かぼちゃ ワイン。 『The かぼちゃワイン』の三浦みつる氏「引退」 人気ラブコメ漫画の最後に「心騒ぐ夕刻」: J

かぼちゃワイン

かぼちゃ ワイン

この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 石巻の春を愛す()• 概要 『』掲載の読切短編『 武蔵とエル』を原型としてキャラクターを練り直し、同誌で連載がスタート。 4・5合併号から26号まで掲載された。 チビで女嫌いのを自称する主人公の 青葉春助と、彼にした大柄なヒロイン「エル」(Lサイズにちなむ )こと 朝丘夏美のSLコンビが繰り広げるドタバタ。 漫画とアニメでは途中から別のストーリーになっている。 文庫本のあとがきに「さんの出演されていたカメラのの中で()と言うフレーズと映像に強いインスピレーションを受けてかぼちゃワインと言う作品を執筆するきっかけになりました。 つまり当時の宮崎美子さんがLのモデルと言うことになりますかね」と当時のCMにインスピレーションを受けたことを言及している。 『週刊少年マガジン』版終了後、出版社を変更して『The かぼちゃワイン 女子大生編』『The かぼちゃワイン sequel』『The かぼちゃワイン Another』といった続編が発表された。 ファンがで制作費を分担した『バック・トゥ The かぼちゃワイン』が2017年刊行され、これをもって三浦は漫画家引退を表明した。 三浦は、連載時には様々な制約があり「完全に納得できていなかった」が、この完結編は「自分自身も楽しんで、思い残すことなく描き切ることができた」と述懐し、「ハードカバーで漫画を出版したかった」と夢がかなった喜びを語っている。 主な登場人物 青葉 春助(あおば しゅんすけ) - 主人公。 サンシャイン学園中等部2年桜組、に在籍。 学園の男子寮に住む。 背は低いが喧嘩は結構強い。 女嫌いの硬派を自称し負けず嫌いで意地っ張りな性格から、内心では夏美(エル)に惹かれつつも普段は邪険にしている。 幼少時のトラウマからとが嫌い。 単語の頭に「The」を付けて話す癖がある(例として「The・青春! 実家が女性下着専門店であるため、コンプレックスを刷り込まれている(特にアニメ版)。 実家は。 朝一番で登校して来たサンシャイン学園で夏美と出会い、母性溢れる大型美人の夏美に圧倒され、うっとうしく思いつつ、内心では夏美に惹かれていく。 原作ではサンシャイン学園はだが、アニメ版では幼い頃からの女だらけの生活 に嫌気が差してのサンシャイン学園に転校してきたという設定になっており、第1話で女子部が新設されていることを夏美から聞いて落胆する。 また、実家の家業を自身の恥としており、それを語ることすら嫌がるほど。 誕生日は原作では 、アニメでは。 朝丘 夏美(あさおか なつみ) 声 - ヒロイン。 サンシャイン学園中等部2年桜組で部に在籍。 クラスのアイドル。 学園の女子寮に住む。 身長が高く 大柄なことから、ニックネームはLサイズにちなんだ「 エル」。 転校してきた春助を一途に想い、春助のためならどんなことでもやり通す。 温厚かつ情熱的で、どこまでも前向きな性格である一方、春助に関することとなれば一転して頑固になり、春助との交際をやめるよう諌める純香にさえ猛然と反抗する。 」(第1話のみ)、「春助く〜ん、だ〜い好き! 」(第2話から最終回(第95話)まで)と毎回叫ぶ。 また、アニメ版では春助の母親と意気投合、ウェディングドレス姿で春助とのツーショットを撮るため共謀(春助の母は「にいる冬麿おじさんが(母と春助の写真を)ぜひ送ってくれと頼まれた」と春助を騙した)して撮影直前で入れ替わるなど謀略めいた行動も見せている。 生まれで、小学生になるまで過ごす。 生まれたときの重さは4500グラム。 両親と兄の四人家族。 アニメでは原作設定通りに再現すると、動画にしたときに太って見えるので、序盤を除き原作設定より少し細めに描かれている。 当時のスタッフによると7キロほど減量とのこと。 原作、アニメ共誕生日は春助と同じ。 赤井 モン太(あかい モンた) 声 - サンシャイン学園男子寮の寮長で応援団団長。 春助の1学年先輩で大柄。 男気を見込んで春助を応援団に誘う。 