ダルビッシュ 慰謝料。 紗栄子の子供の父親はダルビッシュじゃない!?驚愕の慰謝料に絶句…

ダルビッシュ有の紗栄子への慰謝料額!離婚理由や子供画像が衝撃?

ダルビッシュ 慰謝料

そう語るのは、作家の藤沢数希氏だ。 藤沢氏は新刊『損する結婚、儲かる』(新潮新書)で、結婚と離婚で動くお金について解説し、結婚制度という金融商品の欠陥を鮮やかに暴いていく。 と同時に、結婚したい男女はどういう相手を選ぶべきか、様々な観点から、具体的なアドバイスを送る。 「この本は、婚活中の男女にこそ読んでほしい」と話す藤沢氏のインタビューを【前編】【後編】、2回にわたってお届けする。 「慰謝料」と「財産分与」は知っていましたが、「婚姻費用(通称、コンピ)」を知りませんでした。 藤沢:ほとんどの人が知らないんですよ。 離婚話が浮上して、家庭裁判所から支払い命令が下って初めて、結婚というのはこういう制度だったのかと気づくんです。 もちろん弁護士の結婚や離婚の本などに、載ってはいます。 でも弁護士はポリティカル・コレクトネスが大事な業界だから、婚姻費用は夫婦が同じ水準の生活をするためのもの、とは書いてはあっても、それをテコにして結婚相手からお金をぶん取れる、とは書いてないんです。 藤沢:慰謝料は相場が決まっていて、浮気などは高くてもせいぜい200万円ぐらい。 お金持ちにとっては大した金額ではありません。 しかし、財産分与やコンピは所得が増えれば青天井に増えていきます。 特にコンピは離婚が成立するまで、ざっくり言うと、可処分所得の半分を奥さんに送り続けるというもので、金額も多く、いつ終わるかわからない恐怖があります。 無限地獄になりうる。 「コンピ地獄」と呼ばれる所以です。 「まじめに働いていたほうが馬鹿を見る世界」というわけですね。 藤沢:そうなんですよ。 先日も、タレントの小倉優子さんが、妊娠中に浮気をしていた旦那と離婚したときに、慰謝料ゼロ、というのが話題になりましたが、小倉優子さんはちゃんと仕事をしていたし、将来のことを考えて貯金もしていたようです。 だから、離婚するためには、小倉優子さんが旦那に金を払う必要が、おそらくはあったのです。 浮気の慰謝料より、財産分与のほうが遥かに大きいですからね。 そして、もちろん、法律は男女平等です。 また、本の冒頭のケースですけど、サラリーマンは婚姻費用を取りやすいんです。 毎月の給与額が決まっていて安定しているし、払わなかったらすぐに差し押さえができます。 コンピ地獄に嵌(は)めやすいんです。 これは何も高額所得者に限った話しではありません。 まともな仕事である程度の所得を得ている人だったら、自分の財産の半分程度ではまず離婚できない。 一方で、ない金は絶対に取れないから、毎日飲み歩いたり、浮気して若い女にたくさん貢いだりするようなダメな旦那からは、貯金もないから、何も取れません。 そういう離婚が多いのも事実です。 男女にかかわらず、まじめに働いて、まじめに財産を貯めている人が馬鹿を見るのが結婚と離婚の法律です。 藤沢:そういうことです。 結婚は、金融商品としての側面に限れば、ゼロサムゲームなんですよ。 金持ちの男性側のリスクや損失は、とりもなおさず、そうした男性と結婚する側のリターン、利益になる。 つまり金持ちの男性と結婚したがるように、法律自体ができていると言えるんです。 いったん金持ちと結婚してしまえば、その権益は法律で保護されます。 東京の白金なんかでランチで5000円もするようなレストランに行くと、コンピで優雅に暮らしている奥さんをけっこう見かけるんですよね。 旦那は若い愛人と暮らしていたりするのですが、法律上の妻には、永遠にコンピを支払う必要があるからです。 法律がこうなっていますから、金持ちの男性と結婚して手厚く守られる一握りの女性と、未婚を貫いて生涯子どもを産まない女性、という二極化につながっているのだと思います。 