キングダム カイネ 李牧。 【コミックス未収録】読み切り 「李牧」

【キングダム】643話ネタバレ!李牧を救出しようとする舜水樹やカイネ

キングダム カイネ 李牧

【キングダム】カイネは死亡するのか なかなかかわいい顔をした女性キャラクター:カイネ。 彼女が死亡するかの考察に入る前に、まずはカイネの人物像を解説です。 李牧を擁する大国:趙の二刀流女性剣士です。 新・三大天の一人である李牧の護衛役であり、彼の側近でもあります。 観察眼が鋭く、出会ってすぐの河了貂が「女」であることを見破っています。 女性であることを武器にはせず、自分の腕だけでのし上がってきた春秋戦国時代の英傑候補ともいえる女傑でしょう。 そんなこともあってか、李牧からの信頼も厚く、またカイネ自身も李牧に対する信頼感が半端ない。 というか、言動や行動を見ているに、もはや信仰?てぐらいの心酔っぷりに、メタ視点で若干引いてしまうことも。 そんな カイネは、実は史実には登場しない、キングダムオリジナルキャラクターです。 李牧のように、実在した人物ならば、「あー、そろそろ死ぬかな」と予想しながら作品を追うことも可能で、そのように楽しむ方法もまた一興です。 しかし、オリジナルキャラクターとなると話は変わってきます。 なにせ、キャラクターの生死は作者の創作にかかっているのですから。 とはいえ、趙の要人:李牧の側近であるカイネを、そうやすやす無駄死にさせるとは考えにくいです。 キングダムは史実に忠実に描かれています。 史実によれば、李牧は処刑され、趙も秦の支配下に納まります。 となると、 順当に考えれば、秦の敵国所属のカイネもそのうち死亡するという予想は想像に難くない。 じゃぁ、どの段階で死亡するのか? 考察に入りましょう。 【キングダム】カイネが死亡する可能性を考察 趙三大天が一人:李牧の側近であるカイネ。 李牧がそのうち死亡することは確定事項である以上、カイネがどの場面で死亡するかが気になるところです。 ライターの考察では、 李牧が趙王によって処刑される時に巻き添えとなる可能性に注目します。 少々ネタバレです。 様々な思惑に翻弄されて、李牧が投獄され、処刑の日取りまで決定したとき、カイネら李牧の腹心たちは李牧を処刑から救出する計画を立てるのです。 処刑当日に、処刑場所である雷還広場での李牧救出作戦を計画します。 この広場での救出作戦の混乱に乗じて巻き添えをくらって死亡する。 もしくは 李牧を救出できず処刑されてしまい、悲しみに暮れた末に自害する。 このあたりではないでしょうか。 いずれにせよ、カイネの死亡は不可避でしょう。 あくまでもライター考察です、あしからずご了承ください。 【キングダム】カイネが嫌いでウザいとの声も 李牧愛にあふれた女傑:カイネ。 そんなカイネは実はキングダムファンからウザがられているという噂を入手しました。 キャラクターの嫌われる要素である「女らしい」描写は少ない印象を受けるカイネです。 むしろ、すがすがしいほどの戦士であり、その腕ひとつで李牧の腹心まで昇りつめた感じが、好印象を持たれそうですが。 今回もライターによる「勝手な考察」を展開したいと思います。 では、考察に入りましょう。 【キングダム】カイネが嫌いな理由を考察 ライターが考察する、カイネが嫌いな理由がこちら• 李牧愛が暑苦しい• 人気薄い李牧の腰ぎんちゃく感• 女性キャラは人気薄 ひとつずつ見ていきましょう。 <李牧愛が暑苦しい> 忠実な側近と言えばキレイな言葉ですが、少し李牧への愛というか忠誠心が暑苦しい感じが否めません。 李牧を悪く言う相手に対する怒り具合が半端ないです。 また、李牧救出作戦考案の時は、自身もズタボロな体をおして「全てをかけて李牧様を救い出す」と号泣しています。 主従関係というか、もはや教祖と信者のような関係性にも見えるのは、ライターだけでしょうか? <人気薄い李牧の腰ぎんちゃく感> ちなみに李牧も人気が薄いのです。 