木下 プロダクション。 木下優樹菜

TKO木下隆行の現在が仕事なくて悲惨!youtubeも低評価で干されて消える!

木下 プロダクション

株式会社ドリマックス・テレビジョン DREAMAX TELEVISION INC. 略称 ドリマックス 本社所在地 〒107-0052 2丁目14番5号 赤坂ビジネスプレイス7階 設立 (昭和54年)(木下プロダクションとして) 創業は(木下恵介プロダクションとして) 事業内容 テレビ番組企画・制作 代表者 代表取締役社長 水留 章 資本金 2億2,000万円 売上高 33億円(2015年度) 従業員数 73名(2017年4月現在) 主要株主 74. 2019年1月に株式会社TBSスパークルへ吸収合併され解散。 株式会社ドリマックス・テレビジョン( DREAMAX TELEVISION INC. 、通称「 ドリマックス」)は、かつてやを手がけていたである。 TBSHD 傘下。 概要 [ ] TBSグループの制作プロダクションとして、系列で放送されるテレビドラマやバラエティ番組・などの制作および制作協力を手掛けており、TBSテレビなど系列以外の地上波各局(は除く)やにも番組を提供しつつ、2000年代中盤からはネットドラマやインフォマーシャルなど様々なメディア分野にも進出していた。 前身の 木下惠介プロダクションの時代には、TBS発ドラマを制作する際にはほぼ同社スタッフによる制作だったが、ドリマックス時代にはプロデューサーやディレクターなどTBS側のスタッフが受け持つ作品も増えていた。 2019年1月1日付で、株式会社など10社と共に株式会社へ吸収合併され、ドリマックス・テレビジョンは解散。 ドリマックス・テレビジョンが手がけていた業務はTBSスパークルエンタテイメント本部とスポーツアスリート本部が継承した。 木下プロダクション時代から会社解散までに制作したテレビドラマ作品は、TBSテレビなど制作放送局の権利が失効した作品に関しては、JNN系列外の地方局やなどにの形でされていたが、最近はJNN系列を優先する形での再放送が中心となっている。 TBSテレビ運営によるCS放送・でも過去に制作したテレビドラマ作品を多く放送している。 沿革 [ ] 元々は、(昭和39年)に専属の・との、東京放送(現:東京放送ホールディングス)が共同出資し、 木下惠介プロダクション(きのしたけいすけプロダクション)を発足したのが始まりである。 主に『』や『』など木下が企画・監修を手がけたテレビドラマの制作を中心とした業務を行っていた。 (昭和54年)4月 - 株式会社木下プロダクション(きのしたプロダクション)を設立。 木下惠介プロダクションの事業を継承。 (平成14年)10月 - 木下プロダクションとVSO吸収合併。 (平成15年)7月 - 株式会社ドリマックス・テレビジョンに商号変更、東京放送(現:東京放送ホールディングス)の連結子会社となる。 (平成31年)1月 - 株式会社へ吸収合併され、ドリマックス・テレビジョンは解散。 会社概要 [ ] 所在地 [ ]• 〒107-0052 二丁目14-5 Daiwa赤坂ビル7階 役員 [ ]• 代表取締役社長:• 常務取締役:岩原貞雄• 常務取締役:• 取締役:• 取締役:北川雅一• 取締役 非常勤 :徳井邦夫(株式会社TBSホールディングスグループ経営企画局長)• 取締役(非常勤):高橋務(株式会社TBSテレビ 編成局編成部部次長)• 監査役:箸透(株式会社TBSテレビ 経理局経理部担当局次長) 元役員 [ ]• 代表取締役社長:• 専務取締役:(現: 代表取締役社長)、• 取締役(非常勤):(東京放送 経営メディア本部経営企画局長)、(TBSテレビ 常務取締役 編成制作本部長)、(現: 代表取締役社長)• 監査役:(東京放送ホールディングス 経理局経理部担当部長) 所属スタッフ [ ] ドラマグループ [ ] プロデューサー• 田代誠 ディレクター• ドラマ [ ] 連続ドラマ• (1970年4月-11月、木下恵介アワー)• (1970年4月-7月、)• (1970年12月-1971年5月、木下恵介アワー)• (1971年9月-12月、木下恵介・人間の歌シリーズ)• (1972年4月-7月、木下恵介・人間の歌シリーズ)• (1972年7月-8月、愛の劇場)• (1973年4月-9月、木下恵介アワー)• (1973年9月-12月、木下恵介・人間の歌シリーズ)• (1974年10月-1975年3月)• (1976年10月-1977年1月、木下恵介・人間の歌シリーズ)• (1977年1月期クール、木下恵介・人間の歌シリーズ)• (1977年4月期クール、木下恵介・人間の歌シリーズ)• (1977年7月-10月)• (1977年10月-1978年5月)• ( 1978年4月期クール、)• (1978年6月-10月、火曜20時)• (1978年10月期クール、木曜座)• (1978年10月-1979年3月、火曜20時)• (1979年10月-1980年3月) 