コロナ ショック 大損。 新型コロナショックでGPIF大損確定!年金支給額減か?

コロナショックで爆損ぶっこき中でリアルに病気になりそうなぐらい相場に翻弄されてしまっております | セミリタイアブログ底辺ニート伝説タテヤマ!投資資産運用副業を駆使して完全なるリタイアを目指します!

コロナ ショック 大損

株式会社サヤトレの増田です。 本日は「コロナショックで大損した人」をテーマにお届けします。 投資の世界では、コロナショックのような混乱した市場の暴落は、定期的に訪れます。 その多くが暴落を忘れた頃に訪れるのでこれまで投資で利益を上げて油断していた方が急な暴落で大きな損失になってしまいます。 本日は、コロナショックで大損してしまい相場の世界から退場した方に向けたメッセージです。 コロナショック相場で大損せずに取引をしている投資家の方も「コロナショック 大損 退場」などのワードでググってみてください。 直近の数日間で沢山の人が大損して、相場の世界から消えています。 リスク回避の重要性を実感する良い機会になる事でしょう。 お金を増やすリターンを得るためにリスクを取り投資で負けた事は、投資家本人の自己責任です。 投資で負ける人が悪いのは大前提ですが、大負けして悲しんでいる方に厳しい言葉は、キツイと思うので優しいメッセージです。 全部で3つお届けします。 私が長期的に発信している事ですがお金よりも遥かに大事な物があります。 それは、 健康や命です! 投資で大損してお金が無くなり絶望している方でも体が健康であれば、お金が無くなる事なんて大したことはありません。 今、世界ではコロナウイルスによって毎日多くの人が病気で亡くなっています。 コロナウイルスにかかる事に比べれば、投資の損なんてどうでも良いと感じませんか? 日本は、社会保障が充実している素晴らしい国です。 お金が無くて生活が出来なくなる事はありません。 現在、日銀がお金を印刷して株を買っているようにお金は、ただの紙切れです。 日銀が印刷すれば、いくらでも刷って国民にばら撒く事だって出来るのです。 投資で損して精神を病むよりもタダの紙切れと開き直って立ち直り体が健康である事に感謝しましょう。 私自身も過去に数度、投資の大損を経験しています。 しかしその損失を私の家族は、知りません。 なぜならば私が言っていないからです。 私の家族や親族は、全員真面目な常識人間です。 アブノーマルな私の損失額を聞いたらドン引きする事でしょう。 私は「言わない」という選択肢を選んでいますが過去に大損を経験した時は「言えない」が本音でした。 投資の損は、人には言えないのが普通です。 しかしその一人で投資の大損を抱えるのではなく信頼出来る身近な人に相談する事をおススメします。 なぜならば、あなた一人が考えて結果的に失敗した投資の選択です。 そんなあなたが自分で考えて行動するとまた別の失敗する可能性があるからです。 金融機関の職員がギャンブル投資で大損して会社のお金を横領して捕まるケースは多いです。 投資の損を一人で抱えると視野が狭くなり間違った行動に走る可能性が高くなります。 ぜひとも身近にいる信頼出来る方に相談しましょう。 恥ずかしいかもしれませんがもっと悪い状況にならないためにも自分以外の人に相談する事が重要です。 本当に全額を失ってキレイにノーマネーでフィニッシュです。 しかし投資で大損しているにも関わらずこのときの私は、次のように考えていました。 「いや、もう少し賢くやってたらイケるな!お金貯めて復活しよう!」 投資で大損したにも関わらず、謎の手ごたえを感じていたのです。 「俺ならイケるだろう!」 今の自分は、低レベルだったけれど頑張って投資を学び続ければ、投資で稼げるようになれると謎に思いました。 もし仮に投資で全額失っている状況にも関わらず自分は、いつか投資で勝てると言っている当時の私をみたら客観的に完全に頭おかしく見えるでしょう。 しかしそこから継続して努力を続けた結果10年以上経過していますが私は、復活しています。 その間にも投資でストレスを感じないための投資戦略としてサヤ取りを研究するなど日々、少しずつ努力を継続してきました。 しかしこの結果に関して、結局のところ結果論です。 私自身も自分は、運が良く、性格も投資に向いていたと考えています。 実際は、世の中に現実として、投資に向いていない人がいます。 人には、強みや弱みや才能、センスがあります。 向き不向きがあるのです。 大損して退場したタイミングで自分は投資に向いていないと自覚。 きっぱりと諦めて今後一生一切投資をしない! そう決断する事も素晴らしい判断だと思います。 しかし、もう一度お金を貯めてリスク管理をして資産運用をやり直したいと考える方は、次に投資の世界に戻った際には、一度味わった損失の恐怖は、強みになる事でしょう。 もう二度と同じような投資の損やリスクは味わいたくない。 投資の怖さを知っている事は、投資で勝つためには、とても重要だからです。 過去の失敗を活かして、次の再チャレンジで上手く稼げるようになって欲しいと思います。 コロナショックで大損して相場から退場する人にお伝えしたい3つのメッセージは以上です。 今、投資の損失で苦しんでいる方にとって何か良いヒントになれば幸いです。 どうぞよろしくお願いします。