春秋戦国時代では、各国の警戒対象になるぐらいの頭脳と知略で実力をもつとされている李牧ですが、ことキングダム内では秦の敵国という立ち位置上、関わる作戦は失敗や敗戦を繰り返している印象を受けます。 そんな人気薄の 李牧に心酔している感じが、あまり好印象を受けないのでしょう。 <女性キャラは人気薄> そもそも、少年漫画における女性キャラクターは人気薄になりがちです。 ましてや、ゴリゴリの歴史漫画において、女性キャラクターの設置場所は難しいのでしょう。 男性キャラクターは比較的ロジカルな思考展開で動くのに対して、 女性キャラは感情的や情緒的に動きやすいのも、人気薄の原因の一つではないでしょうか? まぁ男性キャラクターでも、場を引っ掻き回す「本能型」がいて、重要な役割を担っている場面も多いので、一概には言えませんけどね。 まとめ いかがでしたか? カイネの李牧愛を再確認できましたね。 李牧処刑でカイネの死亡フラグがどう回収されるのか、またはフラグはダミーなのか。 今後のキングダムは、いろんな意味で目が離せませんね。

次の

キングダム読み切り 『李牧』 感想

キングダム カイネ 李牧

この記事は、2020年7月2日(木)に発売予定の「週刊ヤングジャンプ」で掲載される、漫画「キングダム」646話の最新確定情報を考察予想と共にお伝えしています。 前話では太子遷が趙国新王の座に就くこととなり、趙国は滅亡へと歩みを進めることになりました。 やはり悼襄王は、遺言を残していましたね! 初登場した太子遷ですが、素行の悪さがすぐに分かるほど、人間を残酷に扱っている様子が描かれていました。 絵面からも悼襄王の二の舞をしそうな様子がありありと伝わってくるのですが、王位交代によって果たして公子嘉の身はどうなっていくのでしょうか? 死刑を免れたと思った李牧や、牢に閉じ込められていた賢人たちの処遇も気になりますね。 そこで今回は、漫画「キングダム」ネタバレ646話最新確定!と題して、ネタバレ最新考察予想をお届けしていきたいと思います! 漫画「キングダム」ネタバレ646話最新確定速報! Les larmes montent.. ようやく嘉の治世となり、趙国が復活しようとした矢先のことですから、無理もありません。 郭開が遺言を作り変えたに決まっていると疑い、朝廷の裁判で遺言の不正を暴こうと息を巻いています。 簡単にはいかないことを皆が理解していますが、貴族たちは李牧へ異議申し立てをするよう強く推奨しました。 しかし李牧は、別のことを心配しています。 悠長なことを言っている場合ではないと、皆に忠告しようとした矢先のことです。 突然、無数の矢が勢いよく飛んできて、嘉一派は襲撃に遭いました! 嘉を庇う李牧とカイネは咄嗟に剣を抜いて矢を払い落としますが、武に長けていない貴族たちは成す術もなく、矢に射抜かれて倒れていきます。 李牧は、すでに襲撃されることを予想していたのです。 嘉を連れ邯鄲を脱出 まだ昼間であるにもかかわらず、堂々と殺しにかかってくる刺客。 さすがの李牧も、こんなにも早く動きに出るとは思っていなかった様子で、少し焦りを見せています。 そこへ畳みかけるように、忍び装束をまとった刺客が登場しました。 矢に射抜かれた貴族は考え及ばず、誰の手先なのか理解できていません。 李牧はすぐさま嘉を守るようカイネに指示を出し、刺客を一刀両断! 衛兵が全滅した様子を悟り、傅抵(ふてい)のいるところまで二人で強行突破し、邯鄲の脱出をはかることにします。 遷の王位継承が秦国軍にも伝わる その頃、秦国軍にも遷へ王位継承権が渡ったと伝わります。 前線地帯では飛信隊が宿営地を設営しており、李信は飛び込んできたニュースに驚きを隠せない様子です。 河了貂も信じられない様子ですが、蒙恬(もうてん)は王賁(おうほん)の宿営地で、その知らせを耳にしていました。 邯鄲が再び荒れることを考え、早々に前線をもう一度上げるかもしれないので、本格的な設営をしないよう飛信隊へ忠告しに来てくれたのです。 