単発・スペシャルドラマ 連続ドラマ• ( 1980年1月-4月、)• (1980年4月-9月)• (1980年10月-1981年2月)• (毎日放送 1981年1月期、木曜座)• (1981年3月-4月)• (1981年4月-6月)• (1981年6月-9月)• (1981年10月-11月)• (毎日放送 1981年10月期、木曜座)• (1981年11月-1982年3月)• (1982年4月期)• (毎日放送 1983年1月期クール、木曜座)• (1983年2月-5月、金曜ドラマ)• (1983年2月-3月)• (1983年5月-8月)• (毎日放送 1983年10月期クール、水曜22時)• (1984年1月期クール、火曜21時)• (1984年2月-3月、金曜20時)• (1984年7月-10月、金曜ドラマ)• (1985年1月期クール、火曜21時)• (1985年8月-9月、火曜22時)• (1985年8月-12月、金曜ドラマ)• (1985年12月-1986年3月、火曜21時)• (1986年5月-7月、金曜21時)• 夏・体験物語II(1986年7月-10月、火曜22時)• (1986年10月-1987年1月、金曜ドラマ)• (1987年1月-5月、火曜22時)• (1987年4月-7月、金曜ドラマ)• (1987年6月-7月、火曜21時)• (1987年7月期クール、火曜21時)• (1987年10月期クール、土曜22時)• (1987年10月-1988年1月)• (1988年1月期クール、水曜ドラマ)• (1988年4月期クール、水曜ドラマ)• (1988年5月-6月、)• (1989年7月期クール、水曜ドラマ)• (1989年10月期クール、金曜ドラマ) 単発・スペシャルドラマ• 妻たちの危険な昼下り(1984年1月、)• 団地殺人事件II 妻たちの危険な関係(1984年6月、ザ・サスペンス)• (1987年10月、)• (1987年10月、ドラマ23)• (1987年11月)• (1988年5月、ドラマ23)• (1988年11月、ドラマ23)• (1989年1月、ドラマ23)• (、との共同制作 1989年3月)• (1989年4月、ドラマ23)• (1989年5月、ドラマ23)• (1989年6月、ドラマ23) 連続ドラマ• (1990年7月期クール、)• (1990年10月期クール、金曜ドラマ)• (1991年4月期クール、)• (1991年4月期クール、金曜ドラマ)• (1992年1月期クール、金曜ドラマ)• (1992年7月期クール、火曜20時)• ( 1993年1月期クール、)• (1993年4月期クール、金曜ドラマ)• (1993年10月期クール、)• (テレビ朝日 1994年4月期、月曜ドラマ・イン)• (1994年4月期クール、金曜ドラマ)• (1994年10月期クール、)• (1995年1月期クール、)• (1995年7月期クール、木曜22時)• (1996年1月期クール、金曜ドラマ)• (テレビ朝日 1996年4月-5月、)• HENVol. 2 ちずるちゃんとあずみちゃん(テレビ朝日 1996年5月-6月、ウイークエンドドラマ)• (1996年7月期クール、金曜21時)• (テレビ朝日 1996年10月期クール、月曜ドラマ・イン)• (1997年1月期クール、金曜ドラマ)• (テレビ朝日 1997年4月期クール、)• (1997年7月期クール、)• (1997年10月期クール、日曜劇場)• (1998年4月期クール、木曜22時)• (テレビ朝日 1999年1月期クール、木曜ドラマ)• (1999年1月期クール、日曜劇場)• (1999年7月期クール、日曜劇場)• (テレビ朝日 1999年10月期クール、月曜ドラマ・イン) 単発・スペシャルドラマ• (霧企画との共同制作 1992年10月、月曜ドラマスペシャル)• これが最後の恋(1993年8月、月曜ドラマスペシャル)• バスガイド愛子2 みちのくの恋(1994年10月、月曜ドラマスペシャル)• (1995年4月)• (1995年6月、)• (1996年5月、月曜ドラマスペシャル)• (1996年7月、月曜ドラマスペシャル)• 親子弁護士の探偵帖2(1996年7月、月曜ドラマスペシャル)• タクシードライバー咲坂都2(1996年12月、月曜ドラマスペシャル)• 親子弁護士の探偵帖3 恋と罠に落ちて(1997年10月、月曜ドラマスペシャル)• (1999年6月、月曜ドラマスペシャル) 連続ドラマ• (2000年1月期クール、金曜ドラマ)• (2000年4月期クール、日曜劇場)• (テレビ東京 2000年4月期クール、)• (2001年1月期クール、金曜21時)• (2001年7月期クール、金曜21時)• サラリーマン金太郎3(2002年1月期クール、日曜劇場)• (オーバー・ゼロとの共同制作 