アップル ペイ デビット カード。 【アップル】App Storeでデビットカード決済したら2重請求されたよ [解決方法付き]

最強!ApplePay(アップルペイ)には楽天カード&Yahoo! JAPANカードがベスト

アップル ペイ デビット カード

いよいよ日本でも登場したアップルペイ、利用するために「iPhone7買ってしまった!」という方もいるのではないでしょうか。 は、アップルペイに登録できるのでしょうか? アップルペイは、まだどのクレジットカードでも登録できるわけではないという話もよく聞かれますね。 デビットカードのどのブランドなら対応しているのか、気になるところです。 デビットカードをアップルペイに登録したい! アップルのサイトでは、iPhone7とWatch Series 2なら「クレジットカード、プリペイドカード」を「搭乗券やギフトカード」と一緒にWalletアプリに入れられると書かれています。 VISAデビットやJCBデビットのようにブランドデビットなら、支払い時も「JCBで」と伝えるわけですし、クレジットカードと同じように登録できるのでは?と考えられますね。 2017年3月時点ではデビットは登録不可 さらにアップルのサイトを見てみると、対応しているクレジットカードが分かります。 そこにはブランドならJCBやアメリカンエクスプレス、クレジットカードならエポスカード、オリコカード、アプラス、au、dCARD、三井住友カードなどが記載されています。 しかし、実際にはブランドに関わらず、デビットカード自体が登録できないことになっています。 JCBブランドのデビットカードを持っていても、アップルペイのWalletアプリに登録することはできません。 Suicaアプリを使うならデビットカード登録可! では、アップルペイではデビットカードは一切使えないかというと、そうではないのです。 Walletアプリではなく、Suicaアプリを利用すれば登録ができるのです。 注意点としては、モバイルSuicaの名義は、支払い用デビットカードと同じでないと登録できないことです。 家族のデビットカードを登録して支払うことはできません。 デビットカードでモバイルSuicaを使うために まずSuicaアプリのダウンロードは必ず行っておきましょう。 その次の手順は2つあるのですが、アプリはどちらの場合でも使用するので、ダウンロード必須です。 Suicaアプリを起動する• Suica発行から「Suicaカードの取り込み」を選ぶ。 SuicaカードをiPhoneに追加。 モバイルSuicaの登録画面で、会員登録を行う。 (iPhoneのモバイルSuicaは会費が無料)• メールアドレス、Suicaパスワード、氏名など個人情報を入力• モバイルSuicaメニューから「登録クレジットカード情報変更」を選択(Suica会員に登録済みの方はここからの手順でOK)• デビットカード番号を入力 以上で既存のSuicaカードを取り込む手順は完了です。 もちろん口座に入金しておかないとチャージできません。 デビットカードでもオートチャージ以外なら利用できます。 チャージ方法 Suica一覧からチャージ金額(¥1,000、¥3,000、¥5,000、その他)を選び、支払い方法でクレジットカードを選ぶだけです。 口座の残高が不足している場合などは、処理エラーの画面が出ます。 Suicaアプリならデビットカードも使える! Suicaアプリを利用すれば、VISAやJCBなどのデビットカードブランドや発行金融機関を気にせずにチャージできます。 クレジットカードは持っていないけれどアップルペイを使いたい方や、デビットカードで支払ってお金の管理をしたい方、クレジットカードの利用履歴を残すのが嫌な方などにもおすすめです。 iPhoneだけで改札を通れるようになるのは、間違いなく便利です。

