ご教示いただきたく存じます。。 「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

「~いただきたく存じます」の意味&上司に失礼のない使い方を解説!

ご教示いただきたく存じます。

気になる項目をクリック• 1.「~いただきたく存じます」の意味 「確認してほしい」の敬語表現 まずは、「~いただきたく存じます」の意味を理解するところから始めましょう。 「~いただきたく存じます」は、 複数の単語から成り立つ敬語表現です。 ここでは「ご確認いただきたく存じます」を例に、以下の表で詳しく見ていきましょう。 イメージとしては、 「~してほしいと思っているのですが…」です。 上司や目上の人、取引先やお客に対して適切なへりくだる表現として使えます。• 「いただきたく」と「頂きたく」の使い分け 何かをしてもらいたいとき、「~いただきたく存じます」の 「いただきたく」を「頂きたく」と書いてしまうのは誤りです。 漢字で「」と書くのは、食べ物や贈り物をもらう時です。 「~をしてもらう」ときは、ひらがなで書きます。 また、ひらがなで「いただきたく」は食べ物や贈り物をもらう時でも使うことが出来るので、無難な表現だと言えるでしょう。 2.「~いただきたく存じます」は敬語として正しい? ここで何となく気になってしまうのが、「~いただきたく存じます」が本当に正しいかどうかですね。 確かに上司に対する表現としてはこれ以上ないですが、心配なのは 「二重敬語になっていないか?」でしょう。 「~いただきたく存じます」は上司に対して失礼のない表現として、本当に正しいのか、詳しく見ていきましょう。• 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではない 脱線しましたが、「~いただきたく存じます」は、「~してもらう」のと「~思う」の謙譲語を合わせたものです。 しかし、 一つの単語に二つ以上の敬語表現は用いられていません。 よって、「~いただきたく存じます」は二重敬語とは言えないのです。 とはいえ、二重敬語には気をつけよう 「~いただきたく存じます」それ自体は二重敬語ではないとはいえ、安心はできません。 「お伺いいただきたく存じます」のように使うと、二重敬語になってしまいます。 理由は「訪問する」の敬語表現である「」に、敬語表現の「お」を使ってしまっているからです。 正しくは「ご訪問いただきたく存じます」と表現します。 3.「~いただきたく存じます」の使い方 「~いただきたく存じます」を使うのは、上司など自分より目上の人に「~してほしい」と頼み込む時です。 ビジネス文書やメールやプレゼン等においては、 「いただきたく存じます」のように、最初に「ご」や「お」をつけて使います。 「ご多忙のところが」と前置きをするなどして、相手に対して姿勢を低く見せることが肝心です。 ただし、二重敬語には気をつけましょう。• 「を取りたいとき」• お時間 いただきたく存じます。 「教えてほしいとき」• ご教示 いただきたく存じます。 お教え いただきたく存じます。 「送付した資料を見てもらいたいとき」• ご確認 いただきたく存じます。 ご高閲 いただきたく存じます。 「その他」• ご いただきたく存じます。 お いただきたく存じます。 ご参加 いただきたく存じます。 お断り。 一度説明させて いただきたく存じます。 4.「~いただきたく存じます」を用いる際の注意点 確かに、「~いただきたく存じます」は目上の人を丁重にもてなす表現としては適切です。 しかし、 失礼のない対応をするなら、使い方を誤ってはなりません。 ここでは、やってしまいがちな注意点を紹介します。• 〇返信 いたします。 あまり重要でない話題を振る時や相手が初対面でない場合には、「~いただきたく存じます」よりも、むしろ「~いたします」の方が適切です。 以上の例文でも、「~いたします」を使ったほうがスマートで、好印象を与えられますね。 4-2.「~をしていただきたく」のような省略表現はNG 「~をしていただきたく」のように、「存じます」を略して伝えていないでしょうか? もし心当たりがあるなら、今すぐにやめましょう。 「存じます」を省略した表現は大変失礼にあたります。 せめて「~していただきたく思います」「~していただきたく願います」のように、省略せず完結させましょう。 5.「~いただきたく存じます」の言い換え表現 ここでは、 「目上の人に何かをしてほしいとき」に便利な「~いただきたく存じます」の言い換え表現も覚えておきましょう。 言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。 加えて、相手に「~してほしい」時には、敬語とはいえ相手や状況によって適切な言葉は変わってきます。 状況に合わない言葉の使い方で恥をかかないためにも、しっかり覚えましょう。 5-1.