しかし李信は、なぜ邯鄲が再び荒れるのか、いまいち状況を把握できていません。 河了貂は趙国で「兄弟争い」が始まったのだと、李信にもわかりやすいように伝えます。 かつて秦国で嬴政(えいせい)と成蟜(せいきょう)が内乱を繰り広げたように、趙国でも同じことが勃発しようとしているのです。 それを知った李信は、顔もちが変わります。 秦国でも、当時はたくさんの血が流れたからです。 初めから遷に王位が与えられていれば仕方のない話ですが、直前で変更となれば嘉一派が黙っていないことは明瞭です。 これまでの歴史から見ても、歪んだ王位継承には粛清の嵐が吹き荒れます。 もしも遷一派が先手を打っているとすれば、粛清されるのは嘉と李牧です。 李信はやっと李牧が助かったと思っていたのに、そうではない事実に混乱を見せます。 割り切っていた蒙恬でさえも、李牧の今後を考えると、同情すると言葉を発して去っていきました。 なにか別に思う所でもあるのか、神妙な顔もちを見せています。 話し途中だと言わんばかりに去っていく蒙恬を呼び止めながら、李信も李牧の身に想いを寄せます。 暗殺を目論む郭開 邯鄲では、嘉一派や地下牢から出た賢者が、ことごとく殺害されていました。 反逆者になり得るものを皆殺しにして、静けさが広がるなか指示を出しているのは、もちろん遷の庇護者になった郭開です。 遷一派のやり方は、禍根をのこさぬよう徹底されていました。 しかし、一番肝心ともいえる嘉の首はまだ討ち取れていません。 郭開は嘉の首を取るまで、遷の玉座は安らかになることはないと、みなの気を引き締めにかかります。 李牧が嘉を守りながら逃げていると知る郭開は、人気も実力もある2人は決して野放しにはできないと怒りを顕わにしました。 玉璽(ぎょくじ)は、遷側にあります。 郭開は、邯鄲中の兵を使ってでも嘉と李牧の首を取ってくるよう、血眼で指示を飛ばしました。 逃亡する嘉に迫る追っ手 李牧は、嘉を馬車に乗せて逃走しています。 早々に邯鄲を脱出しなくては、嘉の命はありません。 しばらくの安全を求めて、李牧の知人が治めている法紹(ほうしょう)という小城を目指すことにします。 現状に意気消沈している嘉に対して、なんとか時が来るまで生き延びるよう励ます李牧。 嘉を失ってしまったその時こそ、趙国の希望がなくなるのです。 李牧は最後まで、嘉に尽くす覚悟を見せます。 そこへカイネが慌てて、前方に敵が来たことを知らせます。 相手の兵力は、李牧たちの5倍です。 一点突破を狙い、李牧も馬に乗って戦います。 カイネは李牧に下がるよう気をつかいますが、そんな余裕はないと一蹴。 意図せずに小隊でカイネと馬を並べることになるとは、鴈門(がんもん)以来だと急に思い出話を交える李牧。 カイネは少し戸惑いながら、敵と激しくぶつかります。 邯鄲の脱出に成功 5倍の兵力を相手に、見事一点突破をしてみせた李牧たち。 敵も逃がさぬよう、必死に嘉の乗っている車を狙います。 中にいる逆賊の首を討ち取れと大きく叫び、殺し合う声がハッキリと聞こえた嘉は、両手で顔を抱え込んで絶望感を漂わせていました。 さらに敵の狙いは嘉だけではなく、李牧も標的にしています。 殺せば、一生遊んで暮らせる恩恵が手に入るからです。 カイネは生け捕りにして、玩具にする考えの敵兵たち。 なぜ趙人同士で争わなければならないのか、国のために尽くしてきた李牧へなぜ刃をむけるのか、納得できないカイネは涙を流して怒りながら敵の頭に斬りかかります。 そして嘉一派は、仲間を半分ほど失いながら、やっとの思いで舜水樹(しゅんすいじゅ)と傅抵が押さえる北門から、脱出に成功しました。 光を失った趙国 当然、邯鄲からの追っ手が来ましたが、城外に待機していた馬南慈 ばなんじ の中隊に助けられます。 しかし同じ邯鄲軍も城外で待機しており、数で圧倒されてしまった李牧たちは、馬南慈軍を盾にして逃げることにしました。 