引き寄せ 達人 まとめ。 日々の暮らしのあれこれまとめ

【なる】おもしろ達人イウォーク師匠【02】

引き寄せ 達人 まとめ

お金の引き寄せにおいては、メンタルブロックの解除が特に重要 ということです。 私自身、毎月の収入を7桁にするところまでは比較的スムーズに行きました。 しかしその後、さらに経済的な豊かさを引き寄せようとしたとき、私の場合はあり得ないほど仕事が舞い込むという現実を引き寄せることになってしまったのです。 このブログをいつも見てくださっている方ならお分かりかもしれませんが、ここしばらく更新が滞っていたのも、単純に落ち着いてブログを書く時間的余裕がなかったからです。 次から次へと入ってくる仕事に対応するのに精いっぱい。 家族との時間も、さらに言えば落ち着いて食事を摂る時間も睡眠をとる時間も確保できないほどでした。 「お金とは働いて得るもの」という信念 自分で自覚がありましたが、私には「お金とは働いて得るもの」という信念がありました。 また好きなことを仕事にしていることもあり、時間を忘れて仕事に打ち込むことに喜びを感じてもいました。 しかしそういう信念を持った状態で、収入をさらに拡大させようとしたとき、当たり前ですが「さらに働く」という現実を引き寄せることになります。 そのため、私も例外ではなく先述したように仕事に忙殺される日々を引き寄せてしまったというわけです。 メンタルブロックを解除するには? 以前の私は、実はメンタルブロックの解除についてそれほど重要視していませんでした。 アファメーションを圧倒的な量こなすことで、潜在意識を根負けさせられると考えていましたし、仕事が好きなので働いてお金を得るという自分が作り出したルールに不満もなかったからです。 実際、四六時中アファメーションによって「お金に対する新しい信念」を潜在意識に植え付けることで、現実は経済的な面でも変わりはじめました 私の収入は以前の10倍以上になりました。 しかし、収入をさらに伸ばそうと考えたとき、この信念ではその先に行けないということを身をもって知ることになりました。 「働いた分だけお金を得る」というのは、言ってみれば何かを得るために他の何かを犠牲にするという考え方です。 そのため、その「他の何か」をそれ以上差し出せなくなれば、ほしいものを得ることができなくなってしまいます。 つまり「働いた分だけお金を得る」という信念自体が、引き寄せの法則の本質から外れた、物質世界に軸足を置くものだと考えるようになったわけです。 そして、この「働いた分だけお金を得る」という信念こそ、私が持っていたお金に対するメンタルブロックでした。 誤解のないように言っておきますが、「働いた分だけお金を得る」という信念 =メンタルブロック があるからと言って、まったくお金が入ってこないわけではありません。 ただ、「働いた分だけお金が入ってくる」という現実を引き寄せ続けてしまうというだけです。 それで満足できるくらい収入を得られるのであれば、このメンタルブロックが問題になることはないでしょう。 ただ私の場合は、もっと豊かになりたいと考えているため、このメンタルブロックを解除する必要が出てきたというわけです。 メンタルブロックを解除するには、ハワイ発祥のホ・オポノポノとはじめとした自愛・クリーニングというような方法が効果的です。 その後、同じく斎藤一人さんの著書『神様に上手に助けてもらう方法 』の中で「あめのみなかぬしさま」についてのお話を目にしました。 簡単にお話しすると、 この「あめのみなかぬしさま~」を知ったあとからは、私はこの言葉を最低100回以上繰り返し唱えること、その他セルフイメージを高めるアファメーションを唱えることを四六時中実践することをはじめました。 これについては現在実践中ですので、変化が現れたらまた改めてお伝えできればと思っております。 「ない」からスタートした引き寄せはうまくいかない 次に、「ない」からスタートした引き寄せはうまくいかないということは是非、心に留めておいて頂きたいと思います。 つまり、「お金がない」という思考から生まれた願望は成就しないということです。 これは引き寄せの法則の本質に照らせばもっともな話ですが、「お金がないからお金がほしい」という願望は、お金がないときの焦りや不安などのネガティブなものを引き寄せることにつながります。 このブログでは、イメージングをするときには「願望が叶った世界をイメージする」という話をしていますが、それと同じ理由からです。 願望が叶った状態をイメージするということは、つまりは「ある」というところから引き寄せをスタートするということです。 そのため、「お金がある」ときに感じる安心感・喜びなどを感じるような現実を引き寄せることができるというわけです。 実際のところ、「願望」というものの認識から間違っているために引き寄せがうまくいかないケースは非常に多いように思います。 同じように「お金がほしい」「恋人がほしい」というような願望でも、• お金がない• 恋人がいない などの欠乏感を起点としたものと• お金がある• 恋人がいる という「すでに叶った状態」を起点とするのでは大違いです。 そして、世間一般で言われている「願望」とは前者のことです。 そのために、引き寄せの法則をいまいち活用できないという人が多くなってしまうというわけです。 今ピンチな人ほど、実は大きなチャンス! 最後に、今現在、経済的に苦しいという人ほど、実は大きなチャンスの中にいるということをお伝えしたいと思います。 今、「お金がない」「底辺にいる」というように感じている人ほど、「世間を見返してやりたい」「この状況から脱け出したい」という気持ちが強いはずです。 そうした強い気持ちをバネにすることで、必死に引き寄せに取り組むことができるわけです。 実際のところ、多くの人が口では「豊かになりたい」と言いつつも、どこか現状に満足し、そこに留まることに大きなメリットを感じています。 だからこそ、お金の引き寄せが起こらないわけです。 でも、現状でかなり追い込まれている人は違います。 なにしろ、現状に何一つ満足していないわけですから。 そこに留まっていたい理由など一つもありません。 それこそ必死に、四六時中アファメーションすることだって苦にもならないでしょう。 逆に言えば、「アファメーションめんどくさいな」と感じるようであれば、その人の中で「豊かになりたい」という願望はそれほど強くないのかもしれません。 もちろん、「ここから脱け出したい」というのは上でお伝えした「『ない』から始まる引き寄せ」です。 そのため、ずっとそれをモチベーションとして続けているとどこかで破たんするでしょう。 でも、スタート地点の爆発力としては「ピンチ」は大いに利用できます。 それこそ、「ピンチはチャンス」なわけです。 ですので、今現在経済的に苦労している人は、「自分は豊かさに近い場所にいる」ということに気付いて頂ければと思います。 むしろ、潜在意識があなたを豊かにするために、あえてその状況にあなたを置いているのかもしれませんよ。

