イッテq 橋祭り。 イッテQのやらせ疑惑まとめ!過去の祭りでもやらせはあった!?

イッテQのラオスの『橋祭り』が

イッテq 橋祭り

毎日新聞の記事では、以下の通り。 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・神田安積弁護士)は5日、番組で紹介した海外の二つの「祭り」が実際には番組側の提案で実現したのではないかという、「やらせ疑惑」が指摘された日本テレビの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」について、「二つの『祭り企画』には、その程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。 「やらせ疑惑」の祭りとは イッテQで「やらせ疑惑」の対象となったお祭りは、2017年2月に放送された「タイ・カリフラワー祭り」と2018年5月に放送された「ラオス・橋祭り」の二つ。 カリフラワー祭りでは、芸人の宮川大輔さんとアイドルの手越祐也さんが、カリフラワーの収穫を祝うタイの祭りに参加し、二人三脚で収穫する様子を放送。 一方、ラオスの橋祭りでは、自転車に乗った宮川さんが、障害物を避けながら細い板の上を渡る催しとして紹介。 どちらも、地元住民とスピードを競う競技、また、「年に一度の祭り」などと番組では流されました。 「祭り」はイッテQ番組が企画 ところが、それらのお祭りは、地元で元々行われていたものとして紹介されたわけですが、実際にはそうではなく、番組のために企画されたものであったことが判明。 「やらせ疑惑」の理由 やらせ疑惑は、番組のために作られた海外での催しを「地元の祭り」としていたということが一つ。 もう一つは、祭りの開催のことで、今回が初めてであったものを、「年に1度の祭り」などと事実と異なるナレーションを入れており、それが「やらせ」であるとして指摘されました。 BPOが「放送倫理違反」 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(神田安積委員長)は1月11日にこれを審議。 5日に「その程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」と認定しました。 「祭り企画は休止」日テレ社長が謝罪 日テレの大久保好男社長は、「制作陣に(やらせの)意図はなかった」と説明する一方「企画について疑念、ご心配をおかけする事態となった。 おわび申し上げます」と謝罪。 祭り企画を当面休止することも発表しました。 視聴率は『ポツンと一軒家』に抜かれた! 『イッテQ』 は、5月中の放送で、同時間帯のライバル番組である『ポツンと一軒家』に視聴率を抜かれています。 『イッテQ』の視聴率は16・9%。 決して悪くはないが、のところを『ポツンと一軒家』は19・8%と過去最高をマーク。 『イッテQ!』は2007年に始まった長寿番組。 一方、『一軒家』は2018年からレギュラーに昇格した番組で見る見るうちに頭角を現していました。 そこへきて「放送倫理規定違反」となりましたので、これからさらに視聴率の低下が続くと思われます。

次の

イッテQ 橋祭りのヤラセ疑惑真相! お祭り男はコーヒーフェスティバルの横で祭りを作ったのか!?

イッテq 橋祭り

2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ! 番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り? 」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。 同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。 問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。 だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。 「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。 そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。 この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」 ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。 「こうした自転車競技はラオスには存在しない。 今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」 また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。 「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」 日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。 「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。 今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」 番組で放送された「橋祭り」は、ラオスの祭りで、そこに「イッテQ! 」が参加したのか。 それとも、日テレサイドの企画した、「作られた祭り」だったのか。 「週刊文春」はビエンチャン、タイ・バンコクで3週間にわたり取材。 セットを設営したタイ人スタッフ、祭りに参加し「協力費」をもらった少年たちの証言に加え、 セットの設営を依頼した海外コーディネイト会社の社長、宮川大輔への直撃などの取材結果を、11月8日(木)発売号で、5ページにわたり掲載している。 yahoo.

次の

イッテQやらせ疑惑の真相まとめ!橋祭りでラオスが怒り打ち切りも?|Anogate

イッテq 橋祭り

今回のやらせ疑惑が出たことで、 過去にもやらせがあったのでは?と思う人も多いでしょう。 ロケでの経費を安くすませることができれば制作費が浮き、 浮いた分はそのまま制作会社の儲けになるシステムになっているそう。 過去にやらせの可能性がある祭りは? 今の段階では過去のやらせは発覚していませんが、 これまでにたくさん放送されているお祭りシリーズは やらせが行われていた可能性も高いと言われています! これまでに参加した祭りをいくつか紹介します。 うなぎ祭り(タイ)• 竹竿祭り(タイ)• ブタ祭り(タイ)• つるつる相撲祭り(タイ)• 海ボクシング祭り(タイ)• 棒祭り(インドネシア)• 人間ボウリング祭り(中国)• ドロ祭り(イギリス)• かぼちゃ祭り(ドイツ)• ソリ祭り(スイス)• 石鹸箱祭り(イタリア) これらは一部ですが、調べてみると タイがやけに多かったです 笑 ブタ祭りのように動物を使ったり、 石鹸箱祭りのように個人で何かを作って行う祭りは やらせではやりづらいのではないかと思います。 昨年2月に放送されたタイの カリフラワー祭りもやらせだったことが発覚しました! カリフラワー祭りは二人三脚で畑を走り、カリフラワー20kgを収穫する速さを競うという祭り。 番組では、カリフラワー祭りは「カリフラワーの産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」と紹介! この祭りにはNEWSの手越祐也さんも参加し、宮川大輔さんと2人で祭りに出場していました。 話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。 当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません」 引用: さらに、祭りの出場者には賞金や参加費が渡され、そのお金はイッテQの海外ロケをコーディネートしていた会社が負担していたそうです! 「短いドラマや芝居を作りたい」と言われて企画したゲームだったということなので、これはお祭り企画のために作られた祭りだった、つまり やらせだったということがわかりますね! 今回のやらせ疑惑の影響で、 「イモトさんの登山も途中でヘリを使ったんじゃないか?」 などと言われたりしていてとても悲しい気持ちになりました。 やらせが絶対に悪いとは言えませんが、 そうではないものまで疑いがかけられることになるので残念です。 今度の日テレの対応に注目したいと思います。

次の