かっ さ 使い方 顔。 かっさプレートで小顔に!正しい使い方とマッサージ方法、選び方

かっさの使い方をマスター!むくみ知らずの小顔&ボディに♡

かっ さ 使い方 顔

Contents• ダイソーのカッサは3種類 ダイソーで売っているカッサはなんと 3種類もありました!! ダイソー顔用カッサ・美チーク ダイソーの 顔用カッサは「美チーク」という名前で売られていました! 形が珍しいT字になっていて、この形は使ったことがなかったので最初はちょっとびっくりしたけど、使ってみたら 持ち手が付いているから力を入れやすくて使いやすかったです! 顔用は、ほっぺを中心にほぐせる形で持ち手にイボイボが付いています。 これも、 下に持ち手がついているので使いやすそうです。 イボイボの大きさは顔用の「美チーク」よりも大きくて長さもあるので、 顔用の「美チーク」は顔と髪の付け根をほぐすのによさそうだけど 頭用の「美ヘッド」は後頭部をほぐすのによさそう! ダイソー体用カッサ・美ボディー わたしが、最初にカッサの売り場を見たときには 顔用の「美チーク」と、頭用の「美ヘッド」の2種類しかなかったんだけど 少ししたら、店員さんがやってきて 体用のカッサ、「美ボディー」を補充してたよ! カッサに、3種類もあるなんて、ダイソーってすごい! 体用のカッサが1番人気なのかな?お正月太りが気になる頃だしね ボディ用のカッサは、三角形の形をしていて、パッケージでは 二の腕とふくらはぎをほぐしてたよ〜 太もものセルライトに効くのかな? ダイソーカッサの売り場は? わたしが行ったダイソーでカッサが売っていた場所は 健康グッズ売り場でした。 最初に、メイクコーナーに行ってみたのですが売っていなくて お風呂用品、絆創膏、衛生用品の近くに置いてありました。 ダイソーのカッサ パステルカラーがかわいい ダイソーのカッサは若い子向けに作られているのか、パステルカラーですごくかわいかったです。 水色とピンク があるみたいなのですが、わたしがダイソーに買いに行ったときは顔用の「美チーク」は水色しかありませんでした。 水色もかわいいけど無いと欲しくなるピンクのカッサ!笑 ダイソーカッサ 美チークの使い方と1週間使った口コミ カッサはオイルなどを肌に塗って きちんと保湿してから使用して下さい。 痩せたいからといって強く力を入れ過ぎると、肌を痛める原因になるので注意です。 あくまで、コリ固まってる筋肉をやさしくほぐすイメージで使うと気持ちいいです。 ダイソーのカッサはどのぐらいで効果が出る? カッサを使って気になるのが、効果はちゃんとあるのか?ということ わたしの使ってみた感想は 1週間くらい使ったら顔がスッキリしてきました! 見た目もそうですが、あご周りから首を中心にほぐしたら首から肩にかけてもほぐれたのkか 肩こりが少し楽になったような気がしました。 肩こりの人はあご周りや首すじもほぐしてみて下さい。 ダイソーのカッサどう収納する? わたしはダイソーで買った 「バケツ型ポーチ」に入れて洗面所に置いています。 バケツ型ポーチには フェイスマスクと化粧品のサンプルも一緒に入れておいて、すぐ使えるようにしています。 使わないで取っておくともったいないので、直ぐに取り出せるようにしています。 「バケツ型ポーチ」を選ぶときは 自立する、耐水性のビニールタイプがおすすめです。 ダイソーカッサはいつ使う? わたしは、お風呂の中であご周りから首すじをほぐし、お風呂からあがってスキンケアをして肌を潤わせた後に、ほっぺを中心にやさしくカッサでマッサージしています。 肌に強い力は入れないようにして、あくまでコリをほぐすイメージで行うのがポイントです。 ほしのこちゃんが使ってるリファのカッサ.

