ドコモ テオ。 THEO[テオ]+ docomo

THEO[テオ]+ docomo

ドコモ テオ

例えば、預かり資産額が5,000万円だとしましょう。 「5,000万円-3,000万円=2,000万円」分は手数料が0. 割引と期間内の平均投資金額(積立分を含む)の関係下記の通り。 投資金額と割引の関係 カラー(割引ランク) 手数料割引 期間内の平均投資金額(積立分を含む) ホワイト 1. A(4月、5月、6月)• B(7月、8月、9月)• C(10月、11月、12月)• 先ほどの表をもう一度見てみましょう! カラー(割引ランク) 手数料 平均投資金額(積立分を含む) ホワイト 1. よって、A期間の次のB期間(7月、8月、9月)における手数料は 0. 投資金額を増やせば増やすほど、THEOでの運用がお得になるということです。 注意!ETFの経費は基本手数料(0. これについて公式では、次のように書かれています。 なお、組入ETFが直接間接に負担する運用報酬、売買手数料等の費用につきましては間接的にご負担いただきます。 これらの費用の合計額は銘柄、組入高等によって異なりますので、事前に料率または上限額を表示することができません。 ETF経費はどれくらいかかるの? ここで気になるのは、ETF経費ではないでしょうか? 上記にある公式からの引用によると「上限額を表示することができません」とあります。 よって的確な数字を示すことはできませんが、THEOと同じように海外ETFに投資を行う ウェルスナビのETF経費は年率0. 具体的な、 THEOのETF経費は0. 手数料が高くない理由• 自力で同様の投資を行うより手数料はかからない• THEOと同様の運用を自分で行うのは困難 順に見ていきましょう! (1)自力で同様の投資を行うより手数料はかからない THEOでは、主に以下の銘柄(海外ETF)からあなたに最適な資産配分を合理的に判断し、分散投資を行います。 海外ETFにはTHEOを利用しなくても、自力で投資を行う方法もあります。 例えば以下の証券会社では、上記の銘柄の多くを取り扱っています。 つまり、上記のような証券取引所の口座を開設している人なら、THEOと同様のポートフォリオを組むことは十分に可能です。 気になるのは、そのコストではないでしょうか? 自力で投資ができるコストがTHEOのコストより安ければ、THEOを利用する理由はありませんよね? THEOに任せるのと、自力で同じ投資方法を行うのはどっちがお得? 結論から言いますと、多額の投資を行うとき以外は THEO以上のコストがかかるので、自力での投資はおすすめしません。 実はTHEO公式では、自力で投資を行った場合とTHEOに投資をお任せした場合のシミュレーションを行っています。 によると 入金時の最初の買付けにかかる為替手数料・取引手数料で、1. (引用:) とあります。 つまり、投資額が多額でない場合は、THEOに投資をお任せした方がコストを安く抑えられるということです。 (2)THEOと同様の運用を行うのは困難 THEOと同様の投資を行うのは非常に難しいので、THEOに投資をお任せするのは妥当だという考え方もできます。 上記は、THEO公式が公開している「2017年度の取引回数(ETF の売買)の数」の情報です。 特筆すべきは、その取引回数の多さです。 投資金額が500万円にもなると、取引回数が250回以上にもなります。 普通のサラリーマンがTHEOと同様の取引回数をこなすのは、現実的ではないでしょう。 また、一般的な証券会社での取引の際には、手数料が別途かかるのが普通です。 となると、恐ろしいほどの手数料が別途発生することが目に見えます。 結論!THEOの手数料は妥当! まとめると• 上記の2点から、 THEOの手数料が高いとは言えません。 THEOに投資を任せることで、 自力で同様の投資を行うよりコストを抑えることが可能です。 ちなみに、ロボアドバイザーの手数料を論じる上で「格安の投資信託を自力で投資した方が、もっとコストを抑えられるから良い!」という意見もたくさん見られますが、自力で投資する場合と比べるのは少々ナンセンスな気もします。 投資の知識が少なく、自力での投資が不安だからロボアドバイザーを利用しようと考えるべきです。 自力で投資ができるのなら、ロボアドバイザーを利用する必要性はありません。 他のロボアドバイザーの手数料と徹底比較 THEOの手数料は、他のお任せできるタイプのロボアドバイザーと比べて高いのか気になるのではないでしょうか? 結論から言いますと、 他のロボアドバイザーと比べても手数料はそれほど変わりません。 ここでは、人気のロボアドバイザーとの手数料を比較しました。 以下がその表になります。 1〜0. 04〜1. THEOの手数料はいつ支払われるのか? いつ手数料が支払われるのか分からないと、不安になりますよね。 THEOの手数料は、毎月の月末にTHEOの運用口座から引き落とされます。 引き落とされた手数料の確認方法 まず、THEOにログイン後「メニュー」の「メッセージボックス」とクリックすると、以下の画面になります。 その後、メッセージボックス中の「20XX年XX月運用報告書」を開くことで、詳細な月額手数料を確認できます。 まとめ THEOの手数料について解説しました。 THEOの手数料は妥当な手数料でしょう。 THEOの運用方法を考慮に入れると高い手数料とは言えません。 まさに、テクノロジーが可能にしている投資と言えるのではないでしょうか。 参考になれば幸いです。

