マーゴット・ロビー。 【画像】マーゴット・ロビーのヌード写真【ウルフオブウォールストリート】

“カメレオン女優”マーゴット・ロビー出演おすすめ映画|MINE(マイン)

マーゴット・ロビー

A post shared by on Oct 28, 2015 at 9:01am PDT 破天荒でエネルギッシュなハーレイ・クインのように、実際のマーゴット・ロビーも型破りな性格のよう。 そんな彼女の性格を象徴するエピソードの1つが、映画監督のトム・アッカーリーとの結婚を発表した際の写真でしょう。 マーゴット・ロビーが結婚 インスタグラムの写真が超ロック マーゴット・ロビーは、イギリス出身の映画監督の トム・アッカーリーと2016年に結婚しています。 トム・アッカーリーが助監督を務めた映画『フランス組曲』にマーゴット・ロビーが出演しており、2人は2013年に交際をスタート。 約3年間の交際を経て、2016年12月にオーストラリアのゴールトコーストで式を挙げました。 マーゴット・ロビーは自身のインスタグラムを通して、ファンに結婚を報告しており、公開された写真が「超ロック!」と話題になりました。 on Dec 19, 2016 at 7:56pm PST 中指を立てているかのようにも見える破天荒な結婚写真は、当時「カッコいい」「超ロック」と大きな反響を呼びました。 マーゴット・ロビー、「子供ができた」は誤情報 結婚を発表してからというもの、マーゴット・ロビーに対するメディアの関心は『子供』へと変わりました。 2017年には、オーストラリアの現地メディアが、マーゴット・ロビーの妊娠を報じたものの、後にそれは誤報であったことが発覚。 もともとマーゴット・ロビーは子供好きであることを明かしており、さらにお腹周りにゆとりのあるドレスをオーダーしたことで、妊娠説が浮上したようです。 しかし、 2018年時点では、マーゴット・ロビーは子作りのタイミングについて「いまではない」と明言。 『Porter Magazine(ポーターマガジン)』のインタビューで、このように語っています。 30年後の未来を思い描くのであれば、豪勢なクリスマスディナーをたくさんの子どもたちと囲んでいたいたいわ。 でも、いまのところはないわね。 ーより引用(和訳) ブレイク後、ヒット作品にコンスタントに出演しているマーゴット・ロビー。 夫婦共に多忙なこともあり、子供はまだ先になりそうです。 マーゴット・ロビーの映画代表作 日本では、映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役の印象が強いマーゴット・ロビーですが、彼女が世界的にブレイクするきっかけとなった作品といえば 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でしょう。 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)でブレイク 日本では2014年に公開された映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、実在する元株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートをモデルに描かれたコメディ映画。 主人公のジョーダン・ベルフォートをレオナルド・ディカプリオが演じており、マーゴット・ロビーはジョーダンの妻であるナオミ・ベルフォート役として出演していました。 映画本編や、予告編で印象的なシーンの1つである、レオナルド・ディカプリオが美女にヒールで顔面を踏みつけられるシーン…あの美女がマーゴット・ロビーです! 私の頭の中は「30秒間で、何か印象的なことをしなければ。 