おかえり も ね キャスト。 おかえりモネのキャスト・相関図!ヒロイン永浦百音役の清原果耶に注目!

【おかえりモネ】のキャストやあらすじは?モデルは実在するのかも調査!

おかえり も ね キャスト

2002年1月30日生まれ、大阪府 出身です!Perfumeに憧れて幼少期から歌とダンスのスクールに通います。 2014年、母親がアミューズの新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」に好奇心で応募したのがきっかけ!最終審査会で3万2214人の中からグランプリおよびポイント賞を受賞し、事務所へ所属しました。 2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。 大学受験にことごとく失敗し、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に身を寄せたのです。 将来を模索する百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめます。 そんな百音に、転機が・・・東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのです。 彼と一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受けました。 「自分も未来を知ることができたら」。 そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強をはじめますが、試験の合格率は5%!! 勉強が苦手な百音はなかなか合格できず、くじけそうになりますが、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破。 百音は上京し、民間の気象予報会社で働きはじめます。 そこで、この仕事がどれだけ多岐に渡るのか知りました。 日々の天気や防災はもちろん、漁業・農業・小売業・インフラ・スポーツ・さまざまな事情を抱えた個人…天候次第で人の人生が大きく左右されることを痛感した百音は、個性的な先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、成長していきます。 ……数年後の2019年。 予報士として一人前となった百音は、大型台風が全国の町を直撃するのを目の当たりにします。 これまでに得た知識と技術をいかし、何とか故郷の役に立てないかと思った彼女は、家族や友人が待つ気仙沼へと向かう決意をしました。 「おかえりモネ」実在人物はいる? 実在モデルについて調べましたが、ハッキリとした人物がまだ判明しませんでした!しかし、何となく似ている人物がいました! 実在モデルは宮崎由衣子さん?! — 2019年 5月月17日午前12時48分PDT 1984年12月30日生まれ、長崎県長崎市 出身です!実家が営む病院を継ぐために医学部進学を目指して4浪しますが、合格できませんでした。 そこで、希望していた音楽大学に志望を切り替え、昭和音楽大学へ進学。 コンサートの企画運営などを学び、自身の声で情報を届ける仕事に興味を持つようになりました。 大学4年次からは、日本ナレーション演技研究所でナレーションを学びます!そして、在籍中に起きた東日本大震災を契機として、防災情報を伝え人の命を救いたいと思うようになり、気象予報士試験へ向けた勉強を始めました。 5回目で合格し、2014年3月に気象予報士登録を受けています。 ただ、宮崎由衣子さんは長崎出身なんだよね・・・。 「おかえりモネ」は安達奈緒子さんの脚本による、オリジナル作品です。 しかし、参考にした人物は存在すると思うので詳しい情報が分かり次第追記します! 脚本:安達奈緒子さんについて! 子どもの頃から物語を作ることに興味を持ち、早稲田大学で演劇研究会に所属していました。 卒業後は、ドラマ脚本を学ぶために日本脚本家連盟ライターズスクールに進み、68期を修了。 その後、海外ドキュメンタリー番組の日本語字幕やナレーションを制作する会社で台本作りに従事しながらコンクールに応募し、2003年に『僕らの未来に子供たちはイエスと言うか』で第15回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞しました。 2004年、フジテレビのスペシャルドラマ『冬空に月は輝く』の脚本でデビューしています。

次の

おかえり (映画)