次の

THEOの評価・口コミをまとめたぞ【完全版】

ドコモ テオ

THEO(テオ)とTHEO+(テオプラス)の違いとは? THEO(テオ)はロボアドバイザーにより、資産運用のプロセスを自動で行ってくれる投資一任型サービスで、下記のような特徴があるサービスです。 1万円から国際分散投資を始められる• 自分に合ったポートフォリオを提案• 資産運用の全プロセスを自動化• AIを活用してリスクを抑制• 特定口座に対応• 万が一の時でも預けた資産は守られる 参考 THEO+(テオプラス)は、ロボアドバイザーのTHEOと他社との協業ブランドで、 運用方法に違いはありませんが、提携企業ごとに提携金融機関からの振込手数料が無料となったり、提携企業のアプリとのID連携、運用額に応じたポイントやマイルの付与といった様々な特典があるサービスとなっています。 運用額に応じてdポイントが貯まる• dカード利用でおつり投資ができる• ドコモ口座との連携でワンクリックで入金可能• dアカウントとの連携で、初期登録もログインも簡略に 運用額に応じてdポイントが貯まる THEO+docomoの最大の魅力は、運用額に応じてdポイントが貯まることにあり、預かり資産1万円につきドコモ回線を利用している方は、毎月1. 5ポイント貯まります。 年間の還元率は0. 参考 ただ、ドコモ回線を利用していない方は、毎月1ポイントとなるのでやはりドコモユーザの方の方がメリットがあります。 上記で、例えば100円で設定した場合は、350円のコーヒー購入で400円ー350円=50円をおつりに見立てて積み立てることになります。 一つ昔前に、お財布に入ってる小銭を貯金箱にいれてコツコツ貯金するといった方法もありましたが、今ではこのようなサービスを利用すれば手間なく自動で積み立てることができるので、気付いたら馬鹿にできないほどの資産となってくれるかもしれません。 ドコモ口座との連携でワンクリックで入金可能 ドコモ口座は、ネット上で買い物や送金ができるバーチャルなお財布として利用できるサービスですが、入出金口座としてドコモ口座を利用することで、ドコモ口座からワンクリックで入金したり、THEOで運用中の資産の一部をドコモ口座に出金といった連携も可能です。 ドコモ口座を利用するなら、キャッシュゲットモールを経由してd払いを利用すると、dポイント、ストアポイント、キャッシュバックの3重取りが可能とお得です。 >> (公式サイト) dアカウントとの連携で、初期登録もログインも簡略に dアカウントとTHEOの連携で、初期登録の申し込みも運用開始後のログインも簡単にできるようになります。 THEOとTHEO+docomoはどっちがお得? THEOとTHEO+docomoでポイントなどの還元率だけを考えるとどちらを利用するのがお得でしょうか? THEO単体では、THEO+docomoのように運用額に応じてずっとポイントが貯まるようなサービスはありませんが、「THEO積立応援プログラム」+定期的なキャンペーンで現金プレゼントを実施しています。 「THEO積立応援プログラム」は、新規で積立3ヶ月連続で自動積立を行うことで現金がプレゼントされます。 例えば、3ヶ月1万円を毎月積立したら500円が貰えるので、3万円の投資に対して約1. THEO+docomoでも期間限定(2018年12月3日(月)0:00〜2019年3月13日(木)17:00)で同様の積立キャンペーンを実施していてdポイントが貰えます。 30万円以上毎月積み立てするなら、THEOでの還元額と変わりませんが、それ以下の積立をするのであればTHEOでの「THEO積立応援プログラム」の方が還元額は高くなります。 また、THEOでは定期的にキャンペーンを実施していて入金額に応じた現金プレゼントを行っていて、例えば2018年11月1日~2019年1月31日までのキャンペーンだと入金額に応じて下記の現金をプレゼントしてくれます。 