アブ に 刺され る と。 アブとブヨの違いって何?!刺された時の症状や対処法を知ろう!

蜂とアブの違いは?怖いのを克服するには?刺されたらどうする?

アブ に 刺され る と

アブの特徴 アブとは 「昆虫綱 ハエ目 ハエ亜目」に属する昆虫の総称とする説が有力なのですが、範囲や定義が明確に整っておらず 曖昧な部分があります。 狭義な意味合いでは、その下層にあたる 「アブ科」に属する昆虫ともされているのです。 日本にもアブは 100種ほどが生息し、その内の 10種ほどが蚊と同様に人間も含めた動物からの 吸血種(雌のみ)になるのです。 アブの大きさは種類によってまちまちです。 たいてい 1センチメートル程度、大きいものでは3センチメートル程度になるものもいます。 頭部が大きく球状をしていて、触覚が短いですね。 また吸血種の雌の口吻は吸血するためによく発達しています。 胸部は大きく発達し,翅も大きくなります。 体色も種類によってまちまちで、 ハエの様に黒や茶系のもの、ハチのように黄色模様が入るものなどもいて本当に様々です。 このあたりも定義が曖昧なところからきていますね。 アブの生息地 アブは、日本でも都心部を離れるとよく見かけます。 北海道から九州まで日本全国の自然環境豊かな地に多く生息しています。 アブがあらわれる時期は地域により違いはありますが、 夏(6月から9月)になると最も活発で、 レジャーシーズンと重なるので人間も刺される被害に遭う機会が多くなります。 生息環境は、森林や川、沼などの水辺付近で人間が レジャーとして訪れる自然環境豊かな地には必ずと言って良いほどにあらわれます。 また、 吸血対象となる牛や馬などの家畜がいると家畜施設にもあらわれますね。 アブの生態 アブは基本的には 昼行性です。 このあたりも人間と活動時間がリンクしてしまいますね。 食性は、 幼虫の時は土中の小さな昆虫を捕食しますが、 成虫になると種によってまちまちで、花の蜜を吸ったり(ハナアブなど)他の昆虫を捕食(シオヤアブ、アオメアブなど)したりします。 吸血性のアブ(雌のみ)は 産卵に必要なたんぱく質の摂取のために牛や馬などの家畜動物や人間から吸血をします。 発達した口吻で動物の皮膚を指し(咬みつき)、傷口から出血した血を吸血します。 人間が刺された場合には、鋭い痛みを感じます。 繁殖は 卵生で、発生場所近くの葉などに産卵を行います。 卵は 1週間程度で羽化し、1年から3年程度(種によって異なる)の幼虫時代を過ごしたのち、蛹そして成虫へと育ちます。 飛ぶときは大きな羽音とともに素早く飛び回ります。 意外と素早いので驚いてしまいますね。 アブが動物を刺す目的は吸血 これまでもお話をしてまいりましたが、アブが動物や人間を刺すのは 吸血が目的になります。 これは産卵に必要なたんぱく質を摂取するための吸血です。 ハチなどは、防御のために刺しますが、アブは吸血が目的なのです。 ハチの場合には、ある程度離れれば襲ってくることはありませんが、アブは 吸血が目的なのでかなりしつこく付きまとってきます。 同じ吸血をする昆虫に蚊がいますが、蚊の場合には刺された時に 刺されたと気付かないほどに痛みはありません。 しかし アブの場合には、鋭い痛みを伴うのが厄介なところですね。 アブに刺された時の症状 アブに刺されると、まず刺された際に 強い痛みが伴います。 そして、患部には 腫れや痒みという症状があらわれます。 この腫れや痒みは、たいていの場合に 2日から3日程度で治まるのですが、時として 10日以上続くこともあるようです。 また、 発熱や化膿などへの悪化も懸念されます。 刺されたら適切に対処しましょう。 アブに刺された時の対処法 もしもアブに刺されてしまった場合には、「 まずは清潔な水で傷口を洗い流す」ことをしましょう。 消毒液があれば尚良いのですが、綺麗な水で洗い流すだけでも充分に効果的です。 次に 患部に市販の痒み止めを塗り様子を見ましょう。 痛みが気になる場合は患部を冷やすのも良いですね。 しかし、市販薬を塗ってもなかなか治まらない場合には、 皮膚科を受診して抗ヒスタミン薬やステロイド薬を処方してもらいましょう。 アブに刺されないための予防策 それでは、アブに刺されないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 まずは 服装から整えましょう。 肌の露出をおさえることが一番です。 特にアブに狙われやすいのが、 足首やすね部分です。 長ズボンに靴下、靴、さらには長袖に帽子も理想的ですね アブなどの虫よけ 「忌避剤」として、蚊取り線香のような煙の出るものや、 防虫スプレーがあります。 これらの活用もおすすめです。 また、 殺虫剤も携帯しておくと便利ですね。 危険ではないアブもいる これまでアブが厄介者としてご紹介をしてまいりましたが、 全てのアブが人間を刺す危険な昆虫ではありません。 アブの種類で人間を刺すのは一部なのです。 ハナアブ類 ハナアブ類などは、 花の蜜を吸う種で人間に対して害はありません。 それどころからミツバチ同様に 受粉を助けてくれます。 そして幼虫時代は、農作物の害虫となる アブラムシを食べてくれるのです。 幼虫時代、成虫時代ともに農業を助けてくれる益虫なのですね。 実はこのハナアブ、紛らわしいですが、分類的にはハエの仲間になるのですね。 ムシヒキアブ類 またムシヒキアブ類も ユニークです。 少々厳つい容姿をしたムシヒキアブ類は、他昆虫などを捕食する 肉食性のアブになります。 なんとその狩りの対象には、 スズメバチも含まれているのです。 素早い動きで相手をしとめる狩りの成功率は非常に高く、「 暗殺昆虫」という呼ばれ方もしています。 人間を刺すアブの仲間 一応、人間を刺すアブの代表格もご紹介しておきますね。 「ヤマトアブ」「アカウシアブ」この2種が人間を多く刺す種の代表となりますので、ご注意ください。 まとめ 今回は、アブについて色々とご紹介をしてまいりました。 夏のレジャーには必ずと言って良いほどに、その姿を見せるアブです。 刺されてしまうと、折角のレジャーも気持ちが滅入ってしまいますね。 レジャーに出掛ける際には、アブ対策もお忘れなく! そして、アブ全てを忌み嫌うのもやめましょう。 人を刺すアブはわずかな種類で、人畜無害となる種類のアブの方が多いのですから。

