ミクロ テクト。 食品添加物・天然抗菌アルコール製剤「ミクロキラー」

6/1(月)更新:新型コロナウイルス感染症対策につきまして

ミクロ テクト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 先日のNITE=製品評価技術基盤機構の発表はあまりにも見切り見解と見受けられます、その為今回の新型コロナウイルス対策で次亜塩素酸水溶液の有用性は現時点では確認されていないというような報道となりました。 しかし、低濃度での検証であり、実験濃度の表記もなく、今後高濃度で検証するとなっており検証途中での発表となっております。 その為、次亜塩素酸水溶液自体の有用性を疑問視するような誤解を招くミスリードがあったことが否めません。 このような報道を見て不安になられたことと思いますが、弊社次亜塩素酸水溶液による空間噴霧の安全性と除菌効果はエビデンスがございます。 また各種研究機関により、次亜塩素酸水溶液の研究も各種行われ、実験データも多数ございます。 更に、弊社技術顧問はこの研究開発に携わって20年になり、今日まで噴霧よる事故、健康被害等は一切報告されていないと聞いております。 弊社次亜塩素酸水溶液は多数の病院、大学などで使用されており、導入する段階で有用性、安全性は各研究機関にて検証されております。 また、今回の件を踏まえまして病院、大学よりの使用中止の連絡もいただいておりません。 このような事例をもちましても、弊社次亜塩素酸水溶液は皆様に安心してご使用いただけるものと確信しております。 弊社も次亜塩素酸水溶液を扱い今年8月で10年目に入ります、これからも弊社商品ミクロテクト・ファミテクトの情報を正確に開示して、お客様に安心してご利用いただける商品を提供していく所存でございます。 今後共、ミクロテクト・ファミテクトをご愛用いただけますよう、何卒お願い申し上げます。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 明日、製造元の方には学院にお越し頂き詳しいことをお聞きします。 インターネット上の情報よりも、このようなエビデンスに対してしっかりとした見解をお持ちであり 製品に対する責任をおもちですので、当校としては感染拡大予防策の一つとして予定通りに各所に設置をいたします。 来館者・施設利用者の皆様への注意喚起だけでなく、学院スタッフによる巡回を強化しております。 また、レコーディングで使用するマイク・ポップガード、PCキーボードやマウスなども常時、除菌を実施しているほか、スタジオ利用のためのマイク(グリルボール・ウインドガード)も洗浄の上で除菌しております。 音楽関連業者の皆様をはじめ、個人利用としてもマイクを使用する事のある方は、是非ともこまめに洗浄・除菌して下さい。 この事態を、音楽を愛する皆様とともに乗り切れますよう願っております。 それに伴い、同日行われる予定だった — MEMENTO — 裏方見学ツアーも延期とさせて頂きます。 様々なコロナウイルス対策を検討・実施し、万全の状態で開催予定でしたが お客様や出演者の皆様、スタッフ等、関係者の皆様の安全を確保する事が困難であるという判断に至りました。 見に来て下さる予定だった皆様や当イベントにご協力頂いた皆様には このような発表になってしまい大変申し訳ございません。 現在、振替公演日を調整中でございます。 満を持して、皆様と笑顔でお会いできますよう願っております。 その時まで今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。 コロナウイルス除菌剤を入れて、ジュータンは丁寧な数回に及ぶクリーニング作業。 当校ではできる限りのコロナウイルス対策を実施しておりますが、体調不調の方の校内の立ち入りはお断りしています。 校舎内ではマスクの着用をお願いしております。 — [17日 ロイター] — 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、新型コロナウイルスのエアロゾル化に関する研究結果を明らかにした。 エアロゾルは飛沫よりも小さな粒子のことで、くしゃみなどによって発生する飛沫とは異なり、限定空間内で一定時間浮遊する。 研究者らは新型コロナがエアロゾル化した後、空中で最低3時間は生き残ると警告した。 またウイルスが物体に付着した場合、生存期間は物質の種類によって異なり、プラスチックやステンレスは3日以上、段ボール紙は1日、銅は4時間だった。 — 国立音楽院では、換気・加湿とともに除菌関連専門業者の指導のもと浮遊ウイルス除去を実施しています。 引き続き、3月23日にも校舎内の除菌クリーニング作業を実施予定です。 ・館内の湿度を保つため加湿も徹底しております。 ・人に無害の消毒剤を用いた校舎内の浮遊ウイルス除去を実施中。 この消毒剤は二重鎖第4アンモニウム化合物(QUAT)を配合したもので、これまで日本で使用されていた殺菌剤など(主に塩素系及びアルコール系製品)よりも安全性と安定性に優れ、EPA(アメリカ環境保護局)に公式に認められています。 経口毒性については食塩と同程度とのこと。 元々この製品は米国で、食品製造機械の殺菌・プールの水・医療用具の消毒用に用いられている製品ですので人体に無害です。 ・2020年3月16日、今後のイベント・行事につきまして情報を更新致しました。 従来の会場の2倍以上の広さがある会場へ変更致しました。 卒業証書とKMA賞の授与は接触を避けるため、呼名・起立のみとします。 謝恩会は立食から着席に変更致します。 調理場からの速やかな配膳により空気に触れる時間を短く、また会場の換気と調理スタッフの方たちの衛生管理、配膳の方たちのマスク着用、感染要素と言われている飛沫感染と接触感染の2つの対策を徹底致します。 会場入場時には体調のチェックと両手アルコール消毒の実施を徹底致します。 ・浮遊ウイルスの除去 ・専門業者による椅子とジュータンの除菌クリーニング(3月16日・23日に実施) 来校者様にはご自身の健康管理にご留意いただくとともに、咳 せき ・発熱等の症状が見られたときは、校舎への出入りはお控えいただきますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 また、校舎内へ入館される方々にはアルコール消毒や手洗いをこまめに実施して頂くようアナウンスしております。 引き続き事態の推移を注視しつつ、一人一人の行動で感染拡大の予防にご協力をお願い致します。 予定通り開催する公演につきまして ご来場になられる前に、下記内容をよくご確認下さいませ。 ・体調が悪い方は校舎内へのご入館を禁止とさせて頂きます。 ・ご入館の際は可能な限りマスク着用をお願い致します。 ・こまめな手洗いとアルコール消毒とともに、咳エチケットの遵守にご協力下さい。 ・ご入場前に体調チェックシートのご記入を頂き、除菌シートで手を拭いて頂いてからのご入場となります。 ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 引き続き状況を注視し、変更があり次第随時更新致します。 引き続き状況を注視し、変更があり次第随時更新致します。 密閉された場所では人と人とが至近距離で、一定時間以上交わることによって、患者集団(クラスター)が発生する可能性が示唆されます。 そして、患者集団(クラスター)が次の集団(クラスター)を生むことが、感染の急速な拡大を招くと考えられます。 皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。 これらのことから、様々な状況を複合的に精査した結果、開催中止が適切と判断致しました。 振替公演などの開催につきましては、現時点では予定しておりませんが 状況推移を注視しながら検討を進めてまいります。 何卒、ご理解とご容赦のほどお願い申し上げます。

