新型 コロナ 都 道府県。 コロナ再陽性、17道府県で37人 原因不明 厚労省「陰性後も4週間観察を」

「もう要らない」の声も 政府の布マスク配布、46道府県で「準備中」

新型 コロナ 都 道府県

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新型コロナウイルスの感染者の増加が止まらない。 国内でも患者が急増する地域では、このままだと救える命も救えなくなる、と対応が迫られている。 政府の専門家会議はとりわけ東京や大阪など5都府県の状況が深刻と指摘する。 「オーバーシュート(爆発的な患者増加)が起こる前に医療崩壊が起こる」。 「医療体制が切迫し、今日あすにも抜本的な対策が必要」とされた東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫の5都府県は人口が多く、感染者が増えている。 特に東京は3月19日に7人、23日16人、27日40人、31日78人と新規感染者が4日ごとにほぼ倍増している。 医療崩壊を防ぐには、病院に患….

次の

緊急事態宣言と建築基準法

新型 コロナ 都 道府県

政府が新型コロナウイルスの感染拡大防止のため全世帯2枚ずつ配布を決めた布(通称:アベノマスク)について、が開設する都道府県別配布状況のページが、東京都以外の46道府県すべてで「準備中」のままになっている。 ネット上では「掲載する意味があるのか」などの疑問の声も相次いでいる。 安倍晋三首相が全世帯への布マスク配布を打ち出したのは4月1日。 同7日に閣議決定され、4月17日には東京23区を皮切りに一般世帯への配布も始まった。 だが、厚労省マスク等物資対策班によると「布製マスクの都道府県別全戸配布状況」のページの更新は4月17日が最後。 先行配布された妊婦向けマスクに汚れが付着するなどの不良品が相次いで見つかったことで納入業者が再検品を行う事態になり、「新たに他の道府県で配布予定が決まればすぐに更新するつもりですが、次にいつ更新できるかは決まっていません」(同班)とも。 同省の問い合わせ専用ダイヤルにも「いつ届くのか」といった問い合わせや苦情が「非常に多く寄せられている」(同)といい、「現在、23区外の地域にも拡大しております。 今後については特定警戒区域及び、区域外でも感染者が急増している地域へ優先的に配布するなど、諸々調整中です」といい、担当者の声にも苦渋の色がにじむ。 ネット上では「どちらかというと10万円の給付状況を載せてほしい」「まぁこのままでいくと要らなくなった頃に来るかな…」「布マスクはもういらないかと。 一言『ごめん』と言って、『この予算を医療に』と発表した方が支持率UPにつながると思われ」などの声が続々と上がり「できていませんの報告をするなんて勇気あるなあ。 ある意味省庁からの反乱か?」といった声も上がっている。 (まいどなニュース・広畑 千春) 外部サイト.

次の

「コロナを甘く見ている」5都府県、医療崩壊の危機直面 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型 コロナ 都 道府県

北海道版の新型コロナウイルス対策サイト が有志によりさっそくフォーク(別のプロジェクトにコピーすること)され、北海道バージョンが制作されました。 他府県で転用するのもまったく問題ありません。 北海道は日本でもっとも多く新型コロナウイルスの感染が報告されている都道府県なので、危機感があったのでしょうか。 東京都の動きにすばやく反応し、いち早くそれを活用しています。 先ほどの知事会見で知事からも正式に話がでましたが、ほかの自治体のみなさまが同様の都道府県版や市区町村版のサイトを作りたいときに、このプログラムは再利用可能です。 ご活用ください。 — 宮坂学 Manabu Miyasaka miyasaka この週末、東京都が出してくれた、「新型コロナウイルス感染症対策サイト」を北海道でも使おう! と有志が立ち上がり、週末物凄いスピード感で進み、ついに本日、みなさんに公表できることになりました!! — Takuya Yamagata howmori みんなができることを持ち寄って、社会を少しずつよくする。 先日のといい、オープンソースの力は偉大だなと再認識させられますね。

次の