ちばぎん 総研。 ぶぎん地域経済研究所

【数字から見えるちば】千葉県の空き家率は11・8% 地域格差拡大 求められる対策 ちばぎん総研主任研究員・高城華楠(1/2ページ)

ちばぎん 総研

鬼泪山国有林の山砂採取事業についても、ちばぎん総研は、年間の経済波及効果を約52億円、雇用創出は284人と算定しています。 そして、採取事業の実施は「必要」であり、「望ましい」という結論をだしています。 その一方で、山砂採取による「負の経済効果」はまったく無視です。 「負の経済効果」というのは、森林消失による温暖化促進、生態系への打撃、景観破壊による観光資源消失、水道水源枯渇やダンプ増加による住民生活への悪影響などです。 また、ちばぎん総研は、山砂採取の事業のあり方として、「山の一部を削るのではなく、山全体を取り崩して、そこを平地として別の目的に活用していくという発想が望ましい」とまで言い切っています。 千葉の開発におぶさって急成長した千葉銀行 問題は、環境保全が叫ばれる中で、なぜそんなメチャクチャなことをブチあげるのかということです。 そのウラには、千葉銀行の体質があります。 千葉銀行は、千葉の大型開発と人口増加の恩恵をうけて急成長してきました。 開発が進むと、そこで大きな資金の流れが出現し、そのかなりの部分を銀行が融資したり、銀行に環流させることができるからです。 預金量をみると、千葉銀行は1964年には地方銀行63行中第14位であったのが、1981年には横浜銀行に次いで地方銀行第2位の位置を占めるまでになりました。 この躍進の要因のひとつは、労働者を徹底的に酷使したことです。 及川和男著『誰のための銀行』(大月書店)ではこう書かれています。 《千葉銀行は、折からの高度経済成長の波にのり、京葉工業地帯の確立という立地条件にも恵まれ、何よりも行員を徹底的に酷使することによって、以後驚異的な業績の伸長をかちとった。 》 もうひとつは大型開発の推進です。 たとえば、戸川猪佐武氏は『日本の地方銀行』(光文社)の中でこう書いています。 《県政におぶさって、千葉銀が業績を伸ばしたという見方が定説になっていて、銀行側も、あえて否定はしない。 ある幹部は、「銀行にとって川崎製鉄が進出してきて、京葉臨海工業地帯がスタートしたのが第1の夜明けでした。 第2の夜明けが成田空港ですね。 そして第3の夜明けが、これからの東京湾時代です。 こうした背景があるから、千葉銀は県勢に負ぶさって伸びたといわれても仕方がありません」といっている。 》 このように、千葉銀行が県の大型開発や人口増加におぶさって躍進したということは、自他ともに認めていることです。 大型開発推進を利用して大もうけしたカラクリ では、どのようなしくみで開発が千葉銀行の躍進につながったのでしょうか。 小説家の清水一行氏は、千葉銀行の内紛や県政にからむ利権などを小説にした『首都圏銀行』(角川文庫)で次のように書いています。 (小説の中の「京葉銀行」は千葉銀行、「相川県政」は友納県政のことと言われています) 《従来から、地方銀行に見られた共通の特徴は、地元で吸収した預金を、大都市の有力企業に重点的に融資するということで、京葉銀行の場合も、千葉で集めた預金を、東京に本社を構える大企業に集中的に融資し、融資効率を高める方法がとられてきた。 とくに千葉県は、相川県政の東京湾埋立てによる、産業誘致、工業化政策を一貫して推し進めてきており、それも、財源に乏しい千葉県の実情から、千葉方式……なる新しいやり方をつくり出して推進してきた。 (中略) そして当然、この巨大な埋立行政や、産業誘致とは別な、県としての宅地の造成にともなって、そこに大きな資金の流れが出現することになる。 たとえば東京湾の埋立ての場合、進出企業の予納金で造成費をまかなうといっても、企業が何十億円、何百億円という金を遊ばせて持っているわけがなかったから、まず京葉銀行やその他の金融機関が工場進出を予定している大企業に融資することになる。 