選手と離婚したタレントのさんは、「随分控えめな女性」という印象になるんですね。 藤沢:断っておくと、僕自身は芸能人のゴシップに興味はありません。 国家権力が介入する結婚と離婚という制度の実態を知らせるために、事細かに報道される有名人の離婚劇をケーススタディとして本では紹介させていただきました。 まず報道でよく使われる「慰謝料」という言葉は、法律用語の慰謝料ではなく、離婚を成立させるための解決金の総額のことです。 そして紗栄子さんの場合、最終的に「慰謝料5億円、月々の養育費500万円」で協議離婚を成立させたと報道されました(2012年1月17日発売の週刊女性、日刊ゲンダイなど)。 報道が正しいかは僕にはわかりませんが、仮にこの報道が正しいとするならば、紗栄子さんは良心的だったと思います。 本に詳しく書きましたが、当時のダルビッシュ選手の推定年俸からすると、もっと取ることはできたからです。 つまり結婚前に持っていた財産は全く関係ないんですね。 親の財産はなおさら関係ない。 うのさんの夫は大手パチンコ・チェーンの経営者で、資産家であることは間違いありません。 しかし、結婚してから資産を増やしたかといえば、パチンコは斜陽産業ですから、疑問符が付く。 むしろ、事業家としても成功しているうのさんのほうが結婚後に稼いでいれば、財産分与を支払わなければならないのはうのさんになるのです。 コンピはフローにかかってくるから、こちらも場合によっては、うのさんが払う立場になるかと。 日本は結婚制度でも税金でも、自分で稼いでいる成金には厳しい。 一方、親から引き継いだりしてストックで金を持っている人にはやさしいんですよ。 どういうわけか日本の女性は、お金持ちと結婚すると、相手や相手の親の財産が自分のものになると勘違いしていて、それゆえにボンボンが好きな人が多いのですが、男選びには一にも二にも、実はフローなのです。 男性について言えば、同様の理由で、いいところのお譲さんと結婚しても、あまり美味しいわけじゃなくて、むしろ危険だったりします。 本人の所得はゼロなのに、贅沢だけは一丁前ですからね。 離婚となれば、サラリーマンの旦那はコンピ地獄に嵌められます。 それから女性にとって、貧乏な男と結婚するメリットはゼロではなく、マイナスです。 藤沢:そう。 だからこの本は、婚活中の女性にこそ読んでほしいと僕は思っているんですよ。 どういう男性を、なぜ選ぶべきか、詳しく書きましたから。 稼いでいるキャリアウーマンや、結婚に焦っている女性の中には、癒しとか、家事への協力を求めて、男には経済力を求めないという人がいるかもしれない。 けれど結婚というのは、所得が多いほうから少ないほうへと一生続く支払義務が発生する「金銭契約」なのです。 貧乏な男性と金銭契約を結ぶメリットは、ゼロどころか、負債を抱え込むという意味で、とんでもないマイナスです。 むしろ、僕の真意は真逆で、自分でお金を稼げる女性が、相手の所得なんか気にせず、愛しあい、ときに子どもを作るというのは、大変に素晴らしいことだと思います。 ただし、その場合は、<事実婚>でいいのです。 家庭を持つことも、子どもを産むことも、当然ながら結婚しなくてもできます。 事実婚を妨げる法律は一切ありません。 わざわざ、女の人が、相手の男を生涯にわたって養うという法的義務を負うこともない。 欧米ではふつうの<事実婚>や<婚外子>が日本でもっと増えてもいい、と僕は思っています。 僕は<事実婚>が社会で受け入れられるほうに堰(せき)を切るために、この本を書いたところがあるんです。 金融日記管理人。 著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『「反原発」の不都合な真実』『外資系金融機関の終わり』『ぼくは愛を証明しようと思う。 』がある 外部サイト.

