グレート ディバ イディング 山脈。 定義 GDR: グレートディバイディング山脈

グレートディバイディング山脈

グレート ディバ イディング 山脈

オーストラリア発見 地理・歴史 -地形- 地理・歴史 -地形- オーストラリアは他の大陸から孤立した古い大陸で、地形や気候などの地理的条件は多様です。 約1億年前までは、南半球にはゴンドワナランドと呼ばれる巨大大陸が存在していましたが、その後しだいにオーストラリア、アフリカ、南アメリカなどの諸大陸に分離し、オーストラリア大陸はゆっくりとアジアの方向に移動していきました。 オーストラリアの地形の形成は数億年前にさかのぼり、独特の自然地理的特徴を見せています。 オーストラリア大陸は次の3つの大地形区に区分されます。 西部台地の岩盤はきわめて古く(30億年以上前のものもある)、5億年以上も前から陸地を形成して、キンバリー、ハマズリー、アーネムランド、イルガーンなどの台地があります。 パース地方の沿岸部の岩盤は比較的年代が新しく、ダーリング山脈の断層崖によって西部台地の他の部分からへだてられています。 ナラボー平原は中新生(約2500万年前)に海底が隆起してできた石灰岩の平地です。 中央低地はカーペンタリア湾から大鑚井(だいさんせい)盆地を経てマレー・ダーリング盆地に至る地域です。 大鑚井盆地は堆積地形で、雨の多い東部高地からの地下水が蓄えられています。 オーストラリア大陸の中央部は平坦ですが、山脈(マクダネル、マスグレーブなど)や個々の山も少なくありません。 とくにウルル(エアーズロック)は最もよく知られています。 この一帯で断層や褶曲(しゅうきょく)は起こったのはきわめて古く、その後長い時間をかけて平坦になり、さらに隆起した後に再び浸食されて今日のような地形が形成されました。 ウルルに関して特筆すべきことは、それが盛り上がってできたのではなく、むしろこの岩山だけを残して周囲が浸食されてしまったことです。 オーストラリアの中央部から東に向かってしだいに高度が高まり、東部高地となります。 東部高地は一連の高原や台地で、オーストラリアの最高峰コジアスコ山(2228m)のある高原もこの東部高地に含まれています。 東部高地の中央部を縦に走る山地の連なりはグレートディバイディング山脈と呼ばれ、クィーンズランド州のケアンズからビクトリア州のバララット周辺まで南北に伸びています。 オーストラリアの総面積は768万2000km 2で、国土面積としては世界第6番目です。 グレートディバイディング山脈の西側は乾燥地帯で、最も標高が低く平坦な大地が広がっています。 ここにはオーストラリア最大の河川系統マレー・ダーリングがあり、農産物や家畜に水を供給しています。 さらに西へ進むと大地は一段と乾燥の度合いを増し、この地帯にあるオーストラリア最大の湖、エーア湖に注ぎ込む水量はあまり多くありません。 大陸中心部一帯は、ウルル(エアーズロック)をはじめ壮観な大小の峡谷や岩石群が点在しますが、その赤く染まった岩肌による景観から「レッドセンター」の名でよく知られています。 一枚岩としては世界最大のウルルは約5億年前に地面が持ち上げられてできた広大な高地が、長い間に浸食されて残ったもので、その高さは350m、周囲は9. 4kmに及びます。

次の

NSWの田舎町、マッジーへの逃避行

グレート ディバ イディング 山脈

オーストラリア発見 地理・歴史 -地形- 地理・歴史 -地形- オーストラリアは他の大陸から孤立した古い大陸で、地形や気候などの地理的条件は多様です。 約1億年前までは、南半球にはゴンドワナランドと呼ばれる巨大大陸が存在していましたが、その後しだいにオーストラリア、アフリカ、南アメリカなどの諸大陸に分離し、オーストラリア大陸はゆっくりとアジアの方向に移動していきました。 オーストラリアの地形の形成は数億年前にさかのぼり、独特の自然地理的特徴を見せています。 オーストラリア大陸は次の3つの大地形区に区分されます。 西部台地の岩盤はきわめて古く(30億年以上前のものもある)、5億年以上も前から陸地を形成して、キンバリー、ハマズリー、アーネムランド、イルガーンなどの台地があります。 パース地方の沿岸部の岩盤は比較的年代が新しく、ダーリング山脈の断層崖によって西部台地の他の部分からへだてられています。 ナラボー平原は中新生(約2500万年前)に海底が隆起してできた石灰岩の平地です。 中央低地はカーペンタリア湾から大鑚井(だいさんせい)盆地を経てマレー・ダーリング盆地に至る地域です。 大鑚井盆地は堆積地形で、雨の多い東部高地からの地下水が蓄えられています。 オーストラリア大陸の中央部は平坦ですが、山脈(マクダネル、マスグレーブなど)や個々の山も少なくありません。 とくにウルル(エアーズロック)は最もよく知られています。 この一帯で断層や褶曲(しゅうきょく)は起こったのはきわめて古く、その後長い時間をかけて平坦になり、さらに隆起した後に再び浸食されて今日のような地形が形成されました。 ウルルに関して特筆すべきことは、それが盛り上がってできたのではなく、むしろこの岩山だけを残して周囲が浸食されてしまったことです。 オーストラリアの中央部から東に向かってしだいに高度が高まり、東部高地となります。 東部高地は一連の高原や台地で、オーストラリアの最高峰コジアスコ山(2228m)のある高原もこの東部高地に含まれています。 東部高地の中央部を縦に走る山地の連なりはグレートディバイディング山脈と呼ばれ、クィーンズランド州のケアンズからビクトリア州のバララット周辺まで南北に伸びています。 オーストラリアの総面積は768万2000km 2で、国土面積としては世界第6番目です。 グレートディバイディング山脈の西側は乾燥地帯で、最も標高が低く平坦な大地が広がっています。 ここにはオーストラリア最大の河川系統マレー・ダーリングがあり、農産物や家畜に水を供給しています。 さらに西へ進むと大地は一段と乾燥の度合いを増し、この地帯にあるオーストラリア最大の湖、エーア湖に注ぎ込む水量はあまり多くありません。 大陸中心部一帯は、ウルル(エアーズロック)をはじめ壮観な大小の峡谷や岩石群が点在しますが、その赤く染まった岩肌による景観から「レッドセンター」の名でよく知られています。 一枚岩としては世界最大のウルルは約5億年前に地面が持ち上げられてできた広大な高地が、長い間に浸食されて残ったもので、その高さは350m、周囲は9. 4kmに及びます。

