること前提で31日間無料で楽しむも良し、気に入ればもちろん続ければ良し! にユーザー登録して損することはないと思いますので、是非お試しください。 最新の配信情報はU-NEXTにてご確認ください。

次の

【地縛少年花子くん:58話】最新話のネタバレ|そして寧々は現実世界へと舞い戻る|漫画サイコー!

花子 くん お 代 は 体 で

「トリックオアトリート!」 廊下に立つ1人の女子生徒が向かえにいる友人に声をかければ、まるで待っていました。 とでも言うようにスッと本人の前にお菓子が差し出された。 はたまた他のペアではわざとイタズラしてほしかったのか、お菓子を差し出さず「イタズラは?」とちょっと意地悪そうに煽っている。 今日はこの呪文が学校中をみたす1年に1度だけの日。 イタズラとお菓子のあまーい取り引きの日なのだ。 私も学校に来てから何人かに言われたが、お菓子を準備してるから滅多なことがない限りイタズラは実行されない。 そんなお菓子も大盛況のせいか結構たくさんあったのに… 「後はこの1個だけか」 1つだけ余ったカボチャ色のお菓子袋を見つめ誰に渡すか頭を回す。 葵には渡したし、光くんにも渡した、あとあと… 思い浮かんだのは 帽子を被って 黒い学生服をきて…封の紙を… 「ってこれ花子くんの特徴じゃん」 でも花子くんは昭和生まれ、昭和育ち。 ハロウィンなんてそもそも知らない可能性がある。 急にお菓子をあげるのは変?でもでもこういった行事に巻き込むのも刺激があっていいんじゃないかな? 「うーん、花子くんにしよ」 私は1人廊下で よし!と意気込みをいれ旧校舎に足を向けた。 だけどその行動と矛盾するようにお菓子袋は私のポケットの奥深くにしまわれた。 花子くんからは見えないようにね。 理由なんて簡単だ。 ハロウィンを知らない彼がお菓子を持っていることはまずない。 イタズラはどんなのにしよう? イタズラして花子くんが困る姿を想像すると楽しみのせいか笑みがこぼれる。 そしていつの間にか鼻歌まじりで廊下を上機嫌に歩いていた。 いつも疲れる旧校舎の階段すらなんのその。 スイスイ軽い足取りで上にあがっていった。 「花子くんどんな顔するかなー?」 あと1階をルンルンしながらのぼろうとした瞬間 「俺がなんだって?」 急に耳に入ってきた聞き覚えのある声に足はピタリと停止した。 「え?」と恐る恐る後ろを振り向けば旧制服に身を包んだ、今まさにイタズラしようとしていた人物がニコニコしながら私を見つめていた。 「はっ花子くん…?いっ今の聞いて…」 「うん聞いたよー。 俺の顔がどうとか」 バレた!と一瞬思ったが、彼はあどけない顔で「何のことー?」と首をかしげるだけだった。 「ううん。 なんでもないよ」 よかった、バレてない 「そーお?あっそうだヤシロ」 なに?そう疑問を投げ返すより先に 花子くんはスッと手を出し 「トリックオアトリート!」 いい笑顔で今日限定の呪文を唱えた…。 「え…えぇぇ!!」 「あれ?なんか違ったー?」 「違くないけど…花子くんハロウィンのこと知ってたの」 「そりゃーこんだけ学校で騒がれてたら嫌でも知るよ。 俺が学校中どこでもいけるのヤシロも知ってるでしょ?」 花子くんのキラッキラした笑顔を前に私はその場に固まるしかなかった。 たしかにそうだ。 花子くんが学校を歩けば生徒から自然と情報は入ってくる。 まったく知らないなんて放っから有り得なかったんだ…。 その中にはもちろん水槽の姿もあるわけで。 「わかった!あげるから」 慌ててポケットに手を突っ込みお菓子袋を引っ張り出す。 私はイタズラのイの字も果たせず、花子くんにお菓子をあげるハメになってしまった。 「あーあ。 まぁイタズラされるよりはいっか」 「……安心は出来ないと思うよー。 まだ"俺の"分は貰ってないしね」 「え?何言って。 