ポケダンdx 主人公 おすすめ。 『ポケダンDX』ストーリー攻略につまずいた同志に送る5つのポイント─「詰んだわ」なんて諦めるな、ボクたちはポケモン救助隊だ!

【ポケダンDX】序盤に強いと感じたすごわざたち。便利なとくせいも!【攻略】

ポケダンdx 主人公 おすすめ

前作からの削除・変更点 通常攻撃の廃止 リメイク前は技とは別に効果を持たない通常攻撃が存在しましたが、 今作では攻撃するには必ず技を使用する必要があります。 全ての技が使用不可能になると「わるあがき」を使用し、自分もダメージを受けてしまいます。 その代わり 技によるお腹の減少度は抑えられているようです。 かしこさの廃止 グミを食べてかしこさを上げる事でダンジョン攻略に有用なスキルを覚える事が出来たシステムが廃止されています。 かしこさの代わりに 「すごわざ」が存在し、1匹につき1つ特殊なパッシブスキルを覚える事が可能になりました。 このすごわざは「DXグミを食べる」「仲間になったポケモンがたまに持っている」などで覚えさせていく事が出来ます。 グミはかしこさを上げる能力の代わりにステータスを成長させる役割を持つようになりました。 マクノシタ訓練所の仕様変更 リメイク前は任意のタイプのダンジョンを選んで進んでクリアを狙っていくというものでしたが、 DXでは完全に経験値稼ぎのボーナスステージとなりました。 また、入場にはチケットが必要となり、チケットの等級によっても訓練内容が変わります。 主人公・相棒の変更 ゲームを開始するといくつかの質問をされ、その回答によって自分にあったポケモンが提案されるのはリメイク前通りですが、今回はその提案を却下して 自分で任意のポケモンを選択出来るようになりました。 また、相棒ポケモンとしては選択できなかった「イーブイ」「ニャース」「カラカラ」「コダック」「エネコ」も相棒として選択出来るようになっています。 DXからの追加要素 技成長システムの追加 技を使用していくと 技自体がパワーアップしていき、「威力が上がる」「PPが増える」などのボーナスが得られます。 また、技の成長度はパーティで共有されているので同じ技を覚えているポケモンを使っていれば効率よくパーティの強化を行える他、新しく仲間にしたポケモンでもすぐに強力に成長した技を使用する事が出来ます。 新技の追加 リメイク前には存在しなかった技も今作には存在し、より多様性の高い攻略や戦略が練られるようになりました。 技は勿論相手も使ってくるので技毎の特性はしっかりと把握していきましょう。 連れ歩き数の増加 DXでは基本的にダンジョン入場の際に3匹まで仲間を連れていける他、 ダンジョン内で仲間にすると最大計8匹までのポケモンと冒険が出来ます。 更に仲間が増えそうになった場合は連れているポケモンから誰と別れるか、または仲間にしないかなどを選択可能です。 ダンジョン内で仲間になったポケモンは、対応したキャンプを解放しているポケモンに限りダンジョンを突破するとそれ以降もダンジョンに連れていける仲間となります。 対応したキャンプを持っておらず、仲間にする事が出来ないポケモンもダンジョンクリア後に冒険のお礼としてお金をくれるので無駄になる事はありません。 オート移動の実装 ダンジョン内で 「L」を押す事によって自動で移動をしてくれるオード移動モードに移行します。 階段を最優先で探す「階段優先」埋まっていないマップを埋めていく「探索優先」のどちらかから行動形態を選ぶ事が出来る上、 敵が近くに来た場合はオート移動を中止するので気づいたら倒れているという事故も最小限に抑えられます。 行動形態はオプションから変更が可能です。 ポケモンによってはメガシンカになるようです。 詳しい条件については未確認となっています。 新たなアイテムの種類 DXでは以前は存在しなかった 「えだ」というアイテムの種類が追加されました。 えだには使用回数が存在し、使用するとそれぞれに対応した効果を持った弾が真っすぐに飛んでいき、当たった対象に作用します。 使用回数が0になると振っても反応しなくなってしまいますが、えだ自体をぶつける事で効果を発動させる事が可能です。 色違いの実装 ダンジョンで出現する強敵は稀に色違いで出現します。 ただし 仲間にするには「ともだちリボン」が必要となっています。

