腎臓病 発熱。 子どもに起こりやすい腎臓病(小児腎臓病)

急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)とは

腎臓病 発熱

子どもの腎臓病(小児腎臓病)は多くの場合、学校の検尿で発見されます。 ただし、ほとんどは軽い段階のため、厳しい運動制限や食事制限を行っていく必要はありません。 腎臓病で入院する子どもの病気では、腎炎とが多く、全体の約7割を占めています。 その他は、続発性腎炎、乳児にやや多い尿路感染症があります。 15歳以下の子どもの診察は小児科となります。 小児科の腎臓病の専門医を受診するようにしましょう。 急性腎炎 子どもの急性腎炎は、顔のむくみ、まぶたの腫れ、たんぱく尿・血尿、高血圧などの症状が起こることで気づきます。 症状が重なる場合もあったり、軽い症状の場合もあります。 カゼや扁桃炎にかかると、その原因である溶連菌感染をきっかけに糸球体に炎症が生じます。 溶連菌以外の感染によって急性腎炎が引き起こされることもあります。 小児の急性腎炎は、成人のものと比べて治りやすいといわれています。 特効薬というものはありませんが、安静にして食事療法を続けると6ヶ月から1年で治ります。 ただし、まれに慢性腎炎に進行することがあります。 慢性腎炎 子どもの慢性腎炎は、血尿やたんぱく尿が1年以上続いて、腎生検で組織を調べた結果、病変が確認されると診断されます。 日本ではIgA腎症が多く見られています。 治療はステロイドホルモン剤などを使用していきます。 小児期特発性ネフローゼ症候群 ネフローゼ症候群とは、血液中のたんぱく質が糸球体の血管壁から尿に大量にもれるために、血中のたんぱく質濃度が低下し、コレステロール値が上昇する病気をいいます。 成人のネフローゼ症候群とは、発症のしかた、治療過程などでかなり異なっており、治癒率も小児のほうが圧倒的によいとされます。 治療では、水分・塩分を制限していき、食事療法が行われます。 薬物療法では、ステロイドホルモンの効果が高く、免疫抑制薬を使用する場合もあります。 尿路感染症(腎盂炎) 尿道や膀胱から大腸菌、緑膿菌などが腎臓の腎盂に侵入して炎症を起こす病気です。 乳児期の腎尿路疾患でもっとも多いのが尿路感染症です。 発熱、吐き気・嘔吐、ひきつけなどの症状があらわれます。 治療は、抗生物質の投与を行い、入院して安静に過ごします。 腎不全 子どもでも腎臓病が重症化すると腎不全となる場合があり、人工透析か腎移植しか治療法はなくなります。 子どもにとって負担の少ない腎移植が望ましいのですが、すぐに移植を受けることが難しい場合は、人工透析を行うしか方法はありません。 人工透析の場合、学校でも生活できるようにCAPD(持続外来腹膜透析)が選ばれます。 透析液が入ったバッグを交換すれば簡単に透析できるため、学校の昼休みに保健室で透析液の交換をしている子どももいます。 透析液は4〜8時間ごとに交換していきます。 学校で人工透析をスムーズに行うには、主治医、学校、子どもの保護者が連携して取り組んでいく体制が必要です。 スポンサードリンク.