今あげたばっかりで・・」 そんな素朴な疑問の答えはあっという間に出た。 目の前の花子くんは一瞬にして袴姿に変わり傍らには真っ黒な依り代あらわれた。 その時ずっと頭の隅に引っかかっていた謎が解けた。 花子くんが私の前にあらわれた時彼の隣には何故か白杖代がいなかった。 それもそのはず。 この場にいたのは つかさくんだったから。 その笑顔はもう狂気の沙汰にしか見えない。 どうしよ…花子くんのいるトイレまであと1階分。 頑張ればいけそうだけど相手がつかさくんじゃ 彼は怪異。 浮くことができる時点でスピード負けする未来しか見えない。 チラリと確認するように つかさくんを視界に入れれば「お菓子はー?」と手を差し出しこちらをじっと見つめていた。 「というかお菓子ならあげたじゃん!お菓子は1人1つしかあげられないよ」 「あのお菓子は普分。 俺分はまだ貰ってないよー」 そんな無茶苦茶な…。 でも早く早く、とせかすその手は一向に引っ込む気配がない。 しかもそのままのたいせいで前進までしてきたせいでさっきまであった距離はかなり縮まっていた。 このままじゃイタズラされる。 慌てて頭を巡らせ解決策を練るが何にも浮かばない。 それを見透かすように 「もしかしてネネお菓子ないの?」 つかさくんはポツリと呟いた。 だけどその顔はお菓子を貰えなくて残念がってる表情じゃなかった。 むしろ私にイタズラできることが嬉しい、そんな心情がみえる満面の笑顔がそこにあった。 「じゃあイタズラだね。 俺1度やってみたかったことがあるんだよねー」 そういうと彼はものすごい力で私を引き寄せる。 廊下に伸びる影が重なるくらい近い距離。 戸惑いより絡みつくのは恐怖の感情。 「ネネの体って水被ると魚になるじゃん。 てことはネネって美味しいのー?俺知りたいなぁ」 闇に満ちた興味の笑顔。 私が否定する間もなくつかさくんの口は私の首のいちまで近づいていた。 食べられる!!衝動的に目を閉じ体を強ばらせる。 ものすごく痛い覚悟をした。 だけど 「んーなんだ別に魚の味はしないねー。 それにすごく美味しいってわけでもないなぁ」 つかさくんは甘噛みしただけでスンナリ私から離れていった。 あまりに意外な展開に思わず「へ?」と疑問形をこぼしていた。 「おっおわり?もっと痛いかと思ったけど…」 「ネネは痛いほうがいいの?だったらもう1回やり直すけど」 あーと口を開けて再度近づいてきた彼に、今度こそマズイ!と思い全力で首を横に振って否定の意思を示しす。 「たっただちょっと意外だったから。 もっと痛いことされると思ってたし」 「うーん。 最初は俺もそのつもりだったけど」 そこでチラリと私を見てまたニッコリと笑うと 「ネネをここで食べちゃったら後がつまらないからねー。 はいこれ」 そういってつかさくんから何かが中をまって飛んできた。 慌てて手を差し伸べキャッチすれば、それは彼に花子くんの振りをされた時に取られたお菓子袋だった。 またまた意外な行動に今度は言葉も出なかった。 「じゃあ普によろしくねー。 後次は本当に食べちゃうかもしれないからネネはもっと美味しくなっててね」 そこまで言うと彼は黒杖代に包まれ消えていった。 普通、食べられると分かっていて美味しくなろうと努力する生き物なんているのかな?。 私は1人ちょっと怖いような謎なようなハテナな状態で夕焼けの廊下に立ち尽くした。 [newpage] 「ヤシロ!トリックオアトリート」 あの嵐のような出来事を乗り越えようやくトイレに辿り着いた私は、扉を開けた瞬間花子くんにこのセリフを言われた。 どっちにしろ私は花子くんにイタズラなんかできなかったんだ。 本日2度目のショックを受けて地味にへこんでると花子くんは「ヤシロお菓子ないの?ないならないでいいよ」と超笑顔でイタズラグッズを後ろに控えていた。 「ちゃんとあるよ。 はい」 半分やけになりながらさっき返ってきたお菓子袋を花子くんに渡す。 