あざ が でき やすい 病気。 あざができやすい、体に痛みが続く!それって白血病かも?

高齢者はあざができやすい。そう家族が知れば施設への誤解も減る「あざ」4

あざ が でき やすい 病気

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 腕や足、気づいたら身体の様々な部分にあざができていたという経験はありませんか? 特に、女性は男性に比べるとあざができやすく、肌が露出した洋服をきたときに目立って気になるということもあります。 なぜ、女性はあざができやすいのでしょうか? あざができる原因とあざの色、あざを目立たなくするための対処法について詳しく解説していきます。 女性にあざができやすい理由は? 毛細血管への影響 女性にあざができやすい理由は、女性と男性の身体の違いが関係しています。 一般的に、女性は男性と比べると筋肉量が少ないです。 筋肉量が少ないと冷えやすい上に皮膚も薄く、ちょっとした刺激で毛細血管が切れ、それが青くあざになりやすくなります。 身体が冷えて血流が悪くなると、毛細血管に新鮮な血液が流れないため、血管がもろくなりやすくなり、ちょっとした刺激があざになります。 その他にも、肌の色が白いために目立ちやすい、過度なダイエット、遺伝、病気、女性ホルモンの作用などが考えられます。 特に、急激なダイエットや過度なダイエットは思った以上に身体の内側に負担がかかっているため、毛細血管がもろく、刺激によってあざができます。 また、女性ホルモンは、ストレスやダイエットによってホルモンバランスが乱れやすくなります。 女性ホルモンには、様々な身体への影響がありますが、その1つに血管をしなやかに保つ作用があります。 しかし、ホルモンバランスが崩れると血管がもろくなり、あざができやすくなります。 年を重ねるとできやすくなる3つの原因 年を重ねるにつれ、あざができやすくなる原因は主に3つあります。 まず1つ目に、肌の新陳代謝が悪くなり、一度できたあざがなかなか治りにくいことです。 2つ目に若いときと比べると、皮膚が薄くなり、ちょっとした刺激でもあざになりやすくなります。 最後に、年齢とともに、視野が狭くなります。 見えている範囲が狭くなると、今までは気づいていた障害物に気づきにくくなり、ぶつかってしまいます。 その結果、身体のあちこちにあざが見られることが多くなります。 色の違いによって、皮膚のどの部分でできたあざなのか、出来たばかりのあざなのか、治りかけなのかがわかります。 あざの色はどう変わる? あざの色は、皮膚の浅い部分でできた場合は赤や青っぽい色をしており、皮膚の深い部分で出来たあざは黒っぽいのが特徴です。 またあざは治るにつれて、色が変化していきます。 赤や青、黒っぽい色から、緑に変化していき、少しずつ黄色に変化してあざが目立たなくなり治ります。 あざを作らないためにできること 傷害物にぶつけないように あざは、身体の一部を障害物などにぶつけることが主な原因です。 そのため、ぶつけないこと、ぶつけないように注意することが一番良い対策です。 また、ぶつけてしまったら、あざが目立たないように対処することも良いでしょう。 障害物にぶつけてしまうと、その部分の毛細血管が切れ、細胞を守るために血流がその部分に増え、身体が反応します。 この働きが炎症を起こし、ひどい場合は腫れたり、熱を持ったりします。 そのため、一時的に患部を冷やし炎症を抑えることが、あざを目立ちにくくする方法です。 ただし、氷や凍らせた保冷剤を直接肌に当てるのではなく、濡らしたタオルをあてたり、シャワーをかけるようにして冷やします。 また新陳代謝を活発にするために、日頃から食事バランスを整え、特にたんぱく質やビタミン、ミネラルをしっかりとり、動物性脂肪など血液をドロドロにして動脈硬化につながりやすい食品は控えてください。 肌をしなやかにしておくことも予防策になります。 乾燥の強い肌は外傷に弱く、あざになりやすいです。 保湿を心がけ、さらりとしているが水分の多い肌を目指しましょう。 危険なあざの見分け方は? 今までより急にあざがあちこちに見られたり、治りが遅かったり、どんどんあざが大きくなるときや腫れ、 熱感、痛みを伴う場合は、病気が隠れている可能性があります。 考えられる病気は、 動脈性の出血、血管の異常、貧血、癌などです。 あざが急に増えたように感じ、その他にも気になる症状があれば、かかりつけ医に一度相談してみましょう。 まとめ 過度なダイエットや急激にダイエットを始めると、毛細血管がもろくなりやすくなります。 食事バランスを整えながら、ゆるやかにダイエットするようにし、負担をかけないようにしましょう。 また、あざは身体を守ったり、身体が発するサインを教えてくれるものです。 あざの色やできやすさなど、いつもと違う場合、あざができやすい原因に心当たりがなければ早めに病院で見てもらうようにしましょう。 2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