たった一度のチャンスよ、つかみ取らなきゃ!」って感じだったの。 それで、彼(レオナルド・ディカプリオ)といい合いを始めたんだけど、彼って本当に怖くて。 彼の演技に勝てそうになかったわ。 そしたら彼が最後に「俺みたいな旦那がいることを幸せに思うべきだ。 さぁ、もう終わりにしてキスしてくれ」っていったの。 彼の顔に近付きながら「キスすべきなのかもしれない。 だって今後、レオナルド・ディカプリオとキスできるチャンスがあると思う?」なんて考えたわ。 でも頭の中で『カチッ』て音がして、その瞬間、彼の顔をぶっ叩いていたのよ。 そして「くたばれ!」って叫んだわ。 そんなこと台本に書かれてないのにね。 オーディション会場が静まり返ったわ。 ーより引用(和訳) レオナルド・ディカプリオの顔を叩いてしまったことで、マーゴット・ロビーは「逮捕されるかも」と不安に襲われたといいます。 しかし、彼女のアドリブに同作の監督、マーティン・スコセッシもレオナルド・ディカプリオも大爆笑。 1週間後には、オーディション合格の連絡をもらったのだそうです。 当時、彼女は若干22歳。 大御所俳優を目の前にして、ここまで大胆なアピールをできる人物が、ほかにいるでしょうか。 マーゴット・ロビーがウィル・スミスと共演した『フォーカス』(2015) ウィル・スミスと共演した映画『フォーカス』は、詐欺師同士のだまし合いを描いた1作。 マーゴット・ロビーは、劇中でウィル・スミス演じる凄腕詐欺師から、相手をだますテクニックを学んだ美人詐欺師を演じています。 周囲を巻き込み、壮絶なだまし合いを繰り広げる2人のかけあいはもちろん、クライム、ラブ、コメディとさまざまな要素を楽しめる1作です。 A post shared by on Jan 28, 2019 at 5:00am PST ヘアスタイルと衣装が変わった新ハーレイ・クインは『スーサイド・スクワッド』の時とは違い、可愛さがアップした印象。 再び日本にハーレイ・クイン旋風を巻き起こしてくれそうです! アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017) 女子フィギュアスケートのナンシー・ケリガンを、ライバルのトーニャ・ハーディングが襲撃した事件は、米フィギュアスケート界最大のスキャンダルとして有名。 事件への関与をきっかけに、人生の歯車が狂っていくトーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが好演しています。 A post shared by on Dec 16, 2016 at 12:29am PST マーゴット・ロビーの現在は? 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『スーサイド・スクワッド』でブレイクし、アニー・イン・ザ・ターミナル』では主演も務めたマーゴット・ロビーは、1969年のハリウッドで実際に起きた事件をベースに描かれる映画 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 に出演しました。 同作はクエンティン・タランティーノが監督を務めており、 出演する俳優陣が豪華すぎることで話題に。 まず、 レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットのW主演というだけでも驚きですが、さらにアル・パチーノ、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、ティム・ロス、レナ・ダナム、そしてマーゴット・ロビーと、新旧の名優が勢ぞろいしている同作。

