喪中 初詣 ルール。 喪中にしてはいけないこと

喪中の初詣のルール!いつからOKいつまでがNGって決まってるの?

喪中 初詣 ルール

まず、「喪中」についての説明をいたします。 喪中とは、 一定期間故人の死を偲び、喪に服す期間をいいます。 この時、ご遺族は祝い事や派手な振舞いを控え、厳(おごそ)かに過ごすのがルールとなっています。 しかし現在では、喪中は「故人の亡くなった悲しみを和らげる期間」という意味合いが強いです。 そのため、故人への悲しみが過ぎ去って立ち直っているのなら、定められた期間が経過する前に普段通りの生活に戻っても基本的に普段の生活に戻っても問題ない場合が多いです。 ただそうは言っても守るべきルールやマナーなどはありますから、喪中ということを忘れて、まったく気にせず生活して良いというわけではありません。 喪中期間の最低限のマナーとしては、慶事への参列や、これから解説する新年の行事などがあげられます。 また、喪中と似た言葉に、「忌中」というものもあります。 忌中も喪に服す期間のことをいいますが、期間は故人が亡くなってから四十九日間(神道では五十日間)を指します。 そして、忌中は喪中より祝い事を控えるべきという思いが強く、この期間にめでたい席に出席することを厳しく見ている方が多いです。 喪中の過ごし方について詳しく解説した記事を以下のリンクに掲載しておきますので、気になった方はぜひ一度参考にしてみてください。 それでは、喪中の場合の初詣のルールについて見ていきましょう。 以下で順に解説していきます。 そもそも行っても大丈夫? そもそも初詣に行くのは控えるべきでしょうか。 喪中の年末年始では、「年賀状の交換や正月祝いを控えるのがルール」と思っている方が多いでしょう。 それと共に、「初詣もめでたい行事なので控えた方が良いのでは?」とする方も多いかと思われます。 実は、 喪中に初詣に行くのは問題ありません。 それは、神社でもお寺でも同じです。 ただ 神社への初詣は、必ず忌中が明けたら行くようにして下さい。 その理由は以下で説明いたします。 神社への初詣は注意が必要 なぜ忌中が明けたらでないと、神社への初詣に行ってはいけないのでしょう。 それは、神社が神道の建物であることに理由があります。 神道とは、日本に古くからある宗教の一つです。 現代の日本人には馴染みが薄いと思われがちですが、神道の教えは日本人の考え方の基盤になっています。 なので、喪中や忌中に入ったご遺族は、家にこもって周りに穢れが移らないようにするのがルールでした。 さらに神社は、神道では聖域です。 忌中に初詣に行くのは、穢れをまとったまま聖域に足を踏み入れることになるのです。 お寺への初詣について 「忌中」の神社への初詣はルール違反とされていますが、実は お寺なら忌中、喪中問わずに初詣に行くことができます。 むしろ、忌中や喪中の期間であった場合、お寺の初詣は進んで行くべきなのです。 なので忌中、喪中という考え方もないのです。 さらに、正月にお寺に行くことは「ご先祖様に挨拶をしに行く」と捉えられており、縁起のいいことなのです。 もし皆さんが忌中だった場合、もしくは喪中で初詣に行くべきか悩んでいる場合は神社ではなくお寺に初詣に行くのも良いでしょう。 喪中と厄年が重なったらどうする? 最後に、 喪中と厄年が重なった場合についてご紹介いたします。 厄年とは、災難や不幸が起こりやすいと言われる年齢のことです。 この厄年に当てはまる年齢を迎えた時、人々は厄を払うために神社やお寺に行って厄払いや厄除けを行ってもらいます。 厄払いは神社で祈祷してもらうこと、 厄除けはお寺でお祓いをしてもらうことを指します。 では、もし喪中と厄年が重なってしまったら、お祓いをしに行っても大丈夫なのでしょうか。 以下で順に見ていきましょう。 お寺でのお祓いは可能 お寺での厄除けは、忌中や喪中であってもまったく問題ありません。 もし故人が亡くなって間もないようなら、お寺での厄除けをおススメいたします。 神社での厄払いとお寺での厄除けには、どちらが上と言った優劣はありません。 神道を信仰しているから、などの理由がなければ、忌中もしくは喪中の間はお寺にお願いするのが良いでしょう。 神社でのお祓いは忌中のうちは避ける 神社での厄払いは、忌中では避ける必要があります。 それは先にも説明しました通り、 忌中は死の穢れがあり、神社へ行くのを控えた方がいいからです。 もしどうしても厄払いをお願いしたいようなら、お寺に厄除けをお願いするか、忌中が明けてから行くのがルールです。 慣例や風習だからといって何となくお祓いをする方も多く、その意味について曖昧な方も多いのではないでしょうか。 神社でのお祓いについて、その意味や流れ等を詳しく知りたいという方は以下の記事も併せてご覧ください。 忌中が節分以降まで続く場合 実は 厄年の厄除け、厄払いは、節分までに行った方がいいのはご存じでしょうか。 詳しく説明いたしますと、厄年は自身の誕生日ではなく、その年の元旦から始まります。 つまり18歳に厄年があるなら、誕生日がまだ来ていなくとも18歳になる年の元旦から厄払いもしくは厄除けをしなければならないのです。 そして 厄払いや厄除けは、立春までに行っておくというルールがあります。 立春の前日はちょうど節分の日なので、お祓いをするなら節分までとなるのです。 では、もし忌中が節分以降まで続く場合は、厄払いや厄除けはどうするべきなのでしょう。 その場合は、 お寺での厄除けをお願いしましょう。 しかし、もしどうしても神社での厄払いを希望するならば、神社の方に相談してみるのもいいでしょう。 厄払いは節分までとする神社もありますが、事情を丁寧に説明すれば対応してくれる可能性もあります。 喪中の初詣のルールについてのまとめ• 喪中とは、祝い事を控えて喪に服する期間(1年間)のこと。 忌中も喪中と同じく、喪に服する期間(49日間)のこと。 喪中より忌中の方が、めでたい席を控える意識が強い。 基本的に喪中の初詣は、神社でもお寺でも行って構わない。 忌中の場合は、神社への初詣は控えるべき。 対して、お寺への初詣は忌中であっても構わない。 むしろ「ご先祖様への参拝」と考えられており、積極的に行くべき。 厄年とは、災難や不幸が起こりやすい年齢のこと。 これをお祓いするために神社で厄払い、もしくはお寺で厄除けをしてもらう必要がある。 お寺では忌中、喪中に関わらず厄除けしてもらって大丈夫。 神社での厄払いは、喪中なら構わないが忌中は避ける。 厄払い、厄除けは立春の前日、つまり節分の日までにしなければならない。 よって、忌中が節分まで続く場合、お寺でのお祓いをお願いするか、神社へ相談してみる。 やむを得ない事情があると判断されれば、神社でも対応してもらえる可能性がある。 意外なことに、喪中でもある程度の自由があるようですね。 ただそうは言っても「喪中にはあらゆる祝い事を控えるべき」という考えを持っている人も、少なからずいます。 そういう時は無理に初詣などに行かず、その人の考えを尊重してあげるのも良いでしょう。 「終活ねっと」では、この他にも喪中に関する記事を多数掲載しております。 喪中期間にお祭りに参加することについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