2002年6月-7月、愛の劇場)• ( 2002年10月-2003年3月、)• (2003年1月期クール、水曜22時)• ファーストシリーズ(BS-TBS 2003年4月-9月)• 一攫千金夢家族2(オーバー・ゼロとの共同制作 2003年6月-7月、愛の劇場)• (BS-TBS 2003年10月-12月、ケータイ刑事 銭形シリーズ)• (2003年10月期クール、水曜22時)• (2003年10月期クール、木曜21時)• (BS-TBS 2004年1月-9月、ケータイ刑事 銭形シリーズ)• サラリーマン金太郎4(2004年1月期クール、木曜21時)• (2004年1月期クール、金曜ドラマ)• (2004年4月期クール、木曜22時)• (2004年4月期クール、金曜ドラマ)• (BS-TBS 2004年10月-2005年3月、ケータイ刑事 銭形シリーズ)• 恋する日曜日 セカンドシリーズ(BS-TBS 2005年4月-9月)• (2005年4月期クール、木曜21時)• (ダブルスとの共同制作 2005年7月期クール、木曜21時)• (との共同制作 2005年7月期クール、木曜22時)• 文學の唄 恋する日曜日(BS-TBS 2005年10月期クール)• ( 2005年10月-11月、)• (BS-TBS 2006年1月-9月、ケータイ刑事 銭形シリーズ)• (2006年1月期クール、木曜22時)• (2006年1月期クール、金曜ドラマ)• (との共同制作 2006年4月期クール、木曜22時)• 恋する日曜日 ニュータイプ(BS-TBS 2006年10月期クール)• (2006年10月期クール、木曜22時)• (との共同制作 2006年10月期クール、日曜劇場)• 恋する日曜日 第3シリーズ(BS-TBS 2007年1月-6月)• (2007年1月期クール、木曜22時)• (2007年3月-6月、愛の劇場)• (2007年4月期クール、木曜22時)• (2007年6月-7月、愛の劇場)• (NHK 2007年6月-7月)• (BS-TBS 2007年7月-2008年3月、ケータイ刑事 銭形シリーズ)• (2007年7月期クール、木曜22時)• (2007年10月-12月、愛の劇場)• (2008年1月期クール、金曜ドラマ)• (ドラマデザイン社との共同制作 2008年1月期クール、木曜22時)• (BS-TBS 2008年4月)• 東京少女(BS-TBS 2008年5月)• 東京少女(BS-TBS 2008年6月)• 東京少女(BS-TBS 2008年7月)• (2008年7月期クール、)• 東京少女(BS-TBS 2008年8月)• (2008年8月-9月、土曜20時)• 東京少女(BS-TBS 2008年9月)• 東京少女(BS-TBS 2008年10月)• 東京少女(BS-TBS 2008年11月)• (2008年11月-2009年1月、愛の劇場)• 東京少女(BS-TBS 2008年12月)• 東京少女(BS-TBS 2009年1月)• (2009年1月期、土曜20時)• 東京少女(BS-TBS 2009年2月)• 東京少女(BS-TBS 2009年3月)• (BS-TBS 2009年4月期クール)• (2009年4月期クール、パナソニック ドラマシアター)• (NHK 2009年6月-7月、)• ドラマ (2009年7月期クール、) 単発・スペシャルドラマ• 2(2000年5月、)• 痛快ミステリー! ホステス探偵危機一髪!! 3(2001年6月、)• 痛快ミステリー! ホステス探偵危機一髪!! 4(2002年3月、月曜ミステリー劇場)• 伊豆・金沢犀賀焼殺人事件(テレビ東京 2003年、)• 痛快ミステリー! ホステス探偵危機一髪!! 5(2003年10月、月曜ミステリー劇場)• 痛快ミステリー! ホステス探偵危機一髪!! 6(2004年5月、月曜ミステリー劇場)• TBSテレビ放送50周年スペシャルドラマ (2005年3月)• (2005年5月、)• (2005年7月)• (、2005年11月)• (2006年1月)• (2006年8月)• (2007年1月)• ( 2007年11月、)• (2007年12月、月曜ゴールデン)• (2008年6月、月曜ゴールデン)• (2008年11月)• ( 2009年5月、)• ・ドラマパート(2009年8月)• ・ドラマパート(2009年11月)• (2009年12月、月曜ゴールデン) 連続ドラマ• シリーズ2(2010年1月期クール、)• (、2010年4月期クール)• (2010年4月期クール、土曜20時)• ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ3(2010年7月期クール、パナソニック ドラマシアター)• (BeeTV、2010年5月 - 7月)• ( 2010年12月-2011年2月、)• ( 