いつの間に か 類語。 「いつでも大丈夫」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

「いつの間にか」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

いつの間に か 類語

元々、残業はたまった仕事を早く処理するために、行うものだったけれども、今は、残業代を稼ぎたい人が増えて、残業自体が 自己目的化しているからね。 という感じで「自己目的化」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「自己目的化」の事例をチェックする上でもご参考にして下さい。 「自己目的化」の例文1 「新しく赴任した学長は、 自己目的化していた細かい校則を撤廃し「学生よ、紳士淑女たれ」という精神を徹底化させた。 」 この例文は、北海道大学の前身である札幌農学校のクラーク学長が、「この学校に校則はいらない。 校則が自己目的化すると、校則を守る事が自体に心を奪われ、学生らしい生活を送るという本来の目的が失いがちになってしまいますよね。 「自己目的化」の例文2 「今の教育は、受験が 自己目的化し、志を持った優秀な人材が育ちにくくなっている」 試験制度は、自己目的化の事例としてよく挙げられます。 受験制度は、その人の実力を測るための一つの手段に過ぎないはずなのですが、「試験で良い点数さえ取れれば良い」と思って勉強する人は実に多いです。 ただ、そういった習慣を改めることも簡単ではないのですが・・・ 「自己目的化」の例文3 「最低賃金を上げることが 自己目的化して、逆に失業者が増える結果となってしまった。 」 本来、最低賃金を上げることは、それによって、働く人を経済的により豊かにするために手段として行われるものです。 しかし、景気が悪い中で、最低賃金を上げることにこだわり過ぎてしまうと、逆に、雇用主が、雇用を控えるようになり、失業者が増えてしまうという逆の結果を招くことになってしまいます。 「自己目的化」の例文4 「彼は、お金を稼ぐことが自己目的化し、結果的に家庭が崩壊してしまった。 」 お金を稼ぐことは、本来、幸せな生活をするために必要な手段であるはずです。 しかし、お金を稼ぐことが自己目的化し、何よりもお金を稼ぐことが最優先されてしまうと、仮にお金を稼ぐことが出来たとしても、大切なものを失ってしまうことにもなり兼ねません。 「自己目的化」の例文5 肥満体質を改善するために始めたダイエットだったが、 自己目的化する中で、食生活が乱れ、体調が崩れてしまった。 ダイエットは本来、余分な体重を落として、より健康になるために行うものです。 しかし、中には、ダイエットのためのダイエットになってしまって、極度に食事制限をしたりして、不健康になってしまう人もいます。 これでは、むしろダイエットをしない方が良いという話になってしまいますよね。 「自己目的化」の類語 「自己目的化」には以下のような類語があります。 「本末転倒」 「本末転倒」とは、 物事の根本的なことと、そうでもないことを取り違えることを意味します。 根本的なことを目的、そうでもないことを手段として考えると、自己目的化と同じように使うことが出来ます。 「手段の目的化」 「手段の目的化」とは、 本来の目的以上に手段そのものを目的としてしまう状況を意味します。 「自己目的化」と同じ意味として使うことが出来ますが、「手段の目的化」と言った方が、分かりやすいかもしれませんね。 「軸がぶれる」 「軸がぶれる」は、 物事の本質からズレるという意味です。 軸がぶれる状態が、ひどくなると「自己目的化」されてしまうことがあります。 まとめ 「自己目的化」は、ある目的を達成するための手段が、いつの間にか目的にすり替わることを意味しますが、少し分かりづらい表現だと感じる方もいらっしゃるかと思います。 ですから、そういった場合は、「本末転倒」などの類語とセットで覚えておくと良いでしょう。