次の

苦労人マーゴット・ロビー、知れば知るほど好きになる5つのゴシップ|MINE(マイン)

マーゴット・ロビー

A post shared by on Oct 28, 2015 at 9:01am PDT 破天荒でエネルギッシュなハーレイ・クインのように、実際のマーゴット・ロビーも型破りな性格のよう。 そんな彼女の性格を象徴するエピソードの1つが、映画監督のトム・アッカーリーとの結婚を発表した際の写真でしょう。 マーゴット・ロビーが結婚 インスタグラムの写真が超ロック マーゴット・ロビーは、イギリス出身の映画監督の トム・アッカーリーと2016年に結婚しています。 トム・アッカーリーが助監督を務めた映画『フランス組曲』にマーゴット・ロビーが出演しており、2人は2013年に交際をスタート。 約3年間の交際を経て、2016年12月にオーストラリアのゴールトコーストで式を挙げました。 マーゴット・ロビーは自身のインスタグラムを通して、ファンに結婚を報告しており、公開された写真が「超ロック!」と話題になりました。 on Dec 19, 2016 at 7:56pm PST 中指を立てているかのようにも見える破天荒な結婚写真は、当時「カッコいい」「超ロック」と大きな反響を呼びました。 マーゴット・ロビー、「子供ができた」は誤情報 結婚を発表してからというもの、マーゴット・ロビーに対するメディアの関心は『子供』へと変わりました。 2017年には、オーストラリアの現地メディアが、マーゴット・ロビーの妊娠を報じたものの、後にそれは誤報であったことが発覚。 もともとマーゴット・ロビーは子供好きであることを明かしており、さらにお腹周りにゆとりのあるドレスをオーダーしたことで、妊娠説が浮上したようです。 しかし、 2018年時点では、マーゴット・ロビーは子作りのタイミングについて「いまではない」と明言。 『Porter Magazine(ポーターマガジン)』のインタビューで、このように語っています。 30年後の未来を思い描くのであれば、豪勢なクリスマスディナーをたくさんの子どもたちと囲んでいたいたいわ。 でも、いまのところはないわね。 ーより引用(和訳) ブレイク後、ヒット作品にコンスタントに出演しているマーゴット・ロビー。 夫婦共に多忙なこともあり、子供はまだ先になりそうです。 マーゴット・ロビーの映画代表作 日本では、映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役の印象が強いマーゴット・ロビーですが、彼女が世界的にブレイクするきっかけとなった作品といえば 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でしょう。 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)でブレイク 日本では2014年に公開された映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、実在する元株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートをモデルに描かれたコメディ映画。 主人公のジョーダン・ベルフォートをレオナルド・ディカプリオが演じており、マーゴット・ロビーはジョーダンの妻であるナオミ・ベルフォート役として出演していました。 映画本編や、予告編で印象的なシーンの1つである、レオナルド・ディカプリオが美女にヒールで顔面を踏みつけられるシーン…あの美女がマーゴット・ロビーです! 私の頭の中は「30秒間で、何か印象的なことをしなければ。 たった一度のチャンスよ、つかみ取らなきゃ!」って感じだったの。 それで、彼(レオナルド・ディカプリオ)といい合いを始めたんだけど、彼って本当に怖くて。 彼の演技に勝てそうになかったわ。 そしたら彼が最後に「俺みたいな旦那がいることを幸せに思うべきだ。 さぁ、もう終わりにしてキスしてくれ」っていったの。 彼の顔に近付きながら「キスすべきなのかもしれない。 だって今後、レオナルド・ディカプリオとキスできるチャンスがあると思う?」なんて考えたわ。 でも頭の中で『カチッ』て音がして、その瞬間、彼の顔をぶっ叩いていたのよ。 そして「くたばれ!」って叫んだわ。 そんなこと台本に書かれてないのにね。 オーディション会場が静まり返ったわ。 ーより引用(和訳) レオナルド・ディカプリオの顔を叩いてしまったことで、マーゴット・ロビーは「逮捕されるかも」と不安に襲われたといいます。 しかし、彼女のアドリブに同作の監督、マーティン・スコセッシもレオナルド・ディカプリオも大爆笑。 1週間後には、オーディション合格の連絡をもらったのだそうです。 当時、彼女は若干22歳。 大御所俳優を目の前にして、ここまで大胆なアピールをできる人物が、ほかにいるでしょうか。 マーゴット・ロビーがウィル・スミスと共演した『フォーカス』(2015) ウィル・スミスと共演した映画『フォーカス』は、詐欺師同士のだまし合いを描いた1作。 マーゴット・ロビーは、劇中でウィル・スミス演じる凄腕詐欺師から、相手をだますテクニックを学んだ美人詐欺師を演じています。 周囲を巻き込み、壮絶なだまし合いを繰り広げる2人のかけあいはもちろん、クライム、ラブ、コメディとさまざまな要素を楽しめる1作です。 A post shared by on Jan 28, 2019 at 5:00am PST ヘアスタイルと衣装が変わった新ハーレイ・クインは『スーサイド・スクワッド』の時とは違い、可愛さがアップした印象。 再び日本にハーレイ・クイン旋風を巻き起こしてくれそうです! アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017) 女子フィギュアスケートのナンシー・ケリガンを、ライバルのトーニャ・ハーディングが襲撃した事件は、米フィギュアスケート界最大のスキャンダルとして有名。 事件への関与をきっかけに、人生の歯車が狂っていくトーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが好演しています。 A post shared by on Dec 16, 2016 at 12:29am PST マーゴット・ロビーの現在は? 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『スーサイド・スクワッド』でブレイクし、アニー・イン・ザ・ターミナル』では主演も務めたマーゴット・ロビーは、1969年のハリウッドで実際に起きた事件をベースに描かれる映画 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 に出演しました。 同作はクエンティン・タランティーノが監督を務めており、 出演する俳優陣が豪華すぎることで話題に。 まず、 レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットのW主演というだけでも驚きですが、さらにアル・パチーノ、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、ティム・ロス、レナ・ダナム、そしてマーゴット・ロビーと、新旧の名優が勢ぞろいしている同作。