しているので他者より2歳年を取っており、春助と交流を持つまでは平気でを吹かしていた 2留でも17歳なので違法。 帰省先である祖母の家はにある。 鶴井 一夫(つるい かずお) 声 - 、(第82話〜第87話代役) サンシャイン学園の男子寮に住む細身の応援団員。 モン太の同級生で、彼の子分的存在。 故郷は。 父親の仕事は。 亀山 金太(かめやま きんた) 声 - サンシャイン学園の男子寮に住む太目の応援団員。 モン太の同級生で、彼の子分的存在。 故郷は。 早川 小太郎(はやかわ こたろう) 声 - 、(第2話・第3話・第9話代役) 春助の同級生。 ひ弱で気弱だが、春助に憧れて男子寮に引っ越してくるほど、春助の男らしさを尊敬している。 実家は花屋。 神崎 純香(かんざき すみか) 声 - サンシャイン学園女子寮の寮長でチアガール部の主将。 夏美の1学年先輩。 部の後輩でもある夏美が人目もはばからずに春助と交際しているのを寮長としての立場から最も危惧し、交際をやめるように度々諌めていた。 しかし、肝心の夏美に反抗されたためにテッキンらから懲罰を食らい、酷い時には熱中症で倒れたりと、気苦労が絶えない。 聖子(せいこ) 声 - 夏美の友人で同級生。 流行に敏感でおしゃべり好き。 髪型がデビュー当初のと同じ。 コミック版の「モコ」(髪型はショートパーマ)に相当。 梢(こずえ) 声 - 夏美の友人で同級生。 大きな瞳。 髪を上で2箇所束ねている。 コミックでは「お咲」という名前で登場する。 マコ 声 - 夏美の友人で同級生。 体格が良く、女子プロレス同好会に所属。 寮の自由な運営権を巡って毎年開催される伝統行事 では、その人並外れた体格とプロレス部ならではの圧倒的なファイトを武器に毎回代表として立てられているが、内心は女の子らしい振る舞いに憧れており、プロレス部だからという理由で代表を強いられることに嫌気がさしている。 最終的に、女子に散々痛めつけられる春助の姿を見かねた夏美が行事自体を止めようと提案したことに賛同して像をたたき割り、長年の男子女子間の確執に終止符を打った。 モン太と対峙した際にもっと女らしく振るまえとなじられた際には上述の心情を吐露しており、そのことが縁となってモン太と交際を始めた。 金小路 鉄男(かねこうじ てつお) 声 - サンシャイン学園ので、2年桜組の担任。 寮の監督者も兼任している。 成績優秀なものを特別視する一方、著しく成績の低い 生徒たちを価値なしとして無下に扱い、僅かでも口応えする者には鉄拳制裁も辞さない性格で、「教師には従うべし」「教師には逆らうべからず」という古風かつ厳格な教育理念を持つ。 並みのパンチなら繰り出した相手が逆に手首を痛めるほどの人並み外れて頑強な身体と、そこから繰り出す強烈なパンチを武器にしており、生徒からは「 テッキン」(姓名の頭と鉄筋を引っかけたもの)の渾名で呼ばれて恐れられている。 また、方針に逆らうものは相手が女生徒でも容赦はないようで、春助に対する鉄拳制裁を止めようとする素振りを見せた夏美に対し「逆らえばどうなるかわかっているな?」と返している。 モデルは。 愛車は黄色の。 テストの採点ミスを春助にしつこく指摘されたのを皮切りに、(不可抗力も含めて)トラブルを巻き起こす春助を目の仇にしてはいるが、春助と同じく犬が大の苦手であるのを始め、基本的に似たもの同士でもあるためか、妙に共通点が多い。 ただし、本人によると「犬が嫌いなのは同じでも、こちらは玉ネギでなくが嫌い」とのこと。 刺繍が趣味という意外な一面を持っている。 アニメ版では後述の光小路納言の家庭教師をしていた過去が追加され、その過去と関わりゆえに彼女の行状を諫めることができないという弱みを露呈している。 青葉 花江(あおば はなえ) 声 - 春助の母。 でランジェリーショップ「女の城」(原作での店名は「スプリングハウス」)を経営している。 アニメ版では出番が増え、息子に店を手伝わせると必ず苦情が寄せられることに頭を悩ませる場面がある。 エルの母 声 - エルと同様、大柄でふくよか。 顔はエルと瓜二つ。 和風喫茶甘味処「まる」を経営している。 アニメオリジナルキャラクター 小町(こまち) 声 - 増山江威子 サンシャイン学園学生寮に住み込み、生徒へ食事の世話などをしている。 