~していただければ幸いです 「~いただきたく存じます」の言い換え表現として、 「~していただければ」は代表的です。 「~いただきたく存じます」と同じように、ビジネスメールや文書で「相手に何かを依頼する」ときに用いられます。 「~をしてくれるとありがたい」という意味の表現になり、「~してください」よりも柔らかい印象を与えられます。 お手数ですが、 お送り いただけますよう申し上げます。 ただし、「申し上げます」は堅苦しく、シンプルさに欠けた表現だと言えます。 くどい表現を嫌う人もおり、人によっては悪印象を与える場合がありますので注意しましょう。 そんな時は、代わりに 「~なさってください」を使うといいでしょう。 「する」の尊敬語「なさる」を、「~してください」で活用した表現です。 「~してください」よりも丁寧に伝わります。 くれぐれも お大事に なさってください。 くれぐれも ご養生 なさってください。 「~なさってください」は、おもに体調を気遣う意味合いが強い表現です。 イメージとしては 「体に気をつけてください」といった感じでしょう。 6.上司へのビジネスメールでも使える「~いただきたく存じます」の例文 それでは、本格的に「~いただきたく存じます」の「ビジネスにおいての使い方」を例文で見ていきましょう。 「~いただきたく存じます」の使い方を、5つのシーンにおける例文で見ていきます。 今回は「~いただきたく存じます」に加え言い換え表現も交えて、「目上の人に対してものを頼む表現」をマスターしましょう! 6-1.アポイントを取りたいとき• I would like to ask for your help. 意味:お願いさせて いただきたく存じます。 We would like to ask you to let us know. 意味:我々に知らせて いただきたく存じます。 We would like you to contact us immediately regarding the status of the shipment. 意味:早急に配送についてご連絡を いただきたく存じます。 なお、「like」と「to」の間に「you」など相手を指す単語を入れることもあります。 これでも一般的に使われる表現です。 ただし、使い時はビジネスメールに限られます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:ぶしつけなお願いでまことに恐縮ではございますが、を いただきたく存じます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:実際に製品を使用した後の感想などについて、お聞かせ いただきたく存じます。 そのため、 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。 「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。 「I would be grateful if you could ~」• I would be grateful if you could let me know when you receive the product. 意味:商品受け取り後ご一報 頂けると幸いです。 I would be grateful if you could give him some information on local conditions. 意味:彼に現地の情報を 教えてくださるよう、お願いいたします。 「Would you be willing to ~」• Would you be willing to attend the meeting? 意味:会議に出席して くださいませんか。 I am extremely interested in your research, so would you be willing to explain a little bit about it? こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。 I apologize for the sudden changes and ask for your understanding. 意味:急な変更をおわびいたしますとともに、ご理解を いただきたく存じます。 まとめ 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。 しかし、 上司を相手に使うなら、何よりも一歩譲る姿勢が大切です。 丁寧な表現を心がけながらもくどい表現は避け、乱用には気をつけましょう。 「ご検討いただきたく存じます」のように用いるのが基本的な使い方です。 英語表現では「would you like~」「could you please~」のように表現します。 海外のビジネスパートナーを相手にするときは覚えておくと便利ね。

