小南 満 佑子 朝ドラ。 朝ドラ「エール」の強力助演女優・小南満佑子 「音楽の力で多くの方に元気になって頂きたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

エール:次期朝ドラにミュージカルスター続々 柿澤勇人、井上希美、小南満佑子が朝ドラ初出演

小南 満 佑子 朝ドラ

朝ドラ「エール」東京編で、東京帝国音楽学校声楽科の生徒・夏目千鶴子(なつめ ちづこ)を演じる小南満佑子(こみなみ まゆこ)さんのプロフィール紹介です。 夏目千鶴子は、幼い頃から声楽を学ぶエリートお嬢様。 二階堂ふみさん演じる古山音さんと良きライバル関係になるというキャラクター設定なので、劇中で歌唱する姿が見られることでしょう。 では、小南満佑子さんとは一体どんな方なのか? 一足先にチェックしたいと思います。 Hanada Encouragement Praize 【2015年】 第6回ジュリアード音楽院声楽オーディション 最優秀賞 出典引用元:所属事務所 ジュリアード音楽院とは、明治38年(1905年)に設立された、ニューヨーク市に本部を置くアメリカ合衆国の音楽大学で、世界で最も優秀な音楽大学の中の1つと言われている超名門校です。 この大学を卒業された方には、ヴァイオリニストの中村静香さんや諏訪内晶子さんという日本人のほかに、バリー・マニロウ、チック・コリア、マーシャ・クロスなどのビックネームが目白押しです&バリー・マニロウの「コパカバーナ」、懐かしいです。 ちなみにですが、カラオケバトルで有名なシンガーソングライター宮本美季さんが卒業されたのは、ボストンにあるバークリー音楽院で設立は昭和20年(1945年)になります。 日本人の卒業生の数を比較すると、圧倒的にジュリアード音楽院の方が少なく、その難易度が証明されているような印象です。 そんな由緒正しきジュリアード音楽院で声楽オーディション最優秀賞という輝かしい経歴を持つ小南満佑子さん、この朝ドラが人生初めてのテレビドラマ出演となり、まずはおめでとうございますとエールです。 そして小南満佑子さんの歌唱動画を探したのですが、見つからずじまいで申し訳ありません。 インスト情報によると、2020年3月に東京音楽大学を卒業したとのことで、まさにこれから芸能活動を本格的に行うのでしょうね。

次の

小南満佑子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|エールで注目

小南 満 佑子 朝ドラ

スポンサーリンク 小南満佑子のwiki経歴プロフィール!歌唱力がヤバい! まずはこちらで、小南満佑子さんのプロフィールをご紹介させていただきますね! 今日から4月。 そして新年度の始まり。 不安が募る世の中ですが、 どんな時でも未来を信じて前向きに 社会人として表現者として 更に進化し続けられるよう 一人でも多くの方にパフォーマンスを 通して笑顔になって頂けるよう 精進を重ねて参ります。 身長は、166cmで、血液型は非公表。 出身地は兵庫県神戸市であることを公表されています。 小南満佑子さんの趣味ですが、読書、神社仏閣巡り、舞台・映画鑑賞と多趣味なんですね。 そして特技もたくさんお持ちで、 ダンス、ものまね、掃除、英会話、オペラと、多岐に渡っています。 特技の「ものまね」が、何の物真似なのかが気になりますよね! また、好きなキャラクターは「ハローキティ」なんだとか。 インスタで見たことはないですが、もしかしたらかなりのキティラーの可能性もありますね。 小南満佑子さんの所属事務所についても調査してみたところ、 「 株式会社ホリプロ(ホリプロ)」事務所に所属されていました。 ホリプロといえば、綾瀬はるかさん、石原さとみさん、深田恭子さんらといった、有名な女優さんが所属されている事務所ですね。 そんな小南満佑子さん、芸能界入りしたキッカケですが、高校を卒業後に現在の事務所に所属して、舞台を中心に活動されてきました。 10歳のころから声楽を学び、コンクールでたびたび受賞してきた実力派と言われていた、小南さん。 高校卒業後は、現役の大学生として勉強と両立させながら活躍されてきたことが分かります。 廣田神社といえば、小南満佑子さんが普段からよく参拝なさっている神社なのだそう! そのご縁もあって、神社の宮司さんからの希望で、演奏会が開かれたそうです。 美しい容姿と、歌声に見とれてしまいます。 いよいよ社会人。 大学は2020年3月に卒業したばかりで、これからは本格的に芸能活動に力を入れていくそうです! 在学中から、才能を活かして様々な賞も受賞されています。 【受賞歴】 【2014年】 イタリアコンコルソムジカアルテ音楽コンクール/クルラトゥーラ部門奨励賞 第32回兵庫県高等学校独唱独奏コンクール 金賞 第6回東京国際声楽コンクール/高校生の部 奨励賞 第5回ジュリアード音楽院声楽オーディション Dr. Hanada Encouragement Praize 【2015年】 第6回ジュリアード音楽院声楽オーディション 最優秀賞 高校在学中から、これらの賞を受賞しているということで、歌唱力について、かなりの実力をお持ちであることが分かります! また実際にドラマ「エール」の中でも、歌唱力を活かした役柄が素敵です。 5月25日 月)の放送では、音楽学校の記念公演で椿姫を歌う人を選ぶ場面があります。 審査で歌唱シーンがありますが、歌声が素晴らしい。 スポンサーリンク 小南満佑子の兄はイケメン!彼氏は? 小南満佑子さんのプライベートについても調査してみました! 小南満佑子さんは、 ご両親と本人、お兄さんの4人家族です。 実はお兄さんも「小南竜平(こみなみ りゅうへい)」という名前 本名)で、ミュージカル界で活躍されているんです。 兄上がDiesel役で出演中の『ウエストサイドストーリー』season1を観劇させて頂きました🇺🇸 美しい音楽と細やかで豪華なセット。 お兄さんの身長は、178cmで、体重は63kg。 大阪芸術大学舞台芸術学科を卒業後、舞台を中心に活動されています。 小南満佑子さんのご家族については、これからさらに人気が出てくると、詳しいエピソードが出てくると思うので、その時はこちらで更新していきたいと思います。 続いて、小南満佑子さんに彼氏はいるのでしょうか? 2020年4月時点で、東京音大を卒業されたんですが、これだけ可愛いと、彼氏がいてもおかしくはないですよね。 調べてみると、彼氏がいるのでは?という情報があり、画像を検索してみました。 ですが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。 これから本格的に女優のお仕事にもチャレンジされるとのことなので、今は彼氏を作る時間はないのかもしれませんね! 彼氏については不明でしたが、小南さん自身のツイッターを見ていると、 おうちで猫を飼っていることは分かりました! 小南満佑子さんや兄の小南竜平さんが帰省した時に、よくこの猫ちゃんたちが登場しています。 ちなみにお名前は「ミロク」と「チャメ」で、同じく兄妹なんだそうですよ! お腹の上でうたた寝していたミロクさん。