10万円入金すれば1%の還元率とこちらもお得なキャンペーンとなっていて、既に運用している方が対象なのでTHEOでキャンペーンを利用して運用するのがお得ですが、今後も継続的にキャンペーンが行われるのかは確約されてはいないのと、キャンペーン期間中にまとまった資金を入金をしないといけないといったデメリットがあります。 THEO+docomoでお得になる裏技とは? THEO+docomoでは運用額に応じてdポイントが貰えますが、THEO単体でのTHEO積立応援プログラムや定期的なキャンペーンの方が還元率は高いです。 THEO+docomoも期間限定で積立キャンペーンを実施していますが、毎月30万円未満の積立であればTHEO単体でのTHEO積立応援プログラムの方が還元額は高くなります。 そこで、THEO+docomoでいきなり運用を始めるのではなく、まずは THEO単体での積立応援プログラムや定期的なキャンペーンで現金のプレゼントをもらってからTHEO+docomoに切り替えすれば、切り替え後はdポイントを貯めることができます。 参考 THEOからTHEO+docomoへの切り替えについては下記を参照してください。 THEO FAQ「」 現金プレゼントを付与する時点でTHEO+docomoへ切り替えが行われていると対象外となってしまい、例えばTHEO積立応援プログラムは下記のようなスケジュールでプレゼントが付与されるので、口座に現金がプレゼントされたのを確認してから切り替えを行ってください。 評価・まとめ THEO+docomoは、ロボアドバイザーのTHEOを運営する株式会社お金のデザインとNTTドコモとの協業サービスで、下記のようなサービスの特徴があります。 運用額に応じてdポイントが貯まる• dカード利用でおつり投資ができる• ドコモ口座との連携でワンクリックで入金可能• dアカウントとの連携で、初期登録もログインも簡略に 運用額に応じてdポイントが貯まり、ドコモ回線を利用していれば年間の還元率は0. ただ、THEO単体でのTHEO積立応援プログラムや定期的なキャンペーンの方が還元率(現金プレゼント)は高いのですが、今後も継続的にキャンペーンが行われるのかは確約されてはいないのと、キャンペーン期間中にまとまった資金を入金をしないといけないといったデメリットがあります。 THEOの積立応援プログラムはキャンペーンと違って期限がないのでいつでも現金プレゼントされますが、新規で積立したときにだけ対象と継続的に現金プレゼントはされないので、長期での運用を考えた場合には、THEO+docomoで運用額に応じてdポイントが貯まるサービスの方がメリットがあります。 そこで、THEOからTHEO+docomoへ切り替えができることを利用し、運用当初はTHEO単体でのTHEO積立応援プログラム+定期的なキャンペーンで現金プレゼントをもらい、その後THEO+docomoへ切り替えすればdポイントが貯まるのでお得です。 まとめると下記のようになるので、ご自身に合ったやり方を検討してみてください。 THEO単体での定期的なキャンペーンが今後も継続されると考えるならTHEOで運用• THEO単体の現金プレゼントとTHEO+docomoのdポイントを両方得るなら最初はTHEOで運用しその後THEO+docomoへ切り替え• dポイントを貯めたいが切り替えするのが面倒ならTHEO+docomoで運用 ドコモユーザで資産運用しながらdポイントを貯めるならTHEO+docomo もちろん口座開設・維持費用は無料です。 >> (公式サイト) THEO単体の現金プレゼントとTHEO+docomoのdポイントを両方得るならまずはTHEO THEO単体でももちろん口座開設・維持費用は無料です。 >> (公式サイト).

次の

THEO+ docomo(テオ・プラスドコモ)の特徴やメリット、THEOとの違いは?dポイントも貯まる!

