決まり手 腰投げ。 2018年バクー世界選手権大会結果情報掲載(18.9.20

日記/雑談: やっとこ! ー武術と強さと健康とー

決まり手 腰投げ

上手投げって!相撲の決まり手かよ! オーバースローで投げるメリットは? 次にオーバースローで投げることによってどんな効果があるのか?またどんなメリットがあるのか説明していきたいと思います。 球速が出やすい オーバースローの投球フォームは球速が出やすいというメリットがあります。 スリークォーターの記事でも少し説明しましたが、オーバースローやスリークォーターは上から投げることによって重力の力をかりることができ、またボールを持っている時間も長く加速もつきやすいので球速がでやすい投球フォームになっています。 変化をつけやすい オーバースローは変化球など変化をつけやすい投球フォームになっています。 特に縦への変化の縦スライダー、縦カーブ、フォーク、など高い位置から投げ下ろしたボールは非情に変化がついてオーバースローのピッチャーにとっても最大の武器になると言っても過言ではないでしょう。 角度があるボールを投げれる よく二階からボールが来るようなと聞くように、リリースのポイントが高くなるために角度のあるボールが投げれます。 特に身長が高い人はより角度のあるボールを投げれるため非情にバッターにとっては打ちづらく有効な投球ができます。 成績を残しやすい オーバースローは自分の体重もボールにのせることができます。 その結果威力のあるボールを投げることができます。 また一番ボールに力が伝わる投球フォームはオーバースローであるために成績を残しやすい投球フォームと言えます。 オーバースローのデメリットとは? オーバースローで投げることによりデメリットも存在します。 それを今から説明していきたいと思います。 身体に負担がかかる オーバースローの投球フォームでは、高い位置からボールを投げることにより重力の力をかりることができ、威力のあるボールを投げるできますがその反面、肩や肘に負担がかかります。 自分の頭より高いところから腕を振りおろすため重力に逆らった投げ方となるため肩や肘に負担がかかります。 これは高い位置からスイングするテニスやバドミントンなどにも共通して言えます。 また腕が高くなるので上半身の傾きが大きくなり、脇腹、背中、腰などにも負担がかかりやすくなり正しい投球フォームで投げないと故障の原因にもなります。 これらを予防するためには、正しい投球フォームで投げることも大事ですが日々のトレーニングで身体を鍛えることが大事です。 おすすめのトレーニング方法がコチラ 投げることは上半身を鍛えれば予防されると思われがちですが、下半身の強化によってフォームも安定するので日々の走りこみも予防のひとつとなります。 また筋を痛めないように、可動域を広げるためにストレッチをするのも予防のひとつですね! 2. コントロールがつけにくい オーバースローは他の投球フォームに比べてコントロールがつけにくいというデメリットがあります。 よくプロのピッチャーでもコントロールがつけにくいためスリークォーターにした選手がいます。 特にシンカーやスクリューなどピッチャーの利き腕方向に曲がりながら落ちるボールはコントロールがつけにくいです。 バッターが苦にならない、個性がない スリークォーターの記事で説明しましたが、ポピュラーな投球フォームのため、ほとんどのピッチャーがこの投球フォームなのでバッターが苦にならない、個性がないと言えます。 オーバースロー投げ方注意点 オーバースローは高く腕をあげるため投げる度に、腕や肘を高く安定して保つのが難しいです。 これが崩れると身体全体のバランスが崩れてしまうために、コントロールが安定しないだけではなく、どこか身体を痛め故障の原因になります。 これを防ぐためにも、足腰の強化やフォームをチェックし、身体をうまく使えるように修正するのもポイントになってくるのではないでしょうか?.