次の

引き寄せで結婚する|7ヶ月で成功した人と2年過ぎても叶わない人

引き寄せ 達人 まとめ

潜在意識に対して願望を意図したはずなのに、それでも、繰り返し不安が湧いてきてしまう。 未来設定したはずなのに、ネガティブが止まらない! ! いつも今度こそは!と思うのに、なかなか変わることができない… これって、ちゃんとできていないってこと?? 難しすぎる…やっぱり私には、潜在意識を使いこなすことなんて無理なんだ… (涙) こんな脳内トーク、してしまってはいませんか? 引き寄せの法則や潜在意識を学ぶ過程において、最も多い悩み、それは、 ネガティブをどう処理すればいいか? どうすれば、ネガティブな頭の中のおしゃべりを止めることができるのか? 思考を変えられるのか?ということではないかなと思います。 しっかりとイメージして、幸せな未来を思い描いたはずなのに、気づくとまたネガティブな思いにとらわれ、現実も変わらず、同じところをループしているように思える。 私も散々通った道なのでほんっとーによくわかります! 最初に結論を言ってしまうと、実は、 潜在意識の達人であっても、未来設定後に不安が湧いてきたり、ネガティブが湧いてきて気持ちが落ちたりというのは、 普通にあります。 そうなんです、これ自体は、全く問題ではないんです。 着目するべきは、その後の処理にあります。 ここを押さえれば、ネガティブが湧いてきては振り出しに戻るという、現状維持ループの呪いから解放されることができます。 今回は、潜在意識を使いこなす上で、大きな味方となってくれる、 不安やネガティブを無効化する技について、お話していきますね!• 引き寄せの法則や潜在意識にネガティブは禁物、が呪いになってない?? まず最初に知ってほしいのは、ネガティブが湧いてきた瞬間に、 「やっぱり自分は変わっていない」「やっぱり私には、潜在意識を書き換えるなんてできない」と結論を下す必要は全くないということです。 引き寄せの法則の基本として、【叶った私】に今すぐなることで、自分の立っている時間軸が、叶った未来というパラレルにシフトするという仕組みがあります。 つまり、【その願いを当たり前に叶えられる私】の思考回路になることができれば、それにふさわしい現実が自動的に伴ってくるということです。 なのですが、 なぜか皆さん、完璧に【叶った私】という思考になれてなくてはダメ、ネガティブ感情が湧いてきた時点で、潜在意識の書き換えは失敗!と結論付けちゃう傾向があるんですね。 これね、はっきり言ってみんな、完璧主義すぎるんです!(笑) その原因の一つとして、皆さん、ネガティブ感情のあるなしが、願いが叶うか叶わないか、叶った私になれているかなれていないかの、大きな判定材料になってしまっている側面があるからではないかな?と思います。 つまり、 無意識に、ネガティブをものすごーく重要視し、 自分の現実創造への支配権を与えてしまっているがゆえに、 ネガティブを怖れすぎているんです。 ここがひとつの鍵になります。 そして実は、ポジティブもネガティブも、何も 思考量によって現実化する訳ではないので、 ネガティブを感じること自体は、実は、全く問題がないんです。 潜在意識レベルでの意図に気付くことがポイント 人がネガティブを感じる時、ポジティブを感じる時の違いというのは、実は、その瞬間に本人が、 どの未来を見ているか?という、視点の違いになります。 つまり、 ある現象が起きた時、その現象の先に、どういった未来を予感したか?ということです。 例えば、人の顔色や反応を見て、ネガティブな気持ちになる時。 その瞬間、私たちの脳というのは、その人との関係性が悪化している、もしくは破局している未来というものを、 無意識に想像してしまっています。 また、会社で異動などを命じられてネガティブな気持ちになる時というのも、やはり、その出来事をきっかけに、労働環境が悪化する未来というものを、 無意識に予見してしまっている訳です。 つまり多くの場合、 人は、その時点で起こっている現象そのものが嫌でネガティブを感じているというより、 その現象の先にある、欲しくない未来、なりたくない自分というものを 無意識に見てしまう、つまり、その情報場に意識が接続してしまうために、ネガティブな気持ちを感じるようになっています。 そして、ここがポイントになるのですが、 私たちが潜在意識レベルで意図している未来、潜在意識に指示している未来設定というのは、紙に書いた望みでも、新月にお願いした内容でもなく、私たちが未来に対して持っている 予感そのものであるということなんです。 関連記事 思考を変えることは、潜在意識にとってはタッチタイピングの習得と同じ 潜在意識というのは、無意識の反応、つまり、癖や習慣の世界です。 たとえば、技術というのも、癖の一種になります。 望ましい癖を意図的に身に付けること、それが技術の習得になります。 そして、私たちが何か技術を身に付ける時、ほとんどの場合、反復練習を経て、それを習得します。 なぜかといえば、サッカーのフリーキックにしろ、パソコンのタッチタイピングにしろ、 一度やってみただけで、即座にできるようになる人というのは、まずいないからです。 人は、何かを習得しようとする際、だいたい、まずはじめに、これこれこういった感じの華麗なアウトプットをしたいと脳内でデザインし、そしてそれを、練習という形で、意識的に何度も反復していきます。 