まどか 声 - 小町の一人娘で、元気な小学生。 ニタロウ(愛称は「 ニタ」)という犬を飼っている。 ニタロウ 声 - 大竹宏 まどかの飼い犬で春助の天敵。 額にある古傷がトレードマーク。 エルに好意を抱いており、彼女が好意を抱いている原因となっている春助を目の敵にしている。 子犬の頃に車にはねられた(額の古傷はこれによるもの)過去があり、それ以来その車の色と同じ青と白の縞模様のものに嫌悪感を抱いている。 光小路 納言(ひかりこうじ なごん) 声 - 第37話から登場。 元貴族の家系で、愛称は「姫」。 中2でサンシャイン学園に入学したが、それまで科目ごとに専属の家庭教師がおり(学力は高校2年生と同等)、学校には一度も通ったことがないという正真正銘の箱入りお嬢様。 しかしマイペースかつかなり性格的に押しが強い。 実はテッキンも彼女が2歳のときに家庭教師をした経験から納言と関わりがあり、その関係で納言には頭が上がらない。 それゆえに彼女の春助への行動を諌めることができなかった。 書誌情報• 石巻の春を愛す - 11月発売の『』()に掲載。 テレビアニメ からまでで放送。 全95話。 放送時間は毎週月曜 19:30 - 20:00 ()。 1984年3月まではの一社提供で、増山江威子による提供ナレーションが行われていたが、同年4月からは複数社提供で放送されていた。 スタッフ• 企画 - 栗山富郎• 原作 -• 音楽 -• 製作担当 - 菅原吉郎• チーフアニメーター - 石黒めぐむ、松本清• チーフデザイナー(美術設定) - 内川文広• チーフディレクター -• プロデューサー - 加藤守啓• 特殊効果 - 大橋清、中島正之• 音響効果 -• 選曲 -• 撮影 - 佐藤隆郎、菅谷英夫、山口義文、大野正明、奥水隆• 演出助手 - 三谷章夫、楠美直子、金山通弘、松原明徳• 製作進行 - 三谷章夫、山寺昭夫、堀川和政、西山明彦、釘丸篤、渡辺寿、、藤本芳弘、竹之内和久、、中村実• 美術進行 - 御園博• 仕上進行 - 中村正弘• 現像 -• 放送局 系列は本放送当時のもの。 放送日時は個別に出典が掲示されているものを除き、1983年9月中旬 - 10月上旬時点のものとする。 放送対象地域 放送局 系列 放送時間 備考 月曜 19:30 - 20:00 製作局 新潟総合テレビ フジテレビ系列 テレビ朝日系列 現・。 1983年9月まで放送。 テレビ朝日系列 1983年10月の開局時から放送。 静岡けんみんテレビ 現・。 中京広域圏 近畿広域圏 テレビ朝日系列 1982年10月の開局時から放送。 岩手放送 月曜 17:00 - 17:30 現・。 途中で放映打ち切り。 次番組は『』(製作)。 日本テレビ系列 火曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 水曜 19:00 - 19:30 TBS系列 土曜 13:30 - 14:00 日本テレビ系列 木曜 17:30 - 18:00 1984年3月29日に打ち切り。 TBS系列 火曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列 月曜 17:30 - 18:00 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 火曜 17:15 - 17:45 日本テレビ系列 火曜 17:30 - 18:00 愛媛放送 フジテレビ系列 月曜 19:00 - 19:30 現・。 途中で放映打ち切り。 TBS系列 木曜 17:30 - 18:00 金曜 16:50 - 17:20 火曜 17:30 - 18:00 フジテレビ系列 テレビ朝日系列 月曜 17:30 - 18:00 TBS系列 木曜 17:30 - 18:00 各話リスト 話数 初回放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術 1 1982年 7月5日 おれは男だ!青葉春助 矢吹公郎 石黒めぐむ 内川文広 2 7月12日 おれとあいつのネクタイ関係 寒竹清隆 清水明 山本善之 3 7月19日 ナヌッ!70点以下はクズだ? 