喪中の初詣は行っていいの? お守り買って大丈夫?

喪中 初詣 ルール

スポンサーリンク 神社への初詣はNGと言われる理由は? 喪中の時は何か祝うことをしてはいけない! というのはご存知かと思いますが、 神社への初詣の場合は別の理由が関係してきます。 神社神道にとって、死は「穢れ(けがれ)」として捉えられているため、 聖域である鳥居内に踏み込むことは許されないのです。 もし、 足を踏み入れた場合は神罰が下るとも言われています…^^; 神社へ初詣に行っても大丈夫な場合は? 穢れているとされているのは、 忌中の間(最長で50日間)だけなので、 それを過ぎれば初詣に行くことは可能です。 どうも喪中と忌中を同じように考えている方が多く、 ネットでも1年間は参拝してはダメ!という回答をよく見かけます。 しかし、実際に神職の方に聞いてみたところ 50日の忌明け後なら通常通りお参りしてもOKということでした。 (儒教の教えでは1年間、神道では50日間) ただ、 やはりお正月の期間に行くのはあまりよろしくないので、 最低でも小正月(15日以降)か立春あたりに参拝するのがいいですね。 ご自由に参拝できます。 忌中でも初詣したい場合はどうすればいい? 忌中でもお詣りしたい方は、 お寺に行くことをおすすめいたします。 神社では死は穢れとされていますが、 お寺ではそういった制約はありません。 お寺にお詣りすることも立派な初詣ですからね^^ 厄払いや古いお札などのお焚き上げも 受け付けてくれるお寺もあるので、 行くときは近くのお寺に問い合わせてみてください。 もし、 どうしても神社で厄払いしてもらいたい場合は、 節分前までなら効果はあるので、それまで待つのもアリです。 最後に いかがでしたか? 喪中は色々と制約があって堅苦しい感じはしますが、 触らぬ神にたたりなしです。 よく、 鳥居を避けて入ればOKなんて意見も聞きますが、 絶対にしてはいけませんよ! 「我が家の敷居を二度と跨ぐな!」 と言われたのに、 「じゃあ窓から入るわ」 って言うのと同じことですからね^^;.

