折り紙 スリンキー。 折り紙スリンキー

立体マスクの作り方 【大人用】 M & L size の型紙で手作り☆彡100均のタオルで作ってみた♪◇DIY 3D Mask pattern for adult size M & L

折り紙 スリンキー

スポンサーリンク レインボースプリングの遊び方?バネのおもちゃは階段以外でも? 話題なったのはツイッターにてレインボースプリングを売っている人の遊び方がヤバいという投稿でした。 他に同じようにレインボースプリングを使いこなしているのか調べた所、中国等とアジア系でレインボースプリングを使いこなす人が多いようです。 発祥はアメリカですが、使いこなしている人たちはアジア系となっているようです。 また、レインボースプリングの遊び方を調べた所、「階段から落とす」だけでなく、「両手で端を交互に操る」「縦波、横波を立てる」と書かれているのであながち間違っていないのです。 ちなみに長いレインボースプリングならペン立てにもできるそうですが、自分もペン立てにして置物状態でした。 無限に動かす遊び方? レインボースプリングでは階段で上から下に登り終えたらまたセットするのが普通ですが、これを無限に出来る商品を発明したとのことです。 (画像引用元:) このマシーン「Never Ending Slinky Machine」は英国のCreatables Labsさんが開発し、「Project NESM」としてクラウドファンディングのキックスターターで資金を募集中とのことです。 ここまで来ると若干気持ち悪いですね… スポンサーリンク レインボースプリングとは? レインボースプリングはジェームズ・インダストリーズ社が販売しているバネ状の玩具「スリンキー」がもととなっています。 (画像引用元:) スリンキーはリチャード・ジェームズさんが開発し、1945年に特許を申請しました。 そしてスリンキーはアメリカで人気商品となり、翌年1946年にはニュー・トイ・オブ・ザ・イヤーに選ばれています。 ちなみに「スリンキー」とは「優美で流れるように動く」という意味で、リチャードの嫁であるベティ・ジェームズさんが名付けました。 そんなアメリカで人気商品となった「スリンキー」を日本ではレイボーに色づけて、その色合いと形状から「レインボースプリング」と呼んで販売したのです。 また日本で色の付いていない場合の商品名は「トムボーイ」で、「ボーイッシュ、おてんばな女の子」という意味となっています。 レインボースプリングの遊び方は階段じゃない!バネのおもちゃを再び遊ぶ! まさかの階段やペン立て以外にも、両手でジャグラーのように縦横無尽に操作できるのは思いませんでした… しかし、正しい遊び方にも「両手を使って操る」「縦波、横波を立てる」と書かれているので、これも正しい遊び方のようです。 みなさんも、もし興味があれば懐かしんでレインボースプリング、プロ志向のスリンキーで真の遊び方をするため購入してみてはいかがでしょか?.

次の

スリンキー

折り紙 スリンキー

スポンサーリンク レインボースプリングの遊び方?バネのおもちゃは階段以外でも? 話題なったのはツイッターにてレインボースプリングを売っている人の遊び方がヤバいという投稿でした。 他に同じようにレインボースプリングを使いこなしているのか調べた所、中国等とアジア系でレインボースプリングを使いこなす人が多いようです。 発祥はアメリカですが、使いこなしている人たちはアジア系となっているようです。 また、レインボースプリングの遊び方を調べた所、「階段から落とす」だけでなく、「両手で端を交互に操る」「縦波、横波を立てる」と書かれているのであながち間違っていないのです。 ちなみに長いレインボースプリングならペン立てにもできるそうですが、自分もペン立てにして置物状態でした。 無限に動かす遊び方? レインボースプリングでは階段で上から下に登り終えたらまたセットするのが普通ですが、これを無限に出来る商品を発明したとのことです。 (画像引用元:) このマシーン「Never Ending Slinky Machine」は英国のCreatables Labsさんが開発し、「Project NESM」としてクラウドファンディングのキックスターターで資金を募集中とのことです。 ここまで来ると若干気持ち悪いですね… スポンサーリンク レインボースプリングとは? レインボースプリングはジェームズ・インダストリーズ社が販売しているバネ状の玩具「スリンキー」がもととなっています。 (画像引用元:) スリンキーはリチャード・ジェームズさんが開発し、1945年に特許を申請しました。 そしてスリンキーはアメリカで人気商品となり、翌年1946年にはニュー・トイ・オブ・ザ・イヤーに選ばれています。 ちなみに「スリンキー」とは「優美で流れるように動く」という意味で、リチャードの嫁であるベティ・ジェームズさんが名付けました。 そんなアメリカで人気商品となった「スリンキー」を日本ではレイボーに色づけて、その色合いと形状から「レインボースプリング」と呼んで販売したのです。 また日本で色の付いていない場合の商品名は「トムボーイ」で、「ボーイッシュ、おてんばな女の子」という意味となっています。 レインボースプリングの遊び方は階段じゃない!バネのおもちゃを再び遊ぶ! まさかの階段やペン立て以外にも、両手でジャグラーのように縦横無尽に操作できるのは思いませんでした… しかし、正しい遊び方にも「両手を使って操る」「縦波、横波を立てる」と書かれているので、これも正しい遊び方のようです。 みなさんも、もし興味があれば懐かしんでレインボースプリング、プロ志向のスリンキーで真の遊び方をするため購入してみてはいかがでしょか?.

次の

立体マスクの作り方 【大人用】 M & L size の型紙で手作り☆彡100均のタオルで作ってみた♪◇DIY 3D Mask pattern for adult size M & L

折り紙 スリンキー

先週の土曜日のことですが、児童センターの奉仕作業&親子親睦会がありました。 奉仕作業は、館庭の草むしりと側溝掃除でしたが、雨で途中で中止した前回と違い、最後まで出来たので、すっきりと終えることが出来ました。 そのあと、ですが、親子で楽しむという会が催されました。 去年は外部から人を頼んで、マジックショー(と聞くと、名取市の人はピンとくるらしいです、誰が来たかが)をやったそうですが、今回は、役員の中で、それも会長さん自らが講師として、折り紙でおもちゃを作る、ということに決まったのでした。 いやはや、会長さん、器用な方で、自分の時間があるときは折り紙を折り続け、いろんなおもちゃを作っていらっしゃる。 役員会の時、21時までかかって今回の親睦会の内容を決めたけど、その中で1時間近く、役員みんなで折り紙を折りまくって練習し・・・ううっ、私はあまり上手く出来ませんでした。 話は戻りまして、その日作ったものは、「スリンキー」。 名前だけでピンと来た方は、物知りですよ!40代以上の人は覚えがあると思いますが、直径6〜7cmくらいの金属の細いバネで階段で遊びませんでしたか?そうそう、それです!それを折り紙で作ったんです。 同じパーツを延々と作ってくっつけていくだけ。 色は自分の好みで、グラデーションにしたり、明るい色でまとめたり、シックな色にまとめたり。 教えてもらって、意外と子供たちははまっていましたよ。 我が子も家に帰ってきてから、延々と作って繋ぎ合わせていますが・・・折り目がずれている…まあ、本人が納得してやっているからいいか そして、こんなになりました。 まだまだ繋いでいくようです。 興味がある方は、会長さんから教えてもらったHPのURL You Tube があるので、そちらを見てください。 尚、折り紙は7. 5cmのものを使用するといいと思います。 Origami Slinky (折り紙スリンキー).

次の