心臓ドック 東京。 心臓ドック

心臓画像クリニック飯田橋 MRI/CT/エコーによる心臓ドック、脳ドックほか各種検診を行う循環器内科|CVIC

心臓ドック 東京

心臓ドックとは、心臓病(心疾患)リスクを調べる検査コースの総称です。 心臓病は、がん・脳血管疾患とならぶ三大死因といわれており、また、心臓病には、心筋梗塞・狭心症・弁膜症・危険な不整脈などがあります。 とくに急性心筋梗塞は、突発的に発症して数時間以内に死亡するケースもめずらしくありません。 そのため、心臓病の予兆である動脈硬化の段階でリスクを見つけ、できる限り早期に対策をとることが大切とされています。 この心臓病リスクの発見が心臓ドックの大きな役割です。 心電図検査を基本として、血液検査(トロポニン、BNPなど)や心臓CT検査(冠動脈の動脈硬化の進行度などをチェック)、心臓超音波検査(心エコー)、頸動脈超音波(エコー)検査(全身の動脈硬化をチェック)などが実施されます。 受診費用 心臓ドックにかかる費用はおよそ1万~20万円 心臓ドックの料金は一律ではなく、受診する医療機関によって異なります。 なぜなら、検査項目の内容によってかかる費用が異なるからです。 実施される項目が多くなれば、料金も高くなります。 医療機関によって設定している検査項目が異なるため、1万~5万円と料金に幅はありますが、この間で標準的な検査を受けることができます。 また、複数の検査で詳細に心臓リスクを調べたいという場合は20万円を超えるようなケースもあります。 心臓ドックは基本的に保険適用外 心臓ドックは原則として症状がない方が心疾患の有無やリスクについて調べるものですので保険適用外になります。 「胸痛を認める」「不整脈がある」などの理由で医師にかかりたい場合には保険医療機関を受診しましょう。 その場合は、ドックのような総合コースとして検査を受けるのではなく、必要な検査から順に受けることになります。 また検査費用には健康保険が適用され、支払い金額の1割から3割を受診者が負担します。 一方、健康診断などの病気予防の目的で心臓ドックを受診する場合は、心疾患の既往に有無にかかわらず保険適用外のため、全額が自己負担になります。 加入している健康保険組合によって補助金利用も 加入している健康保険組合によっては、心臓ドック受診のための補助金制度が設けられていることがあります。 補助が受けられる対象年齢、受診回数、補助金額の上限など、各条件は加入している健康保険組合によって異なるので、制度があるかどうかは加入組合に問い合わせてみてください。 受診してからでは、補助金申請ができないケースも多いので、心臓ドックの受診を検討している人は必ず、受診前に条件や申請方法を確認しておくことがポイントです。 検査の必要性 心不全のサインを見つけたら、心臓ドックを受診しよう がんに次いで、日本人の死因の第2位でもある心疾患は、心臓本来のポンプ機能が低下し、血液を十分に循環させることができなくなった「状態」を指します。 そして、この状態によってもたらされる症状は、さまざまです。 あらゆる心臓病が行きつく最終的な状態である心不全を予防するためには、心筋梗塞や狭心症のリスク、さらには動脈硬化の状況を定期的にチェックすることが重要です。 また、心臓に負担をかける肥満に注意する、減塩や動物性脂肪の摂取を減らし、タバコや過度の飲酒を控えて適度な運動をするなど、普段の生活から気をつけることも心不全の予防法の一つです。 もし、家族にそういったリスクを抱えている人がいるのなら、たとえ今は深刻な健康問題がなくても、改善をすすめるのが家族の一員としての愛情かもしれません。 すでに疲労感や息切れを感じている(あるいはそう見える)のであれば、「年のせいだ」と簡単に見過ごさずに、なるべく早く心臓ドックを受診して、予防に努めてください。 