そうすることで、その一連の行動様式(フレーム)というのが、 次 第に潜在意識の領域に引き渡され、そして気づくと、 意識でコントロールせずとも、無意識に、そのアウトプットをできる状態になっています。 つまり、これが潜在意識の書き換えなんです。 意識的ではなく、 無意識に、反射的に、アウトプットできるようになっている状態ということです。 そして実は、行動だけではなく、思考や感情というのも、そのほとんどが、無意識に、反射的に湧いてくるものであることから分かるように、その正体は、 過去に作られた脳の癖なんです。 ある現象を見た際に、こう解釈し、こういう未来を予測し、こういう感情をアウトプットするということが、 無意識下の一連行動になっているということなんです。 そう、つまり、過去に作られた癖によって、反射的に、欲しくない現実を未来設定し、繰り返し創造し続けてしまっているということ。 それが、潜在意識の達人ではない、ほとんどの人たちが日常的にやってしまっていることなんです。 言い換えるなら、 自分でも気付かないうちに、ただ条件反射的に、お決まりのパターンの未来設定をしてしまっているということになります。 そして、この無意識の未来設定というのは、私たち自身がどこかで、意図的にその内容を変えない限り、無意識は、その現実創造のハンドルを私たちに返してくれません。 そう、 私たち自身が、どこかで意図的に、見ている方向を変えない限り、 私たちはネガティブな思考癖に、現実のハンドルを渡し続けることになります。 しかし、ほとんどの人は、ネガティブが湧いた瞬間に、そこであっさりとハンドルを明け渡し、自分の意図を取り下げてしまっているんです。 これが、 ネガティブを自分の(意志の)上に置いてしまっている状態ということになります。 ネガティブ感情が湧いた瞬間に、そこで、「こんなことを思ってしまうなんて、やっぱり私、変わってない」「やっぱり、引き寄せられないんだ」「やっぱり、自分には潜在意識を使いこなすことなんてできない」と結論付けてしまうこと。 その結論こそが、過去に作った思考癖によって自動的に生じているネガティブ感情に、 自分の未来を決定させてしまっているということに他ならないんです! 潜在意識の達人は、この構造をよく理解しているので、ネガティブな感情が湧いてきても、 「あ、昔の癖が出てきた」と思うだけで、そこで【欲しくない未来】を確定させません。 その瞬間、 望まないパラレル(思考回路)にうっかり乗りかかってしまっていた ということに気づき、冷静にパラレルを乗り換えるだけなんです。 つまり、気付いたらすぐに、 欲しい未来への視点に切り替えるということをしているんです。 そうしていつの間にか、欲しい未来の方向を見ている自分というのが、 当たり前の状態になっているんです。 この 当たり前が切り替わった時というのが、潜在意識の書き換えが完了したときと言えます。 ネガティブが湧いてくる時というのは、自分の意志が弱い訳でも、引き寄せができていない訳でもなく、あくまで、その 書き換えの過程 であるというだけに過ぎません。 関連記事 これは私が、長い学びとトライアンドエラーの中で実感し、身に付けたことでもあり、実は、【701式 なる】で有名な701さんも、この過程を通っています。 私も最初に教わった時は不安でした。 (そんな簡単に変わるの?)と疑ったり(やっぱり何も変わってない!)と焦ったりしました。 その度に「OK.これは 【叶った私】が考えてる事だから何も問題ないわ」と 【叶った私】視点に戻りました。 不安になる度にこれを繰り返しました。 いつの間にか【叶った私】視点がデフォルトになり、不安は起きなくなりました。 引用元: こういった意味で、潜在意識の達人というのは、 不安やネガティブというものに一切力を持たせていないし、その存在を許しているんです。 出てきても、自分の未来には全く影響のない、大丈夫なものだからです。 何も、過剰に怖れたり、 かたくなに拒否したりする必要性が全くないものだと理解しているんです。 まとめ 意図的にパラレルを選ぶ立ち位置を取る限り、不安は怖れるに足りない 「不安やネガティブが怖い!あってはいけないもの!!」という状態になってしまっている時、もしくは、ネガティブを怖れるあまり、見ないふりをしている時、 そういった時というのは、たいてい、 不安やネガティブという、思考の自動反応に、未来の決定権を持たせてしまっているときです。 不安もネガティブも、 単なる思考の癖であり、無意識が過去の記憶を引っ張り出してきているだけであると理解できれば、そこで、無意識による勝手な未来設定(過去の焼き増し)を却下することが、私たちには可能です。 とても単純だけれど、その単純なことを、やるかやらないかとうのが、現状打破できる人と、現状維持ループにはまり続ける人の差になります。 これは、 一種の技術なので、実践していかないことには身に付かないものなのですが、逆に言えば、 練習すれば誰にでもできることなんです。 パソコンのタッチタイピングも、思考の書き換えも、結局は同レベルのことなんです(笑) そう、潜在意識の達人には、練習すれば、誰でもなれるんです。 思考を変えること、潜在意識の書き換えをマスターすることを、特別視しすぎない、大きく受け止めすぎないこと。 ネガティブや不安に、自分の現実の支配権を簡単に渡してしまわないこと。 不安を怖れるあまり、余計に不安を生み出してしまっているかな?と思ったときには、ぜひこれを思い出して、実践を進めていってくださいね!.

