ライン 引き継ぎ。 LINEの引き継ぎ 完全ガイド──機種変更のパターン別にデータ移行方法を解説【iPhone/Android】

LINEの引き継ぎに失敗した!そんなときの対処方法とは?

ライン 引き継ぎ

Androidから機種変更したい場合、iPhoneに乗り換えすることを考えている方がすくなくないでしょう。 その場合、連絡先写真、音楽などのデータのほか、やはりLINEデータの引き継ぎが気になるんですよね。 LINEは日常生活にかかせないアプリとして、機種変してから、そのまま新しいiPhoneに利用したいです。 それでは、違うOSに機種変更する場合に、どのようなデータを引き継ぐことができますか?次の部分へどうぞ! 1、AndroidからiPhoneに移行できるLINEデータの種類 まずは、アンドロイドからiPhoneに引き継げるLINEのデータ・引き継げないデータを確認してみましょう。 引き継げないデータ• トーク履歴(同じOS間できるだけ)• 課金アイテムの購入履歴やLINE コイン残高(同じOS間できるだけ)• LINE Outのチャージ済みコールクレジット• LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど) iPhoneからAndroid、または、AndroidからiPhoneに機種変更してLINEアカウントを引き継ぐ場合に、 トーク履歴およびコイン残高の引き継ぐことができません。 この点はご了承ください。 2、AndroidからiPhoneに機種変更時LINEトーク履歴のバックアップ方法 アンドロイドをiPhoneに機種変更する場合に、LINEのトーク履歴を引き継げないが、トーク履歴をテキストデータとしてバックアップして保存することができますから、ここで紹介しますから、参考にしてください。 Step 1: 任意のトークルームでチェックボタンをタップして「設定」を選択 > 「トーク履歴を送信」をタップします。 テキストとして保存できるのは文字だけですから、スタンプや画像は見られないです。 LINEのトーク履歴を一括にバックアップして保存することができませんので、トークルームごとで上記の作業を繰り返して操作してください。 Part 2:AndroidからiPhoneにLINEアカウントの引き継ぎ手順 引き継げるデータを了解してから、AndroidからiPhoneにLINEアカウントの引き継ぎ手順をご紹介します。 1、LINEアカウントを引き継ぐための準備 Step 1、LINEに登録している電話番号を確認する LINEで「設定」>「アカウント」をタップして「電話番号」項目を確認します。 未登録や古い番号だったら、「電話番号」をタップして登録・変更してください。 写真元:time-space. kddi. 設定が終わったら、新しいiPhoneでLINEを順調に使えます。 追加TIP:AndroidからiPhoneへデータを簡単に移行できるソフト AndroidからiPhoneへ機種変更する場合、LINEデータのほか、連絡先、音楽、写真などのデータもそのままで移行したいでしょう。 「Move to iOS」を利用できますが、データを必ず一括に移行するし、支持するデータ種類も少ないです。 ぜひお見逃しなく! このソフトには「フォンスイッチャー」という機能があり、1クリックだけでAndroidからiPhoneへ必要なデータを移行できます。 また、このソフトは以下の特性もあります:• 音楽、写真、ビデオ、連絡先、メッセージ、通話履歴、カレンダー、圧縮ファイル、ドキュメント、着メロ、電子書籍などの大事なデータの移行を支持する• 数クリックだけでデータを移行でき、複雑な設定や操作が要らない• 一部のデータを移行するか、全部のデータを移行するか、移行のデータを自由に選択できる• iPhoneを初期化する必要がなく、既存のデータがAndroidから移行されたデータとマージされる• iPhone全機種およびAndroid 4. 0以上のAndroid端末を支持する• 今すぐして、LINE以外のデータも一緒に移行しませんか。