次の

「いつの間にか」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

いつの間に か 類語

元々、残業はたまった仕事を早く処理するために、行うものだったけれども、今は、残業代を稼ぎたい人が増えて、残業自体が 自己目的化しているからね。 という感じで「自己目的化」は使われたりしますが、他にもこういった使い方があります。 「自己目的化」の事例をチェックする上でもご参考にして下さい。 「自己目的化」の例文1 「新しく赴任した学長は、 自己目的化していた細かい校則を撤廃し「学生よ、紳士淑女たれ」という精神を徹底化させた。 」 この例文は、北海道大学の前身である札幌農学校のクラーク学長が、「この学校に校則はいらない。 校則が自己目的化すると、校則を守る事が自体に心を奪われ、学生らしい生活を送るという本来の目的が失いがちになってしまいますよね。 「自己目的化」の例文2 「今の教育は、受験が 自己目的化し、志を持った優秀な人材が育ちにくくなっている」 試験制度は、自己目的化の事例としてよく挙げられます。 受験制度は、その人の実力を測るための一つの手段に過ぎないはずなのですが、「試験で良い点数さえ取れれば良い」と思って勉強する人は実に多いです。 ただ、そういった習慣を改めることも簡単ではないのですが・・・ 「自己目的化」の例文3 「最低賃金を上げることが 自己目的化して、逆に失業者が増える結果となってしまった。 」 本来、最低賃金を上げることは、それによって、働く人を経済的により豊かにするために手段として行われるものです。 しかし、景気が悪い中で、最低賃金を上げることにこだわり過ぎてしまうと、逆に、雇用主が、雇用を控えるようになり、失業者が増えてしまうという逆の結果を招くことになってしまいます。 「自己目的化」の例文4 「彼は、お金を稼ぐことが自己目的化し、結果的に家庭が崩壊してしまった。 」 お金を稼ぐことは、本来、幸せな生活をするために必要な手段であるはずです。 しかし、お金を稼ぐことが自己目的化し、何よりもお金を稼ぐことが最優先されてしまうと、仮にお金を稼ぐことが出来たとしても、大切なものを失ってしまうことにもなり兼ねません。 「自己目的化」の例文5 肥満体質を改善するために始めたダイエットだったが、 自己目的化する中で、食生活が乱れ、体調が崩れてしまった。 ダイエットは本来、余分な体重を落として、より健康になるために行うものです。 しかし、中には、ダイエットのためのダイエットになってしまって、極度に食事制限をしたりして、不健康になってしまう人もいます。 これでは、むしろダイエットをしない方が良いという話になってしまいますよね。 「自己目的化」の類語 「自己目的化」には以下のような類語があります。 「本末転倒」 「本末転倒」とは、 物事の根本的なことと、そうでもないことを取り違えることを意味します。 根本的なことを目的、そうでもないことを手段として考えると、自己目的化と同じように使うことが出来ます。 「手段の目的化」 「手段の目的化」とは、 本来の目的以上に手段そのものを目的としてしまう状況を意味します。 「自己目的化」と同じ意味として使うことが出来ますが、「手段の目的化」と言った方が、分かりやすいかもしれませんね。 「軸がぶれる」 「軸がぶれる」は、 物事の本質からズレるという意味です。 軸がぶれる状態が、ひどくなると「自己目的化」されてしまうことがあります。 まとめ 「自己目的化」は、ある目的を達成するための手段が、いつの間にか目的にすり替わることを意味しますが、少し分かりづらい表現だと感じる方もいらっしゃるかと思います。 ですから、そういった場合は、「本末転倒」などの類語とセットで覚えておくと良いでしょう。