次の

引き寄せの法則で宝くじは当たる?体験談・コツを検証してみた

引き寄せ 達人 まとめ

潜在意識の達人たち 6記事 何を見ても、聞いても、それは、叶っている過程であり、 それは願望の一部分であり、願望かなうそのものになります 19記事 「好きなように叶う世界だ!」と決めてしばらく過ごしてみて下さい。 マジでこれだけですよ。 58記事 自愛 きみが世界に少しでも不満があるなら、きみがきみにもっと愛してほしいサインだ 18記事 あなたが「この後経験するであろう事」を勝手に予想しなければ、あなたの未来は全くの白紙だ 2記事 つらくてもそれに負けずに実践をつづけたらドッカンと認識がかわります。 これはわたしの実体験です。 7記事 幸せ者が町を歩いてマース!どーも皆さん、噂の幸せ者ですよー! 45記事 世の中も引き寄せも、あなたが思うよりあなたにとても優しい 13記事 お金にしても恋愛にしても、せっかく楽しむ権利があるから もっと求めてより幸せになって 20記事 ホントに「うまくいかない原因がない」んだよ 6記事 不安も疑いも力づくでねじ伏せて、力強く「できる」って言ってみ! それがスイッチだ。 16記事 虚しい、叶ってないのに楽しいことなんてある? 30記事 その場その場で自分を大事にしてやっていると、経験する事柄が何故か変わってくるよ 8記事 「自分の世界に出現させたい状況をただ淡々とチョイスしていけば良いだけ 5記事 本当に世界はオートマティックなんだよ。 全部あるから願望が浮かんでくる 13記事 全部幻で、どれだけリアルで苦しくても、そこに意味などなく、最初から悩む必要もない 21記事 あなたの記憶など、全て幻だよ。 事実ではない。 今は、そこから続くストーリーではない (68記事) いろんな知識を知りました。 メソッドも試しました。 だけどもだっけぇど,全然全く叶わない でもそんなの関係ねえ! 152記事 自分がかけがえのない存在であることを本当に受け入れられれば、 「平穏無事に生きてることだけが最高の幸せ」なんて思えなくなるよ。

次の