2011年3月-4月、連続ドラマW)• ハンチョウ〜神南署安積班〜 シリーズ4〜正義の代償〜(2011年4月期クール、パナソニック ドラマシアター)• (NHK 2011年9月-10月、)• (2011年10月期クール、)• (2012年1月期クール、)• シリーズ5(2012年4月期クール、パナソニック ドラマシアター)• (2012年4月期クール、木曜ドラマ9)• ハンチョウ〜警視庁安積班〜 シリーズ6(2013年1月期クール、パナソニック ドラマシアター)• (2013年1月期クール、金曜ドラマ)• ( 2013年4月期クール)• ( 2013年7月期クール、)• (2013年7月期クール、火曜深夜)• (2013年10月期クール、月曜ミステリーシアター)• (NHK 2014年1月-2月、)• (2014年1月期クール、木曜ドラマ劇場)• (2014年1月期クール、月曜ミステリーシアター)• (NHK 2014年3月-4月、プレミアムよるドラマ)• なるようになるさ。 2(2014年4月期クール、)• (2014年7月期クール、月曜ミステリーシアター)• (WOWOW 2014年8月 - 、連続ドラマW)• (2014年10月期クール、TBS火曜ドラマ)• (2014年10月期クール、金曜ドラマ)• (2015年4月クール、火曜ドラマ)• (2015年4月クール、金曜ドラマ)• (WOWOW 2015年8月-9月、連続ドラマW・日曜オリジナルドラマ)• (WOWOW 2015年10月-11月、連続ドラマW)• (2015年10月クール、火曜ドラマ)• (NHK 2015年11月-12月、プレミアムよるドラマ)• (2016年1月期クール、日曜劇場)• FIRST SEASON(テレビ東京 2016年1月期クール、)• (2016年4月期クール、金曜ドラマ)• (テレビ東京 2016年7月期クール、)• (BSスカパー! 2016年8月-10月)• (2016年10月期クール、金曜ドラマ)• (WOWOW 2016年11月-12月、連続ドラマW・日曜オリジナルドラマ)• (テレビ東京 2017年1月期クール、ドラマ24)• (2017年4月期クール、金曜ドラマ)• (2017年4月期クール、火曜ドラマ)• (毎日放送 2017年6月、)• 警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜 SECOND SEASON(テレビ東京 2017年7月期クール、金曜8時のドラマ)• (毎日放送 2017年8月-10月、ドラマイズム)• 弱虫ペダルSeason2(BSスカパー! 2017年8月-12月)• ( 2017年10月期クール)• (2018年1月期クール、金曜ドラマ)• (テレビ東京 2018年1月期クール、ドラマ24)• (2018年1月期クール、火曜ドラマ)• (テレビ東京 2018年2月-3月)• (2018年4月期クール、金曜ドラマ)• (2018年10月期クール、火曜ドラマ)• (2018年10月期クール、金曜ドラマ) 単発・スペシャルドラマ• 2(2010年1月、)• 第2回 (2010年3月)• (フジテレビ 2010年5月、)• 遺品の声を聴く男2(ABC 2010年9月、土曜ワイド劇場)• 刑事・鳴沢了2〜偽りの聖母〜(フジテレビ 2011年5月、)• (2011年11月)• 弁護士 一之瀬凛子3(2010年12月、月曜ゴールデン)• 遺品の声を聴く男3(ABC 2012年1月、土曜ワイド劇場)• (フジテレビ 2013年5月、金曜プレステージ)• 遺品の声を聴く男4(ABC 2013年5月、土曜ワイド劇場)• (フジテレビ 2016年1月)• テレビ東京開局記念日・ドラマ特別企画 (テレビ東京 2017年4月)• 再現ドラマ「」(2018年3月)• ドラマ特別企画 (2018年4月) 情報・バラエティ [ ] レギュラー番組• (2003年7月-2004年9月)• (2003年7月-2009年3月)• (2003年7月-9月)• (2003年10月-2004年7月)• (2004年10月-2005年3月)• (2005年10月-2006年9月)• (2005年10月-2006年8月)• (2007年4月-7月) 単発・特別番組• 追悼企画 長さんだョ! 全員集合(2004年3月)• (2004年4月)• (2007年4月-10月・過去2回)• ( 2007年7月-)• (フジテレビ 2009年12月-2011年3月) 連続ドラマ• (、 2012年7月-10月)• ( 2013年12月-) 木下プロ・ドリマックス出身の著名人 [ ] チーフプロデューサー• (現:)• (現:)• (現:C&Iエンタテインメント)• (を創立) 演出• (現:)• (脚本家に転向)• 湯浅典子(現:フリー)• (現:フリー)• (現:フリー)• (現:フリー) 演出補•