この金はただちに地元へのいろいろな補償金の支払いという形で動きはじめ、地元へ支払われた補償金は、再び京葉銀行が預金として吸収していくことになるのだ。 さらにはそうやって吸収した金が、こんどは埋立事業を請負う不動産会社や土建業者に貸付けられる。 ニュータウン計画にともなう宅地の造成などでは、東京に本社を構える大手不動産業者に、造成費の融資が行なわれ、この金が土地の買収費として支払われ、京葉銀行の手で預金として回収され、さらには大手建設業者に、ニュータウンの建設費として、再び貸付けられるのだった。 その結果、有力な企業が千葉に進出し、その進出企業と大きな取引関係ができ、しかもニュータウンには何万人もの人が住むようになって、そこから預金が集まってくる。 こういう巨大な資金の循環のなかで、この10年間に京葉銀行は驚異的な発展を遂げてきた。 当然、県やその開発公社とも複雑密接な関連ができてくるのだった。 》 ここには、銀行が県の大型開発推進を利用して大儲けしたカラクリがあざやかに描かれています。 このようにみれば、銀行がなぜ開発促進に躍起となっているのかもわかります。 さらなる成長をめざすために開発促進 前出の『日本の地方銀行』で戸川氏はつぎのように述べています。 《千葉銀行の経営からみると、開発が遅れた外房の部分が過去から現在にいたるまでのドル箱市場となっている。 というのは、交通と産業の開発の立ち遅れゆえに、都市銀行の進出がなく、独占市場的な趣きを呈しているからだ。 》 《緒方太郎頭取はかねてから「千葉銀行にとって、第三の夜明けは東京湾時代である」と口にしている。 (中略)この東京湾時代を現出するための最大の目玉商品が、川崎と木更津とを結ぶ〔東京湾横断道路〕である。 》 また、緒方頭取が千葉銀行内部で、「これが実現の運びにいたれば、1兆円を超えるような大型プロジェクトになります。 そのためには千葉銀行が業績を伸ばし、体質強化を図って、いつでも県や企業の要望に応じ資金の供給ができるようになっておかなければならない」と語っていることも紹介しています。 このようにみれば、千葉銀行が東京湾アクアラインや幕張メッセ、つくばエクスプレス沿線開発、千葉ニュータウン事業などの巨大開発や、鬼泪山国有林の山砂採取事業などの促進に血眼になっている理由がはっきりしてくると思います。 千葉銀行は、自行の利益拡大のために、開発を県内各地で県や民間会社にやらせようとしているのです。 大企業群や特権官僚が大型開発を主導 銀行は、金権腐敗の県政にも深くからんできました。 たとえば小説『首都圏銀行』(前出)は、小見川工業団地開発を通じた選挙資金捻出のカラクリなどを明らかにする中で、千葉県の開発行政が実は政財官癒着による汚職の体制であったことを描写しています。 そして全国有数といわれる千葉県の大型開発を主導してきたのが銀行などの大企業群や特権官僚であることも明らかにしています。 県住宅供給公社のデタラメ開発を助長した千葉銀行 2003年から04年にかけて、千葉県住宅供給公社の破たんが問題になりました。 破たんの原因はデタラメ経営です。 たとえば、住宅団地開発用地として購入した市原市米沢の土地(75ヘクタール)は最たるものです。 この土地は、市の中心部からかなり遠い僻地(へきち)にあり、誰がみても住宅開発などできっこありません。 公社は、そんな土地を相場の数倍以上で購入し、売り手の不動産業者や仲介の有力政治家をボロ儲けさせました。 159億円の購入価格にたいし、2004年当時の時価はたったの2億円です。 この土地購入にかかる借金は182億円に膨れあがってしまいました。 このほか、野放図な開発を進めてきた結果、同公社は、千葉ニュータウン、成田ニュータウンなどに売れ残りの土地や住宅を数多くかかえています。 また、同公社が手がけたつくばエクスプレス沿線開発(土地区画整理事業)も大赤字でした。 そんな野放図な開発を支えたのが、千葉銀行などの金融機関でした。 成算がないとわかっていながら、千葉銀行などが湯水のように融資しつづけました。 