おかえり も ね キャスト

解説 「猫が行方不明」「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ監督が、フランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台にした人間模様を描いたドラマ。 フランス・ブルゴーニュ地方のワイン生産者=ドメーヌの家の長男として生まれ育ったジャンは、世界を旅するため故郷を飛び出したが、父親が末期の状態であることを知り、10年ぶりに故郷ブルゴーニュへ戻ってくる。 家業を継ぎ、ワイン作りに励む妹のジュリエット、そして別のドメーヌの婿養子となった弟のジェレミーと兄弟3人の久しぶりの再会を果たすが、間もなく父親が亡くなってしまう。 残された葡萄畑や相続などさまざまな課題に直面する中、父親が亡くなってから最初の葡萄の収穫時期を迎え、兄弟たちは自分たちなりのワインを作るため協力し合う。 その一方で、長男は離婚問題、長女は醸造家としての方向性、次男は義父問題と、それぞれが打ち明けづらい悩みや問題を抱えていた。 2017年製作/113分/PG12/フランス 原題:Ce qui nous lie 配給:キノフィルムズ スタッフ・キャスト かつて映画とワインは似ていると教えられたことがある。 映画は物語の中で時を重ね、独特の渋みや重み、その背後にある仄かな隠し味や香りを帯びながら、人と人との関係性を丹念に熟成させていくもの。 その工程が一つでもうまくいかないと、味わいにまとまりがなくなり、満足できるクオリティとは程遠いものとなる。 クラピッシュの待望の新作は、ワイン造りと映画造りがまさに絶妙に同期していくかのよう。 丹念に手間暇かけた仕込み、そして深みのある味わいがなんとも胸を打つ。 三人の兄妹を隔てた長きにわたる歳月。 そして父の死をきっかけに彼らが一心同体となって進めていくワイン造り。 幼い頃の記憶が随所に蘇り、このワイン一杯に様々な時間の流れが込められていることに思わず溜息がこぼれてやまない。 何かそれほど劇的な展開が待ち構えているわけではないにしろ、めぐりめぐる季節の中で、人もまた成長し、じっくりと成長を遂げていく様を堪能した。 伝統的なブルゴーニュワイン製法に拘る一家の物語。 父親に小さい頃から長男として厳しく育てられてきたジャンは10年以上前に、故郷を離れ今ではオーストラリアでワイン農家になっている。 次男のジェレミーは近隣の裕福なワイン農家の娘と結婚して、マスオさん状態。 父が亡くなり、家業は長女(だが、末っ子)のジュリエットが継ぐが遺産問題のため、ジャンが10数年ぶりに帰国する所から物語は始まる。 序盤は、葡萄の収穫風景と美しいブルゴーニュの丘陵の緑に覆われた風景に魅入られる。 だが、ジュリエットは葡萄を収穫するために雇った大勢の人々を上手く統制することが出来ない。 ジャンはオーストラリアに残してきた妻、アリシアとの関係が上手く行っていないようだ。 ジェレミーも義理の両親との関係に馴染めずにいる、という状況が葡萄収穫の風景と共に描き出される。 それにしても、ブルゴーニュワインを作るのは実に手間がかかる事をこの作品から学んだ。 (知識として、知っていた積りだが・・) 特に彼らのワイナリーはビオディアミ農法で葡萄を育てているから、更に手がかかる。 が、それに拘ってきたのは、彼らの父である。 夫々の悩みを、兄妹3人でお互いを思い遣りながら、乗り越えていく姿が素敵だ。 特に、兄夫婦の状況を心配してアリシアに兄に内緒で電話するジュリエットの姿や、高圧的な義理の父への不満を爆発させるジェレミーの姿など。 そして、オーストラリアから息子ベンを連れて、アリシアがやって来る。 気を遣う、ジュリエットとジェレミー。 時間をかけて、ジョンとアリシアの関係性が好転していく様も、自然に描かれている。 ジュリエットも2年目の収穫時には、見事に作業者たちとコミュニケーションを取り、指示を出す。 ジャンが亡き父の自分への想いを確認することが出来、決断を下すプロセスが亡き父の姿を効果的に挿入しながら、説得力ある形で見ている側に伝えられる。 又、ワインをつくる風景(葡萄摘み、労働者たちの疲れを癒すための酒宴、足で葡萄を潰す作業など)は優れたドキュメンタリーを観ているようである。 > <2019年11月18日 劇場にて鑑賞>• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

