ピッピ 進化。 ピッピ|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ピッピ|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ピッピ 進化

ピッピ ようせいポケモン ぜんこくNo. 035 アローラNo. USUM 273 アローラNo. SM 211 高さ 0. 6m 重さ• 5kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Clefairy タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• A ピィ呼出 夜• B ピィ呼出 夜 主な入手方法 USUM• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 SM• ピィ呼出 主な入手方法 SM• 性別が同じ場合や、性別不明の場合は効果がない。 /異なる性別の野生のポケモンと出会いやすくなる。 直接のダメージ以外を受けない。 具体的には、『どく』『やけど』状態や特性『さめはだ』『てつのトゲ』『とびだすなかみ』『ヘドロえき』『ゆうばく』、天気『あられ』『すなあらし』、技『あくむ』『うずしお』『からではさむ』『しめつける』『ステルスロック』『すなじごく』『のろい』『はじけるほのお』『ふんじん』『ほのおのうず』『ほのおのちかい』『まきつく』『まきびし』『マグマストーム』『まとわりつく』『やどりぎのタネ』によるダメージ、反動のある技による反動ダメージや失敗時に受けるダメージ、『ニードルガード』『ふんじん』によるダメージ、道具『いのちのたま』『くっつきバリ』『くろいヘドロ』『ゴツゴツメット』の効果によるダメージを受けない。 ただし『こんらん』『じばく』『だいばくはつ』『わるあがき』などには影響しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ただし、PPが0になると解除される。 なお、Zワザは影響を受けずに使うことができる。 この技を受けた相手はそのターン、強制的に他のポケモンの技の対象となる。 全体技には効果がない。 ダブルバトル・バトルロイヤル用。 ただし、ダブルバトルにおいては相手に使っても相手側の味方の技の対象には効果がないため、主に自分の味方に使うと良い。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 そのターンの相手の技をすべて自分が受ける。 ただし、全体技には効果がない。 ダブルバトル用。 相手が道具を持っている時は失敗する。 ただし、技『のしかかり』『ふみつけ』『ドラゴンダイブ』『ハードローラー』『ハイパーダーククラッシャー』『フライングプレス』『ヒートスタンプ』『ヘビーボンバー』は必ず命中し威力2倍で受けるようになってしまう ヒートスタンプは第6世代以降、ヘビーボンバーは第7世代以降。 なお、ゴーストダイブは第6世代のみ。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ダブルバトル用。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 天気が『あられ』の時は必ず命中する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 投げつけた道具はなくなる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 道具を持っている場合は失敗する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 もう1度使用すると元に戻る。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 ダブルバトル用。 自分の技も対象となる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 どの状態異常になるかはランダム。 ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。