大谷恒清 小幡公春 内川文広 4 7月26日 くやしはずかし我が家の商売 鈴木孝夫 松本清 5 8月2日 エルより怖いものがある 遠藤勇二 木暮輝夫 山口俊和 6 8月9日 ふたりっきりの夜なんて 鈴木幸雄 石黒めぐむ 内川文広 7 8月16日 甘くて辛いぜプレゼント作戦 馬嶋満 寒竹清隆 清水明 丸森俊昭 8 8月23日 見られてたまるか男の秘密 雪室俊一 遠藤勇二 内川文広 9 9月13日 ぶりっ子はないぜ寮長さん 馬嶋満 福島和美 小幡公春 10 9月20日 エルのビキニを取り返せ! 遠藤勇二 木暮輝夫 山本善之 11 10月11日 テッキンのスパイは誰だ!? 雪室俊一 寒竹清隆 松本清 丸森俊昭 沢田隆夫 12 10月18日 ラブカセットに思いをこめて 野波静雄 鈴木幸雄 田中資幸 13 10月25日 ブリッコ天使がやって来た 寒竹清隆 清水明 山本善之 14 11月1日 おれとあいつの嵐の一夜 馬嶋満 遠藤勇二 内山まさゆき 田中資幸 15 11月8日 恋のライバルぶっとばせ 野波静雄 川田武範 矢部秋則 石黒育 丸森俊昭 16 11月15日 ギャル・パワーでもう死にそう 雪室俊一 石黒めぐむ 松本清 17 11月22日 おれの夢あいつの夢 遠藤勇二 木暮輝夫 田中資幸 18 11月29日 男か女か!? 鬼の先輩 野波静雄 寒竹清隆 小幡公春 山本善之 19 12月6日 ナヌッ、エルがテッキンと婚約!? 馬嶋満 鈴木幸雄 石黒めぐむ 丸森俊昭 20 12月13日 LからSへの応援歌 雪室俊一 寒竹清隆 清水明 伊藤雅人 21 12月20日 あいつに見られた尻のキズ 野波静雄 遠藤勇二 内山まさゆき 山本善之 SP 12月27日 おれとあいつの新婚旅行!? 雪室俊一 矢吹公郎 石黒育 内川文広 22 1983年 1月10日 あいつを泣かせたドジなおれ! 野波静雄 寒竹清隆 襟立智子 23 1月17日 おれとあいつの寒中水泳 遠藤勇二 木暮輝夫 山本善之 24 1月24日 相合傘に雪が降る 雪室俊一 矢部秋則 石黒めぐむ 襟立智子 25 1月31日 おれとエルとのデートごっこ 大谷恒清 小幡公春 内川文広 26 2月7日 ふたりのバイトはハッピー・バースデー 鈴木幸雄 松本清 27 2月14日 ガーン!エルが消えた!? 雪室俊一 寒竹清隆 石黒めぐむ 襟立智子 28 2月21日 催眠術で大接近!! 遠藤勇二 内山まさゆき 内川文広 29 2月28日 おれとあいつのあいすダンス 寒竹清隆 松下佳弘 襟立智子 30 3月7日 おれが女になった日 雪室俊一 遠藤勇二 木暮輝夫 窪田忠雄 31 3月14日 おれとあいつのベビー知ったァ! 中西隆三 鈴木幸雄 高橋昇 内川文広 32 3月21日 悪魔の館でエルが呼ぶ 雪室俊一 矢部秋則 多田康之 33 3月28日 デートを賭けたカヌー・レース 佐藤道雄 大谷恒清 小幡公春 伊藤雅人 34 4月4日 ニャンともしゃくにさわるヤツ! 鷺山京子 石黒育 松本清 田中資幸 35 4月11日 ついにばれるか!? 女の城 雪室俊一 寒竹清隆 石黒めぐむ 秦秀信 36 4月18日 エルは女で勝負する 遠藤勇二 木暮輝夫 鹿野良行 37 4月25日 ある日突然お姫さま 寒竹清隆 薄井時郎 山本善之 38 5月2日 ラブラブ愛の二人っきり券 鈴木幸雄 松本清 内川文広 39 5月9日 ラーメンかエルか?それが問題だ!! しみずしんじ 矢部秋則 多田康之 秦秀信 40 5月16日 ふたりをつなぐ愛の手錠 雪室俊一 大谷恒清 木暮輝夫 内川文広 41 5月23日 ギクッ!エルがスカートをぬいだ!! 石黒育 松本清 山本善之 42 5月30日 姫とエルとのラブコール 遠藤勇二 小幡公春 内川文広 43 6月6日 ヒップに貼った結婚キップ 寒竹清隆 石黒めぐむ 山本善之 44 6月20日 窓をあけたらかぐや姫 鈴木孝雄 松本清 秦秀信 45 6月27日 エルのひみつを密着取材!! 石黒育 栗原玲子 内川文広 46 7月4日 エルと一緒に死んでもらいます 矢部秋則 多田康之 秦秀信 47 7月11日 ジーンと来たぜ!あいつの想い 鷺山京子 石黒育 木暮輝夫 内川文広 48 7月18日 誰にも言えない夜中の出来事 雪室俊一 寒竹清隆 小幡公春 山本善之 49 8月1日 おれたち2人のスイートホーム 矢吹公郎 石黒めぐむ 秦秀信 50 8月8日 ナヌッ!