次の

喪中時の年始は初詣もOK?神社とお寺によって異なる考え [通夜・葬式・火葬の手順] All About

喪中 初詣 ルール

喪中の期間は、祝い事は勿論、年賀状を始め、新年のご挨拶や正月のお飾りなどお正月の行事も差し控えるのが一般的ですね。 毎年行っている初詣ですが、これも止めておいた方が良いのでしょうか。 前の年に頂いたお札やお守り、縁起物をお返しに行くことだけでもできないでしょうか。 おみくじを引いたり、新しいお札を求めたりするのも、遠慮すべきでしょうか。 喪中期間の初詣にまつわることをお伝えします。 喪中期間の初詣やってはいけないルールもある? 喪中期間に初詣をしようとするとき、神社に行くためには、ひとつだけルールを守る必要があります。 それは、忌中の期間だけは、神社の中に立ち入ってはいけないということです。 神様をお祀りするでは、忌中の期間を過ぎるまでは、神社へ立ち入ることを控えなければなりません。 では死は「穢れ」であり、身近な方がなくなると「穢れ」があるとされます。 「穢れ」とは亡くなった人が身近な人を穢しているという、不浄の意味ではありません。 もともとは「気枯れ」の意味で、身近な人の死で、嘆き悲しみ気持ちや心が枯れている状態を指します。 嘆き悲しむ気持ちを、神様の所に持ち込んでは良くないと考えられていますので、その間は、神社へ立ち行ってはいけません。 その「穢れ」のある期間が、の忌中の期間なのです。 同じような言葉ですが、喪中と忌中は異なる意味を持ちます。 喪中とは身近な方の死を心の中で受け入れて、心が前を向けるようになるまでの時間です。 人によってその時間はまちまちだと思いますが、 1年間を喪中とするのが一般的です。 忌中とは喪中の期間の中でも、身近な方が亡くなってすぐの期間で、故人の死を悼み、お祝い事などを慎む期間です。 その期間は仏教とでは異なり、考え方も違います。 では、亡くなった方との関係によって、期間が違ってきます。 最長で同居するご家族が亡くなった時の 50日間となっています。 50日目に五十日際をすることで、忌が明けます。 この忌中の期間が明けると喪中であっても、神社で初詣をしても大丈夫です。 仏教における忌中の期間は 49日間で、四十九日の法要が終われば忌は明けます。 しかし故人は成仏しますので、仏教には穢れの観念がありません。 お寺には、忌中であっても初詣に行ってかまいません。 お寺に初詣に行くのは、ご先祖様や亡くなった方へ新年のご挨拶をすることなので、むしろ歓迎されます。 ご先祖様や亡くなった方の供養にもなりますので、忌中期間ならばお寺に初詣に行くのもおすすめです。 前年頂いたお守りやお札、あるいは縁起物などを、神社にお返ししたり、お炊き上げしてもらったりしたい方もいることでしょう。 もちろん忌中期間に神社に入ることはできませんので、忌が明けるのを待ってお願いするようにしましょう。 神社によっては郵送などで受け付けているところもありますので、神社に確認してみましょう。 スポンサードリンク スポンサードリンク 初詣のマナーはこれだけ抑えておけばOK! 神社の初詣は、忌が明ければ、お参りすることができます。 お寺は、忌中でもお参りすることができます。 喪中なので今年は神社に行くのは控えて、お寺へ初詣に行こうと思う方もいると思います。 神社とお寺ではお参りの仕方が違いますので、注意しましょう。 神社のお参りの基本は「二拝二拍一拝」です。 お寺では、お数珠を持ち、静かに合掌します。 間違っても柏手を打ってはいけません 忌が明けた時の神社での初詣のマナーは、例年の初詣と変わりありません。 鳥居の前で一礼して鳥居をくぐり、参道の端を通って神殿へと進みます。 途中、手水舎で手と口を清め、神前へ進み、お賽銭を静かに入れて、鈴を鳴らします。 「二拝二拍手一拝」をして参拝します。 前年のお守りやお札、縁起物をお返しして、新しいお守りやお札、などの縁起物を求めても大丈夫です。 おみくじも例年通り引くことができます。 お寺へ初詣に行くのは、喪中でも忌中でもかまいませんので、普段通りのお参りをします。 山門の前でご本尊に向かって、お辞儀をし、敷居を踏まないようにくぐります。 手水舎で手と口を清めます。 ご本尊の前に進みます。 お燈明やお線香があれば、火をつけて献灯、献香をします。 お賽銭や線香代をお賽銭箱に入れます。 胸の前でお数珠を持って合掌し、丁寧に礼拝して、静かにお参りします。 神社のように手を打って礼拝しないように気を付けましょう。 ご本尊のお参りを済ませた後、お墓にお参りすると、ご先祖様や亡くなられた方の供養になり喜んでいただけると思います。 神社は「二拝二礼一拝」が基本、お寺は「数珠をもって合掌」が基本です。 その違いを守って、神様やご本尊様に失礼のないようにしたいものです。 まとめ 喪中期間の初詣はお寺なら問題なく出来ます。 神社でも、の忌中期間の 50日を過ぎれば、初詣をすることができます。 どうしても神社に初詣に行きたいのであれば、忌中期間が終わってから行くしかありません。 もし前年に頂いた、お守りやお札のお焚き上げなどを望んでいるならば、神社によっては郵送などで受け付けているところもあります。 神社に確認してみると良いですね。 神社では「二拝二拍手一拝」、お寺では「数珠を手に持ち合掌」をしてお参りします。 神社にお参りするにしても、お寺にお参りするにしても、参拝の仕方を間違えないようにしたいものですね。

次の