ドンキホーテ au pay。 au PAYはスタイルマートメガドンキホーテユニー鈴鹿で使用できます。

ドン・キホーテの支払い方法

ドンキホーテ au pay

au PAYとは? 「au PAY」とは、2019年4月から提供された新しいスマホ・QRコード決済サービスです。 東京都千代田区に本社を構える KDDI株式会社が運営しています。 2018年11月にKDDIと楽天が決済・物流・通信分野での業務提携を発表しており、その関係で楽天はKDDIに決済基盤や加盟店網を提供することになりました。 これにより、楽天Pay加盟店である全国120万店舗で「au PAY」も利用できるようになります。 大手携帯電話会社のdocomoであれば「d払い」、ソフトバンクにおいては「PayPay」など、続々とスマホ・コード決済サービスを導入。 その2社に比べて遅れを取りましたが、KDDIも2019年4月より取り入れたのです。 au PAYを使うメリットは? 世の中には「au PAY」以外にもQRコード決済アプリがあり、「au Wallet」を選ぶ必要性を感じない方も多いのではないでしょうか? もちろん、それぞれのQRコード決済には特徴があるのです。 ここでは、「au Wallet」が特におすすめであるメリットを解説致します。 楽天ペイ加盟店で使える 先ほども説明した通り、 KDDIと楽天が提携を行なったことで、「au PAY」は楽天Pay加盟店およそ120万店舗での利用が可能となります。 気になる楽天Payが利用出来るお店ですが、店頭利用ではローソン、ミニストップのコンビニ業界。 また笑笑、魚民などの居酒屋さんなどで利用可能です。 ネット通販でも利用可能であり、BUYMA、TOHO CINEMAS、無印良品のインターネットショッピングで利用できます。 新規サービスですが、多くのお店で使える点は、QRコード決済アプリの中でも「au PAY」に大きなメリットがあるのです。 おサイフケータイ非対応でも支払い可能 クレジットカード払いはクレジットカードを発行しないと支払いが出来ませんし、おサイフケータイも「おサイフケータイ対応」のスマードフォンがなければサービスを利用できません。 つまり、キャッシュレス払いに対するハードルがとても高いのです。 しかし、 QRコード決済アプリの「au PAY」については、スマードフォンにアプリを入れるだけでOK。 支払いはアプリを開いて、対象のQRコードを店頭の方に読み取って貰うことで支払いが完了します。 また、お店側が提示するQRコードを読み取ることでも支払い可能。 支払い方法も事前に入金しておき、その金額から購入金額が引かれるパターンや、銀行口座登録をしておくことで決済と同時に銀行から利用金額を引き落とされるプリペイドカードのような利用も可能です。 au Walletの残額を支払いに利用できる au Walletのプリペイド残高をコード決済に利用出来るのも大きなメリットでしょう。 また、明確な発表はまだありませんが、au walletでの入金とau PAYでの利用によって、より多くのau Walletポイントを貯めることが想定されます。 より効率的にポイントを貯めたい方には、「au PAY」は登録必須のQRコード決済サービスです。 支払いでau Walletポイントが貯まるかも? 現金払いと比較しても、QRコード決済サービスを利用することで手軽に多くのポイントを貯めることが出来ます。 ローソンやファミリーマートなど 利用頻度の高い店舗においては、出来る限り「au PAY」を利用することで、現金払いよりも圧倒的にお得度が倍増するのです。 au PAYは利用範囲が幅広く、コンビニやドラッグストアなど数多くのお店で使えます。 しかも加盟店によってはポイント3倍になるチャンスも. 上記の動画ではau PAYでポイントをためて、もっとお得に活用する方法を紹介しています。 au PAYは随時さまざまなキャンペーンを行っているため、買い物やお出かけの際にこまめにチェックするのがおすすめです。 さらに2月から5月にかけて、 週末に使える毎月変わるクーポンを配信。 そして、 au PAYへのチャージはクレジットカードからするのがおすすめです。 au PAYの還元率は通常0. しかし、どのクレジットカードでもau PAYにチャージできる訳ではありません。 MasterCardやアメックスブランドのカードであれば発行元に限らず全てのカードでチャージに使えますが、それ以外はカードの発行元が限られているので事前に確認しましょう。 au PAYの仕組みとは?楽天Payとの提携も ここまでは、au PAYのメリットについて説明しました。 次に、au PAYの仕組みと楽天Payとの連携でどうなるのかを解説致します。 au PAYの仕組みは? 世界的にはPayPal ペイパル がQRコード決済アプリとしての仕組みを最初に構築しました。 アプリ内に口座やクレジットカード、事前に入金などをしておきます。 そのままau PAY加盟店で商品をレジに渡し、お会計。 お会計の際に、アプリを開いてQRコードをお店の従業員に提示。 お店側にQRコードを読み取って貰うことで売り買いが成立します。 現金支払いがキャッシュレスになると言う言葉を聞くだけで、「難しそう」と思う方が多いです。 しかし、実際には アプリをインストールして、支払い情報を登録するだけなので圧倒的に簡単と言えるでしょう。 au PAYと楽天Payの連携でどうなる? 前段で説明した通り、au PAYと楽天Payの提携により、2019年4月にau PAYがサービスを開始したとしても、物凄い勢いで普及することが想定されます。 また、今後はau PAYと楽天Payが組んだ大規模なキャンペーンなども十分に行われる可能性もあるのです。 サービススタート当初のキャンペーンである為、よりメリットの大きいプロモーションになる可能性が高い為、2019年4月のau PAYには注目しておきたいですね。 au PAYのキャンペーンは? au PAYでは、定期的にお得なキャンペーンを開催したり、クーポンを配信したりしています。 三太郎の日は最大20%ポイント還元! 毎月3日、13日、23日にau PAYで支払いをすると、支払い金額(税込)に対してau STAR会員は5%相当分、auスマートパスプレミアム会員は20%相当分のau WALLETポイントがもらえます。 au PAYは2019年4月に始まったばかりの期待のサービスです。 使えるお店が多く、また、auユーザーにはお得なサービスになっていますので、ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