次の

NSWの田舎町、マッジーへの逃避行

グレート ディバ イディング 山脈

45南緯148. 45; 148. 266667座標 長さは3500キロメートル(2,175マイル)、南北 グレートディバイディング山脈や、東ハイランド、オーストラリアの最も実質的な山の範囲と4番目の世界最長です。 範囲の最後には、中央平原には退色する前に以上の 3500キロクイーンズランド州の北東部に密告するDauan島から(2,175マイル)、西、ビクトリアにニューサウスウェールズ州で東部の海岸線は、その後の全体の長さと回転を実行して、ストレッチ西部のビクトリア州でのグランピアンズ。 の範囲の幅は約160キロから300キロ以上に異なります。 [1] シャープは沿岸の低地や東部の高地の間に、オーストラリアの気候は、主に地形性降雨のために、最高の救援、これらの分野に影響して上昇する印象的な峡谷の国を明らかにした[2]。 1鉄道 図書館4. 2道路交通 図書館4. これは山脈、台地、高地や崖の複合体の古代と、複雑な地質学的歴史で構成されます。 陸の地形区分名は、東オーストラリア山脈と呼ばれます。 の範囲の堤流域や河川の流域の間に境界線によって直接東は太平洋に流出し、それらの河川には、マレーには、ドレイン西へダーリング川システムに定義されます。 北部では、カーペンタリア湾に向かって範囲ドレインの西側にある川。 これは、"範囲"をより高く、より頑丈な部品は、必ずしも範囲の家紋の一部を形成しないが、注意しなければならないの支店や姉妹、そこから可能性があります。 この法律において"グレートディバイディング山脈"具体的には範囲の流域稜するか、すべての丘や山々はオーストラリアの東海岸と中央平原や低地の間を含む全体の高地複雑を参照することがあります。 主な範囲とは、範囲の複合体の一部を形成する他の機能を独自の特徴的な名前がある。 [編集]歴史 範囲はもともとオーストラリアの先住民族の本拠地だった。 証拠が飾られ、洞窟、キャンプ場や歩道部と内陸部の沿岸地域間を移動するために使用でその職業のいくつかの場所に残ります。 1788年にヨーロッパ人の入植後、範囲は、英国の入植者の探査や決済に障害された。 ただし、高されない場合、高地の部分は非常に頑丈された。 1813年に、使用可能なルートを最後に直接西方シドニーブルー山脈を越えバサーストにグレゴリーBlaxlandは、ウィリアムローソン、ウィリアムチャールズウェントワース含まれてパーティから発見されました。 (都市ブルーマウンテンの後のそれぞれの男性にちなんで命名された。 )この内陸部のニューサウスウェールズ州の農業地域の発展のスタートとなった。 内陸部のニューサウスウェールズ州の操作が簡単ルートゴールバーンに向かって南西に発見され、ニューカッスルから西。 後続の探検を越えてアランカニンガム、ジョンオクスリー、ハミルトン、ヒュームルートヴィヒシドニー市内中心部、トーマスミッチェルの範囲の周りを行いました。 これらの探検家は主に良い農地を見つけると憂慮した。 後半に1830年代の最も肥沃な放牧地山の範囲に隣接することを検討されていたいくつかの定住した。 これらは、ギプスランドの南にリベリナ地域最大のリバプールプレーンズとダーリングダウンズの北側に含まれる。 ただし、多くの分野は、この日に、リモートのまま様々な道路や鉄道路線、その後の範囲の多くの部品を介して確立された。 たとえば、東部のビクトリア州では1つだけの主要道路の南から北の高地に交差されます。 キングスハイウェイブレードウッドと Bungendore、ニューサウスウェールズ州との間でグレートディバイディング山脈記号.

次の