次の

ダルビッシュ有の紗栄子への慰謝料額!離婚理由や子供画像が衝撃?

ダルビッシュ 慰謝料

ダルビッシュ有の離婚条件が屑過ぎると思いませんか? 連日報道されているダルビッシュ有と紗栄子さんの離婚協議。 ダルビッシュ有の出した条件を聞いてびっくりしました。 浮気をしていたのが離婚の1つの理由です。 今回の離婚騒動は、ダルビッシュ有が引き起こしたもの。 紗栄子さんは子供の事も考えて最後まで頑張ったようです。 それなのに、慰謝料を払わないとは…。 屑過ぎます。 それも、今年渡米しなかったのも、慰謝料をアップさせたく なかったからとか…。 卑怯すぎます。 今まで子育てを全くせずにすすきので遊びまくっていたダルビッシュ有。 当然、自分では子育てなんて出来ないし、やる気もありません。 養育権を放棄するのは当然です。 紗栄子さんを批判する人もいますが、仕事をしながら、 両親に協力してもらい、育児を放棄していた訳ではありません。 彼女なりに頑張っていました。 ここで驚くべきなのは、親権は俺のもの…ということです。 ふざけんな! 紗栄子さんを家政婦扱い! 金だけだすから、俺の子供を育てろとは…。 どこの王様気取りなんだ! 人間として、ここまで屑な対応ができるとは 恐ろしくて言葉もありません。 紗栄子さんは憔悴しきっているようです。 最近ではダルビッシュ有側から紗栄子さんのネガティブ情報が 流されており、彼女は更に追い込まれています。 こんな離婚条件が通るのでしょうか? 補足ダルビッシュ有は球界の宝だから、何をしても許される。 浮気しても、いきなり離婚を突きつけても容認。 本当か? そういう考え方の人がいることに驚きです。 特別扱いすることで海老蔵みたいな屑になっていくこと に気づかないのか?常識的に判断できないのか? ダルビッシュ側が本当にこういう条件を出しているのかは知りませんが、この条件は当たり前でしょう。 だって、サエコは家事育児してないんですよ?生後一ヶ月の次男を親に預けて自分は東京へいって、、とかって、本当にありえません。 一ヶ月の赤ん坊を平気で人に預けること が出来るということは、もう今では預けっぱなしなのでしょう。 ママフェスとかいう、つまらないイベントにチャラチャラ出て来て、一人になる時間がなければ家で笑っていられないとか言ってたみたいです。 本当によくそんな事をああいう場所で言えたものだと。 それがサエコって人間です。 勝手なときだけ次男の体が弱くてとかいうくせに、それなら、母親ならずっと側にいてあげることが一番大切なことなはず。 そんな育児を許してきたサエコの両親もどうかと思います。 ダルビッシュの親だって、あんな女に孫をまかせるわけにいかないでしょう。 サエコからは親権も取り上げるべきですよ。 それが子供のため。 どちらにしても子供たちは滅多に母親に会えないんですもの。 慰謝料はサエコが払うべきもの。 ダルビッシュという野球界の宝のケアを怠ったために、成績が悪くなったんですからね。 罪ですよ。 財産だって、分与する必要なし。 サエコは何もしてないし、ダルビッシュ一人で頑張って稼いだお金ですから。 よって、質問者さんが何故憤っておられるのか、さっぱりわかりません。 補足を読んで 浮気はいけないことですよね。 (そもそも本当に浮気したのかも定かではありませんがね。 サエコサイドの陰謀かもしれませんし。 )いきなり離婚をつきつけたのかどうかもわかりませんよね。 ずっと家事育児に専念してくれと 言い続けても聞き入れてもらえず今回の決断に至ったのかもしれませんし。 常識的に判断してサエコにはどうしても同情出来ないというだけです。