次の

【ポケモンGO】ピッピの色違いとおすすめ技&弱点

ピッピ 進化

ピクシー Pixy 英語名 Clefable 036 042 - 101 042 - 090 - - - - 212 - - 084 - 274 - - 095 - 256 - - 分類 ようせいポケモン 1. 3m 40. 0kg 桃 10サイクル• 第二世代: 2560歩• 第三世代: 2816歩• 第四世代: 2805歩• 第四世代以前: 129• 第五・第六世代: 129• 第七世代: 217• ポケモン徹底攻略• ピクシーとはのNo. 036のポケモンのこと。 初登場は。 状態 ではな状態 でレベルアップで• で ポケモンずかんの説明文 、 みみが よくて 1キロ はなれた ところで おとした はりのおとを みごとに ききわけられる。 、、、 ようせいの なかまで めったに ひとまえに でてこない。 けはいを かんじて すぐ にげてしまうようだ。 漢字 妖精の 仲間で めったに 人前に 出てこない。 気配を 感じて すぐに 逃げてしまうようだ。 、、 じぶんたちの せかいを だいじに しているらしく めったに ひとまえに でてこない ようせいの なかま。 漢字 自分たちの 世界を 大事に しているらしく めったに 人前に 出てこない 妖精の 仲間。 、 どんなに とおくの ものおとも ききわけられるので ふだんは しずかな ところに かくれている。 、 どんなに とおくの ものおとも ききわけられるほど みみが いいので ふだんは しずかなところを このむ。 すがたを みられることを このまない ようせいの なかま。 しずかな やまおくにすむ という。 ・、 つばさを つかって とぶように スキップ。 すいめんを あるく ことだって できるのだ。 しずかな つきよに みずうみを あるく。 漢字 翼を 使って 飛ぶように スキップ。 水面を 歩く ことだって できるのだ。 静かな 月夜に 湖を 歩く。 めったに すがたを あらわさない まんげつに さそわれて ひとけのない みずうみで あそぶと いわれている。 、 1キロさきで おちた ハリの おとも ききわける すぐれた みみを もつ。 しずかな やまおくに すんでいる。 漢字 1キロ先で 落ちた 針の 音も 聞き分ける 優れた 耳を 持つ。 静かな 山奥に 住んでいる。 、 1キロさきで おちた はりのおとを ききわける みみと ようじんぶかさで めったに ひとまえに あらわれない。 漢字 1キロ先で 落ちた 針の音を 聞き分ける 耳と 用心深さで 滅多に 人前に 現われない。 、 1キロさきに おちた はりの おとも きこえるほど みみが いいので ふだんは しずかな ところに いる。 漢字 B2W2 1キロ先に 落ちた 針の 音も きこえるほど 耳が いいので 普段は 静かな ところに いる。 漢字 シールド 1キロ先に 落ちた 針の 音も 聞こえるほど 耳が いいので ふだんは 静かな ところに いる。 ひとまえに すがたを みせることを このまない。 ふかい やまの おくで むれに なって ひっそり くらす。 漢字 人前に 姿を みせることを 好まない。 深い 山の 奥で 群れに なって ひっそり 暮らす。 つがいの ピクシーが スキップする すがたを みると しあわせな けっこんが できると いわれる。 漢字 つがいの ピクシーが スキップする 姿を みると 幸せな 結婚が できると いわれる。 1キロさきで はりが おちた おとも きこえてしまうので ひとやポケモンが すくない ふかいやまおくで くらす。 漢字 1キロ先で 針が 落ちた 音も 聞こえてしまうので 人やポケモンが 少ない 深い山奥で 暮らす。 まんげつの ばん じっと よぞらを みているのは ホームシックなのだと かんがえる かがくしゃも いる。 漢字 満月の 晩 じっと 夜空を 見ているのは ホームシックなのだと 考える 科学者も いる。 種族値 第1世代 95 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 XX にを使う。 青 Lv. 8 にを使う。 24 2880C ピカ Lv. 9 ピッピにつきのいしを使う。 XX ピッピにつきのいしを使う。 6 ピッピにつきのいしを使う。 XX ピッピにつきのいしを使う。 HG・SS B・W Lv. 55 揺れ草 草むら Lv. XX ピッピにつきのいしを使う。 B2・W2 Lv. XX ピッピにつきのいしを使う。 XX ピッピにつきのいしを使う。 色違い;黄緑色• で特性にが追加された。 以前ではタイプ単体であったが、以降はタイプ単体になった。 以降ではの種族値が85から95になった。 と体格や姿形が近く、タイプが 第五世代までは ノーマルとゴーストという互いに打ち消し合う関係にあることから、ピクシーのドッペルゲンガーが、ゲンガーである ピクシーにゴーストが憑依し、ゲンガーになったとする説もある という裏設定があると噂されることもある。 オーバーラップ社の『ポケモン空想科学読本』で取り上げられた。 図鑑説明にもある「1キロ先に落ちた針の音もきこえる」というピクシーの聴覚は人間の100万倍に相当する計算になる。 アニメにおけるピクシー• で初登場。 進化前のピッピからつきのいしで進化していた。 SM編では、の手持ちポケモンとして登場。 マンガにおけるピクシー ポケットモンスターSPECIALにおけるピクシー• のポケモン。 ポケモンカードにおけるピクシー• 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