次の

「先日」とはいつまで?意味をはじめ類語・正しい使い方を解説

いつの間に か 類語

公開日: 2018. 07 更新日: 2018. 07 期間はどれくらい?「直近」の意味とは?未来と過去でも使える?類語は? 「直近」という言葉をご存知でしょうか。 「直近だという空いていますか?」「直近だと先週会った」などと言いますよね。 では、「直近」は未来でも過去に関してでも使うことができるのでしょうか。 具体的にどのくらいの期間を表しているのでしょうか。 日頃から使っている言葉の中には、実は意味を誤って使ってしまっている言葉がたくさんあります。 そこで今回は「直近」の意味や使い方、類語「近々・最近」との違い、対義語について解説していきます。 「直近」の正しい意味を理解して、上手く使いこなせるようにしましょう! 「直近」の読み方と意味 「直近」は <ちょっきん>と読みます。 「ちょくきん」「じっきん」とは読まないので注意しましょう。 「直」は音読みだと「チョク・ジキ」、訓読みだと「ただちに・なおす・すぐ」と読みます。 「直」は「じかに・すぐに」を意味します。 「近」は音読みだと「キン・コン」、訓読みだと「ちかい」と読みます。 「近」は「現在にちかい・人間関係などがちかい・ある場所にちかい」を意味します。 「直近」の意味は 「すぐ近く。 すぐそば。 最も近いこと」です。 現時点から最も近いこと・該当事項に最も近いことを表します。 「一番最近の」「一番最後の」もしくは「至近距離の」「すぐ近くの」といった意味になります。 「直近」の期間は具体的にどれくらい? 例えば、「直近1年の売上高データを送付してください」と言われた場合は「現時点から1年前までの売上高データを送付してください」という意味になります。 また、「直近で起きた事件」と言った場合は「現時点から最も新しく起きた事件」ということです。 このときは「直近の事件」が、他の人も同じ事件を思い浮かべるかが問題となります。 Aさんは今月起きた事件を、Bさんは一ヶ月前に起きた事件を思い浮かべるかもしれません。 このように、 「直近」には具体的な数値の定義はありません。 誤解を招く可能性もあるので、確実に伝えたい場合はしっかりと日付を表すようにしましょう。 例えば、「直近の試合」と言った場合は「一番最近の試合」ということになります。 「直近」は過去だけでなく未来について表す場合にも使います。 「直近だと明後日が空いています」としたら「一番近いところでは明後日が空いています」を意味します。 「直近のコンビニ」とすれば「現時点から最も近い駅」、「直近の上司」とすれば「最も近い上司・直属の上司」という意味になります。 「直近」は様々な場面において「最も近い」ということを表せる言葉です。 例文 「過去」 ・直近の木曜日に話し合いが行われた。 ・直近だと、先週の日曜日にそのお店に行った。 ・A社との取引があったのは、直近だといつだったか調べておいて。 ・彼とは、直近だと一ヶ月前に会った。 「現在」 ・直近の状況を報告する。 ・弊社の直近の業績について紹介します。 ・直近の業務報告書を提出してください。 「未来」 ・直近の土曜日だったら都合が良いです。 ・直近の開催予定イベントはこちらになります。 ・直近だと、いつ空いていますか? ・直近の会議はいつでしょうか? 「場所」 ・家から直近の駅までは自転車で10分かかる。 ・直近の交番に通報する。 ・すみません、直近のコンビニはどこですか? ・駅直近のカフェで待ち合わせしましょう。 「人間関係」 ・彼は私の直近の部下です。 ・直近の上司が嫌味ったらしい奴で困っている。 ・直近の部下は本当に使えない奴である。 ・サラリーマンの人生は直近の上司次第で、良し悪しが決まる。 「直近」と「近々」の違い 「近々」は <きんきん>または <ちかぢか>と読みます。 一般的には、「ちかぢか」と読むことが多いでしょう。 「近々」の意味は、 ・時間的に隔たらないさま。 近い将来。 近いうちに ・距離的に近いさま。 ごく近くに となります。 「ごく近い・近いうち」という意味なので、「近々」は現在に近い未来を表します。 「近々遊びに行こう!」「近々、髪の毛を切る予定です」などと使います。 「直近」が過去にも未来にも使えるのに対して、「近々」は未来に関してのみに使います。 例えば、「直近の水曜日に話し合いが行われた」と使うことはできますが、「近々の水曜日に話し合いが行われた」とは使うことはできません。 「直近」と「近々」は非常に似ていますが、間違えないように注意しましょう。 例文 ・近々、東京に引っ越すつもりです。 ・聞くところによると、彼女は近々結婚するそうだ。 ・彼は近近と寄ってきて、顔をのぞき込んできた。 「直近」と「最近」の違い 「最近」の意味は、 ・基準となる時日、位置に最も近いこと ・近ごろ、近来 となります。 現在より少し前のある時・少し前から現在までの間を表します。 「最近」は未来のことに関しては使いません。 「つい最近の出来事」「最近読んで感動した本」などといったように使います。 「直近」は時間も、「駅直近」といったように場所や人間関係を表すときにも使うことができます。 一方で、「最近」は時間的にしか用いることができません。 「直近のガソリンスタンドはどこですか?」と言うことはできますが、「最近のガソリンスタンドはどこですか」とは言わないです。 このように「直近」と「最近」は非常に似ている言葉ですが、正しく使い分けるようにしましょう。 例文 ・最近、彼女とはさっぱり会わない。 ・最近は何かと忙しい。 ・最近、お菓子ばっかり食べていたのでものすごく太ってしまった。 「直近」のその他の類語 間もない (意味:何かが起こってから、あまり時間が経っていないさま) 「生まれて間もない赤ん坊」 ついさっき (意味:時間的に少し前であること。 先刻) 「ついさっき、彼が訪ねてきた」 先ほど (意味:少し前。 いましがた。 先刻) 「先ほどA社から電話がありました」 目の先 (意味:すぐ目の前。 目の前にある物事) 「やっと目的地が目の先に見えてきた」 すぐそば (意味:空間の隔たりがあまりない所。 距離的に離れていないさま) 「病院は私の家のすぐそばにあります」 間近の (意味:間近いこと。 また、そのさま) 「クリスマスが間近に迫ってきた」 至近 (意味:非常に近いこと) 「至近距離から話しかけてみる」 喫緊<きっきん> (意味:差し迫って重要なこと) 「少子化対策は喫緊の課題である」 「直近」の対義語 そのうち (意味:それが実現するまでに、それほど時日を要しないことを表す語) 「そのうち、雨が降ってくるだろう」 いつか (意味:過去、未来の不定の時を表す) 「先生にはいつかお会いしてみたい」 将来 (意味:それから先。 前途) 「将来は医者になりたいと思っている」 あちら (意味:話し手や聞き手から離れた方向、場所、物を指す) 「みなさま、あちらをご覧ください」 遠方 (意味:遠くの方。 遠い所) 「遠方にちらちらと光が見えた」 それ (意味:聞き手が持っている物、聞き手のそばにある物を指す) 「ちょっと、それを見せてもらえますか」 あれ (意味:話し手や聞き手から離れた物を指す) 「あれは何ですか?」 周囲 (意味:まわりの人や事物) 「彼女は周囲の人に影響されやすい」 向こう側 (意味:物を隔てたあちらの側) 「道の向こう側へ渡る」.

次の