おかえりモネ キャスト・出演者一覧リスト ロケ地情報も【NHK朝ドラ】

おかえり も ね キャスト

脚本は、安達奈緒子さん。 舞台は宮城県気仙沼市・登米市。 今を生きるすべての人に捧げたい、現代ドラマです。 宮城県気仙沼市の島でのびのびと育った百音ですが、大学受験の失敗や将来の悩みを抱え、親元を離れひとり宮城県登米市で暮らします。 ひょんなことから「東京からきたお天気キャスター」と行動をともにする中で、「天気予報は未来を予測できる世界」という言葉に感動し、気象予報士の世界へ足を踏み入れます。 島育ちの純朴な少女を演じるのは、朝ドラ『なつぞら』で広瀬すず演じる奥原なつの妹・奥原千遥に抜擢された清原果耶さんです。 愛される事を知らずに育った奥原千遥の複雑な心情を、見事に演じ切り話題となった清原果耶さんが、満を持してヒロインとして登場します。 和美人で涼しげな表情が印象的な清原果耶さんが魅せる永浦百音が今から楽しみです! 【清原果耶の出演作品】• 朝ドラ『あさが来た』ふゆ・ナツ役• 朝ドラ『なつぞら』奥原千遥役• NHK大河ファンタジー『精霊の守り人』幼少期のバルサ役• ドラマ『セトウツミ』ヒロイン・樫村一期役• ドラマ『透明なゆりかご』主演・青田アオイ役• 映画『3月のライオン』ヒロイン・川本ひなた役• 映画『ちはやふる-結び-』我妻伊織役• 映画『まともじゃないのは君も一緒』主演・秋本香住役 ヒロイン百音のお相手・恋人役は誰?モデルと年齢設定 ヒロイン役が清原果耶さんに決定した今、次に気になるのはお相手の恋人役は誰になるのかですよね! 2020年6月2日現在、公式サイトでもお相手の情報は出ていませんので、勝手に予想しちゃいます! 竜星涼(りゅうせいりょう) 生年月日 1993年3月24日 年齢 27歳 【竜星涼の出演作品】• 朝ドラ『ひよっこ』綿引正義 役• ドラマ『アンナチュラル』木林南雲 役• ドラマ『激レアさんを連れてきた。 』岡野雅行 役• ドラマ『昭和元禄落語心中』有楽亭与太郎 役• ドラマ『メゾン・ド・ポリス』瀬川草介 役• ドラマ『同期のサクラ』清水菊夫 役• ドラマ『テセウスの船』長谷川翼 役 竜星涼さんって朝ドラ風イケメンだと思いませんか? イケメンだけどちょっと緊張し過ぎない感じが、朝ドラヒロインのお相手役としては最適だと思います! 間宮祥太朗(まみやしょうたろう) 生年月日 1993年6月11日 年齢 26歳 【間宮祥太朗の出演作品】• 朝ドラ『半分、青い。 』森山涼次 役• NHK大河ドラマ『麒麟がくる』明智左馬助 役• ドラマ『花ざかりの君たちへ』淡路圭介 役• ドラマ『ニーチェ先生』仁井智慧(ニーチェ先生) 役• ドラマ『BG~身辺警護人~』沢口正太郎 役• 映画『帝一の國』氷室ローランド 役• 映画『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』鰐戸三蔵 役 間宮祥太朗さんはイケメンなににどこか三枚目な雰囲気もある俳優さんですよね。 花王「アッタックZERO」のCMの印象が強いのかもしれませんが笑 ドラマ『素敵な選択TAXI』の第2話では、恋人を守る姿が超絶イケメンでしたので、こちらも是非見て欲しいです! 朝ドラや大河ドラマへの出演経験もあり、ヒロインのお相手役を務める時期が来たのではないでしょうか? 中川大志(なかがわたいし) 生年月日 2018年12月28日 年齢 21歳 【中川大志の出演作品】• NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国』『平清盛』『真田丸』• 朝ドラ『おひさま』須藤春樹(幼少時代) 役• 朝ドラ『なつぞら』坂場一久 役• ドラマ『GTO』吉川昇 役• ドラマ『監獄学園-プリズンスクール-』キヨシ 役• ドラマ『南くんの恋人~my little lover』南瞬一 役• ドラマ『賭ケグルイ』豆生田楓 役• ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』馳天馬 役• ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』藤枝修二 役• ドラマ『G線上のあなたと私』加瀬理人 役 中川大志さんはまだ21歳でありながら、大河ドラマや朝ドラに数多く出演しています。 