次の

Apple Pay(アップルペイ)でデビットカードが使える!対応券種やお得な使い方

アップル ペイ デビット カード

Apple Pay【Suicaアプリ】のモバイルSuica利用だと、チャージをクレジットカード以外から行う方法の一つとして、クレジットカードの代わりにデビットカードを登録してチャージをすることができます。 基本的に、デビットカードは16歳以上であれば、 高校生でも作れますので、高校生がモバイルSuicaを利用する際に登録するカードとしてデビットカードを作るのもオススメです。 (発行可能年齢は銀行によって多少異なります) デビットカードは銀行口座を開設し、申し込むことで作れますので、クレジットカードのように入会審査はありません。 なぜなら、デビットカード利用代金は、銀行口座の残高から即時に引き落としされる仕組みになっているからです。 このように、デビットカードは入会審査がありませんので、高校生のみならず、 大学生などの学生の方にもオススメです。 なぜなら、クレジットカードのように申し込み時審査で親権者の同意を求められませんで、気軽に作れるからです。 また、 パートやアルバイト、自営業 個人事業主 、年金受給者の方も、クレジットカード審査に心配な方は、デビットカードなら、そういう不安なく作れるのでオススメです。 Apple Payの【Suicaアプリ】だとOK アップルペイでモバイルSuicaを使う場合、アップルペイにインストゥールされている【Walletアプリ】にはデビットカードは登録できませんが、【Suicaアプリ】であれば登録できるので、【Suicaアプリ】を『app store』でダウンロードしてください。 【Suicaアプリ】はJR東日本が提供しているアプリです。 Apple Payの【Suicaアプリ】へ登録できるデビットカード Apple Pay【Suicaアプリ】のモバイルSuicaへ登録できるデビットカードとしては、「JCB」や「VISA」ブランドが付いていることが条件となります。 ここ数年、ネット銀行をはじめ、都市銀行、そして一部の地方銀行でも、デビットカードを積極的に発行していますが、それらのデビットカードには、ほぼ全て「JCB」か「VISA」ブランドが付いています。 そのことで、使い勝手が悪く、普及にはいたらなかったという背景があります。 しかし、近年発行されるデビットカードは、「JCB」または「VISA」ブランドが付くようになったことで、クレジットカードが使えるお店なら国内のみならず海外でも使えるようになったことから、急速に発行枚数を増やしています。 注意点 Apple Pay【Suicaアプリ】のモバイルSuicaと支払い用カードの名義は同じでなくてはなりませんので、クレジットカードであれデビットカードであれ、本人名義で作ったカードでなければ登録できません。 ですので、家族のカードであっても、名義が本人でないと登録できないということです。 デビットカードの入手方法 デビットカードは利用代金が銀行口座から即時での引き落としですので、デビットカードを作る場合、カード発行元の銀行口座の開設と一緒に申し込むことになります。 テビットカードを作るために新規で銀行口座を開設する場合は、 デビットカード機能付のキャッシュカードを選択します。 既に銀行口座を持っている場合は、デビットカードのみを発行してもらうか、お持ちのキャッシュカードをデビット機能付きキャッシュカードへ変更することになります。 私が口座を持つ都市銀行からのメールマガジンで、キャッシュカードをデビットカード機能付きへの切り替えを促す案内が届きますし、銀行のウェブサイトでもデビットカード機能付きキャッシュカードを目立つところで案内するようになっていますので、気軽にお申し込みになるといいです。 モバイルSuicaにオススメのデビットカード 私的には、やはり、 ポイント還元率を重視したいと思いますので、オススメのデビットカードは 「楽天銀行デビットカード JCB 」となります。 ほとんどのデビットカードは、ポイント還元率は0. クレジットカードでさえポイント還元率は0. 「楽天銀行デビットカード JCB 」は、 年会費無料で、 16歳以上であれば審査なしで作ることができます 高校生もOK。 JCBブランドが付いていますので、国内・海外のJCBが使えるお店で使えますし、ネットショッピング、公共料金などの支払いにも使えます。 これらの支払い分にも還元率1.