そしてようく嘉を連れ法紹に到着し、多くの犠牲を出した逃走劇は一旦、終わりを告げます。 無事に安全な場所へ送り届けることができたため、嘉と李牧はここでお別れです。 怒涛の展開に全員が満身創痍ですが、李牧は馬南慈のところまで戻り、巻き返しを試みるつもりの様子。 舞台が整えば、嘉を迎えに来ると約束し、それまで気を強く持つように告げました。 しかし嘉は、絶望感に打ちひしがれています。 嘉一派は皆殺しにされ、次の王は父も超える暗君になるであろう遷です。 地面に膝をついて泣き崩れながら、趙国は終わったのだと叫びます。 声をかけようとする李牧ですが、愚かな王族であることを李牧へ泣いて謝罪する嘉。 李牧やカイネは、泣き崩れる嘉の様子を生気のない顔で見つめていました。 李牧が初めて弱音を吐く カイネは、テントの中にいる李牧へ状況を報告します。 馬南慈と傅抵の無事が確認できたところで、李牧は明日にしてほしいと制止しました。 カイネを気遣い休むよう言いますが、李牧が休むならと相変わらず強情な様子です。 李牧は鴈門を出て何年経ったかと、カイネへ問いかけます。 逃走し始めてから思い出話をするようになった李牧の様子に、おかしさを感じるカイネ。 李牧は、嘉が王位継承することはないと悟っていました。 こんな時期にこの国や自分たちは、何をしているのかと呆れかえる李牧。 そして李牧はカイネに背をむけたまま、ちょっと疲れましたねと、初めて弱音を吐きます。 カイネは涙があふれ出し、その場に泣き崩れそうになりますが、なんとか堪えてテントを後にしようとします。 すると李牧はカイネの名を呼んで、もう少しだけそこに居てくれないかと声をかけたのです。 カイネは李牧の背中にしがみつき、ずっとそばにいますと何度も告げました。 趙国のすべてを背負ってきた男の背中が空しく感じられたところで、漫画「キングダム」646話は幕を閉じています。 予告文から、次は王翦将軍と扈輒将軍のぶつかり合いとなります。 趙国の不幸は、秦国にとってまたとないチャンスです。 ここから一気に、畳みかけるような戦が始まるのではないでしょうか。 そんな息子の頭を慈しみながらなでている倡后の様子を見る限り、今後の趙国を導いていけるほど、まともな人間はいないと感じさせます。 太子遷はまだ幼い子供なので、政治的な実権は誰が握っていくことになるのでしょうか? 公子嘉や李牧の身など、気がかりの多い 漫画「キングダム」646話を、さっそく考察予想していきましょう! 悼襄王の死因は闇に葬られる? 悼襄王の死因や殺害した犯人がそれとなく描かれるのかと思いきや、まったく判明することなく趙国は混乱の渦に飲まれていました。 腹に一物抱えていると思っていた郭開も自身の立場が危うくなって焦った様子を見せていたので、これまで見せていた気になる表情は何を考えていたのか疑問に思うところです…。 もう1話ほど悼襄王の死について揺らぐ趙国の様子が描かれるのではないかと考えているのですが、このまま死因は明かされることはないのでしょうか? 誰が殺害したのか気になりますが、史実でも描かれていませんし、秦国にとっても悼襄王の死因より新趙王が誰になるのか注目している様子が描かれていたので、このまま死因は明かされることはないかもしれませんね…。 郭開が政治実権を握る? 悼襄王が遺言を残していたので、次期王は先王にも引けを取らぬほど愚かな太子遷となりました。 とはいえ太子遷は、まだ子供です。 政治の回していけるほどの裁量がないのは一目瞭然なので、誰かが代わりに実権を握ることになるでしょう。 となれば、倡后と悪い関係ではなさそうな郭開が、今後も暗躍していきそうです。 郭開はこれまで悼襄王の右腕として働いてきたので、倡后や太子遷の印象としては悪いものではないと考えています。 史実に基づけば、郭開はこれから秦国の賄賂を受け取って李牧を貶めていくので、趙国の宰相として勤めていくのではないでしょうか。 公子嘉や李牧の身はどうなる? 