次の

au PAYとは何がお得?使い方やチャージについて念入りに調べてみた

ドンキホーテ au pay

東京都・府中市にあるドン・キホーテ1号店(「」より/Fuchu) ディスカウント店「 ドン・キホーテ」などを擁する パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は新中長期経営計画「Passion2030」を発表した。 2030年に売上高3兆円、営業利益2000億円を目指す。 売上高3兆円の内訳は国内2兆円、海外1兆円。 海外売上は現在の10倍になる。 同時に発表した20年6月期の連結業績予想を上方修正した。 19年1月に完全子会社にした総合スーパー(GMS)、ユニーの採算の改善が想定以上に進んでいることが寄与した。 売上高は従来予想より100億円多い1兆6700億円、営業利益は40億円増加して720億円、純利益は10億円上振れして460億円に引き上げた。 純利益はマイナス修正だが、減益幅は縮小し、前期比2%減となる。 1989年3月、東京・府中市でドン・キホーテ1号店を開業して以来、30期連続で増収増益を続けてきたPPIH(旧・ドンキホーテHD)は、20年6月期で、その記録が途切れることになる。 それでも通期の営業利益の見通しを引き上げたことや30年の営業利益を今期見通しの2. 8倍の2000億円とする、強気の中長期経営計画を発表したことが評価され、株価は上昇。 2月6日に一時前日比352円(19. 9%)高の2122円をつけ、株式分割考慮後の上場来高値(これまでは18年の1950円)を、一気に更新した。 米国事業に専念するはずの大原前社長が突如、退任 好決算を背景に、意欲的な中期計画を打ち出したけれど、米国事業を担当するはずだった大原孝治・前社長が突如、PPIHを去り、不安が残る船出となっていた。 「米国事業に思い切り打ち込み、大輪の花を咲かせたいというロマンとモチベーションを前から持っていた」 社長交代を発表した19年8月の決算説明会で大原氏は、米国法人の社長職に専念する考えを示し、こう語った。 ところが12月6日、PPIHは「大原氏は9月25日をもってグループの全ての役職を辞任し、グループ全ての役職から離れた」と発表した。 大原氏は13年に社長就任以来、19年6月期までの6年間でPPIHの売り上げを2倍強、営業利益を2倍弱に拡大した功労者だ。 社長を退任した後は、米国事業を統括するグループ会社のトップに就任するはずだった。

次の

ドン・キホーテで使える電子マネー・キャッシュレス決済の一覧

ドンキホーテ au pay

東京都・府中市にあるドン・キホーテ1号店(「」より/Fuchu) ディスカウント店「 ドン・キホーテ」などを擁する パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は新中長期経営計画「Passion2030」を発表した。 2030年に売上高3兆円、営業利益2000億円を目指す。 売上高3兆円の内訳は国内2兆円、海外1兆円。 海外売上は現在の10倍になる。 同時に発表した20年6月期の連結業績予想を上方修正した。 19年1月に完全子会社にした総合スーパー(GMS)、ユニーの採算の改善が想定以上に進んでいることが寄与した。 売上高は従来予想より100億円多い1兆6700億円、営業利益は40億円増加して720億円、純利益は10億円上振れして460億円に引き上げた。 純利益はマイナス修正だが、減益幅は縮小し、前期比2%減となる。 1989年3月、東京・府中市でドン・キホーテ1号店を開業して以来、30期連続で増収増益を続けてきたPPIH(旧・ドンキホーテHD)は、20年6月期で、その記録が途切れることになる。 それでも通期の営業利益の見通しを引き上げたことや30年の営業利益を今期見通しの2. 8倍の2000億円とする、強気の中長期経営計画を発表したことが評価され、株価は上昇。 2月6日に一時前日比352円(19. 9%)高の2122円をつけ、株式分割考慮後の上場来高値(これまでは18年の1950円)を、一気に更新した。 米国事業に専念するはずの大原前社長が突如、退任 好決算を背景に、意欲的な中期計画を打ち出したけれど、米国事業を担当するはずだった大原孝治・前社長が突如、PPIHを去り、不安が残る船出となっていた。 「米国事業に思い切り打ち込み、大輪の花を咲かせたいというロマンとモチベーションを前から持っていた」 社長交代を発表した19年8月の決算説明会で大原氏は、米国法人の社長職に専念する考えを示し、こう語った。 ところが12月6日、PPIHは「大原氏は9月25日をもってグループの全ての役職を辞任し、グループ全ての役職から離れた」と発表した。 大原氏は13年に社長就任以来、19年6月期までの6年間でPPIHの売り上げを2倍強、営業利益を2倍弱に拡大した功労者だ。 社長を退任した後は、米国事業を統括するグループ会社のトップに就任するはずだった。

次の