そのために公社はデタラメ開発をつづけることができたのです。 千葉銀行などは、中小企業や県民には貸し渋りをしながら、デタラメ経営をつづける公社には湯水のように莫大なカネを融資しつづけたのです。 ですから、公社破たんには、まぎれもなく千葉銀行なども荷担しています。 三番瀬「ヤミ補償」にも関わる 千葉銀行は、三番瀬の「ヤミ補償」(転業準備資金問題)にも深く関わりました。 この問題は、市川2期埋め立ての計画が策定されていない段階で、埋め立てを前提とし、1982年(昭和57)に市川市行徳漁協に融資されたものです。 当時の県企業庁、行徳漁協、金融機関(千葉銀行と千葉県信用漁業協同組合連合会)の三者合意により、金融機関から約43億円が貸し付けられ、利子については企業庁が肩代わりすることになっていました。 この融資は漁業権を放棄した場合に見合う補償金相当額であり、脱法的な事前漁業補償です。 1999年11月、この事実が突如として明らかになりました。 企業庁は2000年2月、その利息分として約56億円の支出を予算化しました。 そのため、三番瀬保護団体のメンバーなど(三番瀬公金違法支出訴訟原告団)がその支出を違法とし、提訴しました。 千葉地裁は2005年10月、三者合意には瑕疵(かし)があると指摘しましたが、利子肩代わりは「企業庁長の裁量内」とし、訴えを退けました。 企業庁は2008年11月、東京地裁の調停委員会の提案にもとづき、計60億円を市川市行徳に支払いました。 60億円の内訳はこうです。 ・転業準備資金貸付分………………… 43億円 ・その未払い利息分…………………… 2億円 (利息56億円は肩代わり済み) ・組合員への追加賠償分……………… 15億円 結局、116億円(56億円+60億円)を県(企業庁)が公費支出することで「解決」を図ることになりました。 埋め立てが行われなかったわけですから、本当は1円も払うべきでないものです(市川市行徳漁協はその後も漁業権を保有しています)。 不当支出であり、地裁判決をも無視したものです。 千葉銀行は、そういう脱法的なヤミ補償にも深くかかわっていたのです。 反社会的行為の規制を 以上のように、千葉銀行は、「自行の利益が増えれば、あとはどうなろうと知ったことではない」あるいは「房総の自然や地球環境などどうなろうとかまわない」という姿勢を貫いています。 そして、野放図な開発を後押しするバラ色の経済波及効果予測を、ちばぎん総研と千葉経済センターにやらせているのです。 こうした野放図な利権開発にメスを入れると同時に、千葉銀行などの反社会的な行為を規制することが、いま重要な課題となっていると思います。

次の

【数字から見えるちば】乗馬施設数全国トップ 健康維持や癒やし効果お薦め ちばぎん総研主任研究員・福田宏治

ちばぎん 総研

千葉ではいま、富津市にある鬼泪山(きなだやま)国有林の山砂採取が大きな問題になっています。 この山砂採取について、シンクタンク「ちばぎん総合研究所」は「必要であり、実施が望ましい」と結論付ける調査報告書(『国有林104・105林班開発事業に関する検討調査』2008年2月)をだしています。 これが山砂採取推進勢力のバックボーンとなっています。 経済活動を優先し、環境面の調査・考察が不足 〜連絡会による批判〜 「鬼泪山『国有林』の山砂採取に反対する連絡会」は2008年11月10日、この調査報告書に対する見解を発表しました。 見解は、報告書について「中立・公正な調査研究機関の立場で作成されたものとは思えない」「経済活動を優先し、環境についての十分な調査・考察が不足している」などと批判しています。 これは、報告書の本質的な問題をズバリついていると思います。 連絡会の見解を一部引用させていただきます。 《当該調査報告書は、課題を指摘しつつも、鬼泪山の山砂採取には経済波及効果が大きいことを理由に、事業推進の最終結論を導き出している。 しかし、当該調査報告書には、こうした大胆な見解を述べるだけの研究や検証の実績がほとんどない。 