次の

【ポケダンDX】セーブ方法|体験版からのデータ引継ぎについて

ポケダンdx 主人公 おすすめ

みなさん、今日も救助に勤しんでいますか? 本作はストーリーに一区切りが付くと、一気に世界が広がって冒険の深みもがグッと増します。 むしろ、ストーリーをクリアしてからが本番と言っても良いかもしれません。 しかし、その ストーリークリアが意外と曲者で、「不思議のダンジョン」シリーズや『ポケダンDX』ならではのコツを知らないと、苦戦してしまうケースもしばしば。 筆者は全滅までは免れたものの、道中やボス戦でヒヤヒヤすることが多く、足を震わせながらなんとかクリアできました。 その先の景色は、嬉し涙や悲し涙やらが入り混ざって良く見えませんでした。 ネタバレ自粛。 でも、だからこそ「クリアできない」「詰んだわ」と言っている方々が、自力でダンジョンの出口に到達するのを手助けしたくて仕方ありません。 そこで今回は、『ポケダンDX』のストーリークリアをするために抑えておきたい点をいくつか紹介します。 これを意識するだけで、だいぶ変わるはず。 つまり、レベルを上げれば上げるほどポケモンは強くなり、ダンジョン攻略も楽になるということ。 そのレベル上げを効率よく行えるのが、村の中にある「マクノシタ訓練所」です。 利用するには「ホンキチケット」等の専用アイテムが必要ですが、 短時間で一気に大量の経験値が稼げるためレベル上げには最適!育てるポケモンに悩んだら、いつもパーティに編成するレギュラーポケモンや、攻略したいダンジョンとタイプ相性の良いポケモンを連れていくと良いでしょう。 「ホンキチケット」は冒険の合間にポストに送られてきたり、救助依頼に成功したりすると貰えます。 「マクノシタ訓練所」内の、操作方法を教えてくれる「まなびのくんれん」初回報酬でもゲットできるので、こちらも忘れずに。 あらかじめ、村の「ガルーラおばちゃんの倉庫」やダンジョン内の「ガルーラ像」に必要なアイテムを預けておいて、ここぞという時に使っていくのがオススメです。 まず優先したいのは「オレンのみ」や「ふっかつのタネ」といった回復アイテムです。 特に「オレンのみ」は最大HP上昇という効果が非常に重要。 『ポケダンDX』ではタイプの相性が悪いと、敵の攻撃を一回喰らっただけでHPが0になることも珍しくありません。 それを防ぐためにも、ダンジョン内で余ったらパパッと飲んじゃいましょう。 また相手を「こんらん」や「すいみん」といった状態異常にさせるアイテムは、いくらあっても困りません。 特に同じ部屋全体に効果がある「たま」系や、複数回使える「えだ」系のアイテムは便利ですね。 ボスを状態異常にすることができれば、こちらが一方的に攻撃できるため勝ちやすくなります。 よりボス戦を盤石にしたければ、「みんなかいひだま」を併用するのも手でしょう。 どんなにボスの攻撃が痛くとも、避けてしまえば問題なし。 それと筆者が意外と重宝したのが、正面1マスで使用すると固定100ダメージになる「ばくれつのタネ」でした。 ボスのHPが相対的に低い序盤では特に効果的に働きます。 そのため、「ボスに向かう途中のダンジョンは、階段見つけたら即降りるor昇っちゃうのもアリ」というのが筆者の持論です。 従来の「不思議のダンジョン」シリーズのように、レベル上げやアイテム回収を兼ねて探索する必要性をあまり感じませんでした。 食料となる「リンゴ」のドロップ率も控えめですし、「ボスに辿り着く前にアイテムが消耗してしまう…」とお悩みの方は、バトルは最小限に控えてひたすら階段を目指してみましょう。 そのような方針でも、道中の戦闘で仲間はそれなりに増えます。 できることならみんな助けたいけど、リンゴに余裕が無ければ見送らないといけないことも…。 ただしフロア内に救助を待っているポケモンがいる場合は、探索する価値があります。 とはいえ、自分たちのお腹が空になって倒れては本末転倒なので、残りのリンゴと相談になります。 しかし、プレイヤーが操作するポケモンから 押し出されて移動した仲間ポケモンは、そのターンを消費していないことはご存知ですか? 例えば上の画像のような時。 操作しているヒトカゲを画面上方向に1歩動かすと、仲間であるピカチュウとアブソルも、クルッと1回転しながら同じ方向に移動しますよね。 なんとこの時、ピカチュウとアブソルは行動ターンを消費していないのです。 そのため、移動後に2マス先まで攻撃できる技をもったアブソルが即座に敵を攻撃!敵が正面1マスに届く技しか持っていなければ、この行動だけで安全に勝てます。 なおこの現象は、仲間モンスターとすれ違った時にも同様に発生します。 非常に地味ですが、知っていると知っていないでは大違い!特に通路で敵と鉢合わせした時や、ポケモンのタイプ相性で有利を取りたい時に有効です。 ヒトカゲじゃなくて後ろのゴローニャで戦いたい!そんな時はBボタンを押しながら右に1歩歩きましょう。 ヒトカゲと入れ違いで移動したゴローニャはターンを消費しておらず、すぐさま攻撃!便利です。 これは文字通り、ポケモンが持つ複数の技を一つに連結した技のこと。 使用時にお腹の減りが早くなるというデメリットはあるものの、1ターンの間に最大4連続で攻撃可能になるため、その威力は絶大です! この画像では「エレキボール」「ほっぺすりすり」「アイアンテール」が連結されており、1ターンで3つの技を連続して繰り出せます。 弱いわけがない。 特にダンジョン終盤のボスに苦戦している方は、以下を試してみてください。 ・そのポケモンが持つ技を4つ連結する。 ・技の威力があがるバンダナ等のアイテムを装備させる。 バトルに入ったら、自分が操作するポケモンはアイテム等でひたすらボスへの状態異常or味方回復に徹し、攻撃は上記ポケモンにお任せしちゃいましょう。 物凄いダメージを叩きだしてくれるはず! 攻撃力の高いボス戦は、長引くほどこちらが不利になります。 高い威力を出す「れんけつわざ」で一気に勝負をつけましょう。 技の連結は村の「ゴクリン」、もしくはダンジョン内で拾える「れんけつばこ」で行えるので、試してみてください。 個人的に『ポケダンDX』のストーリーが凄く好きなので、「ぜひ多くの人にクリアしてほしい」という勢いで本記事を書きました。 負けても大丈夫。 きっと誰かが、あなたのパーティを助けてくれます。 我々はポケモン救助隊。 きっとこのダンジョンを通じて、繋がっています。 挫けず、あきらめずに勝利を! 《ねんね太郎》.