朝ドラ『なつぞら』では、ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)のお相手役・坂場一久を演じていますから、『おかえりモネ』の相手役はどうかなぁという気もしますが、もし中川大志さんに決定したら、視聴率がヤバイことになりそうですね! 20代の若手俳優は菅田将暉さんなど非常に層が厚いので、誰がヒロインのお相手役になってもおかしくないんですよね。 いったい誰がその座を射止めるのか、非常に楽しみです! 父親役は誰?モデルと年齢設定 ヒロイン・永浦百音の父親役は2020年6月1日時点で未発表です。 ヒロインのモデルが折坂章子さんであれば、父親のモデルも折坂章子さんの父親ということになりますが、ドラマの設定では「銀行員」ということになっています。 過去の朝ドラ主人公の父親役をまとめてみます。 朝ドラ『スカーレット』北村一輝(当時49才)• 朝ドラ『なつぞら』藤木直人(当時46才)• 朝ドラ『半分、青い。 』滝藤賢一(当時41才)• 朝ドラ『わろてんか』遠藤憲一(当時55才)• 朝ドラ『ひよっこ』沢村一樹(当時49才) ヒロインが子役時代から父親役は変わらないので、30代くらいの俳優さんが演じているのかと思ったのですが、平均48歳という結果になりました。 意外と年齢が高い俳優さんが父親を演じていたんですね。 この世代で、朝ドラ『おかえりモネ』の父親役を勝手に予想してみました! 上川隆也(かみかわたかや) 生年月日 1965年5月7日 年齢 55歳 【上川隆也の出演作品】• NHK大河ドラマ『毛利元就』『功名が辻』『龍馬伝』『平清盛』• 朝ドラ『ひまわり』星野雄治 役• ドラマ『エンジェルハート』冴羽獠 役• ドラマ『BG~身辺警護人~』村田五郎 役• ドラマ『竜馬がゆく』坂本龍馬 役• ドラマ『ノーサイド・ゲーム』滝川桂一郎 役• ドラマ『執事 西園寺の名推理』西園寺一 役 上川隆也さんは優しく真面目なイメージがあり、朝ドラ『ひまわり』にも出演していたことから、百音の父親役も似合うと思うんですよね。 独特な声と話し方が病みつきになりそうな予感! 豊川悦司(とよかわえつし) 生年月日 1962年3月18日 年齢 58歳 【豊川悦司の出演作品】• NHK大河ドラマ『太平記』『炎立つ』『江~姫たちの戦国~』• 朝ドラ『半分、青い。 』秋風羽織 役• ドラマ『愛していると言ってくれ』榊晃次 役• ドラマ『青い鳥』柴田理森 役• 映画『フラガール』谷川洋二朗 役• 映画『愛の流刑地』村尾菊治 役• 映画『プラチナデータ』浅間玲司 役• 映画『ラストレター』阿藤 役 昔から豊川悦司さんを知るファンにとっては、常盤貴子さんと共演したドラマ『愛していると言ってくれ』の榊晃次役の印象が未だに強いのではないでしょうか? 手話でのやり取りをする姿やダブッとした麻のシャツにサンダル姿が目に焼き付いています。 朝ドラ『おかえりモネ』のヒロインを演じる清原果耶さんと豊川悦司さんって、切れ長の目とクールな感じが似ているので、親子役にピッタリでは? 椎名桔平(しいなきっぺい) 生年月日 1964年7月14日 年齢 55歳 【椎名桔平の出演作品】• 朝ドラ『春よ、来い』百瀬竜太 役• ドラマ『永遠の仔』有沢梁平 役• ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』橘啓輔 役• ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』郡司真人 役• ドラマ『白い巨塔』船尾徹 役• ドラマ『トップナイフ』黒岩健吾 役• 映画『64-ロクヨン-』辻内 役 個人的に椎名桔平さんの声がすごく好きなのですが、イケメンなだけでなく3枚目もこなせて、幅広い演技が魅力の俳優さんです。 井浦新(いうらあらた) 生年月日 1974年9月15日 年齢 45歳 【井浦新の出演作品】• NHK大河ドラマ『平清盛』崇徳上皇 役• 朝ドラ『なつぞら』仲努 役• ドラマ『リッチマン、プアウーマン』朝比奈恒介 役• ドラマ『探偵の探偵』須磨康臣 役• ドラマ『アンナチュラル』中堂系 役• ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』才門要 役• 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』 個人的には、ドラマ『リッチマン、プアウーマン』で小栗旬さんと共演していた時の印象が強い井浦新さんですが、朝ドラ『なつぞら』の仲さんの様に、やさしくヒロインを見守る役ははまり役な気がしています。 