次の

20代や30代でも起こりうる腎臓病

腎臓病 発熱

腎臓病は初期の段階はほとんど症状が現れません。 自覚症状が出てきたときは、病状がかなり悪化している可能性があります。 気づきやすいのは、 尿の異常と 浮腫(むくみ)の2つです。 尿のにごり 腎臓に障害があらわれると、尿がにごって見えることがあります。 血尿 尿に血液(赤血球)がまじるとにごってみえます。 見た目はふつうでも、顕微鏡で調べると赤血球が見つかる場合があります。 (潜血) 膿尿 尿に白血球がまじると白くにごって見えます。 膀胱炎にかかったときにもみられます。 尿の量の異常 健康な成人が1日に排泄する尿の量は、1000〜1500mlです。 しかし、腎臓病が末期になると、尿の量が400ml以下になったり、2500ml以上になったりします。 むくみ 腎臓の機能が低下してくると、むくみが生じやすくなります。 これは、体液が血管の外の細胞間質という場所に蓄積するためです。 むくみがあらわれやすい体の部位は以下になります。 顔 朝、起きたときに、目のまわりがむくみやすくなります。 足・手 むくみが出ているすねや足の甲などの皮膚を強く押すと、指をあてた部分がへこんでしばらくもどらなくなります。 横になっていると足のむくみはとれますが、これはむくみが治ったのではなく、水分が他の部分に移っただけです。 また、手にむくみがあらわれると、指が太くなって指輪が抜けなくなります。 陰部 むくみが背中や腰にまであらわれるようになると、陰嚢などにむくみが出ることがあります。 内臓 むくみは内臓にもあらわれます。 心臓の周囲、肝臓、肺、胃や腸にあらわれます。 とくに、肺に起こると、肺浮腫になって呼吸困難になる危険性があります。 高血圧 腎臓病になると水分や塩分の排出がうまく行われなくなるので、高血圧になります。 高血圧になると、腎臓への負担が高まり、腎臓の機能がさらに低下することになります。 痛みと発熱 腎臓病では、痛みがあらわれることはほとんどありません。 ただし、急性腎盂(じんう)炎、多発性嚢胞(のうほう)腎、急性間質性腎炎などの場合には痛みが生じることがあります。 発熱は、急性腎盂炎のように感染が生じると起こります。 腎臓病の自覚症状関連エントリー 腎臓は、体の中にある老廃物を尿として排泄し、血液中の水分や体液のバランスを整える重要な働きをしています。 腎臓の機能が弱ってくると、さまざまな腎臓病になってしまいます。 腎臓病という言葉は知っていても、実際にどんな病気なのか知らない人は多くいます。 生活習慣病のひとつであることを自覚しましょう。 腎臓病を早期に発見するためには、定期的に検査して異常をいち早く見つけることが大切です。 腎臓病の検査には、尿検査と血圧測定があります。 腎臓病は生活習慣病のひとつなので、高血圧にならないように適度な運動をして、肥満を予防することが大切です・。 お酒やタバコも控えめにしましょう。 高血圧は腎機能を悪化させる大きな原因となっています。 血圧を正確に測るためには、医療機関よりも家庭でリラックスしているときに行うのがおすすめです。 腎不全が進行して腎機能が低下すると、尿毒症になるおそれがあります。 人工透析の普及で生存率は高まりましたが、さまざまな症状をまねくため危険な状態となります。 腎臓のはたらきなどが障害されると、尿に影響が出てきます。 腎臓の危険なサインの第一は尿の異常に現れます。 いつもと違う尿が出たら、放置してはいけません。 尿の色や臭い、泡立ちなどの異常に気付いたときには、腎臓内科などで腎臓病の検査を受けるようにしましょう。 かかりつけ医に相談する方法もあります。 気になる膀胱炎と腎臓病の関係について解説しています。 とくに女性の場合、男性に比べて尿道が短いため、膀胱炎を起こしやすくなることに注意しなければなりません。

次の

腎臓病:腎臓の病気|患者・ご家族のみなさま向け|旭化成ファーマ

腎臓病 発熱

腎臓の病気は自覚症状が現れにくいことが多いのですが、「むくみ」「血尿」などは比較的気づきやすい症状といえるでしょう。 腎臓病の初期症状としては、足・手・顔などがパンパンに腫れてしまう「むくみ 浮腫)」があげられます。 血液をろ過している腎臓の糸球体に障害が起こると、網の目が目詰まりして血液を十分ろ過することができなくなり、老廃物や余分な水分、塩分を体外に排泄できなくなります。 この体に溜まった余分な水分、塩分がむくみの原因となります。 むくみの原因として腎臓病はとても多く、むくみの症状がみられる場合は、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全などの可能性が疑われます 表1)。 多発性のう胞腎(PKD でも、腎臓の働きが低下するとむくみなどの症状が現れ始めます。 血液は心臓の働きや、足の筋肉の収縮により、重力に逆らって体内を循環しています。 しかし長時間立っていると重力の影響で血液が足に溜まり、血管の圧力が高くなることでむくみが起こります。 そのため、健康な人でも、夕方に足がむくむことがあります。 このような、休息をとれば解消される一過性のむくみであれば、過剰に心配する必要はありません。 むくみが強い場合には、足の脛(すね)などを指で押すと、へこんで指の跡が残ります。 他にも、顔面のむくみ感、急な体重増加、下腿(ひざ下)の腫れなどがみられます。 このようなむくみの症状が一日中持続したり、何日も続く場合には、注意が必要です。 血尿は眼に見てわかるものを「肉眼的血尿」といいます。 顕微鏡で見なければわからない「微少血尿」もあります。 また、糸球体に由来するものは血の塊をつくりませんが、泌尿器科的原因では血が固まるのが特徴です。 障害された糸球体から漏れてきた血尿は、尿中に栄養素のタンパク質が出てしまう「タンパク尿」を伴うことも多く、主として慢性腎炎などの内科的病気が原因となります。 タンパク尿も、糸球体が障害される結果として発生します。 タンパク尿や血尿は、尿を検査することによって調べることができます。 血尿、タンパク尿を伴う症状がみられる場合、糖尿病性腎症、肥満関連腎症、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群などの腎臓の病気の可能性が疑われます(表2)。 PKDの症状では血尿が一般的ですが、タンパク尿がみられることもあります。 全くみられないこともしばしばみられます。 「血尿」「タンパク尿」は検尿で初めてわかることが多いのですが、尿が泡立つ、赤褐色調になるなどで自分で気づくこともあります。

次の