次の

可愛いと思う女性YouTuberの顔を勝手に評価!TKO木下が炎上中

木下 プロダクション

名前 : 木下隆行(きのした たかゆき) 生年月日 : 1972年1月16日 出身地 : 大阪府四條畷市 身長 : 183㎝ 所属事務所 : UtREE YouTubeチャンネル : 木下プロダクション 福岡県豊前市で4歳〜6歳まで育ち大阪府へ移住する 父の会社が倒産してからは、貧乏な生活を余儀なくされたのですが、父の死後、母の開いた焼肉屋が成功し、現在ではきのしたグループとして飲食店を経営。 2016年、株式会社ウィゴーが展開するアパレルブランド「BUCCA 44」(ブッカ フォーティーフォー)のディレクターに就任し、販売を開始。 後輩へのパワハラ問題が浮上し、2020年3月15日をもって松竹芸能を退所しフリーとして芸能活動を行っていくことを発表し、 3月31日、新会社「UtREE」を設立。 同年4月1日からは自らの発信の場として開設したYouTubeチャンネル「木下プロダクション」での動画投稿を開始。 やはり、後輩へ水の入ったペットボトルを投げつけたり、安田大サーカスのクロちゃんの頭を踏みつけたりと 素行の悪さが明るみとなり世間から嫌われてしまったのでしょうね。 芸能人は、イメージが大切ですから当分テレビへの出演は期待出来そうにありませんね。 youtubeデビューも低評価! 現在は仕事がほぼない状態と言われている 木下隆行さんですが、続いて気になる 「youtubeデビューも低評価」との話題についてズバッと切り込んでいこうと思います! テレビ出演がほぼなくなった 木下隆行さんは、2020年4月にYouTubeチャンネル 『木下プロダクション』を立ち上げ配信を開始したようです! 1回目の配信は、 パワハラ問題の謝罪動画となりました。 確かに、そんなひどい事をしていた人のYouTubeを見ようとは思えませんよね。 また、あまりに低評価が多いと広告がつきませんし、登録者数も増えにくいでしょうから、かなり厳しいでしょうね・・・・。 TKO木下隆行さんは、YouTuberとして『木下プロダクション』を立ち上げたのですが、コメント欄には批判が殺到し早くも危機を迎えているようですが、今後どのような動画が投稿されるのか注目ですね。 TKO木下隆行さんは、今回のパワハラ暴力事件で、今までの素行の悪さが一気に公となり大物芸人たちも見放している事からテレビ復帰は難しく、干されてテレビから消える可能性が高いと思います! 最後までご覧いただきありがとうございました。 ご意見や感想がありましたら下記のコメント欄からどしどしおよせください!!.