次の

アブとブヨの違いや、刺された時の症状と対処方法をご紹介!

アブ に 刺され る と

見た目はハエと似ているものが一般的に知られていますが、体が黄色く蜂に似たものから頭が大きく身体がスリムなものまで、 大きさの違いを含め実に様々な種類がいます。 アカウシアブや、ウシアブ、 イヨシロオビアブは人間を刺す(というより噛む)種類として知られています。 ちなみに、 人を刺し吸血するのはアブの雌(オス)だけです。 また、人を噛むアブばかりではなく、なかにはムシヒキアブ科のシオヤアブのように害虫を捕食する種もあり、益虫としての一面を持ったアブもいます。 ハナアブはミツバチと同じように植物の受粉を助け、 幼虫は植物の大敵であるアブラムシを捕食してくれます。 日本国内には 約100種類のアブがいると言われ、そのうち人に襲い掛かるアブは 約10種類であると言われています。 【アブに刺された】アブに刺されたら痛みがすぐに出て腫れる!• アブに刺されると、すぐに痛みが出て腫れてくるよ! アブに刺されるとすぐ痛みを感じ、 そのままにしておくと大きく腫れあがり、その刺された箇所が固くなります。 まずは傷口をつまみよく搾りましょう。 この処置をちゃんとしないと、 大きくボンボンに腫れあがるかどうかが違ってきます。 手で絞ってもよいですが、 ポイズンリムーバーという器具を使うとよく簡単に絞れます。 アブに毒はありませんが、かじるときに流血を促す成分を入れられているので 血を止めるためにそれを絞り出した方がいいです。 アブに刺された傷口を搾ったら、 患部を水で洗い流しましょう。 患部を水で洗い流したら、よく冷やしましょう。 氷嚢を当てたりしてもよいですね。 ブヨとアブは大きさも違うし、刺された時の症状や、対処法が全く違うよ~! アブとブヨは同じ仲間であるかのような扱いを受けることがよくありますが、 個体種としては全く別な生物です。 アブが 2~3cmの体長なのに対し、ブヨは 2~3mmと小さいです。 刺された直後の痛みや、かゆみの出方も違います。 アブとブヨに刺された時の「症状」の違いについて知ろう! アブに刺された時の「症状」について知ろう!• アブに刺されたら、すぐ痛みを感じる• アブに刺されたらどんどん腫れが大きくなり、痒みが出たり固くなる• アブに刺されたら 1週間で完治する人もいれば、 3週間程度かかる人もいる ブヨに刺された時の「症状」について知ろう!• すぐ腫れやかゆみが来るわけではなく、翌日以降に大きく腫れあがることが多い• 腫れあがると、激しい痛みや発熱などが 1~2週間現れる アブとブヨに刺された時の「対処方法」の違いについて知ろう! アブに刺された時の「対処方法」について知ろう!• アブに刺されたら、できれば傷口を絞る• アブに刺されたら冷水や、氷嚢で冷やす• 冷やした後は抗ヒスタミンかステロイドが入っている市販薬を塗る ブヨに刺された時の「対処方法」について知ろう!• ブヨに刺されたら、必ず傷口を絞る• 患部を冷やさず 43度以上のお湯で30分以上温める 大きな違いは、 ブヨは刺した時に毒素を注入することです。 刺されたところから毒をギュ~ツと絞り出しましょう。 また、 アブに刺された場合は冷やしますが、ブヨの場合は温めます。 