「なーんだお菓子あるんだ。 イタズラもしてみたかったんだけどなぁ」 まぁありがとうね!といって彼はイタズラグッズを捨てお菓子袋を手に取った。 私はというと つかさくんと花子くんで同じくだりになったこともあり、イタズラしようなんてもうミジンも考えられなかった。 「あれヤシロそこどーしたの?」 「え?何が」 「首の所なんか赤くなってない?」 バッと鏡の前に移動して見てみると確かにハッキリと赤い何かが首についている。 うそ…全然痛くなかったから痕なんて残ってないと思ってたのに。 「ヤシロ…それ誰かにやられたの?」 さっきまでとは違う。 明らかに不機嫌なトーンに変わっていた。 マズイ、さすがにつかさくんにやられた何て言えない。 だけどじっと探るような彼の瞳に見つめられ考えるより先に言葉が口からでていた。 「こっこれは。 そう!蚊に刺されちゃって」 「ふーんヤシロは嘘つくんだ。 ならしょうがないね。 お菓子貰ったけど悪い子にはイタズラだ」 え?疑問を投げかける前に私の体は花子くん引っ張られ、たくさんあった距離は無しにされた。 しかも目の前が何故か真っ暗になって何も見えない。 顔から伝わる体温で彼が目隠しをしているということだけは理解できた。 「はっ花子くん急にどうしたの。 これじゃ前が…」 「悪い子は大人しくイタズラを受けて」 前が見えないせいかその言葉で少女の動きはピタリと止まる。 少年は静かに少女の髪をはらうと赤いままの首筋の痕にゆっくりとキスを落とした。 見えてない分少女の体は思った以上に反応しすぐに体は逃げようと動き出す。 しかし少年がそれを許さないとでもいうように手の力を強める。 「ヤシロ逃げちゃダメだよ。 まだイタズラの途中なんだから」 少年は方向を変えながら再度キスを続ける。 そしてしばらくしてから名残惜しそうにそっと少女から離れた。 「はい終わりー。 もういいよ」 「いっいっ今のはいったいなに!?」 「なにって…イタズラ?」 いつもの花子くんの笑顔にホットしたのも一瞬のうち、私の頭は一気に恥ずかしさからくる怒りにかられた。 「もう花子くん!イタズラっていってももっと他にも」 「あーごめん ごめん。 俺健全だからそれしか知らなくて」 「充分不健全よ!」 ヤシロはよっぽどびっくりしたのかいつも以上の反応を見せてくる。 まぁ本当はイタズラにしょうした消毒だから悪いなんて1ミリも思ってないけどねぇ。 しっかしあの痕たぶんつかさの仕業だよな 目の前で自分がした事にまだ怒ってくるヤシロを見てるといろいろ心配になってくる。 「まったく」 「えっきゃあ!」 気づいたらまた俺はヤシロを抱きしめていた。 今にも壊れてしまいそうなこの弱い存在の無事を確かめるように。 「ヤシロ…あんまり隙ばっかり見せちゃダメだからね」 自分らしくもない言葉、行動にたまに呆れる時もあった。 俺は怪異。 ヤシロにはあまり深い入りしてはいけない存在だ。 だけど誰かにヤシロの何かを乱される、それを不快に感じる自分がいることもまた事実。 大事にしたい。 ずっとヤシロには笑顔でいてほしいんだ。 黙ったまま抱きしめる俺を不思議思ったのかさっきまで怒っていたヤシロも静かになり 「花子くんどうしたの?」 俺を見上げて首をかしげていた。 「なんでもないよ。 とにかくヤシロはもっとケイカイシンをもって。 じゃないと次はどうなるかわからないよ」 首にキスした所をなぞりながらニッコリ笑っていえば、ヤシロの顔はまた真っ赤に逆戻り。 「もうからかうのはやめてー!」 からかってはないんだけどなぁーと内心思いながら「ごめん、ごめん」と謝罪をいれた。 「そういえばヤシロは言わなくていいの?あの言葉。 もしかしたらイタズラできるかもよ」 「え!本当に」 「もしかしたら、だけどねぇ」 「なら言うよ!よーし。 花子くんトリックオアトリート!」.

次の