おれが婚約してたって!? エルのパンティ情報 石黒育 松本清 丸森俊昭 61 11月7日 ふたりっきりの新婚アパート 寒竹清隆 小幡公春 山本善之 62 11月14日 エルと2人でかけおち修行 石黒育 石黒めぐむ 内川文広 63 11月21日 エルがホテルでSOS!! 寒竹清隆 清水明 丸森俊昭 64 11月28日 急接近!! 少女A 金山通弘 木暮輝夫 内川文広 65 12月5日 立入禁止!! 土曜の夜 矢部秋則 多田康之 坂本信人 66 12月12日 ナヌッ赤ちゃんが欲しくなった!? 石黒育 松本清 丸森俊昭 67 12月19日 ついに絶交!! おれとエル 寒竹清隆 小幡公春 坂本信人 68 12月26日 エルを勝手に脱がせるな! 遠藤勇二 木暮輝夫 丸森俊昭 69 1984年 1月9日 ゾーッ!幽霊とキッスをした 矢吹公郎 石黒めぐむ 坂本信人 70 1月16日 ビキニのあいつとハワイ旅行 しみずしんじ 寒竹清隆 清水明 丸森俊昭 71 1月23日 エルが夜中に襲われる! 雪室俊一 矢部秋則 多田康之 坂本信人 72 1月30日 二人をひき裂く恋占い 寒竹清隆 小幡公春 丸森俊昭 73 2月6日 初恋同士の露天風呂 石黒育 松本清 坂本信人 74 2月13日 おれとエルとのホットライン 遠藤勇二 木暮輝夫 75 2月20日 テッキン公認ふたりの時間 寒竹清隆 清水明 丸森俊昭 76 2月27日 エルが突然大変身!! 岡村香織 石黒育 松本清 伊藤英治 77 3月5日 ナヌッ!ニタの名は青葉春助 雪室俊一 矢部秋則 多田康之 丸森俊昭 78 3月12日 バンザーイ!テッキンが辞める 寒竹清隆 小幡公春 佐貫利勝 79 3月19日 エルのラブ・ラブ・ジョッキー しみずしんじ 石黒育 松本清 丸森俊昭 80 3月26日 おれたち二人の独立宣言 雪室俊一 遠藤勇二 木暮輝夫 81 4月16日 おれとエルとの子育てごっこ 寒竹清隆 清水明 下川忠海 82 4月23日 エルに届くな男の恥 石黒育 松本清 丸森俊昭 83 4月30日 おれたち二人のドッキリバイト 矢部秋則 多田康之 坂本信人 84 5月7日 エルが結婚しちゃったァ! 寒竹清隆 小幡公春 丸森俊昭 南沢貞子 85 5月14日 夜空のあおば湯、月水金 石黒育 松本清 勝又激 86 5月21日 おれが勉強にめざめるとき 遠藤勇二 木暮輝夫 丸森俊昭 87 5月28日 見られちゃ困るラブラブ日記 寒竹清隆 清水明 坂本信人 88 6月4日 ナヌッ!テッキンがおれの親父!? 上映時間は24分。 他のテレビアニメ劇場版の新作と同じく、主題歌はテレビシリーズのものを流用していた(オープニングについては歌詞無し)。 「ニタの愛情物語」はサブタイトル的な扱いになっている。 の劇場版は、前番組『』のに次いで7作品目だが、本作が事実上最後となった。 スタッフ 劇場版• 製作 -• 演出 - 矢吹公郎• 脚本 - 雪室俊一• 作画監督 - 松本清• 美術監督 - 沢田隆夫• 音楽 - 東海林修• 録音 - 田中英行• 映像ソフト 1984年12月15日、本作を収録したビデオがから発売された(商品番号 - TE-M126)。 2012年11月21日に東映ビデオから発売された『復刻!東映まんがまつり '84夏』にも、同時上映全作とともに収録されている。 実写版• 『』夕刊2018年7月7日(1面)2019年1月14日閲覧。 第1話のプロローグより。 自宅だけでなく、幼稚園時代からクラスメイトは女子が多く、担任も全て女性だった(テッキンはアニメでは春助の人生で初の男性担任)。 コミック3巻「バースデイプレゼント大作戦」より• 第7話「甘くて辛いぜプレゼント作戦」より• DVD-BOX 1 特典の作者インタビューではエルは175cm、春助は120cm程度で初期設定したが、二人の身長差を際立たせるために、春助があり得ないほど小さくなってしまったので二人の身長は不明と答えている。 男子寮、女子寮の代表に分かれ、互いの寮に設置された金の像、銀の像を取り合い、先に像を奪取した側に今後1年間の寮の運営権がゆだねられる。 16話以降改名• 当人の基準は70点まで。 