ノーマルタイプ 育成論。 カビゴンの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

デオキシス(ノーマル) : ノーマルフォルム特殊デオキシス|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ノーマルタイプ 育成論

わざ選びについて ラグラージが覚えるわざは以下のとおりです。 ノーマルアタック• マッドショット• みずてっぽう スペシャルアタック• じしん• ヘドロウェーブ• なみのり• ハイドロカノン• だくりゅう ラグラージのわざ構成は一部例外を除いて、 マッドショット、ハイドロカノン、じしんで決まりです 非常に優秀なスペシャルアタック「ハイドロカノン」を高回転で撃てるのがラグラージの魅力なので、ノーマルアタックは「マッドショット」、スペシャルアタックは「ハイドロカノン」は外せません。 ハイドロカノンを選択したら、なみのりは選択肢から消えます。 ハイパーリーグの環境上、はがねタイプに弱点のつけるじめんタイプのスペシャルアタック「じしん」は欲しいので、基本はマッドショット、ハイドロカノン、じしんという構成になります。 例外でフェアリータイプに一矢報いようと、どくタイプのスペシャルアタック「ヘドロウェーブ」を使う人や、ハイドロカノンより必要エネルギーが少ないスペシャルアタック「だくりゅう」を使う人がいますが、あくまで例外として見て、基本の型を選択したほうが良いです。 個体値厳選について 私が調査した上で、ラグラージに求めることは以下の3つだと思いました。 ラグラージ同士の対面になった時、相手よりこうげきが高いか 初手ミラー対面の場合、どっちが先にハイドロカノンが撃てるかが重要になってきます。 ギラティナのりゅうのいぶきが4ダメージにならないか ギラティナ-アナザーフォルムの育成論で説明しましたが、りゅうのいぶきのダメージが4になるとラグラージ側はじしんを撃てる回数が減ってしまいます。 しかし、ギラティナがレイド産こうげき1位(14-10-10)の場合、りゅうのいぶきのダメージを3に抑えられる個体は4096通り中13通りしかありません。 詳細は クレセリアのサイコカッターが3ダメージにならないか クレセリアの育成論で説明しましたが、クレセリアのサイコカッターのダメージが3になると、クレセリアはくさむすびを撃つ回数を減らすことができます。 これはラグラージがぼうぎょ特化(0-15-1)でもサイコカッターのダメージが3になるクレセリアはレイド産でも216通り中39通りいるので完全にはカバーしきれません。 詳細は 非常に厳選がシビアになってしまうので結論を言うと、 SCP重視で、こうげきは低すぎず(ラグラージ対策)、できるだけぼうぎょが高くなる個体 を推奨します。 ハイパーリーグでよく見られると思われるポケモンに絞っての調査になるので、他にもメリットやデメリットがあると思います。 あくまで私の基準として参考にしていただければと思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 ラグラージはできるだけぼうぎょに特化した個体を使いたい とまとめさせていただきます。 こうげきをあげることで対面に影響が出るケースもありますが、それ以上に被ダメがブレークすることで対面に影響が出るケースが多いので、できるだけラグラージのぼうぎょは上げておきたいです。 ただし、ハイドロカノンというわざは特別なわざで、覚えられるようになるイベントが来るまで待つか、すごいわざマシンを使って覚えさせるしかありません。 イベントに備えて良いミズゴロウを捕まえておきたいですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【ソードシールド】