次の

【ハーレイクイン】マーゴットロビーの身長・年齢・結婚(恋人)などプロフィールのまとめ

マーゴット・ロビー

A post shared by on Oct 28, 2015 at 9:01am PDT 破天荒でエネルギッシュなハーレイ・クインのように、実際のマーゴット・ロビーも型破りな性格のよう。 そんな彼女の性格を象徴するエピソードの1つが、映画監督のトム・アッカーリーとの結婚を発表した際の写真でしょう。 マーゴット・ロビーが結婚 インスタグラムの写真が超ロック マーゴット・ロビーは、イギリス出身の映画監督の トム・アッカーリーと2016年に結婚しています。 トム・アッカーリーが助監督を務めた映画『フランス組曲』にマーゴット・ロビーが出演しており、2人は2013年に交際をスタート。 約3年間の交際を経て、2016年12月にオーストラリアのゴールトコーストで式を挙げました。 マーゴット・ロビーは自身のインスタグラムを通して、ファンに結婚を報告しており、公開された写真が「超ロック!」と話題になりました。 on Dec 19, 2016 at 7:56pm PST 中指を立てているかのようにも見える破天荒な結婚写真は、当時「カッコいい」「超ロック」と大きな反響を呼びました。 マーゴット・ロビー、「子供ができた」は誤情報 結婚を発表してからというもの、マーゴット・ロビーに対するメディアの関心は『子供』へと変わりました。 2017年には、オーストラリアの現地メディアが、マーゴット・ロビーの妊娠を報じたものの、後にそれは誤報であったことが発覚。 もともとマーゴット・ロビーは子供好きであることを明かしており、さらにお腹周りにゆとりのあるドレスをオーダーしたことで、妊娠説が浮上したようです。 しかし、 2018年時点では、マーゴット・ロビーは子作りのタイミングについて「いまではない」と明言。 『Porter Magazine(ポーターマガジン)』のインタビューで、このように語っています。 30年後の未来を思い描くのであれば、豪勢なクリスマスディナーをたくさんの子どもたちと囲んでいたいたいわ。 でも、いまのところはないわね。 ーより引用(和訳) ブレイク後、ヒット作品にコンスタントに出演しているマーゴット・ロビー。 夫婦共に多忙なこともあり、子供はまだ先になりそうです。 マーゴット・ロビーの映画代表作 日本では、映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役の印象が強いマーゴット・ロビーですが、彼女が世界的にブレイクするきっかけとなった作品といえば 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でしょう。 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)でブレイク 日本では2014年に公開された映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は、実在する元株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートをモデルに描かれたコメディ映画。 主人公のジョーダン・ベルフォートをレオナルド・ディカプリオが演じており、マーゴット・ロビーはジョーダンの妻であるナオミ・ベルフォート役として出演していました。 映画本編や、予告編で印象的なシーンの1つである、レオナルド・ディカプリオが美女にヒールで顔面を踏みつけられるシーン…あの美女がマーゴット・ロビーです! 私の頭の中は「30秒間で、何か印象的なことをしなければ。 たった一度のチャンスよ、つかみ取らなきゃ!」って感じだったの。 それで、彼(レオナルド・ディカプリオ)といい合いを始めたんだけど、彼って本当に怖くて。 彼の演技に勝てそうになかったわ。 そしたら彼が最後に「俺みたいな旦那がいることを幸せに思うべきだ。 さぁ、もう終わりにしてキスしてくれ」っていったの。 彼の顔に近付きながら「キスすべきなのかもしれない。 だって今後、レオナルド・ディカプリオとキスできるチャンスがあると思う?」なんて考えたわ。 でも頭の中で『カチッ』て音がして、その瞬間、彼の顔をぶっ叩いていたのよ。 そして「くたばれ!」って叫んだわ。 そんなこと台本に書かれてないのにね。 オーディション会場が静まり返ったわ。 ーより引用(和訳) レオナルド・ディカプリオの顔を叩いてしまったことで、マーゴット・ロビーは「逮捕されるかも」と不安に襲われたといいます。 しかし、彼女のアドリブに同作の監督、マーティン・スコセッシもレオナルド・ディカプリオも大爆笑。 1週間後には、オーディション合格の連絡をもらったのだそうです。 当時、彼女は若干22歳。 大御所俳優を目の前にして、ここまで大胆なアピールをできる人物が、ほかにいるでしょうか。 マーゴット・ロビーがウィル・スミスと共演した『フォーカス』(2015) ウィル・スミスと共演した映画『フォーカス』は、詐欺師同士のだまし合いを描いた1作。 マーゴット・ロビーは、劇中でウィル・スミス演じる凄腕詐欺師から、相手をだますテクニックを学んだ美人詐欺師を演じています。 周囲を巻き込み、壮絶なだまし合いを繰り広げる2人のかけあいはもちろん、クライム、ラブ、コメディとさまざまな要素を楽しめる1作です。 A post shared by on Jan 28, 2019 at 5:00am PST ヘアスタイルと衣装が変わった新ハーレイ・クインは『スーサイド・スクワッド』の時とは違い、可愛さがアップした印象。 再び日本にハーレイ・クイン旋風を巻き起こしてくれそうです! アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017) 女子フィギュアスケートのナンシー・ケリガンを、ライバルのトーニャ・ハーディングが襲撃した事件は、米フィギュアスケート界最大のスキャンダルとして有名。 事件への関与をきっかけに、人生の歯車が狂っていくトーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが好演しています。 A post shared by on Dec 16, 2016 at 12:29am PST マーゴット・ロビーの現在は? 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『スーサイド・スクワッド』でブレイクし、アニー・イン・ザ・ターミナル』では主演も務めたマーゴット・ロビーは、1969年のハリウッドで実際に起きた事件をベースに描かれる映画 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。 に出演しました。 同作はクエンティン・タランティーノが監督を務めており、 出演する俳優陣が豪華すぎることで話題に。 まず、 レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットのW主演というだけでも驚きですが、さらにアル・パチーノ、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、ティム・ロス、レナ・ダナム、そしてマーゴット・ロビーと、新旧の名優が勢ぞろいしている同作。

次の