この 2点の違いを頭においておくといいですね。 【アブと蜂の違い】刺された時の症状や対処方法が違います!• アブと蜂はよく見ると違うし、飛び方を見ると違いがわかるよ~! 昔から「あぶはち取らず」ということわざが言い伝えられていますが、ブヨ同様にアブと蜂を同様に考えている方が結構いるようです。 アブと蜂は色が似ていることが多いのですが、 よく見ると姿がちょっと違います。 アブはハエのようなイメージで、蜂はアリに翅が生えたイメージです。 これは、元々アブはハエや蚊と同じ双翅目(翅が2枚)であり、蜂の分類がアリと同じ膜翅目に属するからです。 また、 アブと蜂の大きな違は毒針の有無です。 アブに毒針はありませんが(アブは人間を襲うときは刺すのではなく噛みつく)、蜂にはお尻に毒針を持つ種類がいます。 飛び方にも違いがあり、 アブは静止せず一直線に飛びますが、蜂はゆっくりと飛び回る種類が多く、ときには空中でホバリング状態になります。 そして、蜂は基本的に自ら攻撃してくることはなく、あくまで人間などの外敵に襲われたときに自衛の為の行動として、毒針を刺して攻撃してきます。 これに対し、アブは吸血を目的として人を襲います。 アブと蜂に刺された時の「症状」の違いについて知ろう! アブに刺された時の「症状」について知ろう!• アブに刺されたら、すぐ痛みを感じる• アブに刺されたらどんどん腫れが大きくなり、痒みが出たり固くなる• アブに刺されたら 1週間で完治する人もいれば、 3週間程度かかる人もいる 蜂に刺された時の「症状」について知ろう!• 蜂に刺されると毒針で即効性があり、かなり痛みと腫れが出る• 痛みがひどいのは 1~2日で、その後はゆるやかな腫れや痛みが 1週間ほど続いて治る• 蜂に刺されると人によって 2~3週間治らないこともある• 体質によってはアレルギーによるショック症状(アナフィラキシーショック)が起きることがあり命に関わる 蜂によるアナフィラキシーショックは、蜂毒アレルギーがある人が蜂に刺されることで起きます。 基本的には 2回目以降に刺されたときに起こりやすい現象ですが、 1回目で起こることもあるといわれています。 アブと蜂に刺された時の「対処方法」の違いについて知ろう! アブに刺された時の「対処方法」について知ろう!• アブに刺されたら、できれば傷口を絞る• アブに刺されたら冷水や、氷嚢で冷やす• 冷やした後は抗ヒスタミンかステロイドが入っている市販薬を塗る 蜂に刺された時の「対処方法」について知ろう!• ミツバチに刺された時のみ、傷口から毒針を抜く• 蜂に刺された傷口の毒素を搾る• 一通りの処置が終わったら、抗ヒスタミン軟膏やステロイド剤などの薬を塗るか病院に受診する 蜂の毒素はたんぱく質が主成分で熱に弱いので、 ブヨと同じく温めて処置します。 意外なことに蜂の毒はそれほど強くなく、 1000匹以上に刺されても生きてる人がいるほどですが とにかく痛みがひどいです。 自分で様子を見るだけでは不安ですし、なるべく早く病院に行くことをオススメします。 また、スズメバチに刺された時は、まずは病院に行きましょう。

次の

【虫刺されの種類】症状画像まとめ!その虫刺されはダニ?ノミ?ブヨ?