心臓ドックと人間ドックの違い 心臓ドックで調べる対象疾患には、(1)虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)、(2)高血圧性心疾患、(3)心筋疾患(肥大型心筋症や拡張型心筋症など)、(4)心臓弁膜症、(5)不整脈やその原因となる心電図異常(Brugada症候群など)などがあります。 通常の人間ドックでは安静時の心電図検査を調べる程度なので、これらの心疾患を見つけることは困難です。 心疾患スクリーニングのためには「がん」や生活習慣病の発見を主目的とした、通常の人間ドックとは別に心臓ドックを受ける必要があります。 身体測定(身体計測) 身長・体重・BMI・腹囲測定を行います。 血圧測定(血圧脈波検査) 最高、最低血圧を測定します。 胸部エコー検査(心臓エコー/心エコー/心臓超音波検査) 超音波を使って、心臓の内部構造・機能・心臓の動き・弁の状態や血流に異常がないかを検査します。 頚動脈エコー検査(頚動脈超音波検査) 全身の動脈硬化の指標となる検査で、将来の心筋梗塞の危険性を予測します。 胸部X線検査(胸部レントゲン検査) 心肥大・心拡大・心奇形・胸部大動脈瘤などが分かります。 心電図 安静時・負荷時・24時間の状況に応じて不整脈や心筋虚血があるかを調べます。 冠動脈CT検査(心臓CT) 狭心症や心筋梗塞の原因は、心臓に血液を送る冠動脈の動脈硬化です。 CT画像として冠動脈を直接確認することで、発症の危険性を評価します。 冠動脈CTは造影剤を投与して検査精度を高め検査を行います。 造影剤も改良がくわえられ副作用(吐き気やじんましんなど)が減少してきました。 アレルギー体質・腎機能障害がある・過去に造影剤で体調が悪くなった人は検査前に医師に伝えましょう。 息を吸ったり止めたりしながら検査を進めるため、最初に練習があります。 息を止める時間は毎回10~15秒ほどで、全部で約20分で終了します。 検査後は30分ほど安静を保ち、とくに問題がなければ終了です。 血液検査 肝機能、腎機能、脂質、糖代謝、貧血の有無などを調べます。 BNP 血液検査で血中のBNPの値を調べることにより心不全の程度を診断することができます。 動脈硬化検査 血管の硬さや詰まりの程度を調べます。 予約〜検査 平日の受診が難しい場合「土日祝日でも検査ができる」 平日は会社勤めをしている人が大半である事実を踏まえると、平日に病院に行き、一定の検査時間を確保することは難しいでしょう。 そのような場合は、大半の人が休日にあたると思われる土曜日や日曜日、祝日に検査を受け付けている医療機関を選ぶことをおすすめします。 とはいえ、心臓エコー検査と心電図(安静時)が中心のコースでも、受付から検査終了まで1~3時間程度の時間がかかるため、たとえ休日であっても都合がつきやすい日を選択してください。 調べてほしい特定の部位や、心臓以外も調べてほしい場合「オプション検査がある」 特定の部位や心臓以外の部位も調べる場合は、オプション検査を追加できる、もしくは、検査コースに人間ドックや脳ドックなど、心臓ドック以外の検査が可能な医療機関を選びましょう。 オプション検査を追加することで他の疾患リスクを調べることができます。 女性で、男性の目が気になる場合「女性専用エリアがある」 医療機関によっては、女性と男性が同じ待合室で待機する場合もあります。 また、受ける検査によっては下着を着用せずに検査着に着替えることもあるため、男性の目が気になる女性もいるでしょう。 そのようなときは、「女性専用フロア」を設置している受診施設を選ぶようにしてください。 女性が受診しやすい施設づくりに取り組んでいたり、男女で検査を分けていたりする医療機関も存在します。