次の

【最新版】MNP後のLINEデータ引きつぎ方法|モバシティ

ライン 引き継ぎ

を水没させた人です。 データはほとんどバックアップが取れていたので慌てませんでしたが、唯一困ったのがLINEのアカウント引き継ぎ。 LINEは実は突発的な端末の交換を想定しておらず、私のようにを水没させたり、落として壊したりした人にとってはLINEのアカウント引き継ぎは地獄のような仕様となっております。 今回なんとか引き継ぎができましたのでいつかを水没させるであろうみなさまのために 笑 引き継ぎのやり方を文書化して残しておこうと思います。 参考にしたのは以下のサイトです。 ここに書いてあることをやれば概ね問題なくLINEを復活させることができるようになります。 以上終わり。 すいません、もうちょっと詳しく書きます 笑。 のサイトにも書いてありますが突発的にが使えなくなって別のにアカウント引き継ぎをしたい場合、二段階認証が障害となって通常のやり方ではできないのです。 普段我々を守ってくれる二段階認証がアダになります。 ですからLINEの「お問い合わせ」からLINEのサポートに連絡を入れて一時的に二段階認証を解除してもらう必要があります。 『』 「お問い合わせ」にアクセスすると以下のように表示されます。 本来これは端末の不具合に関して記入するべきところですが、そんなことは関係ありません。 この1 、2 、3)の欄に自分がアカウントの引き継ぎができずにどれだけ困っているかを心をこめて書きなぐります 笑 そうして必要事項を全て記入して送信するとLINEから数時間くらいで「 [LINE]お問い合わせのご回答」一通のメールが届きます。 これがちょっと変わった内容でして以下のように書いています。 -------------------ここから------------------- 引き継ぎ認証に関する調査を希望します。 -------------------ここまで------------------- ご連絡お待ちしております。 「ここから〜ここまで」の内容をそのままコピーして指定されたURLにアクセスしてそこの本文内に貼り付けるのです。 これちょっと迷いました。 コピーする文言に「ここから」と「ここまで」を含むのか否か。 一応私は含めてコピーしました。 で、文言を貼り付けて送信すると再度LINEからメールが届きます。 これも数時間待たされました。 《注意》 ・をバックアップしていない場合は、履歴を引き継ぐことはできません。 ・既に別のLINEアカウントに登録している電話番号を認証すると、先に同一の電話番号を登録していたLINEアカウントが利用できなくなる可能性があります。 おそらくこれが二段階認証をいったん解除したよという案内なのだと思います。 この後私はLINEのアカウント引き継ぎに成功するわけですが、その過程で一つ問題発生。 「 LINEの[ログイン]から... 」と書いてありますが、指示通りを再起動してLINEを起動してもログイン画面は表示されません。 「本人確認」ボタンが表示されます(多分そんな表記だったと思います)。 最初戸惑いましたが、行くしかない!と思いそのまま本人確認ボタンを押し、その後必要情報を入力したところアカウント引き継ぎに成功しました。 不思議なのは履歴を引き継ぐことはできませんと書いてあるにも関わらず、一部のは引き継がれていたりします。 引き継がれていないものの方が多いのですが、なぜ一部だけ引き継がれるのか不思議です。 ま、履歴に関しては家のパソコンのLINEアプリ内に残っているのでに残っていなくても別にめちゃくちゃ困るというわけではありません。 個人的には特に問題視していません。 アカウントさえ引き継げればそれで全然OKです。 というわけで非常に苦戦した『突発的にが壊れた場合のLINEのアカウント引き継ぎ方法』について長々と書いてきました。 私は本当に困ったのでもしみなさんのに万一のことがあった際は是非参考にしてください。 のアカウントを持っている人は是非やっておくといいと思います。 こういった突発的なトラブルの時に有効です(多分)。 taikomochi1019.