次の

【エール】千鶴子役・小南満佑子のWiki!兄がイケメンすぎる!

小南 満 佑子 朝ドラ

【牧 元一の孤人焦点】女優・小南満佑子(23)が12日にNHK連続テレビ小説「エール」に初登場した。 ヒロイン・音(二階堂ふみ)が通う音楽学校の声楽科の生徒で、音のライバルとなる夏目千鶴子役。 初登場では、教室で上級生(山崎育三郎)と一緒にオペラ「ドン・ジョヴァンニ」の「La ci darem la mano」を歌い上げた。 この歌唱が圧巻で、ネットには「本格的すぎて震える」「素晴らしい歌声」など絶賛が並んだ。 小南は朝ドラ初出演で、映像作品出演も初めて。 いったい、どんな思いを抱いている女優なのか…?リモート取材した。 「日本中の誰もが知っている朝ドラにまさか自分が出演する日が来るとは思ってもみなかったので、このような大きなチャンスを頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。 音楽の力で少しでも多くの方に元気になって頂きたい、エールをお届けしたいという気持ちで演じています」と意欲満々。 役柄について「千鶴子は幼い頃から声楽を学び、世界で活躍する歌手を目指して努力を惜しまない女性です。 私自身も10歳から声楽を習い始めたことや、海外へのあこがれもあることなど、彼女との共演点がたくさんあったので、ありのままの自然体で演じるようにしています」と語った。 小南は2014年に東京国際声楽コンクール高校生の部奨励賞、15年にジュリアード音楽院声楽オーディション最優秀賞を受賞。 芸能界に入ってからはミュージカル「レ・ミゼラブル」など舞台で活躍してきた。 「エール」制作統括の土屋勝裕チーフ・プロデューサーは起用理由について「千鶴子は抜群に歌がうまくなければならず、さらに、歌がうまいだけでなく気品と強さを兼ね備えて華のある女優さんに演じて頂きたいと思い、小南さんにオファーした」と説明。 その上で「山崎育三郎さんとのデュエット場面は、二人の歌が素晴らしく、スタジオのスタッフも大興奮だった。 千鶴子は音にとって手ごわいライバルという設定だが、小南さんに演じて頂くことで、さらに手ごわい強敵になった」と強調した。 小南はドラマの中で本格的な歌唱を披露することについて「舞台とは違い、カメラを通してオペラを聞いて頂くということで、より繊細な息づかいや発声を意識する必要があると感じました。 呼吸一つとっても鮮明に映るので、今どういう感情でどれくらいの息の量や声量が適切か…」と難しさを説明。 その一方で「これは普段から意識しているのですが、ただ歌うのではなく、一つ一つの言葉を大切に、音楽に合わせて『語るように歌う』ことを丁寧にすることで、これまで気付けなかった伴奏のピアノの小さな音にも気付けたり、いろいろと発見があって、幅広い視野でより音楽を楽しむことができるように思います」と面白さも明かした。 今後の女優業については「ご縁を頂けるなら、ぜひ映像作品にもどんどんと挑戦させて頂きたい。 千鶴子のように、いつか海外でも幅広く活躍できる表現者を目指して、常に進歩向上していけるよう頑張ります」と語った。 一本筋の通った、たたずまい。 そして、画面からあふれ出る存在感。 「エール」に強力な助演女優が加わったことを実感した。 編集局デジタル編集部専門委員。 芸能取材歴約30年。 現在はNHKなど放送局を担当。

次の