郭開が宰相となれば、身柄を捕らえるように宣言してしまった公子嘉は、明らかに敵視されてしまうと考えます。 反逆の意識があるとして、牢に入れられてしまうかもしれませんね。 さらに太子遷は悼襄王の悪い意思を引き継いでいるように見えるので、せっかく解放された李牧やほかの賢人たちの身も危うくなりそうです。 とはいえ李牧は、のちに戦場へ赴く史実が残っているので、処刑されることはないと考えています。 李牧が登場するのは、鄴攻めから2年後の桓齮(かんき)との戦です。 漫画「キングダム」の経過からしてもまだ先の展開になるので、李牧が再び牢で生活することになっても、おかしくないのではないでしょうか。 三大天は廃止? 趙国はこれまで1人不在の状態で、三大天という大将軍を据えていました。 それが、龐煖(ほうけん)と李牧です。 龐煖はすでに李信に討ち取られていますし、李牧は処罰を受けて解任されそうです。 このままいけば、趙国の三大天は廃止されるのではないでしょうか。 趙国は滅びる? 史実では、滅びの運命を辿ることが決まっている趙国。 その一歩として太子遷が即位することになりましたが、すぐに滅びるわけではありません。 史実によると、鄴攻めから趙の滅亡まで7年かかっており、趙国の前に韓が滅びることになっています。 趙国の滅亡が描かれるのは、まだ先になりそうです。 公子嘉の見せたつかの間の光から、趙国が闇に転落していく様子は、読者の心もえぐるような展開でしたね。 漫画「キングダム」の上げて落とす展開に、胸が締め付けられている読者がいました。 やっと李牧と再会できたカイネの姿は感動的でしたが、趙国の未来を思うと悲しいですね…。 次回は、新王がどんな暗躍を見せてくれるのか、目を覆いながらでも読ませていただきたいと思います! 漫画「キングダム」ネタバレ646話最新確定!まとめ 李牧処刑が間近に迫った中で、王翦(おうせん)は邯鄲(かんたん)攻略の作戦を伝えようとしていましたね。 結果的に悼襄王(とうじょうおう)の死亡によって王翦の作戦は伝えられることはありませんでしたが、李牧も救出されてまた熱い戦いが期待されますね。 趙国軍は嘉や李牧の暗殺に駆り出され、突破は容易かもしれませんね。 以上、漫画「キングダム」ネタバレ646話最新確定情報についての考察予想をお届けしました!.

次の

【キングダム】カイネは史実に存在した?強さや性格を紹介!

キングダム カイネ 李牧

キングダム644話ネタバレが確定しましたので、速報追記します! この記事では漫画『キングダム』のネタバレをすべてまとめています!! 2020年6月18日 木 掲載予定 最新)の『キングダム644話』ネタバレ考察をしていきたいと思います。 また、李牧の救出作戦が失敗し負傷したカイネの涙に、心がキュッと締め付けらるようでした。 その結果、邯鄲では内戦状態となり趙国の終わりも近づいてきたかな?のなか、あの趙王が不敵な笑みを浮かべながら李牧の処刑について語る姿は、なんとも腹立たしいというかなんというか・・・ 今回の644話ネタバレでは• 憔悴する李牧• 息子の嘆願をあざ笑う• 李信たち鄴へ着く• 趙王・悼襄王死す! それでは『キングダム 644話ネタバレ確定速報!あっけない最期!悼襄王死す!』と題してお送りしていきます。 U-NEXTでは 無料お試し期間が30日間と どこよりも長いため「キングダム」を存分に楽しむことができます。 さらに、無料期間中でも600円分のポイントがもらえますので、最新刊であろうが 無料で読むことができるんです! 登録してすぐにポイントがもらえて、さらに漫画の最新刊が無料で読めるサービスはなかなかありません。 安心して無料で漫画が読めるU-NEXTの無料キャンペーンは今だけですので、あなたもぜひこの良さを体感してみてくださいね。 644話は李牧救出を巡る趙国王都・邯鄲を中心に話が進んでいきそうですね。 