次の

PC版LINEの全データの移動引き継ぎの仕方☆再インストール・パソコン買い換え時

ライン 引き継ぎ

LINEアプリのバージョンが異なると、アカウントやトーク履歴の引き継ぎが失敗する可能性があります。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「アカウント」 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「アカウント」 パスワードが登録されていないと、アカウント情報を引き継げないので必ず設定しておきましょう。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「アカウント引き継ぎ設定」で「アカウントを引き継ぐ」をON。 「アカウントを引き継ぐ」をON 【AndroidからAndroid】Google ドライブでバックアップ・復元 まずはAndroidでのトーク履歴引き継ぎについて紹介します。 Androidでは、Google ドライブでトーク履歴を引き継ぎます。 旧端末(機種変更前)の操作手順 旧端末(機種変更前)のLINEアプリ内から操作していきます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」へ進みます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」 次に「Googleドライブにバックアップ」をタップ。 「Googleドライブにバックアップ」をタップ 「前回のバックアップ」に日付と容量が更新されたらバックアップの完了です。 新端末(機種変更後)でトーク履歴復元 新しいiPhoneでログインした後、画面の案内にしたがっていきます。 「トーク履歴の復元」が表示されるので「復元する」をタップすると復元の完了です。 なお、Androidは後からでも手動でトーク履歴を復元できます。 その際は以下手順を参考にしてください。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」へ進みます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」 「復元する」をタップします。 「復元する」をタップ 「復元が完了しました」と表示されると復元が完了です。 【iPhoneからiPhone】iCloudでバックアップ・復元 iPhoneユーザーの場合、トーク履歴のバックアップはiCloudを利用しよう。 この機能はLINEのバージョン6. 0から搭載されたもので、パソコンがなくてもスマホだけでバックアップを行うことができます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」へ進みます。 ホームタブ > 歯車マークの「設定」 > 「トーク」>「トーク履歴のバックアップ・復元」 次に「今すぐバックアップ」をタップ。 「今すぐバックアップ」をタップ 「前回のバックアップ」に日付と容量が更新されたらバックアップの完了です。 トーク履歴のバックアップには対応しているので、 テキスト形式でバックアップして保存しておくしか手がないのだ。 この場合では、トーク画面ごとにバックアップを取得する必要がある。 機種変更前の端末が「Androidの場合」、「iPhoneの場合」とそれぞれ見てみよう。 Androidのトーク履歴をバックアップする方法 機種変更前にスマホでLINEを開き、バックアップを残したいトーク画面を開く。 Dropboxを選択した場合は保存先を選択する画面になる。 下図のように新しくフォルダーを作ることも可能だ。 Gmailでメール送信したり、Dropboxなどでクラウド上に保存することが可能 下の画像は「Dropboxに追加」をタップした場合の画面だ。 右下の「追加」をタップすることで、先ほどバックアップしたファイルが追加される。 ファイルを追加し、これでDropboxにバックアップしたファイルが保存された Dropboxではそのまま開くことが可能で、トーク履歴が表示できる。 ただし、 画像やスタンプは[スタンプ]などと表示されていて画像データは残らない。 Dropboxからトーク履歴のファイルを開いた画面。 [スタンプ]などと表示されてしまう Dropboxなどクラウド上に保存しておけば、ほとんどどのスマートフォンからも閲覧が可能になる。 iPhoneのトーク履歴をバックアップする方法 続いて、iPhoneでLINEを使っていた場合のトーク履歴のバックアップ方法を見ていこう。 機種変更前のiPhoneでLINEを開き、バックアップを残したいトーク画面を開く。 iPhoneの場合、メニューから「トーク履歴を送信」をタップ 「メールで送信」をタップするとメールアプリにテキストファイルが添付される。 その他アプリをタップした場合は、ファイルが保存可能なDropboxなどのアプリを起動できる。 その他アプリをタップした画面。 ここではDropboxを選択する Dropbox内で保存する場所を選択。 あとは、Dropboxからトーク履歴を閲覧することができる。 ただし、Android同様、 スタンプは[スタンプ]と表示され、画像データも残らない。 Dropboxに保存。 保存するとDropboxアプリから中を表示できる。 画像やスタンプは「スタンプ」などと表示されていて画像データは残らない なお、メールアプリを選択した場合は、バックアップしたファイルが添付され、通常通りメールで送信することが可能だ。 メールアプリを使えばテキストファイルを添付して送信が可能だ こちらもクラウド上に保存しておけば、ほとんどどのスマートフォンからも閲覧が可能なる。

次の