次の

痛くないむくみ解消法!芸能人級の小顔になる正しいかっさの使い方

かっ さ 使い方 顔

2.かっさの使い方|基本のポイント かっさの魅力が分かったところで、早速かっさの使い方を見ていきましょう! ここではまず、かっさを使う前に覚えておきたい、かっさの使い方のポイントをお伝えします。 【用意するもの】 ・専用のかっさプレート(ない場合は陶製のれんげで代用可) ・オイルやなどの潤滑料 かっさプレートは形や色、素材などさまざまなものがあります。 自分が使いやすい、お気に入りのものを探してみてください。 【かっさの使い方のポイント】 *かっさを使う部分にオイルやクリームなどの潤滑料を塗る まずは、かっさを使いたい部分にオイルやクリームなどの潤滑料をまんべんなく塗りましょう。 この潤滑料は、かっさでこすることによって起こる摩擦から肌を守るためのものです。 顔のお手入れをするときは特に、オイルやクリームを使うことをおすすめします。 *かっさは、血行やリンパの流れである経路に沿ってこする 身体の場合、基本的には内側から外側、上から下に行うとよいとされています。 また、顔の場合は下から上、内側から外側に向かって行いましょう。 ただし、こする方向は部位によっては異なる場合があるので、パーツごとに確認してみましょう。 *かっさを使う部分によってかっさプレートの辺を使い分ける こするときは、基本的にはかっさプレートの好きな辺を使って行いましょう。 身体の広い面などはかっさプレートの広い辺で、顔などの細かい部分はかっさプレートの細くなっている辺を使うのがおすすめです。 3.かっさの使い方|顔編 かっさは顔や腕、足など、さまざまな部分に使用できますが、まずは顔にかっさマッサージをする方法をご紹介します。 あごから耳にかけては老廃物がたまりやすいとされているので、しっかりとリンパを流すように行いましょう。 さらに、同じように顔の外側に広げるイメージで、鼻の脇から耳に向かってなでましょう。 目の下は皮膚が薄いため、力を入れずにやさしく行うようにしましょう。 眉間の方から始めて、徐々に顔の外側に移動させていきましょう。 4.かっさの使い方|身体編 続いて、身体のセルフマッサージを行うときのかっさの使い方を見ていきましょう。 と、4つの部分別にご紹介します。 ひざの裏まで念入りに行ってください。 足のむくみが気になる方はぜひやってみてください。 位置を変えて2~3回行いましょう。 5.かっさを使うときの注意点 手軽に取り入れられるかっさですが、使用時には気をつけたいことがいくつかあります。 この章では、かっさを使うときの注意点を6つお伝えします。 これらをつけずにマッサージを行うと、摩擦が生じて肌に負担がかかってしまうことがあります。 オイルやクリームを使って、すべりのよい状態でかっさマッサージを行いましょう。 肌や筋肉を傷めてしまう可能性があります。 特に、顔の皮膚は薄く、デリケートです。 やさしくソフトタッチで行い、肌を傷つけることのないようにしましょう。 食後すぐに行うと、消化不良を起こしてしまうかもしれません。 食事から2時間程度経ってからマッサージを行うのがよいと言われています。 また、なるべく身体を冷やさないように温めることも大切です。 身体を温めることで、かっさマッサージでよくなった血行やリンパの流れを、よりスムーズにしてあげましょう。 肌や身体に負担がかかってしまうことがあります。 自分の体調をふまえて、地道にかっさマッサージを行っていきましょう。 そのため、妊娠中の方や体調がすぐれないときは、かっさの使用を控えるようにしましょう。 また、高齢の方や肌質がデリケートに傾きやすい方は、強くこすりすぎないよう、ごく軽くなでるように行ってください。 6.最後に かっさマッサージの方法や、かっさプレートの使い方などをご紹介してきましたが、いかがでしたか? かっさは、むくみ対策にもなる美容の味方と言えそうですね。