【スポットライトアワー】ピッピの色違いはゲットできた?みんなの結果まとめ

ピッピ 進化

あなくぼ ふしぎ たかさ 0. 6m おもさ 9. 9kg まんげつのよる が あつまって を おどるようすを みると しあわせに なれると いわれている。 H P 攻 撃 防 御 特 攻 特 防 素 以降、幸作が連載しているの内容に話を進める。 1996年別冊コロコロコミック4月号にそいつはやってきた。 『』が発売される少し前、編集部に一件の依頼が届いた。 「が しゅやくの まんがを かいてほしい !」 当時 路線を歩むことが想定されていた に対するからの依頼であった。 からに託されたこの願いは、「」に連載を持つ、ある実に委ねられることになった。 そのは…かつて「」にて「」の化作品「は男だ! 」を手掛けた、幸作であった。 はを理解しているのかしていないのか、とにかく「」と同じでを描き始めた…そして生まれたのが 、でみたいな表情をしているあのである。 当初は『ふしぎ 』という名前で連載するが、数ヵ後に『』へと題し、さらに号をもって「別冊」から「」に昇格した。 そのため、後のの流と言われることもある。 しかし下述のように一部の層には受け入れがたいであったため、この連載作品は一般に「 」と呼ばれるようになる。 余談だが、このは上述の(11巻)よりも巻数が多い(巻)。 ピッピ 『出会い編』 こののにして である。 性別はオスである。 ちゃんと にはできる。 、 ミュウスリーに分岐できたりもする。 実際はそれほど太ってはいないようにも見えるのだが…。 (較図。 左がの、右が) しかし、の腕は一級品で多くのを葬ってきた。 この反則級の強さ、 初期技に があったりとそのさゆえに専門からは、このが 『』からしたのだと唱えるも少なくない。 ことの始まりはのの一人 「本名・井 勇( )」が一惚れし、当時の、 、、を押しのけて大抜! 当時のたちの期待を 色々な意味で裏切り、意気揚々とに出発する所から始まる。 このまんがのすごいところ 『バトル編』 正規では絶対に受け取るはずのない最初のでしたとはいえ、「」の看を背負うことを期待されたであることには変わらない。 も期待に胸を膨らませた。 その期待に対しては、 当然のように人をペラペラと話す達と 幸作がした であろうと にがに野生として登場するという形で答えたのだ。 の、のと同じくいきなりのの登場、さらにこののたちは当然のように言葉を話し(にの名前の一部をつける)、 例) 「にかなうと思っているのかテイ!」 「命をかけてかかってこい!」 「みんなミーについてくるでシェイ!」 なぜか一言葉を話せないが浮いているという異様ながに襲いかかったのである。 また、小さいお子様に配慮してではおろそかになりがちな相性についても 「し、しまった、はに弱い!! 」 という、のフォローが異様なきを放つ展開を見せていた(流石にこれは単行本で「や、やばい。 強な攻撃だ!! 」に修正されている)。 果てには今や の代名詞ともいえる に をさせ、それを の顔につけるという荒業までも披露し、 元祖としての格を表すことに成功した。 (全のとのために一部修正を入れさせていただきました。 ) 『ライバル編』 に立ちはだかるは付き物である。 もちろん個性豊かなたちが待っていた。 本名「 開(かわ かい)」。 のでという定番設定で登場した彼。 としては一番出番が多く、いっつも達を冷やかしていた。 その一方で と の を間違えて引っってしまったり、の美しさに見とれ凍らされてしまったりする でもあり、必要に応じて から を飛ばし、になったり戻ったりできる 特注の使い手である。 「」のがなんだから… 「様、辛気臭い男に生まれてしまったをゆるしてください…」 その名の通り何をするにもな使いの男。 ではない。 名前に 『 』と付くものを集めるがある。 だけにこの を見たがで『』にならないことを祈るばかりである…ちなみに、もう一つのは。 、靴、に、玉までもが全部 !な、の使い手である。 と勝負するためにに成りすまし、悪事の限りを尽くしていた。 「のみなさん よろしく頼むけつ!! 」「ピカ。 」 のについてりたい人はの方々に配慮してに対応しよう。 彼らは初代編から編まで活躍したが、いつの間にか登場しなくなってしまった。 今では にて を経営していると解釈せざるを得ないのが現状である。 ちなみに編、編、編にも、 之助 所持。 郎 所持。 どこおゃま。 を所持。 このが「別冊」でも連載していることを知らないと出会えない子。 てつや に似ている? いいえ、です。 別名きれいな。 とは同姓同名で、しかも きれいなを所持している。 ( なぜ、最初からきれいなでやらなかった!ともが叫んだことであろう…) 「」のの姿。 にて 2も出番があった。 の 本当にの。 によく似たを所持している。 である。 「」のに類似。 、べ、を所持している。 相手にを出す程の余裕を見せた。 「」のの姿に類似。 、、を所持している。 …といったになりえるは出てきたものの、数えるほどしか出てきておらず、むしろ が出てきた話のほうが多いという、このが一体を対にして描かれているのか的な疑問が産まれてしまう結果となった。 『博士編』 ご存じ、では名の通った彼ら。 もちろんこのでも欠かすことのできない人たちばかりである。 もうすっかりおなじみである界の権威であり、 に悩むご老人。 