次の

アトイ株式会社|atuy co,Ltd

ミクロ テクト

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 先日のNITE=製品評価技術基盤機構の発表はあまりにも見切り見解と見受けられます、その為今回の新型コロナウイルス対策で次亜塩素酸水溶液の有用性は現時点では確認されていないというような報道となりました。 しかし、低濃度での検証であり、実験濃度の表記もなく、今後高濃度で検証するとなっており検証途中での発表となっております。 その為、次亜塩素酸水溶液自体の有用性を疑問視するような誤解を招くミスリードがあったことが否めません。 このような報道を見て不安になられたことと思いますが、弊社次亜塩素酸水溶液による空間噴霧の安全性と除菌効果はエビデンスがございます。 また各種研究機関により、次亜塩素酸水溶液の研究も各種行われ、実験データも多数ございます。 更に、弊社技術顧問はこの研究開発に携わって20年になり、今日まで噴霧よる事故、健康被害等は一切報告されていないと聞いております。 弊社次亜塩素酸水溶液は多数の病院、大学などで使用されており、導入する段階で有用性、安全性は各研究機関にて検証されております。 また、今回の件を踏まえまして病院、大学よりの使用中止の連絡もいただいておりません。 このような事例をもちましても、弊社次亜塩素酸水溶液は皆様に安心してご使用いただけるものと確信しております。 弊社も次亜塩素酸水溶液を扱い今年8月で10年目に入ります、これからも弊社商品ミクロテクト・ファミテクトの情報を正確に開示して、お客様に安心してご利用いただける商品を提供していく所存でございます。 今後共、ミクロテクト・ファミテクトをご愛用いただけますよう、何卒お願い申し上げます。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 明日、製造元の方には学院にお越し頂き詳しいことをお聞きします。 インターネット上の情報よりも、このようなエビデンスに対してしっかりとした見解をお持ちであり 製品に対する責任をおもちですので、当校としては感染拡大予防策の一つとして予定通りに各所に設置をいたします。 来館者・施設利用者の皆様への注意喚起だけでなく、学院スタッフによる巡回を強化しております。 また、レコーディングで使用するマイク・ポップガード、PCキーボードやマウスなども常時、除菌を実施しているほか、スタジオ利用のためのマイク(グリルボール・ウインドガード)も洗浄の上で除菌しております。 音楽関連業者の皆様をはじめ、個人利用としてもマイクを使用する事のある方は、是非ともこまめに洗浄・除菌して下さい。 この事態を、音楽を愛する皆様とともに乗り切れますよう願っております。 それに伴い、同日行われる予定だった — MEMENTO — 裏方見学ツアーも延期とさせて頂きます。 様々なコロナウイルス対策を検討・実施し、万全の状態で開催予定でしたが お客様や出演者の皆様、スタッフ等、関係者の皆様の安全を確保する事が困難であるという判断に至りました。 見に来て下さる予定だった皆様や当イベントにご協力頂いた皆様には このような発表になってしまい大変申し訳ございません。 現在、振替公演日を調整中でございます。 満を持して、皆様と笑顔でお会いできますよう願っております。 その時まで今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。 コロナウイルス除菌剤を入れて、ジュータンは丁寧な数回に及ぶクリーニング作業。 当校ではできる限りのコロナウイルス対策を実施しておりますが、体調不調の方の校内の立ち入りはお断りしています。 校舎内ではマスクの着用をお願いしております。 — [17日 ロイター] — 米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、新型コロナウイルスのエアロゾル化に関する研究結果を明らかにした。 