エクセル 数式 割り算。 四則演算(掛け算・割り算・引き算・足し算):エクセル練習問題

エクセル計算の基本!掛け算・割り算・引き算・足し算

エクセル 数式 割り算

四則演算の基本!エクセルの割り算について解説 エクセルで割り算する方法を解説します。 エクセルはデータ管理するソフトでMicrosoftという会社から発売されています。 エクセルができることは幅広く、様々な用途で使用されています。 例えば会社の従業員を管理するシフト表、在庫の有無を確認する在庫管理表、毎日の売上を確認する売上管理表など、今では仕事をする上でなくてはならない必須ソフトと言えます。 このように多機能なエクセルですが、その多機能なことが原因でライトユーザーから「難しそう」と思われることもあります。 今回はこのエクセルの基本的な使い方の一つである割り算の仕方を解説します。 ではどのように割り算をするのか見ていきましょう。 計算機や、紙に書く時も同様です。 これは「スラッシュ」と読み、ウェブサイトのURLにも使われています。 これは掛け算同様、キーボードの「テンキー」にあります。 足し算、引き算、掛け算とほぼ同じ位置にあるので確認しましょう。 入力されない方は入力モードの変更、Shiftキーを押して入力などを試して見ましょう。 割り算の計算式は• 数式バーにこの計算式を入力することで割り算の計算が可能になります。 割り算は小数点まで求めることができるので、どのように表示するのか、エクセルを管理する方が決める必要があります。 2.エクセルのセル同士で割り算をする方法 エクセルは数式バーに直接数字を打ち込み計算することもできるのですが、セル同士で計算することもできます。 例えばA2のセルの数字をB2のセルで割る場合の数式は• このように数字の替わりにセルを指定することで割り算をする事が出来ます。 これは他の計算式の足し算、引き算、掛け算も同様です。 セル同士の計算式はエクセルの基本です。 始めに紹介した、数字を直接数式バーに入力する計算方法は基本的に使わないと思っていてください。 このセル同士の計算式を組み合わせてデータを管理します。 3.エクセルの割り算で求めた結果の小数点を四捨五入、切り上げ、切り捨てする時はROUND関数を使う エクセルでは小数点を四捨五入するのか切り捨てするのかをエクセルの管理者が自由に決められます。 どのようにするのかというと「関数」を使います。 関数とはエクセルをより便利に使う機能です。 この関数を使うと四捨五入、切り捨てするか、切り上げするか、を自由に選んで表示することができます。 使用する関数はROUND関数を使います。 ROUND関数は四捨五入• ROUNDUP関数は切り上げ• ROUNDDOWN関数は切り捨て ROUND関数をこのように3つに使い分けます。 この関数の意味を理解することで、自分が管理するエクセル管理表をどのように表示したいのか選択することができます。 小数点第2位でそれぞれ関数を使用します。 その右にあるのが小数点を指定する数字となります。 ラウンド関数の小数点の指定方法は少し変わっています。 このように小数点の位から-1すると覚えておくと良いでしょう。 小数点第1位の数字を指定する場合は「0」• 小数点第2位の数字を指定する場合は「1」• 小数点第3位の数字を指定する場合は「2」• 小数点第4位の数字を指定する場合は「3」 4.エクセルの割り算で求めたあまりを切り捨て整数部分のみ表示する場合はQUOTIENT関数を使う ROUND関数はなんだかややこしい、とりあえず小数点以下は切り捨てして整数部分のみ表示させたい!という方はQUOTIENT関数を使用しましょう。 この関数は割り算で割り切れなかった小数点以下のあまりを切り捨て、整数のみ求める関数です。 小数点まで出す必要のない場合に使える関数です。 例えば100を3で割った場合• 333333… このように永遠と3が続きます。 これをQUOTIENT関数で求めると• 33 となります。 QUOTIENT関数を使用するときの注意点は整数をのみ表示すること。 詳細なデータを取得したいときや、重要な数字を求めるときに使用できないので気をつけましょう。 5.エクセルの割り算は絶対参照で固定するとオートフィルを使っても大丈夫 エクセルにはオートフィルという便利な機能があります。 これは一度作った数式を規則的にセルに自動入力してくれる機能です。 この機能を使うと大量のデータを一括で作成することができます。 例えば• しかし割り算の計算式は一つの数字を固定して使うときもあります。 その場合オートフィルを使用すると計算式がズレてしまうことがあります。 そのときに使うのが絶対参照です。 これが絶対参照の指定です。 数式は以下の通り。 これでオートフィルを使ってもC2のセルが固定されます。 しかし使いこなすことができれば大事なデータの管理をするには重宝します。 特に会社の細かなデータが必要な会社のエクセル管理には必須と言えます。 ROUND関数、QUOTIENT関数、絶対参照を使いこなし仕事で大活躍しましょう!.