ノーマルタイプ 育成論

タイプ:ノーマル 種族値:H255 A10 B10 C75 D135 S55 特性:しぜんかいふく、てんのめぐみ、いやしのこころ 概要 ハピナスは、金銀で登場した ノーマル単タイプのポケモンです。 HPとDの種族値が圧倒的に高く、ORAS時点で全ポケモン中最も特殊耐久が高いポケモン(持ち物補正なしの場合)です。 Bは非常に低いものの、HPが非常に高いおかげでBに努力値を振れば平均程度の物理耐久となります。 Cも平均程度ある上、Sも耐久型としては遅くない数値なので、特殊受けとして運用する場合には文句なしの性能を持っていると言えます。 ノーマル単タイプであるため、 弱点が格闘しか存在しないというのも数値受けが可能なハピナスにとって嬉しい要素と言えます。 しかし、進化前のポケモンのBDを1. 5倍にするアイテム「しんかのきせき」がBWで登場したことによって、持ち物補正を含めた場合の特殊耐久は自身の進化前である「ラッキー」の方が高くなってしまいました。 しかし、C種族値の差やアイテムの自由さなどラッキーと差別化できる要素は多いので、現環境でも十分特殊受けとして活躍できます。 特性 しぜんかいふく(他のポケモンと交代すると状態異常が治る) 耐久型であるハピナスと相性が良い特性。 本来であれば耐久型が機能停止してしまう「どくどく」もこの特性によって交代するだけで治るので、非常に扱いやすくなります。 性格 ずぶとい(Bが上がりやすくなり、Aが下がりやすくなる) 役割は「特殊受け」ですが、Bに努力値を振ることで元の種族値が低い物理耐久もそれなりの数値となり、役割破壊に強くなるため「ずぶとい」とします。 6世代から特殊技の威力が下降修正されたことで、Dに補正をかけなくても特殊は十分受けることができるというのも理由になります。 持ち物 きれいなぬけがら(必ず控えのポケモンと交代できるようになる) 特性「かげふみ」のメガゲンガーを強く意識した持ち物。 メガゲンガーは豊富な技を覚えるため型が読みづらく、後出しから安定して処理することが非常に難しいポケモンです。 攻撃技を受けることができるポケモンであっても、「かげふみ」で交代できないと「ほろびのうた」で強引に処理されてしまうことがあります。 進化前の「ラッキー」はC種族値が非常に低く攻撃技はゲンガーに通らない「ちきゅうなげ」しか採用しづらいため、攻撃こそ受けることができますが相手への打点がない上に「ほろびのうた」型には為す術がありません。 しかし、ハピナスの場合はこの持ち物と高い特殊耐久、平均程度の特殊火力によって、メガゲンガーに後出しから打ち合うことも、「ほろびのうた」から逃げることも可能となり、ほぼ全ての型のメガゲンガーに安定して後出しすることが可能となります。 技構成 H4 B252 C252 他のポケモンではなかなか見られない配分ですが、極端な種族値をしているハピナスにとっては合理的な配分です。 まずBに252振ることで、役割破壊の物理技に強くなる上、サイクルを回せなくなった場合に強引に物理ポケモンの攻撃を耐えることが可能になるので立ち回りの幅が広がります。 さらにCに252振りして、攻撃技によるダメージをできるだけ稼げるようにします。 これにより火力の低いラッキーとの差別化に繋がります。 余りはHPの実数値が奇数になるようにHに4振りします。 Dは元の種族値の高さによってH4振りのみでも臆病C252振りメガゲンガーの「きあいだま」を2耐えできるほど耐久があるので、努力値を振らなくても特殊受けとして運用できます。 特殊受けだからといってHDに厚く振ったとしても、特殊耐久が過剰となる上に、物理耐久と特殊火力の低さが足を引っ張ってしまうことの方が多いです。 したがって、ハピナスはBCベースの配分が相応しいと言えます。 運用方法 役割に従い、特殊ポケモンに後出ししていくのが基本となります。 特殊ポケモンが役割破壊として持っていることがある「サイコショック」もBに振ることでそこまで痛手にはならないのも魅力です。 メジャーなポケモンの中では、メガゲンガー、ボルトロス、ロトム、ポリゴン2、クレセリアなどに後出しが安定します。 物理耐久もそれなりにありますが、高火力物理ポケモンの攻撃を2回耐えることは難しいので、そのような相手は裏の物理受けポケモンに任せましょう。 ハピナスと相性が良いポケモンとしては、 圧倒的な物理耐久を持つ「メガヤドラン」、使用率の高い 物理ポケモンに強めな「エアームド」などがオススメです。 これらのポケモンを中心として組んだPTは「受けループ」と言われています。 レーティングバトルや大会の上位プレイヤーの中でも一定の使用率が見られる強力なPTなので、ハピナスを育成したら「受けループ」に組み込んで運用してみると良いでしょう。

次の

タイプ・ヌル&シルヴァディ 厳選&考察・育成論

ノーマルタイプ 育成論

カビゴン 種族値 HP 160 攻撃 110 防御 65 特攻 65 特防 110 素早 30 ノーマル 合計種族値 540 特性 めんえき どく状態にならない あついしぼう 「ほのお」「こおり」タイプの技で受けるダメージを0. 5倍にする 隠れ特性 くいしんぼう HPがかなり減ってから使う「きのみ」を、もっと早くに使う カビゴンの特徴 カビゴンの長所 HPが飛び抜けて高い カビゴンのH種族値 160は、ほかのポケモンに比べてとてつもなく高い種族値です。 HPのステータスだけで十分耐久力のあるポケモンと言えます。 D種族値110も高いので、Cが中途半端な特殊アタッカーでは太刀打ちできません。 また耐久があるうえにノーマルタイプを持つカビゴンは、シングルバトル環境で活躍しているゴーストタイプ ドラパルト、ミミッキュなど の技に対して無効を取れることも優秀な点です。 攻撃ステータスも高水準 A種族値 110は、 ルカリオや ジャラランガなどと同じ種族値です。 すべての努力値を耐久力に振っても十分に火力を確保でき、「はらだいこ」で爆発的な火力を得ることも可能です。 技「キョダイサイセイ」が使える カビゴンがキョダイマックスすると、ノーマルタイプ技が「キョダイサイセイ」に変化します。 「キョダイサイセイ」は威力130で、食べたきのみを再生することができます。 そのため、使用した「オボンのみ」や「フィラのみ」を再生し、もう一度利用することができ強力です。 カビゴンの短所 防御が低い HPと特防の種族値は高いですが、防御の種族値が 65と少ない配分となってます。 カビゴンはかくとうタイプに弱点を取られてしまいます。 かくとうタイプは物理攻撃を繰り出すことが多いため、防御の種族値が低いカビゴンに取って天敵といえます。 素早さが極端に低い 耐久力に種族値を多く配分されているため、素早さが犠牲となり極端に低いステータスとなってます。 カビゴンの育成論一覧 のろい型.

次の