あの趙王に関しては、舜水樹がんばれ~早くやっつけろ~と応援したくなってきます。 新生・飛信隊の初陣も気になるところですが、 ここからは、史実も絡めながら『キングダム 644話ネタバレ確定考察!いよいよ王都邯鄲へ?』と題して考察していきたいと思います。 もう李牧の処刑まで秒読み状態なのでしょうか? しかし、史実に基づくなら李牧が死ぬのは今ではありません。 史実でも処刑による最後という説が多くありますが、これにしても処刑執行したのは今の趙王・惇襄王ではなく時期趙王とされています。 なので、李牧が救出され処刑を免れるストーリーに期待が持てますね。 しかし、今のところ弱っていく様子もありませんし、李牧をいじめて遊んでいる姿を見るに、これは病気じゃ死なないかもと思わせます。 李牧救出のために起きた邯鄲の内戦状態から、ブチ切れた舜水樹がやっつけてくれる展開も期待できますね。 新生・飛信隊の初陣は「邯鄲」? 将軍となった李信は鄴(ぎょう)に向かいましたね。 蒙恬や王賁も一緒に鄴に行くそうで、三軍合わせて3万5千の大軍勢。 三軍が鄴に向かったということは、ここから李信たちは趙を攻撃することになるんでしょうね。 ですが、今回はその2つの戦いはそこまで描かれず、内戦状態の邯鄲を見て驚くといった場面が描かれそうですね。 郭開が趙を滅ぼす? 李牧の進言を真に受けない郭開(かくかい)という趙の臣下。 郭開は王に気に入られることは上手いのかもしれませんが、状況把握能力に貧弱です。 そのために李牧の進言を軽く扱うことになりますが、王に気に入られるということと判断力は必ずしもイコールではないのかもしれませんね。 今回のカイネを罠にハメたのもこの郭開の作戦だったのでしょう。 大王様の邪魔になるものを1人ずつ消していくような発言からも、なかなかの策略家だと思われます。 そんな豚さんはいつしか自分も権力を求めるようになるのが常ですので、その策略の中に「悼襄王を暗殺し、自分の言いなりの王を君臨させる」ことも考えてもおかしくありません。 悼襄王暗殺の策を練る郭開の姿が描かれるかもしれません。 史実から趙国が滅ぶのも近いことがわかっているので、この郭開の軽率な行動が趙国滅亡への足掛かりとなるのかもしれませんね。 カイネ李牧を見つける? 王騎には摎ちゃんがいて 李牧にはカイネさんがいて こう…一途に想い続ける女性がいる いた ってのはやっぱ強いよなあ 仇としての周囲の確執が二の次になるやつ 秦国にとって李牧は仇だけど カイネさんの為に生きてくれって思っちゃうもん キングダムで初めて思っているよ 史実を無視して欲しいって — KUREO kureo900 罠にはまり、伏兵に奇襲をかけられ大けがを負ったカイネ。 動かないで!と言われても「早く手当てを!東へ・・行かなければ・・」悔し涙を流していました。 それに心打たれた兵によって、肩を借りながら罠かもしれないほかの場所をさらに探し続けることも考えられます。 李牧の周りに見張りの兵がいないとは考えにくいので、すぐさま救出とまではいかなくとも、ついに居場所を探し当てるという展開はアリかもしれませんね。 スポンサードリンク 最新話644話ネタバレ確定速報!! Le chapitre 644 de Kingdom est sorti sur! 🙂 — Scantrad France scantradfrance それでは、キングダム最新話644話のネタバレ確定速報をお伝えしてまいります。 Vraiment, il ne faut pas le perdre. — Ri Shin 李信 Shinzown 牢屋に閉じ込められ、壁にもたれ座っているのがやっとのような李牧。 ひげも髪も伸び、やつれ憔悴しているように見えます。 そこへ郭開がやってきて、明日処刑の処刑が決まったことが告げられます。 そして最後に言い残すことは?と尋ねられた李牧は 「この混乱に乗じて秦国は必ず乗り込んでくる。 