次の

ダルビッシュ,紗栄子 慰謝料5億円+月500万円の養育費で決着か

ダルビッシュ 慰謝料

紗栄子とダルビッシュ有の馴れ初めは?結婚式はどうだった? まずは、紗栄子さんとダルビッシュ有選手の馴れ初め・結婚理由・出産まで調べました。 紗栄子さんとダルビッシュ有さんは2007年5月に 大沢あかねさん関係の誕生日の時に初めて出会い 直ぐに意気投合して交際がスタートしました。 大沢あかねさんの誕生日は8月16日ですので家族か親戚の誕生日だったかもしれませんね。 大沢あかねさんの祖父は、北海道日本ハムファイターズの監督や常務を歴任した大沢啓二さんですから ダルビッシュ有さんも呼ばれていたと思います 誕生日の場では、大沢あかねさんは知り合いだらけで忙しくしてたので紗栄子さんは、ひとりでひっそりしてた所にダルビッシュ有さんが話しかけてきて意気投合したと言われてましが ダルビッシュ有的には、 いいカモが転がってた状態ではないかと思われます。 実際、ダルビッシュ有さんから紗栄子さんに告白などもなく自然な?というか、なんとなく交際が始まった様です。 当時は、お互いの交際を隠さずに、デート現場を 目撃されまくってます。 紗栄子とダルビッシュ有の結婚理由はデキ婚?結婚式の内容は? 2007年8月9日 紗栄子さんはブログで (当時は北海道日本ハムファイターズの)ダルビッシュ有との婚約と妊娠6週間であると報告 出会いが5月で8月に妊娠6週間 しかも結婚 ダルビッシュ有は、カモを見つけたつもりで 逆に確保されてしまったわけですが ペースが早すぎですね。 ちなみにダルビッシュ有さんは紗栄子さんの事を 紗栄子さんの事は知らなかったが、しゃべっていて声をCMで聞いた覚えがあり、その事を言うとその子で 話がはずんだ 話も合いましたし、告白はどちらともなくでプロポーズしてないので、「ヒーローインタビューでして」って言われた。 紗栄子さんはダルビッシュ有さんの事を 顔がタイプだったので関係を持ったら1回で妊娠したのでびっくりした 2008年3月24日に 長男 蓮 「チビダル」誕生 2008年10月 紗栄子さん所属事務所を退所 2008年12月 ハワイで挙式を挙げる っと出会って3ヶ月で婚約 10ヶ月で出産 1年7ヶ月で結婚式 っと、やばいぐらいのペースで進んで行くのですが 結婚式の様子 紗栄子とダルビッシュ有の離婚理由 本来、野球選手の奥さんは 主人の健康管理・子育て・家事と 忙しはずなのですが 紗栄子さんは、家庭の事は家政婦さんに任せて 自分自身でPepii. Kittyという会社を持っており その運営等で忙しく働いており その為に夜に出歩くことが多く「夜遊び」などと報道された事もありました。 その為か、ダルビッシュ有さんは自分の健康管理の為にも合宿場で食事や寝泊りする様になり 後輩と一緒に飲みに行っただけの事を 「キャバクラに遊びに行ってる」などと報道された。 そして 2010年2月26日 次男 塁 「ベビダル」誕生 この頃には、紗栄子さんの実家が宮城にあり 次男が生まれた事により実家が拠点となった様です。 これにより ダルビッシュ有さんは、仕事場というかホームが北海道で各県に遠征もあるわけですから なかなか家庭のめんどうはみれない 紗栄子さんも、旦那も大事だが2歳しか離れていない子供を2人も抱えてたら実家暮らししか選択がなくなる なので別居に近い状態となってしまった。 そこで、 ダルビッシュ有さんはすすきののキャバクラ通い 紗栄子さんはベビーシッターと不倫?などど 噂されれば 紗栄子さんは「うちが子育てしてるのにダルビッシュはなに遊んでん?!」 ダルビッシュ有さんも「旦那の健康管理もしないで夜遊びしベビーシッターと不倫してなにいってん?!」 となり言い合いとなった ダルビッシュ有は、「もう耐えれない」とばかりに 離婚を切り出し 5年の「ままごと婚」は終焉をむかえた。 お互いにすれ違いが お互いの事を「なんでわからないの?」に発展し 「愛されていない」からだっとなってしまったと思われます。 2011年の離婚報道の時には ダルビッシュ有さんの女性問題で離婚するみたいになっていたが これは、紗栄子さんの情報操作ではないかと思います。 浮気報道で ダルビッシュ有さんのツイッターで 紗栄子とダルビッシュ有は慰謝料払ったの?養育費はいくら? 離婚調停の最中に報道で 「育児・家事を放棄して遊び歩いていた、養育費として月に1000万円要求した」 と報道されたが 実際に離婚した後で ダルビッシュ有さんのブログで 「彼女に関してメディア等で根も葉もない話が出てましたが事実がほぼゼロです。 彼女は献身的に自分を支えようと頑張ってくれてましたし、家庭内の仕事も一生懸命こなしてくれてました。 法外な慰謝料、養育費を求められたこともありません。 」 と発表した。

次の