ディシディア オペラ オムニア まとめ。 【DFFOO】FF系のソシャゲならディシディアオペラオムニアがおすすめ!良い所と悪い所を紹介!

シャドウ、ホープ、ライトニングが真化対応! シャドウとホープはキャラ調整も【2019.7.31アプデ情報】

ディシディア オペラ オムニア まとめ

2017年2月1日正式にサービス開始された『ディシディアFFオペラオムニア』 ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア カテゴリ: ゲーム, ロールプレイング サービス開始すぐでガチャでいいものが出やすいという一般人のツイートを見つけ今しかない!と思って慌ててスタートした感じです。 そんな話題の『ディシディアFFオペラオムニア』 ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア をプレイしてその魅力をまとめてみました。 『ディシディアFFオペラオムニア』の魅力は?• ガチャは武器のみで、キャラはストーリを進める事で確実に手にいれる事ができる。 FFBEや白猫プロジェクトでお目当のキャラが出なくてイライラしている僕にとってはかなりありがたいシステムです。 『ディシディアFFオペラオムニア』 ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア は過去のFFのキャラクターがたくさん出てきてその過去のキャラクターと冒険をするストーリーなのですが、開始直後からクラウドをPTに加え冒険ができます。 あと現在期間限定イベントでスコールが手に入ります。 スコールというとFF8の主人公なので期間限定イベントとは言っても今後何回も開催されるのではないかと思われます。• オンラインマルチ要素がない。 もちろん今後追加される可能性もありますが、現在オンラインマルチ要素がないので自分のペースで進める事ができます。 スマホゲーというとオンライン要素ばかり追求したゲームが多い中久々のオフゲは楽しめそうです。• 大量のジェムが貰える 1章プリムス島クリアで大量のジェムが貰えます。 このジェムが武器ガチャを引くためのものです。 また現在事前登録キャンペーンが開催されていて多めにジェムをもらう事ができます。 そのおかげで早い段階でガチャが回せるのでリセマラがスムーズにできます。 最初のガチャは確定で星5 最初はウォーリアオブライト、ビビ、レムの3キャラでゲームが始まるのですがチュートリアルで回す初めてのガチャは確定で星5の武器がでます。 最初の3キャラのモチーフ武器のどれかがランダムででるので、他のゲームと違って開始早々モチベが上がります。 ちなみにウォーリアオブライトって光の戦士のことですよ!FF1懐かしいですねー! そんなわけでスタートした『ディシディアFFオペラオムニア』 ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア ですがリセマラ3回目にして クラウドのモチーフ武器『オーガニクス』とヤ• シュトラのモチーフ武器『タイラス』が出てくれたのでリセマラ終了です。 最初の確定ガチャでウォーリアオブライトのモチーフ武器『エンハンスソード』がでたので開始早々星5の武器3本ゲットという運のいいスタートとなりました。 『ディシディアFFオペラオムニア』 ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア をまだプレイしていない人の中には、10連で1個星5確定ガチャがきたら始める。 ガチャの確率が上がったら始めるといった方もおられますが、僕はもったいないなって思います。 旬なゲームは旬なうちにやってこそだと思いませんか?やりたいのにもっと環境がよくなるまで我慢して待つなんて意味あるのかなって思います。 ログインボーナスとかもありますしね。。 そんなわけでFFが好きな人は『ディシディアFFオペラオムニア』 ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア プレイしてみてください。 僕は無課金でプレイを進めるつもりです。