次の

Apple Payでデビットカードを利用する方法を解説!登録方法やおすすめのカードも紹介

アップル ペイ デビット カード

目次です• クレジットカードなしでモバイルSuicaを使う方法 モバイルSuicaをクレジットカードなしで使う方法は、大きく分けて2通りあります。 SuicaのICカードを取り込み、現金チャージを使う• デビットカードを支払い用カードとして登録する 現金チャージで使う モバイルSuicaアプリから現物のSuicaカードを取り込むと、支払い用カードを登録しなくてもその時点からモバイルSuicaの利用が可能になります。 モバイルSuicaは全国のコンビニで現金チャージができるので支払い用カードがなくても使えますが、 券売機ではチャージできない、定期の更新ができないなど不便が多いため、支払い用カードなしで使うのは現実的ではありません。 関連: Apple PayのモバイルSuicaはデビットカードが使える Suicaアプリならデビットカードが登録可能 モバイルSuicaの支払い方法には、• Apple PayのWalletアプリに登録したカードで支払い• モバイルSuicaに登録したカードで支払い の2パターンがあります。 Apple PayのWalletアプリにはデビットカードは登録できませんが、「モバイルSuicaアプリ」であれば登録、利用が可能です。 デビットカードは 支払いと同時に銀行口座から料金が引き落とされるカードで、ちょうど現金払いとクレジットカード払いの中間にあたる支払い方法になります。 口座に入っている金額分しか使えないので、クレジットカードのように自分の支払い能力を超えて使いすぎてしまうことはありませんし、限度額も設定できるためいつの間にか口座がスッカラカンという事態も防げます。 デビットカードは 高校生以上で銀行口座を開設できる人であれば誰でも発行できます(発行可能年齢は銀行によって異なります)。 銀行口座の開設自体には審査もありますが、口座売買など悪質な犯罪に手を染めていない限りまず審査落ちすることはありません。 近年銀行はデビットカードの普及に積極的であり、メガバンクから地銀、ネット銀行に至るまでたくさんの選択肢があります。 JCB、VISAデビット双方とも僕が所有しているカード(上記の写真)で登録、利用が可能であることを確認済。 デビットカードの入手方法 デビットカードの利用は銀行口座とセットなので、カード発行元の銀行口座の開設と一緒に申し込むことになります。 新規で口座を開設する場合は、デビット機能付のキャッシュカードを選択すればOK。 既に銀行口座を持っている場合はデビットカードのみ発行してもらうこともできます。 のVISAデビットは、デビットカードとしては唯一Suicaなど電子マネーのチャージにも0. 関連: モバイルSuicaと支払い用カードの名義は同じでなくてはなりません。 家族に作ってもらったカードでは登録できないので要注意。 iPhoneとデビットカードでモバイルSuicaを使う手順 Suicaアプリをダウンロードした上で、• アプリから記名式Suica、またはSuica定期券を新規発行し支払い用カードにデビットカードを登録 または• アプリでSuicaのICカードをiPhoneに取り込み、デビットカードを登録 Walletアプリを使わない、というのが一番のポイントです。 Suicaアプリをダウンロード クレジットカードなしでモバイルSuicaを利用するには、WalletアプリではなくSuicaのアプリからすべての操作を行います。 あとは規約に目を通した上で指示されたとおりに個人情報を入力し、支払い用クレジットカードの欄にデビットカードの番号を入力するだけでOK。 既存のSuicaカードを取り込む場合 アプリからSuicaの取り込みを選択して指示されたとおりに操作します。 通勤時間帯など、モバイルSuicaのサーバーが混雑している時間だと取り込みに失敗することがあるので、エラーが出た場合はすこし時間を置いてから再チャレンジしましょう。 取り込めないICカードもあるので注意• クレジットカードと一体となったSuica• キャッシュカードと一体となったSuica• 高校生以下の通学定期 など 無事SuicaカードをiPhoneに追加すると、今度はモバイルSuicaの登録画面になります。 規約に目を通して会員登録を行います。 おサイフケータイとは違い、 iPhoneのモバイルSuicaは会費が無料です。 個人情報は登録する支払い用カードと照合が行われるため、間違いがないように正確に記入する必要があります。 偽名や嘘の生年月日などを記入するのは絶対に駄目です。 登録ができたら、モバイルSuicaメニューから「登録クレジットカード情報変更」を選択して、デビットカードの番号を入力します。 Walletアプリに登録できないカードでも、Suicaアプリならば登録、利用が可能になります。 あとは口座にお金を入金して、Suicaにチャージしたり定期を購入したりすればOK。 オートチャージ以外の機能はすべてデビットカードで問題なく利用できます。 デビットカードが登録できない?• Walletアプリに登録しようとしていませんか?• カードの名義とモバイルSuicaに登録した個人情報は一致していますか?• デビットカードの引き落とし口座にお金が入金されていますか? デビットカードは、支払い用口座にお金が入っていないと登録に失敗することがあります。 何千円か入金してある状態で登録作業を行ったほうが確実です。 まとめ AppleやJR東日本の発表が紛らわしいのですが、デビットカードだろうがVISAのクレジットカードだろうが、 Apple Payに非対応でもモバイルSuicaに対応しているカードなら何でも使えるということですね。 実際に利用してみると、スマホで改札を通過できるのは非常に便利なのでクレジットカードがなくて諦めていた人はぜひお試しあれ。 おすすめデビットカード申し込みの公式Link•

次の