最終的に要塞都市の番吾で食い止めてほしい」と防衛戦略を告げ、 「カイネたちに、決して愚かな真似はしないように」と、今にもクーデターを起こそうとしているカイネたちを見透かしているような言葉を残すのでした。 確かに王の耳にお伝えしましょうと、牢を後にした郭開。 全く伝える気はなさそうですが。。。 外に出たところで、意見してきた部下の顔を裏拳でぶん殴り、何か悪いことを企んでいるような、不敵な笑みを浮かべます。 「鄴を失った李から総司令としての職を剥奪することは仕方ないが、彼は趙国の最後の壁となる存在です」と涙を浮かべながら必死に訴えかけます。 しかし、悼襄王は冷たい視線を向けながら聞く気のない様子、、、 スクっと立ち上がった悼襄王は、息子・嘉太子のところへ歩み寄り抱きしめます。 耳を食いちぎられた嘉太子はそれでも訴え続けますが、悼襄王は血が滴る口元に不敵な笑みを浮かべ、家臣に担ぎ出される息子に冷たい視線を送ります。 Kaine et Shunsuiju choquez-nous, sauvez Riboku! 李牧の処刑で王都邯鄲も手薄になるとみた信は、河了貂にも新たな作戦を立てるよう指示を出しているようです。 しかし、信は今が攻め入る絶好の時だと解ってはいても複雑な思いがあるような顔をしています。 以前に「李牧はこの手で・・・」と言っていた信に対し、様子を察したのか蒙恬が「妙な情に流されて、この作戦に水を差さないように」と一括します。 カイネたちも動く 一方、時を同じくして李牧救出に失敗したカイネたち。 舜水樹を中心に「李牧様の処刑されるタイミングに合わせて、広場へ乗り込む」作戦しかないと話し合っています。 しかし、邯鄲にはこちらの50倍の兵が集まるらしい情報が入ります。 その様子を見ていたカイネが立ち上がる。 まだ傷が痛む様子のカイネでしたが、自分も作戦に同行することを泣きながら訴えると、舜水樹は「初めからそのつもりだ」と覚悟を決めたような表情を浮かべます。 舜水樹の作戦は「広場の兵に特攻を仕掛ける班と、李牧様を救出する班の2手に分かれ、同時に遂行する」というものでした。 趙王・悼襄王死す! [SPOIL KINGDOM 644] CHEH SALE FILS DE PUTE! RAFALE TES MORTS!!!! Merci! 一方悼襄王は、いつものようにお気に入りの子どもたちとお風呂タイムを楽しもうとします。 いつものように酒を注がせる悼襄王。 少しむせてしましますが、もう一杯つがせます。 なんだかドロッとした液体が盃につがれましたが、悼襄王は気付かずそのまま飲んでしまいます。 そして大きくむせ、調子が悪いと風呂を上がろうとしたとき、胸を押さえ倒れました。 きっとお酒に毒が入れられていたのでしょう。 そのまま苦しそうにする悼襄王。 まわりの子どもたちは驚いているようですが、誰も助けようとも、助けを呼ぼうともしません。 そのうち悼襄王が激しく苦しみ始め、口やお尻から血を噴出します。 悼襄王の最後を悟ったのでしょうか、ただただ見ていた子どもたちの口元が次第に笑みに変わっていきます。 その様子を見て、自分を本当に慕っている者はいなかった。 自分はひとりだったことを痛感したのか、悔しそうに涙を流しながら息絶えていくのでした。。。 ここで644話は幕を閉じます。 まぁ、大好きな子どもたちに囲まれて逝けたのだから幸せかな? 失笑されてましたけど。。。 何はともあれ、これで李牧が救出されるチャンスができたのかもしれませんね。 それとも悼襄王暗殺の混乱に乗じて、郭開が李牧の処刑を早めるのでしょうか?! 李牧を慕う者たちを減らしていくとも言っていましたし、、、今後の郭開の動きが趙国の今後を左右するかもしれませんね。 いろいろと次回が気になりますが、今回はここで『 キングダム 644話ネタバレ確定速報!悼襄王死す!』はここまでにしたいと思います。 youtube. youtube. youtube. youtube.

次の