それ以下の者の答案用紙は床へ適当に放り捨て、「自分で拾え!」と頭ごなしに言うのみ。 なお担当声優の銀河は、『』でも猪木を演じていた。 「全国放映リスト」『』1983年10月号、、 98 - 99頁。 なお、上記の出典先では『土曜 19:30 - 』と記載されているが、これは誤りである。 『』 1983年1月号、徳間書店、全国放映リスト p. は当時テレビ朝日系列と日本テレビ系列のクロスネット局であったが、同局の編成上の都合により、も含めて同局では一度も放送されなかった。 富山新聞 1984年3月29日付テレビ欄より• 19:00 - 20:00の1時間枠で放送。 外部リンク• - テレビシリーズおよび1982年12月27日放送のSP回「おれとあいつの新婚旅行!? 」を配信。

次の

『The かぼちゃワイン』の三浦みつる氏「引退」 人気ラブコメ漫画の最後に「心騒ぐ夕刻」: J

かぼちゃ ワイン

大地の母、母なる海、人間空母……これらの言葉に代表されるように、古来より人は女性に対して雄大さとか母性とか包容力みたいなものを求めてきました(人間空母は関係ありませんけど)。 しかし、残念ながら現代の日本では、自分より小柄な女性を好む男性が多いといわれています。 そしてマンガの世界でも、のほうが女子よりも高身長なカップル設定が圧倒的に多いです。 男子のほうが背が高くて当たり前、という先入観がいつの間にか世の中に浸透してしまっているんですよね。 まあ『七つの大罪』は、ラブコメじゃないですけど。 とにかく、Lサイズ女子復権の時代が、確実に到来してきているのです。 復権という言葉を使わせていただきましたが、1980年代、元祖Lサイズ女子がヒロインのマンガがありました。 『Theかぼちゃワイン』がそれです。 『かぼちゃワイン』は1981年から「週刊少年マガジン」(講談社)で連載されたマンガで、作者は三浦みつる先生。 82年からはアニメ化もされているので、原作は読んでいなくてもアニメは見ていたという人も多いのではないでしょうか。 また、『かぼちゃワイン』の正式タイトルに「The」がついていることを知らない人も意外と多いかもしれません。 『かぼちゃワイン』は主人公であり、チビで女嫌いの自称硬派・青葉春助と、大柄ヒロインのエルちゃんこと朝丘夏美の「SLコンビ」によるドタバタラブコメディです。 サンシャイン学園中等部に転校してきた春助に、エルちゃんが一目惚れ。 一方的にモーションをかけます。 しかし、春助は女嫌い硬派のキャラを押し通そうとして、エルちゃんを邪険に扱います。 しかし、エルちゃんのポジティブさや一途さに、次第に自分もエルちゃんに惹かれていることを認め始めます。 それでも頑固な春助の性格のせいで、正式なカップル成立には至らない……という、非常にヤキモキさせるストーリー展開です。 春助もエルちゃんも中学生(後半では高校生)なのですが、その身長差はかなりのもので、エルちゃんが片膝をついてしゃがんでいる状態と春助が直立している高さがほぼ同じというシーンがあります。 春助とエルちゃんの身長について公式発表はされていませんが、初期設定ではエルちゃんが175センチで春助が120センチだったといわれています。 中学生で120センチって……まさに、大人と子どもですね。 一方で、主人公の春助はケンカっ早く、トラブルメーカーで、エルちゃんに対する言葉も相当キツいものがあり、恋愛対象としてはかなりどうかと思うところがあります。 例えば、春助のためにエルちゃんがお弁当を作ってくれたシーンでの、春助のセリフ。 「よけえなおせっかいはやめろっていってんだろ! だれがくうかっ、ぜったいにくわねえぞ!」 それに対するエルちゃんのセリフは 「ううんっいいの、いやならしかたないもんっ。 あたしってほんとおせっかいだね!」 ……切ないです。 また、レストランで春助とエルちゃんが一緒に食事するシーンでは、ワリカンでお金を払おうとするエルちゃんに対し、 「女におごってもらうなんて男としてカッコつかねえじゃんか」 と、男らしく自分がおごる意思を見せますが、ポケットが破れてお金を落としてしまっており、食い逃げ疑惑で店員とレジでモメ始めます。 結局、エルちゃんが全額立て替えることになるのですが、男のプライドが邪魔して、素直に受け入れられない春助。 