シェア ニュース ジャパン。 「ジャパンディスプレイ」のニュース一覧: 日本経済新聞

VW日本法人の新社長にティル・シェア氏 【ニュース】

シェア ニュース ジャパン

くだらなさ過ぎる話なので短く. こんなツイート流れてきたんですけどね. 「最近の若者は内向きでも草食でもない、所得が低いだけ」 まさしく仰る通りですね。 マスコミは……日本人、若者が外に出ませんよね。 移民もしません。 「内向きだ」とか言うわけなんですよ。 なんじゃこいつらは、と。 今の若者って所得が少なくて車が買えないんですよ。 本当に、少なくて買えないんですね。 それをとらえて「若者は車も買わない、草食化してる」とか、めちゃくちゃ言ってくるんですよ、あの連中は。 「どうしたらいいんでしょう」という話が、結局根本なんですけどね。 角谷 あと何年経ったらこんな車に乗りたい、こういう生活をしたい、こういう夢を持ちたい、実現したいと。 でも5年後どころか、来月どうなってるかわからない。 人生の中での不安が終わらないっていうのかな、いつまでたっても不安で不安でしょうがないから貯蓄にはしる。 これは内向きどころか、安全対策ですよね。

次の

「ジャパンディスプレイ」のニュース一覧: 日本経済新聞

シェア ニュース ジャパン

パナソニック株式会社は、放送中の番組や録画した番組を、ビエラやディーガから外出先や家の好きな部屋でスマートフォンやタブレットに転送し楽しめる、リモート視聴用アプリ「Panasonic Media Access(パナソニック メディア アクセス)」をより便利に使いやすくバージョンアップしました。 このバージョンアップにより、2015年6月新発売のプライベート・ビエラからも転送視聴することができるようになりました。 また、同社が2014年に実施したアンケート調査では、ビエラをご利用中でかつスマートフォンかタブレットを所有されている20代~40代の約半分の方が、アプリを「使ってみたい」と回答、期待の高さがうかがえます。 「今すぐ見たい!」をかなえる、「外からどこでもスマホで視聴」をぜひお試しください。 詳しくは対応機器一覧をご覧ください。 ご使用の無線LANルーターの取扱説明書・仕様などでご確認ください。 ・ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。 共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。 ・つながらない場合、スマートフォンの接続をWi-FiからLTEに変更することで、リモート視聴ができる場合があります。 アプリのダウンロードには別途通信料がかかります。 LTEや3Gの携帯電話回線でのリモート視聴では多くのパケットが必要になります。 パケット料金にご注意ください。 「Panasonic Media Access(パナソニック メディア アクセス)」アプリダウンロード数累計。 ビエラのバージョンアップは、5月下旬以降を予定しています。 詳細についてはPanasonic Media Accessのサポートサイトをご覧ください。 対応機器一覧 ビエラ準備編 ディーガ準備編 プライベート・ビエラ準備編.

次の

日程・結果

シェア ニュース ジャパン

株式会社ジャパンネット銀行(以下、ジャパンネット銀行)が2月15日に公表した、日本のミレニアル世代を対象としたによると、親世代(40~50代の既婚者)ではシェアリング・エコノミーサービスに「抵抗がある」と回答した割合が約8割だったのに対し、ミレニアル世代では「利用したい」と応えた割合が6割を超えるなど、ミレニアル世代と「シェアリング・エコノミー」との親和性の高さが際立った。 同調査におけるミレニアル世代とは、2000年以降に成人・あるいは社会人になる世代であり、現在の高校生・大学生・新社会人といった18~25歳の若年層のことだ。 アメリカにおいて、このミレニアル世代が、社会や消費のあり方に大きな影響を与えるジェネレーションとして注目を集めていることを受け、ジャパンネット銀行が日本国内のミレニアル世代男女500名へアンケートを行った。 調査によると、ミレニアル世代のほとんどがシェアサービスを利用している同世代の友人・知人がいないにも関わらず、利用に対しての抵抗はないようだ。 特に関心の高かったサービスは場所・モノ・交通手段の3分野だ。 場所においては民泊やシェアハウスのほか、駐車場シェアサービスなども関心を集めた。 また、ファッションレンタルやライドシェアサービスといった比較的新しいサービスにも積極的な傾向がみられた。 実際の利用者の割合としては、「場所」のシェアサービスが6%、「モノ」のシェアサービスが3%、「交通手段」のシェアサービスが7%だった。 利用者が少なく思えるが、ほとんどが学生であることを考慮すれば5人に1人が利用というのは、そう低くはない割合といえる。 具体的なミレニアル世代のシェアサービスに対する考え方についての調査では「シェアサービスを利用するのは賢い選択だと思う」と答えた人は66%、「経済的」77%、「合理的」73%、「他ユーザーとの交流のきっかけになる」53%というかなり好意的な結果となった。 因みに、親世代では「お金を払っても自分の資産にならないことに抵抗を感じる」64%、「人とのコミュニケーションを面倒に感じる」79. 4%と、ミレニアル世代とはまるで正反対の考えであることが分かった。 一体、どうしてミレニアル世代はこんなにもシェアサービスと親和性が高いのだろうか?それはミレミアル世代の消費そのものに対する考え方と大きく関わっている。 調査においても「モノをあまり持ちたくない」51%、「お金を使うときには合理性を重視するほうだ」66%、「モノよりも体験や人とのつながりを大事にしたい」51%などの傾向があり、シェアリング・エコノミーの理念と合致していた。 世代によって価値観は大きく異なる。 2018年3月15日には住宅宿泊事業法(民泊新法)の届出申請が開始されることもあり、民泊をはじめとするシェアリング・エコノミーへの関心が高まると同時に、サービス自体への賛否が分かれている。 しかし、新たな時代を担う若年層は、ものを持つことを嫌い、賢く消費することに関心があり、そのための手段としてシェアリング・エコノミーは高く評価されているようだ。 シェアリング・エコノミーの利用に抵抗の少ない層は全体としては少ないが、将来は利用するのが当たり前になるのかもしれない。 【参照リリース】 (MINPAKU. Bizニュース編集部 平井 真理).

次の