次の

かっさの効果は顔だけじゃない!手足のむくみや脚痩せにもいい | 女性の美学

かっ さ 使い方 顔

2.かっさの使い方|基本のポイント かっさの魅力が分かったところで、早速かっさの使い方を見ていきましょう! ここではまず、かっさを使う前に覚えておきたい、かっさの使い方のポイントをお伝えします。 【用意するもの】 ・専用のかっさプレート(ない場合は陶製のれんげで代用可) ・オイルやなどの潤滑料 かっさプレートは形や色、素材などさまざまなものがあります。 自分が使いやすい、お気に入りのものを探してみてください。 【かっさの使い方のポイント】 *かっさを使う部分にオイルやクリームなどの潤滑料を塗る まずは、かっさを使いたい部分にオイルやクリームなどの潤滑料をまんべんなく塗りましょう。 この潤滑料は、かっさでこすることによって起こる摩擦から肌を守るためのものです。 顔のお手入れをするときは特に、オイルやクリームを使うことをおすすめします。 *かっさは、血行やリンパの流れである経路に沿ってこする 身体の場合、基本的には内側から外側、上から下に行うとよいとされています。 また、顔の場合は下から上、内側から外側に向かって行いましょう。 ただし、こする方向は部位によっては異なる場合があるので、パーツごとに確認してみましょう。 *かっさを使う部分によってかっさプレートの辺を使い分ける こするときは、基本的にはかっさプレートの好きな辺を使って行いましょう。 身体の広い面などはかっさプレートの広い辺で、顔などの細かい部分はかっさプレートの細くなっている辺を使うのがおすすめです。 3.かっさの使い方|顔編 かっさは顔や腕、足など、さまざまな部分に使用できますが、まずは顔にかっさマッサージをする方法をご紹介します。 あごから耳にかけては老廃物がたまりやすいとされているので、しっかりとリンパを流すように行いましょう。 さらに、同じように顔の外側に広げるイメージで、鼻の脇から耳に向かってなでましょう。 目の下は皮膚が薄いため、力を入れずにやさしく行うようにしましょう。 眉間の方から始めて、徐々に顔の外側に移動させていきましょう。 4.かっさの使い方|身体編 続いて、身体のセルフマッサージを行うときのかっさの使い方を見ていきましょう。 と、4つの部分別にご紹介します。 ひざの裏まで念入りに行ってください。 足のむくみが気になる方はぜひやってみてください。 位置を変えて2~3回行いましょう。 5.かっさを使うときの注意点 手軽に取り入れられるかっさですが、使用時には気をつけたいことがいくつかあります。 この章では、かっさを使うときの注意点を6つお伝えします。 これらをつけずにマッサージを行うと、摩擦が生じて肌に負担がかかってしまうことがあります。 オイルやクリームを使って、すべりのよい状態でかっさマッサージを行いましょう。 肌や筋肉を傷めてしまう可能性があります。 特に、顔の皮膚は薄く、デリケートです。 やさしくソフトタッチで行い、肌を傷つけることのないようにしましょう。 食後すぐに行うと、消化不良を起こしてしまうかもしれません。 食事から2時間程度経ってからマッサージを行うのがよいと言われています。 また、なるべく身体を冷やさないように温めることも大切です。 身体を温めることで、かっさマッサージでよくなった血行やリンパの流れを、よりスムーズにしてあげましょう。 肌や身体に負担がかかってしまうことがあります。 自分の体調をふまえて、地道にかっさマッサージを行っていきましょう。 そのため、妊娠中の方や体調がすぐれないときは、かっさの使用を控えるようにしましょう。 また、高齢の方や肌質がデリケートに傾きやすい方は、強くこすりすぎないよう、ごく軽くなでるように行ってください。 6.最後に かっさマッサージの方法や、かっさプレートの使い方などをご紹介してきましたが、いかがでしたか? かっさは、むくみ対策にもなる美容の味方と言えそうですね。

次の