ヒロイン・永浦百音の父親のモデルは定かではありませんが、年齢設定は25歳の百音に対して、50歳前後になると予想しています。 『おかえりモネ』あらすじ 宮城県気仙沼湾沖の自然豊かな島で、両親・祖父・妹と暮らしていた永浦百音(ももね)。 2014年春、高校卒業と同時に気仙沼を離れ、ひとり内陸の登米市へ移り住むことに。 大学受験にことごとく失敗、祖父の知り合いで登米の山主である、名物おばあさんの元に身を寄せたのだ。 将来を模索する百音は新天地で、林業や山林ガイドの見習いの仕事をはじめる。 そんな百音に、ある日転機が訪れる。 東京から、お天気キャスターとして人気の気象予報士がやって来たのだ。 彼と一緒に山を歩く中で、「天気予報は未来を予測できる世界」と教えられ、深く感銘を受ける百音。 「自分も未来を知ることができたら」。 そして一念発起、気象予報士の資格を取ろうと猛勉強をはじめるが、試験の合格率は5%。 勉強が苦手な彼女はなかなか合格できず、くじけそうになるが、登米で地域医療に携わる若手医師や地元の人たちに支えられ、ついに難関を突破する。 上京し、民間の気象予報会社で働きはじめた百音は、この仕事が実に多岐に渡ることを知る。 日々の天気や防災はもちろん、漁業、農業、小売業、インフラ、スポーツ、さまざまな事情を抱えた個人…天候次第で人の人生が大きく左右されることを痛感した彼女は、個性的な先輩や同僚に鍛えられながら、失敗と成功を繰り返し、成長してゆく。 ……数年後の2019年。 予報士として一人前となった百音は、大型台風が全国の町を直撃するのを目の当たりにする。 脚本家の安達奈緒子さんは、清原果耶さん主演ドラマ『透明なゆりかご』の脚本も担当していることから、清原果耶さんの良さを引き出すような脚本を描くのではないでしょうか? 安達奈緒子コメント 朝ですし、やさしくて温かい物語を作りたいと思っています。 けれど舞台となる土地は、やさしさだけではどうすることもできない痛みを抱えていて、訪問者であるわたしがそれを真に理解することはできません。 他者の痛みは肉親でも友人でも恋人同士でも共有することはできない。 そんな現実をつきつけられたとき、「わからないから怖い」という言葉を聞きました。 自分の理解を超える現象、数秒後に変わってしまう未来、怖いです。 ですが人間は不器用ながら「わからないもの」とずっと向き合ってきて、その最たるものが『自然』だろうと考えたとき、描くべき物語が見えたように思いました。 気象予報はこの『自然』という完全掌握が不可能なものと向き合う仕事です。 コツコツと観測を続けデータを蓄積し、考え、最後は自分の身体でも感じることで、不確実な自然との共存の道を探ります。 誰かの痛みもそういうものではないかと考えました。 わからないことは怖い、けれど「あなたをわかりたい」と思い、努力し続けてさえいれば、わたしたちは笑顔を交わし共に生きていけるのではないか。 若い主人公と、その存在に芯の強さとしなやかさを感じる清原果耶さんに、願いを託します。 引用: 安達奈緒子(あだちなおこ) 出身地 神奈川県 出身大学 早稲田大学 【経歴・略歴】 1995年 日本脚本家連盟ライターズスクール 脚本68期修了 2002年 第15回フジテレビヤングシナリオ賞受賞 2004年 ドラマ「冬空に月は輝く」を脚本 安達奈緒子の脚本作品• ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』2011年• ドラマ『リッチマン、プアウーマン』2012年• ドラマ『Oh, My Dad!! 』2013年• ドラマ『失恋ショコラティエ』2014年• ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』2017年• ドラマ『透明なゆりかご』2018年• ドラマ『きのう何食べた?』2019年• ドラマ『サギデカ』2019年• ドラマ『G線上のあなたと私』2019年• ドラマ『おかえりモネ』2021年 地上波の連続ドラマを始めて脚本した『大切なことはすべて君が教えてくれた』では、1話毎に10人の脚本家に脚本が発注され、毎話ベストな脚本を採用する形が取られていたが、安達奈緒子さんの脚本が毎回すばらしく、全話の脚本を安達奈緒子さんが勝ち取る結果になりました。 並みいる脚本家を押しのけて月9デビューを果たした安達奈緒子さんの評価は業界でも急上昇中です! 朝ドラ『おかえりモネ』での脚本も期待大ですね!.

次の