次の

ボートレースまるがめ Official Site

決まり手 腰投げ

ボートレースまるがめの「報知グリーンカップ」は18日に開幕(23日まで)。 唯一、SGを制している柳沢一(愛知)が地力上位の存在だ。 まるがめは昨年11月の67周年こそ準優(3着)で脱落となったが、それまではSG含め3連続で優出するなど、相性は良好。 ターン力、スタート力、調整力の全ての面で高いレベルを誇っており貫禄の走りを見せる。 中辻崇人(福岡)、渡辺浩司(福岡)の福岡支部コンビも有力なV候補だ。 中辻は前期勝率(昨年11月から今年4月)でただ一人、7点台(7. 06)をマーク。 今年5月の当地・MB大賞では準優2着に入りながらも不良航法で賞典除外となっており、名誉挽回の活躍に期待したい。 渡辺は6月の宮島で今年初優勝を飾るなど、リズムは上向きだ。 地元まるがめでG1V2を飾っている秋山広一(香川)も要注目。 5月の児島、徳山、6月の鳴門と3連続優出中(いずれも4着)と上昇ムードが漂う。 当地2連続優出中の下條雄太郎(長崎)・森定晃史(岡山)も活躍必至だ。 他では今井貴士(福岡)、佐々木和伸(徳島)、中越博紀(香川)、郷原章平(福岡)、白神優(岡山)、岩崎正哉(福岡)も侮れない。 (データは6月26日現在).

次の

日記/雑談: やっとこ! ー武術と強さと健康とー

決まり手 腰投げ

上手投げって!相撲の決まり手かよ! オーバースローで投げるメリットは? 次にオーバースローで投げることによってどんな効果があるのか?またどんなメリットがあるのか説明していきたいと思います。 球速が出やすい オーバースローの投球フォームは球速が出やすいというメリットがあります。 スリークォーターの記事でも少し説明しましたが、オーバースローやスリークォーターは上から投げることによって重力の力をかりることができ、またボールを持っている時間も長く加速もつきやすいので球速がでやすい投球フォームになっています。 変化をつけやすい オーバースローは変化球など変化をつけやすい投球フォームになっています。 特に縦への変化の縦スライダー、縦カーブ、フォーク、など高い位置から投げ下ろしたボールは非情に変化がついてオーバースローのピッチャーにとっても最大の武器になると言っても過言ではないでしょう。 角度があるボールを投げれる よく二階からボールが来るようなと聞くように、リリースのポイントが高くなるために角度のあるボールが投げれます。 特に身長が高い人はより角度のあるボールを投げれるため非情にバッターにとっては打ちづらく有効な投球ができます。 成績を残しやすい オーバースローは自分の体重もボールにのせることができます。 その結果威力のあるボールを投げることができます。 また一番ボールに力が伝わる投球フォームはオーバースローであるために成績を残しやすい投球フォームと言えます。 オーバースローのデメリットとは? オーバースローで投げることによりデメリットも存在します。 それを今から説明していきたいと思います。 身体に負担がかかる オーバースローの投球フォームでは、高い位置からボールを投げることにより重力の力をかりることができ、威力のあるボールを投げるできますがその反面、肩や肘に負担がかかります。 自分の頭より高いところから腕を振りおろすため重力に逆らった投げ方となるため肩や肘に負担がかかります。 これは高い位置からスイングするテニスやバドミントンなどにも共通して言えます。 また腕が高くなるので上半身の傾きが大きくなり、脇腹、背中、腰などにも負担がかかりやすくなり正しい投球フォームで投げないと故障の原因にもなります。 これらを予防するためには、正しい投球フォームで投げることも大事ですが日々のトレーニングで身体を鍛えることが大事です。 おすすめのトレーニング方法がコチラ 投げることは上半身を鍛えれば予防されると思われがちですが、下半身の強化によってフォームも安定するので日々の走りこみも予防のひとつとなります。 また筋を痛めないように、可動域を広げるためにストレッチをするのも予防のひとつですね! 2. コントロールがつけにくい オーバースローは他の投球フォームに比べてコントロールがつけにくいというデメリットがあります。 よくプロのピッチャーでもコントロールがつけにくいためスリークォーターにした選手がいます。 特にシンカーやスクリューなどピッチャーの利き腕方向に曲がりながら落ちるボールはコントロールがつけにくいです。 バッターが苦にならない、個性がない スリークォーターの記事で説明しましたが、ポピュラーな投球フォームのため、ほとんどのピッチャーがこの投球フォームなのでバッターが苦にならない、個性がないと言えます。 オーバースロー投げ方注意点 オーバースローは高く腕をあげるため投げる度に、腕や肘を高く安定して保つのが難しいです。 これが崩れると身体全体のバランスが崩れてしまうために、コントロールが安定しないだけではなく、どこか身体を痛め故障の原因になります。 これを防ぐためにも、足腰の強化やフォームをチェックし、身体をうまく使えるように修正するのもポイントになってくるのではないでしょうか?.

次の