次の

セミリタイア断念!コロナショックで超大損!日経平均ダウ超暴落!無事死亡しましたのでニート卒業して働きます… | セミリタイアブログ底辺ニート伝説タテヤマ!投資資産運用副業を駆使して完全なるリタイアを目指します!

コロナ ショック 大損

どうもノッティーです! ポン円はまたまた下窓ですねぇ・・・。 先週末はドル円の大きな反発のおかげでポン円も上げたんですが、 週が明ければまた131円台・・・。 しかも既に先週までの安値を更新。 まさかこんなになるとはねぇ。 しかも今朝にはFRBが緊急利下げをするというニュースもでました。 アメリカはここ数年にかけて少しずつ利上げしてきたわけなんですけど、 それを一気に下げてコロナショックに対抗していく形となっています。 こういう時にアメリカって対応が早いなぁと思いますよね。 比べて日本は全てにおいて対応が遅い。 他所の国に気を使ってる場合じゃないんだけど・・・。 そんなわけで今週はどうなるんでしょうか? もう乱高下が激しくて予測すらつかないっす。 なので余計なことは考えずに、相場の流れに乗っていくしかないですね。 コロナショックで大損したトレーダー コロナショックの影響で3月から世界中の市場が大きく動いています。 こういった時は大きな利益を出すトレーダーもいれば、逆に大損してしまうトレーダーもいます。 今回は、大損してしまったトレーダーさんの話をしようかなと思います。 アキラさん としてネタにしたことがあるんですが、自称FXランキング日本一位のアキラさんが、コロナショックで資金のほとんどを吹っ飛ばしてしまったようです。 その後101円台までストンと下げたので、おそらくほとんどなくなっているはず・・・。 現在はバイトを探しているとのこと。 このアキラさんはFXを始めて3年で14億に増やした・・・らしいんですが、 彼のトレードを見ていたら、本当に増やせたのかについて疑問が残ります。 だって超損大利小だから・・・。 損切りレートを決めずに突っ込んで、逆方向に進んだら祈るだけ・・・というトレードは、 初心者がやるトレードなんですけど、彼のトレードはその典型なんですよね。 彼の付いての疑惑は色々とありますけど、多分、海外業者のFX Suitの人じゃないかな? と個人的には考えています。 要は無名の海外業者の知名度を上げるために 「アキラ」という人が生まれたんじゃないかと推測しています。 Jinさん 昨年は1月3日のフラッシュクラッシュで大きな損失を出してしまったJinさんですが、 3月からのコロナショックの影響もあって、今年は確定損失と含み損の合計が約6500万円とのことです。 あらかじめ損切りポイントを決めてエントリーしていない• 1回の取引でリスクをとりすぎている この二つが合わさると、本当に破滅的なトレードになるんですよ。 損切りを決めていなければ、当然ずるずるとポジションを持ってしまいますし、更に資金に対して大きなロットでポジションを持っていれば、必然的に証拠金の多くを脅かすほどの損失につながります。 僕も過去に同じような経験をしたことがありますけど、 口座資金をぶっ飛ばす要因になるのは、トレード手法の優位性よりも資金管理とリスク管理なんですよね。 そもそもトレードというのは勝って負けてを繰り返して、トータルで資金を増やしていくもの。 だからこそ、1回のトレードに大きな期待をせずに口座資金に対して少ない割合で取引を続ける必要があります。 切るべきところで切らずに、含み損を耐え続けるのは報われない苦行です。 そもそも切るべきところを設定しないこと自体が危険であることを知るべきですね。 大損をするトレーダーにはこのような共通点があります。 この事実から生き残るためのヒントを学びましょう! 2014年 6月:483. 3pips 7月:559. 4pips 8月:206. 4pips 9月:628. 5pips 10月:788. 5pips 11月:589. 5pips 12月:335. 5pips 2015年 1月:446. 5pips 2月:484. 8pips 3月:501. 5pips 4月:493. 4pips 5月:152. 9pips 6月:433. 8pips 7月:712. 7pips 8月:354. 3pips 9月:645. 6pips 10月:482. 3pips 11月:351. 2pips 12月:384. 1pips 2016年 1月:835. 9pips 2月:853. 5pips 3月:482. 3pips 4月:422. 5pips 5月:643. 2pips 6月:423. 5pips 7月:636. 1pips 8月:231. 6pips 9月:489. 5pips 10月:397. 3pips 11月:567. 1pips 12月:251. 3pips 2017年 1月:387. 1pips 2月:409. 4pips 3月:287. 3pips 4月:376. 4pips 5月:464. 3pips 6月:411. 3pips 7月:381. 3pips 8月:364. 3pips 9月:621. 4pips 10月:472. 1pips 11月:384. 2pips 12月:163. 4pips 2018年 1月:461. 2pips 2月:441. 5pips 3月:324. 9pips 4月:354. 7pips 5月:477. 6pips 6月:364. 0pips 7月:187. 1pips 8月:223. 3pips 9月:564. 2pips 10月:379. 4pips 11月:297. 2pips 12月:139. 8pips 2019年 1月:267. 1pips 2月:316. 0pips 3月:484. 3pips 4月:134. 6pips 5月:358. 9pips.