次の

木下プロダクションの最新動画|YouTubeランキング

木下 プロダクション

YouTube不発で残された道は…… 始動から2カ月が経過したTKO・木下隆行のYouTubeチャンネル「木下プロダクション」が伸び悩んでいる。 現在、登録者数は1. 46万人で、開始当初、比較されることの多かった雨上がり決死隊・宮迫博之のチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」がまもなく登録者数100万人に到達しそうなことを考えると、なんとも寂しい数字だ。 木下のYouTubeチャンネルは、6月1日で始動からちょうど2カ月がたった。 しかし、その後の再生回数は下降線をたどり、最近は10万前後、低いものは3万にも満たない数字で推移して いる。 「開設してしばらくは、多くのネットニュースに取り上げられましたが、それを数字につなげることができなかった印象です。 確かに木下は、芸人としてバラエティ番組で実績を残し、またここ数年来、役者業にも本格進出していました。 騒動が落ち着き、世間の関心が薄れた今、 純粋に彼の動画を見たいという視聴者数が、今の登録者数や再生回数に現れているだけでしょう」(同)。 動画のネタもここ最近「迷走がみられる」(芸能ライター)との指摘も。 「当初は、謝罪動画や実母からの公開説教など、パワハラ騒動に絡めた動画で話題を集めていましたが、最近ではこの類いの動画でも視聴者を引きつけることが難しくなっています。 ほかにも『ゲームがうまくなりたい』動画や、『ピアノがうまくなりたい』動画など、チャレンジ系の動画をアップしているものの、目新しさは一切ありません」(同) 木下は5月29日、自身のアンチ動画を公開している人気YouTuberのウタエル、PDR、シバター、アシタノワダイ各人に物申す動画を公開している。 「人気YouTuberがアップした自身に対する苦言動画を見て、一つずつ感想を述べるという内容でしたが、彼らに対抗するでもなく、『取り上げていただきありがとうございます』『光栄です』 などと謙虚にコメントしていて、拍子抜けなリアクション。 人気YouTuberに便乗しているようにも見えるこの動画は、視聴数も9万回弱とそこまで伸びておらず、もの悲しさばかりが残ってしまいました」(同) YouTubeで人気を博す芸人といえば、宮迫やカジサック、オリエンタルラジオ・中田敦彦などが挙げられる。 彼らはチャンネル開設当時、ネット上で「テレビ露出が減ったため、YouTubeに進出した」などと指摘されたものだが、「彼らは逆境の中で奮闘し、強いコンテンツ作りに成功して、結果を出した。 木下もいつまでも騒動をネタにしてアクセスを稼ごうとせず、自分にしかできない新しいコンテンツ作りに挑戦していってほしいです」(同)という。 最近は何をやっても踏んだり蹴ったりな木下。 今後、YouTubeで新境地を開拓し、宮迫らと肩を並べる日が来るのだろうか。

次の