エアロゾルは飛沫よりも小さな粒子のことで、くしゃみなどによって発生する飛沫とは異なり、限定空間内で一定時間浮遊する。 研究者らは新型コロナがエアロゾル化した後、空中で最低3時間は生き残ると警告した。 またウイルスが物体に付着した場合、生存期間は物質の種類によって異なり、プラスチックやステンレスは3日以上、段ボール紙は1日、銅は4時間だった。 — 国立音楽院では、換気・加湿とともに除菌関連専門業者の指導のもと浮遊ウイルス除去を実施しています。 引き続き、3月23日にも校舎内の除菌クリーニング作業を実施予定です。 ・館内の湿度を保つため加湿も徹底しております。 ・人に無害の消毒剤を用いた校舎内の浮遊ウイルス除去を実施中。 この消毒剤は二重鎖第4アンモニウム化合物(QUAT)を配合したもので、これまで日本で使用されていた殺菌剤など(主に塩素系及びアルコール系製品)よりも安全性と安定性に優れ、EPA(アメリカ環境保護局)に公式に認められています。 経口毒性については食塩と同程度とのこと。 元々この製品は米国で、食品製造機械の殺菌・プールの水・医療用具の消毒用に用いられている製品ですので人体に無害です。 ・2020年3月16日、今後のイベント・行事につきまして情報を更新致しました。 従来の会場の2倍以上の広さがある会場へ変更致しました。 卒業証書とKMA賞の授与は接触を避けるため、呼名・起立のみとします。 謝恩会は立食から着席に変更致します。 調理場からの速やかな配膳により空気に触れる時間を短く、また会場の換気と調理スタッフの方たちの衛生管理、配膳の方たちのマスク着用、感染要素と言われている飛沫感染と接触感染の2つの対策を徹底致します。 会場入場時には体調のチェックと両手アルコール消毒の実施を徹底致します。 ・浮遊ウイルスの除去 ・専門業者による椅子とジュータンの除菌クリーニング(3月16日・23日に実施) 来校者様にはご自身の健康管理にご留意いただくとともに、咳 せき ・発熱等の症状が見られたときは、校舎への出入りはお控えいただきますよう、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。 また、校舎内へ入館される方々にはアルコール消毒や手洗いをこまめに実施して頂くようアナウンスしております。 引き続き事態の推移を注視しつつ、一人一人の行動で感染拡大の予防にご協力をお願い致します。 予定通り開催する公演につきまして ご来場になられる前に、下記内容をよくご確認下さいませ。 ・体調が悪い方は校舎内へのご入館を禁止とさせて頂きます。 ・ご入館の際は可能な限りマスク着用をお願い致します。 ・こまめな手洗いとアルコール消毒とともに、咳エチケットの遵守にご協力下さい。 ・ご入場前に体調チェックシートのご記入を頂き、除菌シートで手を拭いて頂いてからのご入場となります。 ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。 引き続き状況を注視し、変更があり次第随時更新致します。 引き続き状況を注視し、変更があり次第随時更新致します。 密閉された場所では人と人とが至近距離で、一定時間以上交わることによって、患者集団(クラスター)が発生する可能性が示唆されます。 そして、患者集団(クラスター)が次の集団(クラスター)を生むことが、感染の急速な拡大を招くと考えられます。 皆さんが、人が集まる風通しが悪い場所を避けるだけで、多くの人々の重症化を食い止め、命を救えます。 これらのことから、様々な状況を複合的に精査した結果、開催中止が適切と判断致しました。 振替公演などの開催につきましては、現時点では予定しておりませんが 状況推移を注視しながら検討を進めてまいります。 何卒、ご理解とご容赦のほどお願い申し上げます。