唯一客観的に導き出されている産業連関表を用いた経済波及効果の予測数値も、前提条件に仮定が多く、説得力は弱い。 一方、述べられている課題は既に一般化されたものであり、当該対象地域の影響評価などのきめ細かな調査・考察は行なわれていない。 山砂採取事業の推進という結論が最初にあり、その結論の正当性を補強するために、このような見解が記述されたようにみえる。 》 《こうした結論の導き出し方は、中立・公正な調査研究機関(シンクタンク)としては自殺行為に等しいといえるのではないか。 当該調査報告書は、とうてい中立・公正な調査研究機関の立場で作成されたものとは思えない。 》 《環境問題は人類が直面する大きな課題であり、持続可能な社会を実現していくために、産官学民の取り組みが問われている。 夏の洞爺湖サミットでは「地球温暖化防止」が主要テーマになり、千葉県においても「生物多様性保全」への取り組みが始まっており、環境に付加を与える経済活動や事業の見直しに多くの人の注目が集まっている。 (中略) 当該調査報告書は、経済活動を優先し環境についての十分な調査・考察が不足しており、通り一遍の課題の列挙にとどまっていることから、千葉銀グループ全体の環境ポリシーを疑わざるをえない。 ちばぎん総研は千葉銀グループではあっても、独立した企業として経済問題と環境問題をリンクさせていく明確な方針を持つべきである。 》 まったくそのとおりだと思います。 山砂採取は「必要」であり「望ましい」 〜ちばぎん総研「調査報告書」の結論〜 ちばぎん総研の調査報告書は、山砂採取が自然環境に与える悪影響についても一応はふれています。 《山砂採取事業を行うためには、その表面にある森林の伐採が必要となる。 県の統計によると、昭和50年度以降で、約2770haの森林が土砂などの採取によって消滅しているとされている。 森林の伐採は、自然に人間の手を加える行為であり、積極的に行われるべきものではない。 やみくもな開発は認められておらず、事業は当然県の認可に基づいて行われることとなっている。 》(35ページ) 《ある面で大きな効果をもたらす事業が、他の全ての面でもプラスの効果をあげるという例は稀有である。 何らかの副作用、マイナスを伴うケースがほとんどだと考えられる。 今回の104・105林班の開発事業についても、首都圏で求められる需要への対応、地域への経済効果といったプラス面を享受できる一方で、環境への負荷の増大などのマイナス面を伴うことは間違いない。 》(42ページ) ところが、結論としては、鬼泪山国有林からの山砂採取は「必要」であり、「実施が望ましい」としているのです。 《東京圏における骨材需要に対応していくためには、引き続き千葉県からの山砂供給が必要であり、現在の供給量を維持するためには、104・105林班の開発事業が必要だと考えられる。 》(39ページ) 《富津市の経済活動の水準を維持し地域の活性化を図っていくため、またより広く千葉県の経済活動を促進していくために、104・105林班開発事業の実施が望ましいといえる。 》(41ページ) 《山砂の採取事業は、必然的に自然環境に影響を及ぼす行為であり、そうした観点からみると積極的に肯定できるものではないが、104・105林班の開発事業は、その必要性等を総合的にかんがみて、事業化はやむを得ない。 》(43ページ) 採取を「望ましい」とする根拠 その「根拠」として3点をあげています。 現在の社会情勢から東京圏近郊における骨材需要への対応は不可欠である。 当地域は良質な山砂を供給できる地域資源を有し、東京圏でその需要に応えられる数少ない立地環境にある。 事業の実施による地域経済、県内経済への貢献度も高い。 山砂採取事業はたしかに自然環境への負荷をかける。 しかし、他の骨材採取手法と比較して、その度合いは相対的に少ないと考えられる。 要するに、自然環境や地球環境よりも経済活動が大事ということを明言しているのです。 