次の

「いただきたく存じます」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

ご教示いただきたく存じます。

「いただく」と「頂く」の違い 「いただきたく存じます」と「頂きたく存じます」ひらがなと漢字、この違いについて解説いたします。 漢字で「頂く」と書くのは「飲む」や「食べる」など、動詞として使うときだけです。 例えば出されたコーヒーを飲むときは「コーヒーを頂く」という表現になります。 また、もしお中元などでコーヒーをもらったときは「コーヒーを戴いた」と漢字が変わりますのであわせて覚えておくと良いでしょう。 ひらがなで「いただく」と表現するときは、何かをしてもらうときやさせてもらうとき、補助動詞として活用する場合です。 例えば、今回のテーマである「いただきたく存じます」も「連絡 して欲しい」または「調査 させて欲しい」など、連絡や調査、様々な動詞につく補助動詞としての「いただく」というと表現なので、漢字ではなくひらがなを使います。 「いただきたく存じます」の使い方 この表現は、目上の人やお客様などに対して敬意を示すためにつかう尊敬語のため、同僚や後輩などには使いません。 例えば「調査を進めて欲しいと思います」と伝えたいときは「調査を進めていただきたく存じます」という表現を使います。 もし、「調査を進めさせてもらいますが良いですか?」とお伺いを立てるときは「調査を進めさせていただきたく存じますが、よろしいでしょうか?」という表現を使うと良いですね。 「~をしていただきたく。 」という表現 メールなどで「~をしていただきたく」という表現をする人がいますが、これは間違いです。 社内の独特なルールとして使う会社もありますが、敬語を使うべき相手に対して言葉を省略したメールを送信するのはとても失礼なことです。 社内ルールで決まっている会社などでは仕方ないケースもあるかもしれませんが、相手が社外の人の場合は正式な表現を使いましょう。 「させていただきたく存じます」という表現 「~させていただく」という表現に関しては、そのほとんどの場合は「~いたします」など他の表現を使った方が自然です。 ただし、明らかに相手の意に反する結果になってしまったときや、相手の同意や許可が必要なときは「~させていただく」を使っても間違いではありません。 例えば、「早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は上司に許可を得るためなので正しい使い方です。 分かりやすくするために、一度「~させていただいてもよろしいでしょうか?」に置き換えてみましょう。 この場合は、「ご返信いたします」という表現が妥当です。 「~させていただく」という表現が多いと、へりくだった表現のつもりが逆に失礼に思われ、クドくなることもあるので注意してください。 「いただきたく存じます」の類義語や言い換え 次に、「いただきたく存じます」の類義語をいくつかご紹介します。 これは何かをして欲しいとお願いするための表現なので、.

次の

頂きたいと存じますの意味・例文13選|教えて頂きたく・いただきたく?