次の

内出血しやすいのはどうして?あざを早く治す方法はあるの?

あざ が でき やすい 病気

高齢者は、認知症などもあいまって、体に不調があったり変調があっても訴えが出にくかったり、忘れてしまったりということがあります。 そのため、あざという形でほかの人が発見しても、その経緯がわからず、「虐待か」といった不安につながってしまうことも時としておこります。 ですが、老人性紫斑についての基礎的な知識をご家族も介護施設の職員もともに共有しておくことで、信頼関係に不安を持つ場面も減ることでしょう。 高齢者ご本人を真ん中に、互いに連携を取り合うことの大切さの中に、このような情報の共有も含まれるのではないでしょうか。 <回答:上條内科クリニック 院長 上條武雄 / 構成・文:椎崎亮子> 【質問 あざがたびたびできる母について ~85歳・要介護3】 介護職員が関係していなくても、あざはできてしまう ご質問者のケースを拝見して、「ああ、介護施設との関係が悪くならないといいなぁ」と思いました。 実は私自身も、診察で「こんなあざ、つけられちゃった」というご家族のお話を聞くことがたびたびあります。 「ついちゃった」ではなく「つけられちゃった」。 つまり、施設や訪問の介護職員の不注意や、力加減の悪さが、ご家族としては気になっているという発言です。 知っておいていただきたいのは、不注意や力加減が乱暴だったから紫斑ができたわけではないケースがほとんどだということです。 それが「できやすい」ということの意味なのです。 介護職員がかかわらなくても、自力で何かをされている間にでも、知らず知らずのうちにできてしまうもの。 それが老人性紫斑です。 それがたまたま、デイサービスに行っている間にできた、あるいは施設にいるあいだにできた。 ご自宅にいても、ほかのどこにいても、できたかもしれないものであって、そこに介護関係者がかかわったからできたものではない、という認識をもっていただけたらな、と常々私は思っています。 もちろん、今回のケースは、介護職員の方がとっさに腕をつかんだことが直接の原因でした。 施設側は、それを正直に話しているわけですので、虐待を疑ったりはしないでほしいなというのが本音です。 「できやすい」と知っていることで、不安を抱かずに済む 年老いた家族を他人に預けているという心の負荷を、ご家族はいつも抱えています。 あざに関しても、単に施設側を責めるというよりは、預けているご自身を責めるようなお気持ちも、あるのではないかとお察しします。 ご家族が、老人性紫斑についての正しい知識をお持ちになることで、このような「虐待があったのでは」「接し方が悪いのでは」「施設に預けているから」といったことを考えずに済むという側面があります。 目に見えるあざという形は、確かにつらいものです。 ですが、どうかそこから一歩進んで、では、あざができないようにするには、どのようなスキンケアをすればよいのか、施設にもどこまで取り組んでもらうかなど、具体的で前向きな方策を話し合える関係を築いていただけたらと思っています。 プロフィール 上條内科クリニック院長・医学博士 上條武雄先生 1992年慈恵会医科大学卒業後、2003~2007年まで上野原市立病院内科勤務。 2007年から横浜市内の在宅療養支援診療所3ヶ所に勤務の後、2011年に上野原市に上條内科クリニックを開業。 地域を支える在宅医として、認知症ケア・緩和ケアなどにも力を入れる一方、アニマルセラピーの普及や、医療・介護が連携しやすい仕組みづくりにも取り組む。 忙しく飛び回る毎日の癒しは愛犬のチワワたち(花音、鈴音ともに7歳)。 自身でアニマルセラピーの効果を感じる日々。

次の

内出血しやすい人には特徴があった!?アザができにくくなる方法5選!