次の

会社概要と業務案内

ミクロ テクト

ノロウイルス感染時の緊急殺菌、トイレ掃除・風呂場のカビ取りに 濃度400ppmの次亜塩素酸水は、家庭向けに市販されている商品の中では最も高濃度の部類に入りますので、ほぼ原液をそのまま使うのはどのような状況かという解説になります。 ノロウイルス感染時の緊急除菌(吐瀉物や排泄物の処理時)• 風呂場のカビ取り• トイレの便器内清掃 高濃度の次亜塩素酸水はそれだけ殺菌消毒効果も高いのですが、次亜塩素酸水の特徴は低濃度でも高い殺菌能力を持っていることですので、日常の用途で使用するにはやや能力過剰・オーバースペック気味となりますし、高濃度と言うことは薄めずに使うことになりますのでコストもかさみます。 高い濃度で次亜塩素酸水を用いるのは、対象となる菌を「滅菌(完全に全滅させる)」したい場合か、対象となる菌が有機物にまみれている場合です。 例えばノロウイルスの場合、数個のウイルスが体内に入っただけでも感染症状を引き起こす可能性があるため、通常の細菌やウイルスとは比較にならないほど徹底した殺菌消毒が必要になります。 また風呂場やトイレの掃除を行う場合、通常の部屋を掃除する場合よりも汚れ(有機物)の残留が多いため、濃度の薄い次亜塩素酸水では目的の雑菌を殺す前に有機物と反応して水になってしまうため、ある程度濃い濃度が必要になります。 こうした用途で次亜塩素酸水を使う場合の量の目安ですが、スプレーでさっとひと噴きでは足りず、ある程度びしょびしょになる量が必要です。 特にノロウイルスの対策をする場合などは、はっきりと水滴がついて垂れるくらいの量を散布するようにしてください。 濃度400ppm(0. 04%)の次亜塩素酸水の作り方・薄め方 400ppmの次亜塩素酸水は、家庭の場合は原液をそのまま使うことになります。 店舗によっては最大濃度が200ppm程度のこともありますので、400ppmの次亜塩素酸水を使いたい場合は濃度に注意して購入してください。 また弱酸性・微酸性次亜塩素酸水の使用期限は、おおよそ製造から半年~1年程度です。 期間がたった次亜塩素酸水は塩素濃度が低下していますので、ノロウイルス対策等に用いる場合は新しい次亜塩素酸水を使うことが望ましいです。 なお手元にある次亜塩素酸水の濃度が400ppmに満たない場合、例えば「うちのは200ppmだからノロウイルスには使えないね」ということはありません。 殺菌力は、濃度・量・接触時間で定まってきますので、使う量(スプレー量)を増やしたり回数を増やすことで、最終的な効果を等しくすることができます。 02%)の次亜塩素酸水(電解酸性水) キッチン・台所周り、汚れや臭いが厳しい場所の除菌と消臭に 濃度200ppmの次亜塩素酸水は、家庭向けに販売されている商品の中でも比較的高濃度ですので、ある程度強い除菌力が必要な場所に用いる濃度になります。 肉や魚を切った包丁やまな板、キッチン用ふきんの殺菌消毒• 台所のシンクや三角コーナーの殺菌消毒に• ゴミ箱の除菌または消臭に• エアコンの除菌・消臭に 次亜塩素酸水には洗浄効果はありませんので、キッチン周りで用いる際にはまず通常の洗剤で食器や調理器具、シンクなどを清掃し、綺麗になってから殺菌消毒用として次亜塩素酸水を用います。 汚れたままで使用をしても、汚れ(有機物)と反応して対象の菌まで効果が届きませんのでご注意ください。 濃度200ppm(0. 02%)の次亜塩素酸水の作り方・薄め方 原液が400ppmの場合は、2倍に薄めると200ppmになります。 水道水500mlに対して次亜塩素酸水500ml、水道水1リットルに対して次亜塩素酸水1リットルを混合することで、濃さが200ppmの殺菌水を作ることができます。 原液が200ppmの場合は薄めずにそのまま利用します。 ボウル(桶)に次亜塩素酸水を入れてつけ置きにしたり、スプレーボトルに詰めて除菌をしたい場所に吹き付けたりして使用します。 01%)の次亜塩素酸水(電解酸性水) 気になる場所の消臭用途に 濃度100ppmの次亜塩素酸水は、消臭スプレーとして利用をする際の目安濃度です。 