次の

割り算をする関数は?−除算演算子「/」:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方

エクセル 数式 割り算

エクセルは、(1)セルに値をセットして、セル参照で計算させる場合と(2)1つのセルで数個の数値を演算子や関数を使って計算する場合があります。 既回答者は(2)の線で回答してますが、エクセルの質問では (1)に関する質問が普通です。 割り算と掛け算の2項は優先して計算されることはご存知でしょうね。 この点が判らないのでしょうか。 これぐらいの質問になると、エクセルを使う人は皆できるので、周りにいる、そういう人に聞いてください。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。

次の

同じ計算式を簡単にコピーする3つの方法|Excel(エクセル)の使い方

エクセル 数式 割り算

スポンサーリンク 図のような表のB4番地には、「手数料」を計算するための数式が入力されています。 コピー元であるB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その右下にポッチが付いています。 このポッチにマウスポインタを合わせると、マウスポインタが 黒い十字の形になるので、下に向かってドラッグします。 の操作です。 数式をコピーできました!と言いたいところですが、明らかにおかしな状態になっています! なぜ「おかしな状況」なのか、じっちゃんの名にかけて、原因を解明していくことにしましょう。 スポンサーリンク コピーで数式がおかしくなる原因 原因を解明したい時には、おかしなことになっている箇所の、現状を把握することがとっても大切! そこで、コピー先であるB5番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A5 * B2 という数式が入っていることが分かります。 更にその下のコピー先も見てみましょう。 B6番地をした状態で数式バーを見ると、このセルには、 = A6 * B3 という数式が入っていることが分かります。 現在の「手数料」欄に入っている数式をまとめると、図の左側「現在の数式」のような状態になっています。 なので、このコピー元のセルと、見ただけで明らかにおかしいコピー先の数式を、すべて消していくことにしましょう。 B4からB7番地をした状態で、[Delete]キーを押すと、 ! それでは気分を改めて。 コピー元となる数式を入力するところから始めていきましょう! 数式を入力したいB4番地をし、 数式を入れる合図の「=」(イコール)を入力します。 そしてこの、「購入額」にあたるA4番地は、 図の「正しい数式」のようにA4、A5、A6、A7、A8と、数式をコピーした時にズレて構わないセルなので、特に何もせず、いつも通り先に進みます。 この、「手数料率」にあたるB1番地は、 数式をコピーした時にズレては困るセルなので、ここでズレないようにする技をほどこします! キーボードの [F4]キーをポンッと押すと、数式内の「B1」の部分に ドルマークが付きました! これで、数式をコピーしてもズレないようにできたわけなんですが、これを良く見ると、「B1」の「B」の前と、「1」の前に、それぞれドルマークが1つずつ付いていることが分かります。 (この時、ドルマークが「B」の前と、「1」の前に1つずつではなく、片方だけにしか付いていない、またはどちらにも付いていないという方は、[F4]キーを押すときに緊張してしまってキーを長押ししてしまい、[F4]キーを何回も押してしまったのと同じ状態になっています。 そうなってしまっても、そのまま先に読み進めれば対処できますので、慌てることなく、そのまま読み進めてください。 ) ここでもう一度 [F4]キーをポンッと押すと、今度は「B」の前にあったドルマークが消え、「1」の前にだけ付きました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、今度は「B」の前にだけドルマークが付き、「1」の前のドルマークが消えました。 更にもう一度 [F4]キーを押すと、「B」の前からも、「1」の前からもドルマークが消え、一番最初と同じ状態に戻りました。 このように、 [F4]キーを押すたびに、ドルマークの付く位置が変わっていくのですが、数式をコピーした時にズレないようにする通常パターンは、「B」の前にも、「1」の前にも、 両方にドルマークが付いている状態なので、 もう一度 [F4]キーを押して、「B」の前にも、「1」の前にも、両方にドルマークが付いている状態にします。 数式はこれでいいので、最後に[Enter]キーを押すか、数式バーの[入力]ボタンをクリックして、数式を確定します。 早速、してみましょう! 数式を入力したB4番地をすると、そのセルが太い枠で囲まれ、その太い枠の右下にポッチが表示されます。 「B1」はズレないように設定してあったので、コピー先でもドルマークが付いているわけですね。 私の経験では、Excelで数式をコピーする際、今回のように縦方向にのみオートフィルするか、もしくは横方向にのみオートフィルするか、といった、どちらかの方向にのみオートフィルするケースが大半を占めます。 特に初心者の方は、「両方にドルマークが付いていればズレない」という風に、単純に覚えていただいてOKです。 ところが、だんだんExcelを使い慣れてくると、1つの数式を、縦方向にも、 横方向にもコピーしたいことが出てきます。 そういった、縦方向にも横方向にも同じ数式をコピーしたい時に出てくるのが、片方にだけドルマークを付けるパターンです。 これは「複合参照」というものなのですが、Excel初心者の方が「複合参照」に手を付けるのは早いと、私は思っています。 (あくまでも私本人の個人的な見解です。 ) というわけで、まずは今回ご紹介した、 [F4]キーを一回ポンッと押して、両方にドルマークが付いている状態にすることで、数式をコピーしてもズレないようにできる「 絶対参照」を徹底的に覚えてください。 「絶対参照」という名前は覚えなくていいので、「 [F4]キーでドルマークを付け、ズレないようにする」ということは、確実に覚えていきましょう!.

次の