あざ が でき やすい 病気

内出血とは 通常、怪我(切り傷や擦り傷)などでは、皮膚が傷つき、そのまま皮膚の下の血管まで傷ついてしまい、血管内部の血液が出てきます。 これが「怪我をして血が出た」と俗に言われる状態です。 ところが、打ち身などにより、皮膚は傷つかなかったが、内部の血管が衝撃によって破れてしまうことがあります。 この場合、血液が血管から漏れ出るものの、出口(皮膚の傷)がないため、そのまま血が流れることなく体内にとどまります。 これが「内出血」と呼ばれる症状です。 打ち身などにより、皮膚のすぐ下にある毛細血管がプツプツっと損傷を受けた程度なら、「青あざ」や「赤あざ」になります。 一方、トンカチで釘を打つときに間違えて指の端を打ってしまった場合など、局所的に強い衝撃を受け血管が破れた場合になるのが「血豆」です。 また、頭部は髪の毛によって守られているものの、頭皮の下には、血管があってすぐに頭蓋骨になっています。 そのため、頭部を打ってしまうと、頭蓋骨の上にある血管が破れやすく、その場合によくなるのが「たんこぶ」です。 以上挙げたものがよくある内出血で、「内出血しやすい人」というのは上記のような症状に悩まされている方々のことになるでしょう。 但し、今回のテーマからは少し外れますが、交通事故や動脈瘤などにより、体表からは観察できない体内の奥の方で内出血が起こる場合があります。 この場合は非常に危険なため、すぐに病院で処置を受ける必要があります。 内出血が頻繁に起こる病気 次に、このような内出血の起きやすくなる病気についてそれぞれ見てみましょう。 紫斑病 紫斑病とは、内出血によるあざのようなもの(紫斑)が現れる病気の総称のようなものです。 実際にはその病態・病理によって、アレルギー性紫斑病(血管性紫斑病)・特発性血小板減少性紫斑病・紫斑病性腎炎・血栓性血小板減少性紫斑病などがあります。 ここではそれぞれについて詳しく述べることはしませんが、あまりに頻繁にあざが出る(特に足)場合で、あざが数日経っても消えないときは、一度受診されるとよいでしょう。 代表的な血管性紫斑病について簡単に紹介された動画のリンクを貼っておきますので、ご参照ください。 youtube. 重力の関係で足に起こる事が多く、「下肢静脈瘤」という病気もあります。 これらの病気の場合、実際には内出血をしていなくても、多くの静脈が皮膚に近い位置にあるため、静脈瘤がアザのように見えてしまうことがあります。 もちろん、実際に内出血が起きる場合もあります。 いずれにせよ、軽症であれば、見た目が悪いだけなので放っておいてもかまいません。 治療する場合は、静脈瘤のタイプによって、レーザー治療、薬剤治療、外科的手術などの方法がとられます。 特に、重要な静脈(体内深部にある静脈)に瘤ができた場合には、手術を要するため、足のむくみやこむら返りがひどい場合など、不安な場合は受診しましょう。 内出血を起こしやすくなる体質 病気ではないものの、ちょっとしたことで内出血になりやすい体質の方もいらっしゃいます。 遺伝的に血管が細かったり脆かったりする方• 手術や病気などにより、ヘパリンなどの血液抗凝固薬(血液が固まりにくくなる)の投与を受けている方• 血行が悪い方(冷えや、立ち仕事、タイトな衣服により常に締め付けられている場合、などを含む) 内出血後の適切な処置 打ち身などによる内出血になったときはどのような処置をすればよいでしょうか。 方法は簡単で、まず最初は冷やします。 打った直後であるならば、すこし圧迫しながら冷やすと良いでしょう。 そして、2,3日経って血管が塞がった頃になると、温めて血行を良くして快復力を上げます。 基本的にはこれだけです。 薬は自己判断で用いるのは止めた方がよいでしょう。 ファンデーションなどで隠す方がよいかと思われます。 是が非でも使うなら、打ち身に対して用いる冷湿布・温湿布といったところですが、痛みがひどくないのであれば、やはり使わない方がよいでしょう。

次の