ご教示いただきたく存じます。

この記事の目次• ご教示いただきたく存じます の意味・敬語 「ご教示いただきたく存じます」は「教えてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教えること」 「ご教示」の意味は「教えること」「教え示すこと」 ここで「ご教示」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 ~いただきたく存じます の意味は「~してもらいたいと思います」 「いただきたく存じます」の意味は「もらいたいと思います」 敬語は以下のとおりに使用しています• 「もらう」の謙譲語「 いただく(頂く)」• 願望の「 ~したい」• 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「 存じます」 これらをあわせると意味は「~してもらいたいと思う」と解釈できます。 ご教示いただきたく存じます の意味は「教えてもらいたいと思います」• 「教えてもらう」という意味の「 教示」• 願望の「 ~したい」• 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「 存じます」 これらすべての敬語を合わせると「ご教示いただきたく存じます」の意味は… 「教えてもらいたいと思います」 というように解釈できます。 ここで使う謙譲語「お(ご)~いただく」は「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 覚えておくと本当に役立ちます。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがちですのでご注意を。 ようは「教えてほしい!」と覚えておけばよい 「ご教示」「いただきたく」「存じます」などという堅苦しい敬語をつかっていますが… ようは「教えてほしい!!」という意味です。 「教えてほしい!」をすご~く丁寧にした敬語が「教えて頂きたく存じます」なのですね。 ご教示いただきたく存じます の使い方 つづいて「ご教示いただきたく存じます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、何かしらの質問や問い合わせメールの締め結ぶとして使います。 使い方「問い合わせ・質問ビジネスメール」 「ご教示いただきたく存じます」の使い方 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「~につきご教示いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「~に関してご教示いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます」 のようにして質問すると丁寧です。 具体的にはたとえば、 社内で上司などに問い合わせするビジネスメールのとき。 「 さて首記の件、来期の予算策定にあたり、エチレンの2018年市況につき ご教示いただきたく存じます。 お忙しいところ恐れ入りますが、何卒宜しくお願いいたします。 」 みたいに使えます。 まぁ、ようするに「教えてほしい!!」という意味なのです。 あとに「お願い申し上げます・お願い致します」をつなげる ところでビジネスメールの結び締めをつくるときは… 「ご教示いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます。 」のように後に「よろしく!」的な文章をつなげましょう。 ちなみに「お願い申し上げます」は 「 お願いいたします」「 お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「 何卒よろしくお願い申し上げます」 としても丁寧。 頭の片隅にいれておきましょう。 結びには前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めを丁寧にするためのコツ。 前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますが、お願い~」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、お願い~」 「たびたび恐縮ではございますが、お願い〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますが、お願い〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますが、お願い〜」 「たびたび恐れ入りますが、お願い〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますが、お願い〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますが、お願い〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますが、お願い〜」 「ご教示」「ご教授」の意味と違い ふたたび横道にそれます。 「 ご教示」と似たようなフレーズには「 ご教授」がありますが…これって何が違うのでしょうか? それぞれの基本となる意味をまとめると、• 「 ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと• 「 ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること となりますので、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。 たとえば、• 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「 ご教授ください」• 東京駅までの行き方を尋ねたければ「 ご教示ください」 を使えばいいということになります。 ビジネスシーンでは「ご教示」をよく使う ビジネスメールでよく使われるのは 「 ご教示」の方ですね。 これはビジネスシーンで知りたい内容が芸術や学問ではないためです。 ちなみに「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 いっぽうで学生が先生に質問するのであれば 「 ご教授」を使うのが正しい、ということになります。 「ご教示」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご教示いただきたく存じます」だけでなく、いろいろ使える「ご教示」の例文を紹介しておきます。 問い合わせ・質問ビジネスメール結びに使う「ご教示」 「ご教示」のいろいろな使い方。 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご教示くださいますようお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるようお願いします」• 例文「ご教示のほどお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご教示いただければ幸いです」 意味は「教えてもらえたら嬉しいです」• 例文「ご教示いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「教えてもらえたらと思います」 のようにして質問すると丁寧です。 「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 具体的にはたとえば、就職活動で企業に問い合わせするビジネスメールのとき。 「このたびは今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 」 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「教えてね!よろしく」という意味なのです。 お礼のビジネスメールに使う「ご教示」 「ご教示」のいろいろな使い方。 質問や問い合わせメールにたいして返信がきたときのお礼として「返信の返信メール」に使います。 たとえばメール書き出しのお礼に、• 例文「早速ご教示いただきありがとうございます」 意味は「教えてもらいありがとう」• 例文「お忙しいところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご多忙のところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご教示くださいましてありがとうございます」 意味は「教えてくれてありがとう」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 「 ご教示いただき」と「 ご教示くださいまして」は敬語の成り立ちが違います。 具体的には、 「ご教示いただく=教えていただく」なのか「ご教示くださる=教えてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご教示いただきありがとうございます」「 ご教示くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 「ご教示」を使ったビジネスメール例文【全文】 最後に「ご教示」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 参考となる書き方:• 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 お忙しい中恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い致します。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。

次の