次の

コロナショックで切れて大損

コロナ ショック 大損

新型コロナウイルスにより株・為替が大暴落 ダウ平均株価とは、アメリカの代表的な株価指数のことです。 アメリカは、2008年9月15日のリーマンショックによる景気低迷から立ち直り、その後はNYダウも順調に上げ続けました。 オバマ大統領時代は当然として、トランプ大統領になってもその流れは続き、頻繁に史上最高値を更新し続けていたのです。 しかし、2019年12月に新型コロナウイルスが中国・武漢で発生し、2020年1月に世界中に広まると、世界経済低迷を懸念して株と為替は連日大暴落を続けました。 その影響を受け、日本の日経平均株価も大暴落しています。 新型コロナウイルスが原因の世界同時株安により、2月から3月までの1ヶ月間で、NYダウは約6000ドルの下落、日経平均株価も約6000円下落しました。 しかも、2020年3月12日にNYダウが2352ドル60セント安、13日に日経平均株価が一時1800円超安と、歴史的な下落を続けており、この文章を執筆している2020年3月13日時点では、まだ下げ止まったとは言い切れない状態です。  日経平均株価が下がると年金支給額も減る? 日経平均株価が大暴落しても、株や為替(FX)などの投資をしていない人は、全く関心ないでしょう。 しかし、無関心であることは間違いです。 は、年金積立金169兆円をただ貯めているだけではなく、投資しています。 つまり、投資をしていない人も実際は強制的に投資している状態なのです。 さらに悪いことに、安倍首相がアベノミクスを維持するために運用比率をアップさせて日経平均株価を買い支えたことで、リスクが高い状態となりました。 このハイリスク状態で、新型コロナショックによる日経平均株価の大暴落が起き、GPIFは確実に大損しています。 執筆時点では、まだいくら損したか明らかになっていませんが、2015年に起きたチャイナ・ショックが原因の世界同時株安の時には3ヶ月間で8兆円損しました。 下落幅から判断すると、それ以上損しているかもしれませんね。 推定20兆円以上損していると予想されています。 そして、重要なのが、GPIFが損すると、将来もらえる年金が減る可能性があるということです。 チャイナショック後、GPIFの大損が明らかになった際に、安倍首相は「年金額が減るなどということはありえません」と豪語しましたが、年金積立金が減れば年金支給額も減るのは当然のことでしょう。 加えて、「新型コロナショック後の景気低迷」「東京オリンピックの延期・中止問題」もあり、日本は苦しい状況が続きそうです。 民間エコノミストの試算で1~3月期の年金運用は17兆円前後の赤字 2020年4月2日に、民間エコノミストが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による年金運用の試算を発表しました。 それによると、2020年1~3月期の運用は17兆円前後の赤字で、過去最大の赤字だそうです。 まだGPIFからは発表されていませんが、新型コロナショックによる日経平均株価暴落により、10兆~20兆円の損失は免れないでしょう。 GPIFによる正式な発表が待たれます。 さらに、2019年度も8兆円前後の赤字になった模様です。

次の