アブ に 刺され る と

蜂とアブの違いは? 蜂とアブは色が似ていることが多いのですが、よく見ると姿がちょっと違います。 蜂は蟻に翅が生えたイメージで、アブはハエのようなイメージです。 これは、元々 蜂の分類がアリと同じ膜翅目であり、 アブはハエや蚊と同じ双翅目(翅が2枚)に属するからです。 (昆虫の定義は4枚翅ですが、ハエやアブは後翅が退化しており、 「平均こん」という痕跡物があり、これでバランスを保って飛んでいます。 ) 蜂とアブ 姿の違い 蜂は、頭・胸・腹の間が細くくびれています(アリと同じ)。 触角は長めでハッキリ見えており、 眼が顔の中で占める割合が少ないです。 毒針を持っているのはメスだけでお尻に小さな針があります。 これは元々産卵管だったものが変化したためです。 花の蜜を吸いにくる働き蜂は全て毒針を持ったメスなのです。 蜂の色は黄色(オレンジ色)と黒色が多いのですが、これは自分が危険な生物だと 周囲の動物に警告するためです。 アブは、頭・胸・腹の差が無く、殆どくびれがありません(ハエと同じ)。 触角は短い種類が多く、よく見ないと気づかないほどで、 眼が異常なくらい大きく、顔の半分以上を占める種類が多いです。 アブには毒針はありませんが、口で血を吸ったり噛んだりする種類もあります。 蜂に姿が似ているのは天敵から身を守るための擬態です。 蜂とアブ 飛び方の違い 蜂はゆっくり飛ぶものが多く、時々ホバリングして静止状態になります。 アブは素早く飛び、一箇所に静止しません。 蜂が怖いのを克服するにはどうしたらいいの? 蜂は昼間花の蜜を吸いに出かけたりして活動し、夜は巣に戻って休みます。 また、羽が水に弱いため、雨の日はあまり外を飛び回りません。 ですので、 夜や雨の日の場合に遭遇率が低いです。 蜂は他の虫よりも刺されると危険なので注意が必要ですが、 スズメバチ以外は通常、人間が何もしなければ攻撃してくることはないので 目の前にきても、静かにしていれば大丈夫でしょう。 ただ、 攻撃性が強くなっている夏の終わりから秋 にかけて、あるいは 蜂の巣を荒らそうとしたり、巣を他の動物に攻撃された後などは 近くを通るだけでも刺されることがあります。 身だしなみに注意しよう 1 服装 蜂は黒などの濃い色を攻撃する習性があるため、薄い色の服装にしましょう。 2 帽子 髪の毛は黒いため、頭が一番刺されやすく危険です。 髪の毛を隠すためにも薄い色の帽子を着用しましょう。 体の香りにも注意しよう 蜂は花やフルーツの甘い香りが好きなので、芳香剤入りの洗剤や 柔軟剤を使った衣類に寄ってくる可能性があります。 また、香水や整髪料なども寄ってくる可能性があるため、 なるべく甘い匂いは避けたほうが良いでしょう。 逆に嫌いなのは、木が焦げた臭いやタバコの煙などですが、あまり実用性がありません。 アロマでは、ハッカの香りが苦手です。 蜂に遭遇したらどうする? 大声を出したりせずに、静かにゆっくり、その場から離れましょう。 大声を出すと逆に蜂がびっくりして攻撃してくるケースがあります。 また、蜂は素早い動きに反応するため、急に逃げると追いかけられるケースがあります。 スポンサーリンク 蜂にさされた時の対処方法は? なるべく早くその場から離れ、傷口を洗って毒を出しましょう。 蜂によっては何度も襲ってきたり、蜂の針から他の蜂が呼び寄せられる可能性もあるので 姿勢を低くして静かに離れます。 また、傷口を吸い出す際にはリムーバー(毒吸引器)があると便利です。 この時、 口で吸い出そうとすると雑菌が入って化膿する危険もあるので避けましょう。 次に虫刺され薬を塗って、暫くの間保冷剤等で冷やします。 蜂に刺されると傷口周辺がかなり熱を持って痛みが出てくるため、 長時間冷やして痛みを和らげましょう。 虫刺されの薬には、以下の2つの成分が含まれる軟膏が適しています。 ・抗ヒスタミン・・・かゆみ止め薬。 じんましんやアトピー等を緩和する。 ・ステロイド ・・・副腎皮質ホルモン薬。 炎症やアレルギーを抑える。 これらはドラッグストアで入手できますが、分からなかったら薬剤師に 蜂に刺された場合の塗り薬を尋ねたら教えてくれます。 ショック症状が出たらすぐに病院へ! 通常は、刺されると激しい痛みが出て、刺された患部が赤く腫れますが、1週間程度で直ります。 ですが、 蜂の毒にアレルギーがあると、嘔吐、呼吸困難、動悸、じんましん等の皮膚症状等 (アナフィラキシーショック)が出るケースもあり、この場合は命に関わる危険もあります。 これらの全身症状は刺されて短時間で起きることが多いので、 少しでもだるいと感じる場合は、すぐに病院に行って診察してもらいましょう。 まとめ 蜂とアブは外見が似ているので分かりにくいですが、 遭遇したときには慌てず静かにその場を離れることが大切です。 アブは動きが素早いですが刺しませんし(ただし血を吸ったり噛む種類はあります)、 蜂は動きがゆっくりなので、スズメバチ以外なら相手を驚かせなければ大丈夫です。 怖がりの子供がいたら、遭遇したときに必要以上に慌てず行動できるよう 蜂とアブの違いや見分け方を教えましょう。

次の