は 名前入りを用している。 何故かに至るまで出続けられている一の人。 編ではそのものであったが、 編にてまさかの再登場を果たした。 に老け顔となってはいたが… 男に厳しく、おんには甘い。 おのご褒美には 食べられる方の をくれます。 『の時へ』開と同時に劇場にしたである。 またこの他にも、 のなや。 果てにはセツシの5大である、 『そんぐ、 、 でんせつ、 こうかん、 ナウイ 』 といったたちをなまでに出演させるなど、 信頼の率は 常にー1である。 :需要 『ジムリーダー・四天王編』 のでも個性豊かな人柄での人たち。 しこでもは… だと言って質のを出すという、 性格変に飽き足らず、 外見変まで行ってしまったのである。 の顔は装置から出てきても 怪物の顔 のままだった。 その後の編では 何事ったかのように通りの顔で出てきたという離れ業もやってのけた。 はの 嬢という、様状態。 はまさかの 設定。 屈の ・『してんのう・』には 「がしてんのしってんの!! 」と言わせ、 ・として新たなる可性を見出させた。 その後、の露出は編の以降途絶え、性が失われた。 これはで 最初に戦うをただの化したり、を ぺリッパーにハマったにして苦情が殺到したためという説が濃厚である…。 その後編にて、にが 血の気が多い として描かれた。 『アニメ出演』 などではなく本当にこのがどう転んだのか、に出演したのである。 『』第86話「はに乗って!! くれぐれも言っておくが、 ではない。 である。 (ただし、「ギエピー」とは言っていなかった) 詳細は関連を参照。 『衝撃のラスト』 、このは がをさせてになるという偉業を後にも先にも 今、一達成したなのである。 そしてその後、数々の偉業を成し遂げたがの放ったに特攻し手に散るというが待っていた…。 こうして、は終幕を迎えた…。 初代編は…。 そう、初代編は…。 死んだはずのは直後の号であっさり生還を果たし、その後も編、編とを変えて連載は続き、に至る。 ! このの非常にの入った画。 「ヒ、ヒエー!」「や!」「ウップ」などの覚えやすい数々の名。 初代編でのとのいとこ設定、との設定等、後のを暗示しているとしか思えない発想。 編にて、いちくをに登場させるほどの想像。 何より他のとは違い、 参考となるが所から始めた、後にも先にも最初で最後のでもあることを踏まえると、このも決して にしたものではないと言えるのではないだろうか。 もっとも、の 化計画を見事に粉砕したのも99このが原因であると、つーか、 そうとしか思えないのもではあるが…。 余談だが、やたらとが出てくるでもある。 …というか、このはどう見ても「」のそのまんまです。 最後に 当時のであったたちからはのということで一定の評価や支持を得ており、曲がりなりにも氏は20年以上もその援に応えているのである。 設定の誤解は多少あれど大筋では問題がなかったことから、単に初期連載の時点での知識がまだ欠如していただけであろう。 このことは、の発売日()と連載開始日がたったの1日違いとほぼ同時な事からも(連載が始まった別号は同年発売な為、の執筆初期にはまだ発売されていない事になる)裏付けられる。 また、がまだ全然知名度を持たなかった時期にをへ大抜したという隠れた偉業も忘れてはならない。 「 にそこまでこだわらない、そもそも(連載開始時期ても)そのものを知らない」向けのを描き、それがへとしっかり受け入れられ、達がというにを持ち最初期のに繋がったというは特筆しておかなければならない。 という存在にを持たせる為に連載が始まったと、がだから連載が始まったでは役割は当然違う。 このがなかった場合、他のも存在してなかった可性すらあるのだ。 余談 号の特集の一環として、本作の連載20周年を記念したが掲載されたが、まさかの 自己であった。 上での評価や「ギエピー」の呼称は 氏もしっかり認識しているらしく、連載初期の「第2話に登場した、しない」「な」「ミュウスリー」「 の 」などのの一部を取り上げ、作中の達がやにを強要すると言う内容だった。 とは言え、単なるでは終わらず、最後はが「年、年と連載は続くのでよろしくッピ」と宣言し、 を自認した第1巻の版と最新刊の宣伝で終了した。 そして作者は語る 上記の号発売の数日後、で開された 『』のの連載終了と本作の開始を同時に告げられたとの事だが、上述した通り当時は発売前。 氏もその時までの事など知る由もく、加えてやはり ろくな資料がかった事を明かした。 なんと連載の話が持ち上がった当初の資料では 、、の5匹しか分からなかった、 の設定すらかったとか。 当然、発売前なので他所から予備知識を得る事も出来ず、そのまま極めて見切り発的な形で連載が始まり、氏はその結果「 が起きた」と表現している。 また、役についても揉めたらしく、氏はが良いとしていたが、担当に言い負かされてに決まったとの事(イによると、をでにしたのも担当の示だったとか)。 実際、そのは今や界のなのだから、やはり氏に先見の明があったと言える。 だが仮に役になっていたらどうなっていた事か…。 この経緯は翌号のでも ・イ『時代』にて、氏自身に化された。 ちなみに氏によると「ギエピー」の正しい発音は「ピー」のを上げるとの事である。 お間違えのいように。 は終わらないッピ。 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の