カネもうけのためには自然環境は犠牲になってもやむを得ないということです。 「山全体を取り崩すことが望ましい」 調査報告書は、こんなことも提言しています。 《山砂採取の事業のあり方としては、「山の一部を削る」のではなく、「山全体を取り崩して、そこを平地として別の目的に活用していく」という発想が望ましいといえる。 》(46ページ) この点は連絡会の見解もきびしく批判していますが、とんでもないことです。 調査報告書は、ちばぎん総研がそういうヤカラと同じ姿勢であることを証明しています。 自然を破壊しまくっていいのか、といった良心の呵責(かしゃく)のようなものが、ちばぎん総研にはひとかけらもみられません。 大規模な自然破壊に荷担する千葉銀行 そんなメチャクチャな「調査報告書」を分身(子会社)のちばぎん総研につくらせている千葉銀行も問題です。 同銀行の佐久間英利頭取は、でこう述べています。 《地域社会を取り巻く様々な課題解決に向けた活動に取り組むため、「CSR推進室」を設置しました。 今後も「未来を育む」をキーワードとして「ひと」「環境」及び「産業」の育成に資する社会貢献活動に積極的に取り組んでまいります。 》 よくもこんなことが言えたものだとあきれてしまいます。 日本政府は、大銀行が大規模な環境破壊に荷担していることを放置しています。 また、マスコミも目をつぶっています。 そんな政府やマスコミに、温暖化防止に消極的な中国や発展途上国などを批判する資格はないと思っています。

次の

ぶぎん地域経済研究所

ちばぎん 総研

鬼泪山国有林の山砂採取事業についても、ちばぎん総研は、年間の経済波及効果を約52億円、雇用創出は284人と算定しています。 そして、採取事業の実施は「必要」であり、「望ましい」という結論をだしています。 その一方で、山砂採取による「負の経済効果」はまったく無視です。 「負の経済効果」というのは、森林消失による温暖化促進、生態系への打撃、景観破壊による観光資源消失、水道水源枯渇やダンプ増加による住民生活への悪影響などです。 また、ちばぎん総研は、山砂採取の事業のあり方として、「山の一部を削るのではなく、山全体を取り崩して、そこを平地として別の目的に活用していくという発想が望ましい」とまで言い切っています。 千葉の開発におぶさって急成長した千葉銀行 問題は、環境保全が叫ばれる中で、なぜそんなメチャクチャなことをブチあげるのかということです。 そのウラには、千葉銀行の体質があります。 千葉銀行は、千葉の大型開発と人口増加の恩恵をうけて急成長してきました。 開発が進むと、そこで大きな資金の流れが出現し、そのかなりの部分を銀行が融資したり、銀行に環流させることができるからです。 預金量をみると、千葉銀行は1964年には地方銀行63行中第14位であったのが、1981年には横浜銀行に次いで地方銀行第2位の位置を占めるまでになりました。 この躍進の要因のひとつは、労働者を徹底的に酷使したことです。 及川和男著『誰のための銀行』(大月書店)ではこう書かれています。 《千葉銀行は、折からの高度経済成長の波にのり、京葉工業地帯の確立という立地条件にも恵まれ、何よりも行員を徹底的に酷使することによって、以後驚異的な業績の伸長をかちとった。 》 もうひとつは大型開発の推進です。 たとえば、戸川猪佐武氏は『日本の地方銀行』(光文社)の中でこう書いています。 《県政におぶさって、千葉銀が業績を伸ばしたという見方が定説になっていて、銀行側も、あえて否定はしない。 ある幹部は、「銀行にとって川崎製鉄が進出してきて、京葉臨海工業地帯がスタートしたのが第1の夜明けでした。 第2の夜明けが成田空港ですね。 そして第3の夜明けが、これからの東京湾時代です。 こうした背景があるから、千葉銀は県勢に負ぶさって伸びたといわれても仕方がありません」といっている。 》 このように、千葉銀行が県の大型開発や人口増加におぶさって躍進したということは、自他ともに認めていることです。 