「物」に対して使う場合には100ppm程度が目安になります。 焼き肉パーティーをした後のカーテン消臭に• トイレ使用後の消臭に• タバコの臭いが気になる部屋の消臭に• 枕やシーツ、寝室の消臭に• 下駄箱や臭いが気になる靴の消臭に• 自動車車内の消臭に• ペットのトイレや寝床の消臭に 次亜塩素酸水は殺菌消毒の力は大変強いのですが、すぐに分解してしまうため持続力はありません。 ですので、臭いを永続的に抑えたり、抗菌効果を狙ったりといった使い方には適しませんので、臭いが気になる場合や除菌をしたい場合はその都度使用するようにします。 濃度100ppm(0. 01%)の次亜塩素酸水の作り方・薄め方• 原液が400ppm…元の量の4倍にして使います。 100mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水25mlに対して水道水を75ml、350mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水87. 5mlに対して水道水を262. 5ml、500mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水125mlに対して水道水を375ml入れればOKです。 原液が200ppm…元の量の2倍にして使います。 次亜塩素酸水と同じ量の水道水をいれて混合すれば、濃度200ppmの次亜塩素酸水が得られます。 原液が100ppm…次亜塩素酸水を薄めずにそのまま使用してください。 005%)の次亜塩素酸水(電解酸性水) 人の体やペットへの使用、噴霧器(加湿器)による空間除菌に 濃度50ppmの次亜塩素酸水は、人の身体やペットに直接利用したり、機器を使って空間除菌をする場合に用いる濃度です。 子供や赤ちゃん、小さなペットなど、抵抗力の弱い対象の「物」を除菌する場合もこの程度の濃度が安全です。 健康に全く影響をもたらさずに使用したい場合の濃度の目安として考えるとよいでしょう。 手洗い・うがい・口腔ケア用途• キッズ用品、子供がが遊ぶおもちゃの除菌に• ベビー用品、赤ちゃん用のほ乳瓶の除菌に• ペットのエサ容器の除菌に• 噴霧器(加湿器)に入れた空間除菌消臭に 厚生労働省の食品添加物としての次亜塩素酸水(微酸性次亜塩素酸水)の指定濃度が10ppm~80ppmです。 掛け流しで食品を殺菌するような場合はこの程度の濃度で十分な殺菌力が得られるということになりますので、濃度はある程度薄めに作っておき、臭いが消えないばあいはスプレー回数を増やすなどの対応をしてもよいでしょう。 005%)の次亜塩素酸水の作り方・薄め方• 原液が400ppm…元の量の8倍にして使います。 100mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水12. 5mlに対して水道水を87. 5ml、350mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水43. 75mlに対して水道水を306. 25ml、500mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水62. 5mlに対して水道水を437. 5ml入れればOKです。 原液が200ppm…元の量の4倍にして使います。 100mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水25mlに対して水道水を75ml、350mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水87. 5mlに対して水道水を262. 5ml、500mlを作りたいのであれば、次亜塩素酸水125mlに対して水道水を375ml入れればOKです。 原液が100ppm…元の量の2倍にして使います。 次亜塩素酸水と同じ量の水道水をいれて混合すれば、濃度50ppmの次亜塩素酸水が得られます。 原液が50ppm…次亜塩素酸水を薄めずにそのまま使用してください。

次の