次の

【オペラオムニア】最強キャラランキング【ディシディア/DFFOO】

ディシディア オペラ オムニア まとめ

ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニアとは? ここではまず、【DFFOO】がどのようなゲームであるかなど、基本情報から紹介していきたいと思います。 FFオペラオムニアの基本情報• 配信元 スクウェア・エニックス• ジャンル RPG• 対応OS iPhone・Android• 料金 基本無料(アプリ内課金あり)• 公式サイト 【ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア(以下DFFOO)】は、2017年2月1日にサービスが開始された、スクウェア・エニックスのスマホRPGです。 2015年に発売されたアーケード用ゲーム【ディシディア ファイナルファンタジー】の正解感をそのままに、スマホ向けRPGとして配信したので、今作では【ディシディア ファイナルファンタジー】と同様に、 歴代のFFシリーズキャラのクロスオーバー要素を存分に他の楽しめる内容になっています。 基本はターン制RPG アーケード版のディシディアはアクションゲームでしたが、【DFFOO】はターン制RPGで、同シリーズでは初のRPGとなっています。 スマホRPGでよくある、メインシナリオやイベントシナリオをプレイするための「体力」や「スタミナ」などのプレイに必要なポイント消費の概念は基本的にはありません(幻獣関係のステージやマルチプレイの一部にはポイント消費があります)。 プレイが制限されることなく遊べるのが今作の大きな特徴のひとつと言えるでしょう。 編成はプレイヤーの自由 敵味方関係なく、歴代のFFキャラを仲間にすることで、パーティ編成はプレイヤーの自由であることも、このゲームの大きな特徴のひとつと言えます。 例えば【FF5】に登場する主人公「バッツ」と宿敵である「ギルガメッシュ」や「エクスデス」を仲間にすることができます。 この3人のパーティ編成でストーリーやクエストに挑めるなど、 オリジナル版では叶わない夢の編成を、プレイヤーの好みに応じて好きに組むことが可能です。 美麗グラフィックとフルボイス ゲームの構成を司るバトルも、高性能の美麗グラフィックとキャラクターボイスによって、臨場感溢れるアニメーションバトルを、迫力満点で楽しめます。 必殺技や魔法アクション、それを彩るエフェクトの数々は、見ているだけでもカッコ良く、またアクションも派手でBGMも高性能なので、RPGでありながらも爽快感を感じることができます。 DFFOPのおすすめポイント ここからは、個人的な感想ではありますが、【DFFOP】をプレイしてみた感想や印象から、【DFFOP】の魅力やおすすめポイントなどをお伝えしていきたいと思います。 FFキャラのクロスオーバーが楽しめる 一番の魅力とおすすめポイントは、上記でも少しありましたが、何と言っても歴代のFFキャラのクロスオーバーを楽しめる点だと言えます。 しかもただ単にパーティ編成によってバトルでコラボを楽しむといった単純なものではなく、 歴代のFFキャラが敵味方関係なくメインストーリーやイベントなどでしっかりと絡むので、これはFFファンからしたらたまらない演出です。 イベントが豊富 従来のスマホゲームと同様に曜日や月単位のイベントはもちろん、1人のキャラクターをフューチャー特別なイベントや、ユーザー同士で協力するレイドイベントなど、豊富なイベントが随時開催されています。 メインストーリーも定期的に追加更新されているので、これら随時開催されているイベントと合せれば飽きることなくプレイすることができます。 プレイ制限がない このゲームの大きな特徴のひとつがスタミナなどのポイント消費によるプレイ制限が基本的にはないことで(幻獣関係のステージやマルチプレイの一部などにはポイント消費があります)、メインストーリーやイベントなどを制限なしで周回プレイすることも可能です。 プレイ制限がないため、 好きな時間に好きなだけプレイできるので、自分のペースで遊べて、自分のペースでやり込むことができます。 ガチャが比較的甘い 今作にはいわゆるガチャの概念が存在し、キャラクターが装備する強力なスキルや必殺技は、ガチャによって入手する武器が必要となります。 これはあくまでも個人的な印象ですが、今作はその重要となるガチャが少々甘目のような印象を受けました。 ガチャは基本的に、ログインやミッション、課金などで入手する「ジェム」を消費するか、単体でガチャをひくことができる「チケット」のどちらかを消費して、ガチャに挑むことができます。 ですが、これまでプレイした個人的な体感では、 確立の低い単体専用の「チケット」でも、いくつもレア度の高い武器が排出されています。 また、単体でひける「チケット」は結構な頻度でもらうことができ、ジェムも頑張れば結構な数を溜めることができるので、レア武器をひけるチャンスは多いです。 結局何が言いたいのかというと、「無課金でも頑張ればそこそこのレベルで遊べるよ」ということです。 課金ありきではなく幅広いユーザーが遊びやすいやすい仕様になっていることが、このゲームの一番の魅力とも言えるのではないでしょうか。 【DFFOP】まとめ ここまで、【ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア】の基本情報やゲームの魅力・おすすめポイントなどを紹介してきました。 メインストーリーやイベントなど、今後も追加配信されると予想されるので、こちらの方でも気になることや最新情報などを今後も配信していきたいと思います。 関連記事 関連動画.