大型開発推進を利用して大もうけしたカラクリ では、どのようなしくみで開発が千葉銀行の躍進につながったのでしょうか。 小説家の清水一行氏は、千葉銀行の内紛や県政にからむ利権などを小説にした『首都圏銀行』(角川文庫)で次のように書いています。 (小説の中の「京葉銀行」は千葉銀行、「相川県政」は友納県政のことと言われています) 《従来から、地方銀行に見られた共通の特徴は、地元で吸収した預金を、大都市の有力企業に重点的に融資するということで、京葉銀行の場合も、千葉で集めた預金を、東京に本社を構える大企業に集中的に融資し、融資効率を高める方法がとられてきた。 とくに千葉県は、相川県政の東京湾埋立てによる、産業誘致、工業化政策を一貫して推し進めてきており、それも、財源に乏しい千葉県の実情から、千葉方式……なる新しいやり方をつくり出して推進してきた。 (中略) そして当然、この巨大な埋立行政や、産業誘致とは別な、県としての宅地の造成にともなって、そこに大きな資金の流れが出現することになる。 たとえば東京湾の埋立ての場合、進出企業の予納金で造成費をまかなうといっても、企業が何十億円、何百億円という金を遊ばせて持っているわけがなかったから、まず京葉銀行やその他の金融機関が工場進出を予定している大企業に融資することになる。 この金はただちに地元へのいろいろな補償金の支払いという形で動きはじめ、地元へ支払われた補償金は、再び京葉銀行が預金として吸収していくことになるのだ。 さらにはそうやって吸収した金が、こんどは埋立事業を請負う不動産会社や土建業者に貸付けられる。 ニュータウン計画にともなう宅地の造成などでは、東京に本社を構える大手不動産業者に、造成費の融資が行なわれ、この金が土地の買収費として支払われ、京葉銀行の手で預金として回収され、さらには大手建設業者に、ニュータウンの建設費として、再び貸付けられるのだった。 その結果、有力な企業が千葉に進出し、その進出企業と大きな取引関係ができ、しかもニュータウンには何万人もの人が住むようになって、そこから預金が集まってくる。 こういう巨大な資金の循環のなかで、この10年間に京葉銀行は驚異的な発展を遂げてきた。 当然、県やその開発公社とも複雑密接な関連ができてくるのだった。 》 ここには、銀行が県の大型開発推進を利用して大儲けしたカラクリがあざやかに描かれています。 このようにみれば、銀行がなぜ開発促進に躍起となっているのかもわかります。 さらなる成長をめざすために開発促進 前出の『日本の地方銀行』で戸川氏はつぎのように述べています。 《千葉銀行の経営からみると、開発が遅れた外房の部分が過去から現在にいたるまでのドル箱市場となっている。 というのは、交通と産業の開発の立ち遅れゆえに、都市銀行の進出がなく、独占市場的な趣きを呈しているからだ。 》 《緒方太郎頭取はかねてから「千葉銀行にとって、第三の夜明けは東京湾時代である」と口にしている。 (中略)この東京湾時代を現出するための最大の目玉商品が、川崎と木更津とを結ぶ〔東京湾横断道路〕である。 》 また、緒方頭取が千葉銀行内部で、「これが実現の運びにいたれば、1兆円を超えるような大型プロジェクトになります。 そのためには千葉銀行が業績を伸ばし、体質強化を図って、いつでも県や企業の要望に応じ資金の供給ができるようになっておかなければならない」と語っていることも紹介しています。 このようにみれば、千葉銀行が東京湾アクアラインや幕張メッセ、つくばエクスプレス沿線開発、千葉ニュータウン事業などの巨大開発や、鬼泪山国有林の山砂採取事業などの促進に血眼になっている理由がはっきりしてくると思います。 千葉銀行は、自行の利益拡大のために、開発を県内各地で県や民間会社にやらせようとしているのです。 大企業群や特権官僚が大型開発を主導 銀行は、金権腐敗の県政にも深くからんできました。 たとえば小説『首都圏銀行』(前出)は、小見川工業団地開発を通じた選挙資金捻出のカラクリなどを明らかにする中で、千葉県の開発行政が実は政財官癒着による汚職の体制であったことを描写しています。 