金がないくせに、頑なに拒みます。 その時のやりとりのセリフ。 「春助クンあたしにはらわせて!おねがいっ。 ねっ」 「よ……ようし……そんなにたのむんだったら、はらわせてやらァ!」 「ありがとっ。 春助クン」 ちゃんと春助のメンツを立てつつ、お金を払ってきっちり場を収めるエルちゃんの懐の深さ……まさに女神です。 中学生にしてこんなできた女、そうそういないですよね。 これだけだったら、春助は体も器も小さいサイテー男なのですが、そこは主人公。 随所に、エルちゃんに対する気づかいも見られます。 足をくじいた春助の手当てをしようと、自分が住んでいる女子寮に春助を引っ張り込むエルちゃん。 男子禁制の女子寮に男を連れ込んだことがバレて、エルちゃんは朝まで食事抜きの独居房のような反省部屋に入れられてしまいます。 責任を感じた春助は、女子寮に再度忍び込み、エルちゃんが幽閉されている反省部屋にこっそりあんパンを差し入れします。 喜ぶエルちゃんに対して…… 「い、いいかっ勘違いすんなよ! 別におまえが心配だからきたんじゃねえぞ」 そう、春助は決してエルちゃんが嫌いなわけではないのです、頑ななまでの男ツンデレなのです。 もちろん作品連載当時はツンデレなどという概念はありませんでしたが、春助は80年代からすでに孤高のツンデレ男子だったのです。 とにかくエルちゃんは、春助のしでかしたケンカやトラブルを丸く収め、どんなに春助に憎まれ口を叩かれても、常にニコニコして決してへこたれないタフなメンタル。 そして、最終的には圧倒的包容力ですべてを包み込んでしまう、中学生にして完成された母性を持つ女なのです。 人間関係がギスギスしがちな今の時代だからこそ、エルちゃんのような体もハートもビッグなLサイズ女子が評価されるべきではないでしょうか? Lサイズ萌えの時代は、確実に到来してきていますよ! ちなみに『かぼちゃワイン』には続編として『Theかぼちゃワイン Another』という作品があります。 こちらは27歳、社会人となった春助とエルちゃんの話です。 エルちゃんは春助の実家のランジェリーショップで働いており、春助は探偵事務所で働きだすのですが…… 「ねぇ、せっかくだから泊まっていけばいいのに」 「恋人同士でもないのにそんなこと出来っかよ!!」 「気安くキスすんなって言ってんだろ!」 というわけで、27歳になった2人の関係は、中学時代から何も変わっていませんでした。 ダメだ、この甲斐性なし男は……。 エルちゃん、いくら器がでいっても、いい加減キレるべきだと思います。

次の

かぼちゃワイン

かぼちゃ ワイン

このプロジェクトは目標金額を達成している場合にのみ、募集終了時点でプロジェクト成立(売買契約成立)となり資金提供されプロジェクトが実行されます。 本当に有り難うございました。 お蔭さまでプロジェクト開始早々に目標額に達成し、改めて皆様のご期待に応えなければならない重責をひしひしと感じております。 また、数量限定の支援コースでは十分に数を用意出来ず、残念な思いをなされた方々に深くお詫び申し上げます。 その後、追加に関するお問い合わせを何件も頂戴しました。 そこで検討させていただいた結果、プロジェクト内容の充実を図ると共に、お返しのアイテムのグレードアップと支援コースの数量を追加させていただく事に致しました。 誠に勝手ながら、自分自身が昔からずっと紙の本で育ってきたせいか、ひとしお本の装幀にはこだわりがあります。 今回このプロジェクトを立ち上げる際にも、コスト面でどうしてもオンデマンド本を選択せざるを得ませんでしたが、内心では出来れば絵本のようなハードカバーの愛蔵版装幀本として、末永くお手元に置いていただけるような本を造りたいという願いがありました。 幸いこうして皆様のお力で目標額を大きく上回ることができ、あと少しで当初抱いていた想いを実現出来る可能性が出てきた事を誰よりも喜んでおります。 「読み切り作品」という性格上、いたずらにストーリーを引き延ばすわけにはいきませんが、多少エピソードを膨らませ、巻頭をカラーページで飾ることで、皆様のご理解をいただけるのものと信じております。 目標としましては、200~300部印刷できれば有り難いと思っています。 