次の

【オペラオムニア】テクタイトバックル【XIII】の評価と最大ステータス【ディシディア/DFFOO】

ディシディア オペラ オムニア まとめ

『オペラオムニア』を進める手順 1. メインストーリーを進めて仲間を集める 2. ジェムを集めて装備ガチャをひく 3. 武器を強化する 4. キャラクターを強化し、強敵に挑む 1. メインストーリーを進めて仲間を集める まずは、ストーリーを進めよう。 物語に登場するキャラクターたちは、メインストーリーを進めることで仲間になっていくので、まずはメインストーリーを進め、すべてのキャラクターを仲間にしていこう。 5章までは、ミッションをクリアーすることにこだわらなければ、レベル上げなどもあまり必要ない。 基本的にはがんがんストーリーを進めて戦闘をこなしていくだけで、キャラクターもある程度育っていく。 ちなみに、本作でのキャラの強さは、武器に依存してくる。 7種類の武器カテゴリが存在し、キャラクターによって装備できるカテゴリが決まっている。 大剣 剣 短剣 杖 銃 投擲 格闘 星5の武器を装備できるキャラが最終的に強くなるので、手持ちの武器に合わせて育てるキャラを決めたいところ! 星5装備と相性のいいキャラを育てるのがベストだが、相性のいいキャラでなくても、その武器が装備できるキャラであればオーケー。 しかしこの時点で星5の武器を持っておらず、「誰をパーティーに入れて戦闘に臨めばいいかわからない」というプレイヤーにおすすめのキャラクターは、ストーリー開始時に仲間になっている ビビと、序盤で仲間になる クラウド、 ヤ・シュトラ。 この3キャラは、序盤だけでなくゲームを通して使えるキャラクターなので、パーティーにいれて育てておいて損はないだろう。 ビビ (杖装備) ・魔法攻撃系なので、プリンやゴーストなど物理攻撃に耐性があるモンスターの討伐が楽になる。 召喚獣を呼んで最大ブレイブが高くなった時に使うのがおすすめ。 ジェムを集めて装備ガチャをひく メインストーリーを進めることで、ガチャに使えるジェムが手に入る。 ジェムはクエストの初回クリアー報酬や、クエストに設定されたミッションをクリアーしていくことでバシバシ手に入るが、ジェムは装備ガチャに使ってしまっていい。 10連ガチャをすれば、11個の装備品が手に入るうえに、星4以上の装備品がひとつ確定するので 、ジェムは5000個溜めてから回したほうがいいだろう。 キャラクターのレベルをいくらあげても、装備している武器のレアリティが低いと最終的に火力が伸びないため、 星5の武器を手に入れ、それを装備できるキャラを強くすることが、最強パーティー作りへの一歩となるぞ。 このように、序盤は比較的ジェムも手に入りやすく、星5武器も手に入るかと思うので、これが出るまで何度もチュートリアルからやりなおすほどの必要はないだろう。 武器を強化する 星5の武器を手にいれたら必ず強化していこう。 強化素材は、メインストーリーを進めていくことである程度手に入るので、 手に入れた星5武器にすべて投入してオーケー。 なお装備品は、装備することを忘れずに! 4. 基本的に難易度ノーマルなら、適度に戦闘をこなしてレベルアップで強化していけば、そうそうひっかかる敵はいない。 しかし、3章に登場するモルボルグレートの臭い息や、5章に登場するシーモアなどで苦戦する場合がある。 それまでに星5武器をひとつかふたつ、できれば3つそろえておけば頼もしいが、ダメな場合は、クリスタル覚醒をしてステータスを底上げしておこう。 メインパーティーのキャラクターのクリスタルは、このサイクルクエストで積極的に集めておきたい。 またクリスタル覚醒では20まで覚醒させると、新たなアビリティを習得できる。 どんなアビリティを持っているかによって、ボスへの対策もうちやすくなるので、最低でも20までは覚醒させておこう。 以上の4つが『ディシディアFF オペラオムニア』を進める上での基本の動きとなる。 ゲームに慣れてくれば召喚獣や、ハードモード攻略などさまざまなやり込み要素も出てくるが、まずは現在登場しているストーリーを楽しむことを優先していこう。

次の