そして全国有数といわれる千葉県の大型開発を主導してきたのが銀行などの大企業群や特権官僚であることも明らかにしています。 県住宅供給公社のデタラメ開発を助長した千葉銀行 2003年から04年にかけて、千葉県住宅供給公社の破たんが問題になりました。 破たんの原因はデタラメ経営です。 たとえば、住宅団地開発用地として購入した市原市米沢の土地(75ヘクタール)は最たるものです。 この土地は、市の中心部からかなり遠い僻地(へきち)にあり、誰がみても住宅開発などできっこありません。 公社は、そんな土地を相場の数倍以上で購入し、売り手の不動産業者や仲介の有力政治家をボロ儲けさせました。 159億円の購入価格にたいし、2004年当時の時価はたったの2億円です。 この土地購入にかかる借金は182億円に膨れあがってしまいました。 このほか、野放図な開発を進めてきた結果、同公社は、千葉ニュータウン、成田ニュータウンなどに売れ残りの土地や住宅を数多くかかえています。 また、同公社が手がけたつくばエクスプレス沿線開発(土地区画整理事業)も大赤字でした。 そんな野放図な開発を支えたのが、千葉銀行などの金融機関でした。 成算がないとわかっていながら、千葉銀行などが湯水のように融資しつづけました。 そのために公社はデタラメ開発をつづけることができたのです。 千葉銀行などは、中小企業や県民には貸し渋りをしながら、デタラメ経営をつづける公社には湯水のように莫大なカネを融資しつづけたのです。 ですから、公社破たんには、まぎれもなく千葉銀行なども荷担しています。 三番瀬「ヤミ補償」にも関わる 千葉銀行は、三番瀬の「ヤミ補償」(転業準備資金問題)にも深く関わりました。 この問題は、市川2期埋め立ての計画が策定されていない段階で、埋め立てを前提とし、1982年(昭和57)に市川市行徳漁協に融資されたものです。 当時の県企業庁、行徳漁協、金融機関(千葉銀行と千葉県信用漁業協同組合連合会)の三者合意により、金融機関から約43億円が貸し付けられ、利子については企業庁が肩代わりすることになっていました。 この融資は漁業権を放棄した場合に見合う補償金相当額であり、脱法的な事前漁業補償です。 1999年11月、この事実が突如として明らかになりました。 企業庁は2000年2月、その利息分として約56億円の支出を予算化しました。 そのため、三番瀬保護団体のメンバーなど(三番瀬公金違法支出訴訟原告団)がその支出を違法とし、提訴しました。 千葉地裁は2005年10月、三者合意には瑕疵(かし)があると指摘しましたが、利子肩代わりは「企業庁長の裁量内」とし、訴えを退けました。 企業庁は2008年11月、東京地裁の調停委員会の提案にもとづき、計60億円を市川市行徳に支払いました。 60億円の内訳はこうです。 ・転業準備資金貸付分………………… 43億円 ・その未払い利息分…………………… 2億円 (利息56億円は肩代わり済み) ・組合員への追加賠償分……………… 15億円 結局、116億円(56億円+60億円)を県(企業庁)が公費支出することで「解決」を図ることになりました。 埋め立てが行われなかったわけですから、本当は1円も払うべきでないものです(市川市行徳漁協はその後も漁業権を保有しています)。 不当支出であり、地裁判決をも無視したものです。 千葉銀行は、そういう脱法的なヤミ補償にも深くかかわっていたのです。 反社会的行為の規制を 以上のように、千葉銀行は、「自行の利益が増えれば、あとはどうなろうと知ったことではない」あるいは「房総の自然や地球環境などどうなろうとかまわない」という姿勢を貫いています。 そして、野放図な開発を後押しするバラ色の経済波及効果予測を、ちばぎん総研と千葉経済センターにやらせているのです。 こうした野放図な利権開発にメスを入れると同時に、千葉銀行などの反社会的な行為を規制することが、いま重要な課題となっていると思います。

次の