次の

【名作】ポケモン不思議のダンジョンが神ゲーだと言われる5つの理由。

ポケダンdx 主人公 おすすめ

組み合わせについて。 ストーリー終盤はダンジョンが海底洞窟あたりがかなり火だとキツイです。 特に主人公は死んだら一応終わり ふっかつのタネがあれば話は別 なのでパートナーが火なら死んで放置したままダンジョンを主人公とほかの生き残りで逃げとおすことできますが、主人公だとふっかつのタネなくなりあなぬけつかわずにダンジョンをただ突っ切りたい場合はそれはできないです。 海底洞窟あたりはボスいなくてただダンジョンを抜ければいいだけです。 レベル上げはその洞窟後に大量に仲間が加入しダンジョン内に大勢で潜れますからそのときにやればいいです。 ちなみに主人公が水や電気だとあんまり苦労しないです。 進化については進化はちゃんと間飛ばさない進化です。 進化するためにゼルネアスに話すとちゃんとレベルが足りないとか進化できないとか細かく進化に関して画面表示がでますから、進化させてからまた進化させに行ったらレベルが足りないとかがわかります。 ちなみにメガ進化はゼルネアスではなくダンジョン内にあるラピスの覚醒をリングルにはめると進化できます。 もちろんラピスなんで一時的な進化です。 本家もそうでしたがメガ進化は戦闘中だけになれる姿なので。 普通の進化は進化したら元には戻りません。

次の