次の

心臓ドック|人間ドック・検診・三大疾病予防は東京国際クリニック

心臓ドック 東京

アメリカ大統領でも発見できなかった心臓病 アメリカのクリントン元大統領は、任期終了3年後の2004年、心臓バイパス手術を受けなければならないほど心臓病が進行していました。 大統領として8年間の激務を勤めながらも、大統領職として定期検診を受けていたはずです。 それにもかかわらず、心臓病の発見は遅れてしまいました。 バイパス手術を受けたとき、彼はまだ58歳という若さでした。 これは心臓病の早期発見の難しさを象徴する出来事です。 心臓病は知らない間に進行し重症化することが多い病気です。 自分が健康であると自覚している人も、心臓病の徴候が隠れている場合があり、通常の一般検診や人間ドックでは、初期の心臓病を発見することはほとんど不可能だということを示しています。 では、心臓病を早期に発見することはできないのでしょうか? ごく最近までは、心臓病の早期発見は難しいことでした。 それが現在ではCTやMRIなどの画像診断の進歩により、心臓病の早期発見が可能になりました。 心臓を目で視て詳細に診断し、心臓病の初期段階をいち早く発見することで、進行しないように対策を立て、心臓発作を予防することができるようになったのです。 心臓CTや心臓MRIは、今後の心臓病の診断に飛躍的な進歩をもたらすことは間違いありません。 心臓検査の比較 心臓は、脳をはじめすべての臓器に血液を送りだす、命の根源ともいえるものです。 だからこそ、たった1回の発作が致命傷となります。 しかも症状がでてから1時間以内と短時間で死亡するケースが多いのも特徴です。 街中のいたるところにAED(自動体外式除細動器)が設置されているのも、心臓発作への対応の緊急性を物語っています。 心臓病は決して特殊な病気ではありません。 自覚症状の現れない軽度の段階でも、心臓発作の危険がある病気です。 アメリカ国立衛生研究所のデータでは、心臓発作で死亡する人の50%以上が、それ以前はまったく自覚症状がなく、初めての発作で命を落としたことがわかっています。 心臓発作の多くは、軽度の動脈硬化から起こります。 心臓画像診断クリニック飯田橋(CVIC)には、開院以来の5年間で総検査件数約2万7,000件、心臓MRI検査では月間平均280件(日本全体の約10%)の豊富な実績があります。 CVICの心臓ドックは、それらの経験を活かし、心臓を検査するために最も効率的なシステムを作りあげています。 1 確かな技術で、豊富な実績 CVICの心臓ドックでは、放射線被ばくがなく、造影剤を使わない心臓MRIを採用しています。 寝ているだけで心臓の3D画像を撮影することができます。 心臓MRIで、心臓を取り巻く冠動脈の3D画像を撮影する技術は非常に難しく、安定して検査を実施できる施設は世界でも限られています。 CVICでは、その豊富な臨床経験に基づき、最新の技術を用いて、体に優しい検査を実施しています。 2 検査当日に、3D心臓画像を見ながらドクターより分かりやすい説明 CVICの心臓ドックとは 検査当日に、3次元の立体的な心臓の検査画像を見ながら、心臓専門医が詳細に説明します。 結果説明のために再来院頂いたり、検査結果レポートを郵送するだけではありません。 このシステムにより、緊急性の高い心臓異常が見つかった場合は、即日で設備が充実した連携病院にご紹介、直ちに治療を開始することが可能です。 実際に、そのように心臓突然死を防ぎ、一命を取り留めた方も大勢いらっしゃいます。 3 心臓のエキスパート・ドクターが詳細に診断(後日) 検査当日後に、経験豊富な専門医が詳しく診断します。 スタッフ・ドクターは、米国スタンフォード大学で経験を積んだ寺島正浩院長の指導を受けた心臓のエキスパートです。 これにより異常が発見された場合は、連携する一流病院に速やかに紹介し、直ちに治療に移行することが可能です。 4 心臓と脳を、同日で検査可能。 造影剤を使わないMRIの脳と心臓の検査には、共通のものが多くあります。 二つの検査を組み合わせて一回でおこなうことで、動脈硬化を原因とする脳卒中や心筋梗塞など複数の疾患を効率的に発見することが可能です。 脳血管などを造影剤なしで痛みもなく、安全に画像化し、脳動脈瘤、脳血管の狭窄などが発見できます。 また脳の表面や断面の詳細な画像から、小さな脳梗塞や脳腫瘍なども発見できます。 5 検査時間約2時間、土・日・祝日でも検査可能 忙しくてなかなか検査が受けられない方でも、土・日・祝日でも検査対応しています。 また、来院から検査結果のご説明まで約2~3時間という短時間で終了可能です。 清潔なクリニックで、心臓検査の経験豊富なスタッフ陣がお待ちしています。 連携病院:東京大学医学部附属病院、慶應義塾大学病院、東京女子医科大学病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、心臓血管研究所付属病院、NTT東日本関東病院、東京厚生年金病院.

次の

《予約可》東京都の心臓ドック医療機関一覧 |人間ドックと検診予約サイト EPARK人間ドック

心臓ドック 東京

心臓ドックのご案内 心臓の状態、心臓に栄養を送る血管(冠動脈)の危険度をチェックする構成で組み立てています(簡易心臓MRIドックは血管の危険度のチェックは省かれています)。 心臓の危険因子である高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙をしている方で、40代以降の方は具体的な症状が無い場合でも受診をお勧めしています。 心臓ドックの検査内容と料金について 心臓ドックの各プランは、下記表をご覧下さい。 検査結果の説明を希望される場合は、循環器専門医から面談にて結果説明を(無料で)受けることが可能です。 検査料金 【通常価格】 11,000円(消費税込) (1)精査が必要と判断された場合には、後日保険診療にて冠動脈CT検査をお勧めする場合がございます。 (2)最初から冠動脈CT検査をご希望の方は、循環器内科専門外来をご受診ください。 (3)冠動脈CT検査:MRI(注1)よりも診断精度の高い検査ですが、CT(注2)にて造影剤(注3)を利用する検査ですので、当院では心臓ドックのメニューから除外しています。 (注1)心臓MRI検査では、血管を拡張させるお薬を使います。 (注2)当院のCT検査:CT検査は被ばくがありますが、当院保有の機器(320列マルチスライスCT)による検査は他院に比べて被ばく量は格段に少ないです。 (注3)造影剤を利用する検査:稀ですが、造影剤を使用することによる副作用のリスクがあります。 ・ ・ 2. 心臓ドックで実施する検査内容の詳細 検査内容 詳細 心臓MRI(非造影) 強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して心臓の状態を調べます。 心臓ドック(MRI検査)では、心筋壁運動の評価、冠動脈形態の評価を行います。 心室や心房の大きさや壁の厚さ、壁の動き、弁の形態や動きなどがわかります。 心電図 心臓の筋肉が全身に血液を循環させるために拡張と収縮を繰り返すとき、微弱な活動電流が発生します。 その変化を波形として記録し、その乱れから病気の兆候を読み取ろうとするのが心電図検査です。 CT石灰化スコア CT石灰化スコアでは、冠動脈の石灰化程度の診断を行います。 この検査は、心臓発作や心臓突然死を予測する上で重要な役割を果たすことが知られています。 ご予約について 予約電話番号: (完全予約制にて診療を行っています).

次の