ドコモ テオ

ツイッターから評価・口コミを集めてみました。 このときは手数料も今より高かったので、それに対する批判が書かれています。 いまは手数料が安くなりましたよ。 アメブロを更新しました。 ただ多くの人にとっては難しいし、時間も避けないと思うのでそう言った人はTHEOのほうがいいかもね。 私はどっちもやってます。 ここからはポジティブな評価・口コミを載せていきます 本日のTHEO 老後の対策で初めてるんですが 運用開始以来の高利率!3. 順調に利益を伸ばしているみたいですね。 つみたてNISA、8ヶ月と28日目。 損益額+10,715円、+5. すごいですね。 THEOとそもそものシステム・運用方法には違いはないです。 ただdポイントっていうのがたまります。 私はドコモユーザーではないので普通のTHEOを使っています。 ちなみに普通のTHEOを開設した後でも、ドコモと連携できるのでご安心を。 今週の は、株価上昇の影響で大幅上昇。 初の利益10,000円超え。 先週から2. 5%程上昇、米国株が怖いくらい上昇基調なので順調ですね。 構わずほったらかしです。 とはいえ、ロボアドはすべて淡々と運用するのみ!ですねぃ。 最近はアメリカの株価が上がったことで、連動している感じがしますね。 を始めて一ヶ月ちょっとだけど、1. これは予想以上。 ポイント投資も捗るし、今のところは始めて成功と言えます。 まだ始めたばかりなので長期で見ていく必要はありますね。 なかなかいい感じに上がっています。 こちらも大幅上昇! 前日比+1. このまま続くといいですね。 【THEO】動画で口コミ・評判 調査概要• 実施時期 : 2017年09月22日~2017年10月01日(Web調査)• 調査対象者 : THEO にて資産運用中のユーザーより選定• 有効回答数 : 2,396• 調査総数:2394名• 出典:THEO公式サイト 私の評価というか口コミ 「外部からの口コミだけじゃなく、お前の意見はないんか?」と思っている方がいるかもしれないので、以下に書いていきますね。 私も実は最近始めたところです。 使い勝手はものすごく良いですね。 アプリでもできるのが楽チン。 口座解説もラクでしたし、自分で何もしなくていいのがありがたいです。 基本放置で勝手にロボットが資産運用してくれるので。 専業のトレーダーじゃない人がほどんどだと思うので、なるべく投資に割く時間は最小限にしたいんですよね。 しかも本病をやっている途中に株価の変動とかが気になるのが嫌な人が多いと思うので、勝手にリバランスしてくれるTHEOはかなりありがたい存在かと。 しかも1万円から始められるし、手数料が安くなるキャンペーンも始まったのでかなり良いサービスなんじゃないかなあ。 もっと詳しく知りたいかは公式サイトをご覧くださいな。 投資って自分でやっても大抵の人は失敗する これ言ったら怒られるかもしれませんが「初心者は自分で投資をやっても大抵失敗します」 だからプロに任せた方が確実だし、早かったりします。 私も散々失敗してきましたからね。 今はだいぶ成長したので、普通の投資もしてますけど。 でも今は優秀なロボアドとかあるからそっちを使った方が手っ取り早いです。 (投資にすごい時間使える人は別) 私も今は株式もFXも自動売買系をメインにやっています。 なおTHEOを実際に使っている人の状況こんな感じ 利用者数5万円人。 2年間で6倍くらい伸びているそうです。 THEOはJ-Startup企業にも選ばれている【国の評価・口コミ】 THEOは国が認定するJ-Startup企業にも認定されています。 J-Startupとは、経済産業省が主催する日本のスタートアップ企業支援事業で「特待生」として扱われること。 トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などによる推薦、外部審査委員会による厳正な審査を経て、約10,000社の中から、ミッション、独自性、独創性が評価された、お金のデザインをはじめとする92社が、J-Startup企業として認定されました。 あの有名なメルカリとかビズリーチ、マネーフォワードも同じように認定されました。 国が推薦するって聞くとなんか安心感が出ますね。 まとめ:THEOの評価・口コミ そんな感じでTHEOの評価・口コミをお伝えしてきました。 THEO(テオ)の評判は良いものが多いです。 特に投資に慣れていない人、時間を割けない人におすすめできます。 一度設定してしまえば完全放置でOKですから。

次の