もちろん非売品として、支援コースで本編オンデマンド本を選択されましたサポーターの皆様には、追加支援金なしでお届けいたします。 200万円の目標に達しなかった場合でも、従来通りオンデマンド本でお届け致します。 また、達成した暁には、奥付の発行者名を「サポートメンバーズ」と記載させていただくつもりです。 私なりに電子配信のメリットや利便性は十二分に理解しているつもりです。 敢えて紙の本に拘る昭和イズムの漫画家の最後の我が儘とお許しをいただき、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 テレビを観ながらの一家団欒の夕飯時、かなり気まずい思いをされた方も少なくないと思います(再びゴメンなさい... テレビ放映は丸二年続きました。 雑誌連載も1984年5月で終了しましたが、これまでに幾度か読み切りやアナザーストーリーを描いて発表してきました。 これは途中で雑誌休刊のため未完で終了したため、後に最終話を描き下ろして単行本化しました。 11・・・その後雑誌は休刊となり、結局執筆は立ち消えとなってしまいました。 この時の残り火がずっと胸に燻ぶり続け、いつか決着をつけたいと思っていました。 昨年に還暦を迎え、さすがに連載に耐え得る体力には自信が持てなくなりました。 が、画力筆力はまだまだ衰えていない自負はあります。 そこで選択したのがこのクラウドファンディングです。 これなら自分自身納得のゆく執筆活動が出来るのではないかと! これまで漫画家を続けてこられたのも、ひとえに応援していただいた皆様のお蔭と感謝しております。 今回、その皆様に高額のご負担を強いるのは誠に心苦しいことではありますが、きっと満足していただける作品を提供出来るよう頑張りますので、何卒お力添え下さいますよう宜しくお願い申し上げます。 その前に連載していた〈Another〉は文字通りのアナザーストーリーで、春助とエルのキャラクターだけを生かしたオリジナルとはまったくの別作品です。 〈terminal〉は週刊少年マガジン連載版からのコンプリートで舞台設定は1998年。 30歳を迎え、周囲の心配をよそに未だ結婚しない春助とエル(もちろん原因は春助にあるんだけど)を中心にしたコメディー作品にする予定でした。 今回は読み切り短編ということで、この設定を生かしてもう一度マガジン連載時のふたりを懐かしんでいただこうと、タイムスリップ仕立てでストーリーを組み立てました。 30歳を迎え、未だ結婚しない春助とエル。 ある日ふたりの前に突然現れた謎の人物から、過去に行って人探しをして欲しいと依頼を受ける。 ふたりは中学時代の自分たちのいる十二年前へ、強制的にタイムワープさせられてしまう。 捜索を続けるうちにやがて予期せぬアクシデントからとんでもない事態へと巻き込まれてしまう。 このままでは元居た時代へ戻れなくなるどころか、ふたりの存在までもが消滅する危機に・・・。 皆様からこの資金をお預かりし、目標金額に達成したあかつきには、喜んでいただける作品制作に全力で取り組み、皆様のお手元にお届けすることを約束いたします! 《支援資金の使用用途内訳》• お返し制作費• お返し配送費• 《グレードアップ内容》• 執筆ページの 巻頭カラー化!• 横浜市出身。 1972年、高校在学中に週刊少年ジャンプにてデビュー。 手塚治虫先生のアシスタントを経て、1977年頃から少年マガジンを中心に連載を開始する。 以降、少年誌・幼年誌・青年誌と幅広く執筆。 他に2001年「コンビにまりあ」がTBS系でTVドラマ化。 公益社団法人 日本漫画家協会 会員、一般社団法人 マンガジャパン 会員。 〈外部リンク〉 ご支援金額 1,000円• イラスト入りお礼メッセージ ご支援金額 3,000円• 単行本未収録作品『Bee my baby(ビー・マイ・ベイビー)』電子ファイル(PDF)• ポストカードセット(1組3種セット)• 単行本未収録作品 電子ファイル(PDF)• 直筆ミニサイン色紙(モノクロ)• 単行本未収録作品 電子ファイル(PDF)• 直筆カラーサイン色紙• 単行本未収録作品 電子ファイル(PDF)• 直筆カラーイラスト生原画(B4サイズ)• 単行本未収録作品 電子ファイル(PDF)•

次の